【2019】関東夏の花火大会おススメ24選!  | Stayway Media

【2019】関東夏の花火大会おススメ24選! 

万代正平

トラベルライター

2019夏関東花火トップ

Photo by Wikipedia

関東地区では、夏の間に数多くの花火大会が行われます。

高速連射で打ち上げるスターマインや、大玉の花火が打ち上げられるなど、年々新しくレベルの高い光の共演が見られます。

そんな、関東の花火大会を24か所厳選しました。

解りやすいランキング形式で紹介します。

目次

第24位 花火シンフォニア・神奈川県

この投稿をInstagramで見る

Pinkberryさん(@pinkberry1210)がシェアした投稿

花火シンフォニアは、神奈川県にあるおすすめの花火大会です。

八景島シーパラダイスにあるので、昼間は水族館で海の生き物たちに触れ合えます。

ボードウォークで行われる花火ショーはオリジナルで、見ごたえあるでしょう。

夏の期間中、複数回にかけて行われますから、スケジュールの都合も付けやすいです。

特別観覧席もあり、13種類から選んでください。


【開催日】7月13日-8月17日
【打ち上げ場所】八景島シーパラダイス
【打ち上げ本数】1日:2500発
【アクセス】シーサイドライン八景島駅すぐ
【HP】http://www.seaparadise.co.jp/

第23位 第25回りんどう湖花火大会・栃木県

この投稿をInstagramで見る

イズミ☆さん(@izumiaramata)がシェアした投稿

りんどう湖花火大会は、栃木県で行われるおすすめの花火大会です。

りんどう湖を使って光の共演が行われ、幻想的なひと時が味わえます。

大迫力のスターマインもあるので、じっくり鑑賞しましょう。

有料観覧席もあるので、じっくり花火が見れます。

昼間はりんどう湖の遊園地で遊んだり、アルパカや羊たちの動物に触れ合ったりして過ごしましょう。


【開催日】8月10日-9月15日
【打ち上げ場所】りんどう湖
【打ち上げ本数】1日:3000発
【アクセス】東北道那須ICから車で10分
【HP】https://www.rindo.co.jp/

第22位 第59回水戸黄門まつり 水戸偕楽園花火大会・茨城県

この投稿をInstagramで見る

yusukeさん(@__sayu13)がシェアした投稿

水戸黄門まつりは、茨城県で行われる恒例行事で、花火大会も開催されます。

偕楽園に併設した千波湖(せんばこ)で、祭りに先行して7月に花火大会が行われます。

湖面を彩る花火の美しさは、思わず息を飲む思いでしょう。

花火の余韻を残しつつ8月には、祭り本番が行われ、伝統行事が続きます。

出来れば両方のイベントを味わいたいところです。


【開催日】7月20日
【打ち上げ場所】偕楽園
【打ち上げ本数】7000発
【アクセス】】JR水戸駅南口から徒歩15分
【HP】http://www.mitokoumon.com/

第21位 第60回いたばし花火大会・東京都

この投稿をInstagramで見る

reikoyangさん(@reikoyang_gogo)がシェアした投稿

いたばし花火大会は、東京都で行われる豪快な花火大会です。

2019年は60回記念なので、気合の入り方が違い、見逃せません。

60発の尺玉打上げをはじめ、大玉の尺五寸玉や関東最長級の700mのナイヤガラもお目見えします。

日本トップクラスの、10人の花火師の共演も、見逃せないでしょう。

有料指定席もあるので、ゆっくり見られます。

同時に戸田橋花火大会も行われるので、この日の夜、板橋区は花火モード全開です。


【開催日】8月3日
【打ち上げ場所】荒川河川敷
【打ち上げ本数】1万2000発(同時開催される戸田橋花火大会との合算値)
【アクセス】JR浮間舟渡駅から徒歩20分
【HP】http://itabashihanabi.jp/

第20位 第70回熊谷花火大会・埼玉県

この投稿をInstagramで見る

AYANAさん(@a.gram23)がシェアした投稿

熊谷花火大会は、埼玉県で行われる壮観な花火大会です。

1948年から続く伝統の花火大会で、埼玉でも歴史ある大会として多くの人が見に来ます。

7社の花火業者が集結し、各社が趣向を凝らして競い合う、ターマインコンクールはぜひ見逃さないでください。

ウェディング、誕生日といったメッセージを、花火で伝える催しも評判です。

そして河川敷には500もの店が並びますから、花火とは別の楽しみが味わえます。


【開催日】8月10日
【打ち上げ場所】荒川河川敷
【打ち上げ本数】1万発
【アクセス】JR・秩父鉄道熊谷駅南口から徒歩5分
【HP】http://www.oideyo-kumagaya.com/

第19位 未来型花火エンターテインメント「STAR ISLAND2019」・東京都

この投稿をInstagramで見る

大倉士門さん(@shimonsmile)がシェアした投稿

未来型花火エンターテインメント「STAR ISLAND」は、シンガポールで大好評だった花火大会を東京に上陸させました。

無料で観覧できるエリアが無い大会で、必ずチケットを買う必要があります。

逆に考えれば、じっくりと花火のエンターテーメントが堪能できます。

中央市場の近くにある豊洲で行われますが、一般船舶の妨げになるため、海上からの観覧が禁止されているので注意して下さい。

今までの花火大会とは一味違う未来型のエンターテーメントなので、従来の物に飽きたらぜひ見に行きましょう。


【開催日】7月20日
【打ち上げ場所】豊洲市場沖
【打ち上げ本数】非公開
【アクセス】ゆりかもめ市場前駅より徒歩約15分
【HP】http://www.star-island.jp/

第18位 第48回相模原納涼花火大会・神奈川県

この投稿をInstagramで見る

相模原写真部📷さん(@sagamihara_photography_club)がシェアした投稿

相模原納涼花火大会は、神奈川県で行われる花火大会です。

昭和26年から開始した伝統的な花火大会は、夏の相模原の風物詩となりました。

有料の市民協賛者席があり、ここがおすすめです。

なぜならば、場所取りすることなく、ゆっくりと花火の美しさを体験できます。

また、ここにはトイレも近くにあり、スムーズに用が足せるだけでなく、打ち上げ場所にも近いので迫力が違うでしょう。


【開催日】7月15日
【打ち上げ場所】相模川高田橋付近
【打ち上げ本数】1万発
【アクセス】JR淵野辺駅南口、JR上溝駅、JR・京王電鉄京王線橋本駅南口等から田名バスターミナル行バスに乗り終点下車徒歩約15分
【HP】http://www.sagamiharahanabi.com/

第17位 第53回葛飾納涼花火大会・東京都

この投稿をInstagramで見る

きーさんさん(@keeeesan1108)がシェアした投稿

葛飾納涼花火大会は、東京の江戸川河川敷で行われる花火大会です。

映画男はつらいよシリーズの舞台だった葛飾柴又の近くにあるので、昼に、柴又観光を楽しんでから花火を見に行けます。

富士山ナイヤガラや昇銀龍からはじまり、プログラム内容は、非常に充実しているでしょう。

グランドフィナーレには、大空にに浮かぶ、中ナイヤガラもあり、最後まで飽きることがありません。


【開催日】7月23日
【打ち上げ場所】江戸川河川敷・葛飾柴又付近
【打ち上げ本数】1万3000発
【アクセス】京成電鉄柴又駅から徒歩約10分、北総鉄道新柴又駅から徒歩約15分
【HP】http://www.city.katsushika.lg.jp/tourism/1000065/index.html

第16位 令和元年度 越谷花火大会・埼玉県

この投稿をInstagramで見る

kuniさん(@kuni_hiro)がシェアした投稿

令和元年度 越谷花火大会は、新時代の到来を告げる埼玉県の花火大会です。

令和初の花火大会は、平成時代と変わらず、盛沢山な内容です。

開始10分前から始まる、オープニングセレモニーもしっかり見ておきましょう。

スターマインを中心とした、打ち上げ花火の共演は目が離せません。

当日は大幅な交通規制が実施されますから、できれば公共交通で見に行きましょう。


【開催日】7月27日
【打ち上げ場所】元荒川河川敷越谷駅付近
【打ち上げ本数】5000発
【アクセス】東武鉄道越谷駅から徒歩6分
【HP】https://www.koshigaya-sightseeing.jp/

第15位 おやまサマーフェスティバル2019~第68回小山の花火~・栃木県

この投稿をInstagramで見る

阿部 淳一さん(@abe_camera_motte_go)がシェアした投稿

栃木県で行われる小山の花火大会は、おやまサマーフェスティバルの一環として開催されます。

観覧席と打ち上げ場所が近いことが有名で、ナイヤガラやスターマインが評判です。

同時に、オープニングカーニバルなども行われますので、早い時間から会場に向かいましょう。

そして花火は2万発上がりますから、数の上でも相当レベル高い大会といえます。


【開催日】7月28日
【打ち上げ場所】思川河川敷小山駅付近
【打ち上げ本数】2万発
【アクセス】JR小山駅西口から徒歩8分
【HP】https://www.oyamanohanabi.com/

第14位 第29回小江戸川越花火大会・埼玉県

この投稿をInstagramで見る

ア ミ 🐷さん(@_ami.isg_)がシェアした投稿

埼玉県の川越といえば小江戸で有名ですが、夏の風物詩は小江戸川越花火大会です。

伊佐沼公園で開催される花火大会は、不思議と江戸時代からある伝統的な花火のように思えます。

しかし実際にはスターマインなど個性豊かな花火が打ちあがりますから、観覧者は最後まで存分に楽しめるでしょう。

当日は公共交通で行くようにして、昼間に川越観光をして、昼から夜まで、小江戸を堪能したいところです。


【開催日】8月17日
【打ち上げ場所】伊佐沼
【打ち上げ本数】5000発以上
【アクセス】JR南古谷から徒歩約25分
【HP】http://www.city.kawagoe.saitama.jp/

第13位 第45回高崎まつり大花火大会・群馬県

この投稿をInstagramで見る

@esquire38がシェアした投稿

高崎まつり大花火大会は、群馬県の大花火大会です。

より臨場感を味わうために、打ち上げ場所に近いエリアも開放しました。

有料観覧エリアもあるので、じっくりと花火を堪能したい人は、こちらがおすすめです。

打上げ時間は50分と短めですが、その間に1万5000発上がりますから、圧倒的な迫力の連続です。

一瞬の芸術作品でもある花火を、スピーディに堪能しましょう。


【開催日】8月3日
【打ち上げ場所】烏川河川敷高崎駅付近
【打ち上げ本数】1万5000発
【アクセス】JR高崎駅西口から徒歩15分
【HP】https://www.takasaki-matsuri.jp/45/

第12位 第39回三浦海岸納涼まつり花火大会・神奈川県

この投稿をInstagramで見る

h.sakuraiさん(@sakuratrack3)がシェアした投稿

神奈川県の三浦半島で行われる、三浦海岸納涼まつり花火大会は、海上を光の芸術で多い尽くします。

水中孔雀と呼ばれる花火は、水中投げ込み式で、海上すれすれのところを彩ります。

そこにスターマインが共演しますから、大いに盛り上がるでしょう。

昼間ビーチでのんびりした後の、夜に見られる花火の美しさは、夏の思い出として、強力なインパクトが残ります。


【開催日】8月6日
【打ち上げ場所】三浦海岸
【打ち上げ本数】3000発
【アクセス】京急電鉄三浦海岸駅から徒歩5分
【HP】https://www.miura-info.ne.jp/

第11位 エキサイティング花火2019 第44回 江戸川区花火大会・東京都

この投稿をInstagramで見る

Japan Nikon  大輔さん(@daisuke_clover)がシェアした投稿

東京都の江戸川区花火大会は、8つのテーマで構成されています。

テーマに沿ったBGMを背景に、花火が打ちあがりますから、視覚と聴覚のエンターテーメントです。

プログラムの内容が、事前に公式ページで掲載されていますから、あらかじめチェックした方がより楽しめるでしょう。

遠隔操作で打ち上げを行いますので、きめ細かい演出も見ものです。


【開催日】8月3日
【打ち上げ場所】江戸川河川敷篠崎公園付近
【打ち上げ本数】1万4000発
【アクセス】都営地下鉄篠崎駅から徒歩15分
【HP】https://www.city.edogawa.tokyo.jp/e032/sports/kankomidokoro/hanabi/index.html

第10位 第14回古河花火大会・茨城県

この投稿をInstagramで見る

Takahiro Hosoeさん(@takaphilography)がシェアした投稿

古河花火大会は、茨城で行われる巨大花火大会です。

最大のみ物は、3尺玉といわれる巨大花火で、スカイツリーとほぼ同じ上空600mから炸裂する破壊力満載の大花火で、最大直径が650mに達します。

他の花火大会とは、けた違いの大玉をぜひ見に行きましょう。

また合計2万発打ち上げられますから、迫力満点です。

さらに、河川敷のゴルフ場が、打ち上げ会場となっています。


【開催日】8月3日
【打ち上げ場所】古河ゴルフリンクス
【打ち上げ本数】2万発
【アクセス】JR古河駅から徒歩20分、東武鉄道新古河駅から徒歩5分
【HP】http://www.kogakanko.jp/hanabi

第9位 第63回 前橋花火大会・群馬県

この投稿をInstagramで見る

maebashi_tripさん(@maebashi_trip)がシェアした投稿

前橋花火大会は、群馬でで行われる花火大会です。

昭和23年開催の復興債からスタートした花火大会は、夏の前橋の風物詩です。

利根川河川敷から打ち上げられる、仕掛け花火やスターマインは見る者を釘付けにするでしょう。

そして空中ナイヤガラ花火発祥の地とされ、本家のナイヤガラは虹色に染まります。

迫力ある光の祭典にぜひ足を運びましょう。


【開催日】8月10日
【打ち上げ場所】利根川河川敷大渡橋付近
【打ち上げ本数】1万5000発
【アクセス】JR前橋駅からバスに乗り15分 岩神小学校前下車徒歩10分
【HP】http://maebashihanabi.jp/

第8位 第72回木更津港まつり花火大会・千葉県

この投稿をInstagramで見る

だいすけさん(@daiexpress110)がシェアした投稿

木更津港まつり花火大会は、千葉県で行われる夏の恒例行事です。

尺玉の連打と関東屈指の規模を持つスターマインの共演が好評で、木更津の街を明るく彩ります。

あまりの規模の大きさから、会場から離れたアクアラインの海ほたるからでも、じっくり鑑賞できるでしょう。

出来れば前日に行われれる「やっさいもっさい」と、セットで楽しむ価値があるイベントです。


【開催日】8月15日
【打ち上げ場所】木更津中の島
【打ち上げ本数】1万発
【アクセス】JR木更津駅西口から徒歩10分
【HP】https://www.city.kisarazu.lg.jp/

第7位 第105回足利花火大会・栃木県

この投稿をInstagramで見る

Toshi Orita photographerさん(@toshi.orita)がシェアした投稿

栃木県の足利花火大会は、渡良瀬川を光の渦に巻き込みます。

2万5千発の規模は、もちろん関東トップクラスといえるレベルで、日本全国から有名花火師が手掛けた名玉花火と、仕掛け花火の共演が見ものです。

迫力満点のワイドスターマインも見逃せないでしょう。

花火に合わせて音の饗宴も見逃せない、一夜限りの芸術祭は、見るに強力な感動を与えてくれます。


【開催日】8月3日
【打ち上げ場所】渡良瀬川河川敷足利駅付近
【打ち上げ本数】2万5千発
【アクセス】JR足利駅南口から徒歩5分、東武伊勢崎線足利市駅から徒歩10分
【HP】なし

第6位 ふなばし市民まつり 船橋港親水公園花火大会・千葉県

この投稿をInstagramで見る

ひじけんさん(@adio_ken)がシェアした投稿

船橋港親水公園花火大会は、千葉県で開催される花火大会です。

海に囲まれた場所から打ち上げられるので、あらゆる角度から眺められるでしょう。

ここの特徴は、ユニークな花火の共演です。

テーマに沿った内容で、ストーリー性を重視しています。

そんな音楽とのコラボレーションは、単なる花火の枠を超えたエンターテーメントといえるでしょう。

ぜひ間近でチェックしてください。


【開催日】7月31日
【打ち上げ場所】船橋港親水公園沖
【打ち上げ本数】8000発
【アクセス】京成線「大神宮下駅」より徒歩13分、JR京葉線「南船橋駅」より徒歩17分
【HP】なし

第5位 田園夢花火2019 第31回たまむら花火大会・群馬県

この投稿をInstagramで見る

Kazuhiro Setoさん(@kazuhiro_seto)がシェアした投稿

群馬県のたまむら花火大会は、「田園夢花火」という名前がついています。

県内の夏の始まりを告げる内容となっています。

場所は田園の真ん中で打ち上げる特徴があり、非常に間近で迫力十分な花火が見られるでしょう。

内容はワイドスターマインと、四色の層が見事な四重芯菊は、必見です。

また、先着順で有料チケット販売も行っています。


【開催日】7月13日
【打ち上げ場所】玉村町北部公園付近
【打ち上げ本数】8000発
【アクセス】JR新町駅から玉村町役場行きバスで25分 玉村町役場下車徒歩20分
【HP】http://www.town.tamamura.lg.jp/

第4位 第41回足立の花火・東京都

この投稿をInstagramで見る

Asuto Mizukoshi(21)さん(@mzksast)がシェアした投稿

足立の花火は、東京都で行われる花火大会です。

荒川の土手を使って、1時間で1万3000発を打ち抜きます。

スターマインなど短時間で行われる、大迫力は見ごたえバッチシでしょう。

5幕のプログラムが用意されており、それぞれのテーマに従って、花火が打ち上げられます。

花火の迫力をサポートする、レーザー光線とのコラボも良い働きをしています。


【開催日】7月20日
【打ち上げ場所】荒川河川敷北千住付近
【打ち上げ本数】1万3000発
【アクセス】JR・東京メトロ・東武鉄道・つくばエクスプレス北千住駅または東武鉄道小菅駅または五反野駅または梅島駅から徒歩15分
【HP】なし

第3位 第34回利根川大花火大会・茨城県

この投稿をInstagramで見る

ひとしさん(@hitoshi7466)がシェアした投稿

利根川大花火大会は、茨城の夏を彩ります。

全国から有名な4大花火師による、夢の共演が最大の見物です。

職人達の恐るべき技を、しっかりと鑑賞しましょう。

2万3000発もの花火を豪快に打ち上げつづけ、スターマインや巨大な尺玉が容赦なく打上げられつづけます。

シンクロする音楽もエンターテーメントを、最大限に盛り上げてくれます。


【開催日】7月13日
【打ち上げ場所】利根川河川敷関宿城跡付近
【打ち上げ本数】2万3000発
【アクセス】JR古河駅または東武鉄道東武動物公園駅から境車庫行バスに乗り40分 境町下車徒歩3分
【HP】https://www.sakaimachi.co.jp/

第2位 横浜スパークリングトワイライト2019・神奈川県

この投稿をInstagramで見る

E-Jayさん(@e_jay_official)がシェアした投稿

神奈川県屈指の観光スポット横浜の山下公園で行われる、横浜スパークリングトワイライトは、見逃せない花火大会です。

2日間続けて演出を変えた花火が打ちあがり、港町横浜の夏を最大限に盛り上げてくれます。

また花火のほかに、ステージショーやパレードなど昼間も見どころが続くので、昼間から参加しましょう。

盛沢山な内容の中には、グルメも含まれますから、食べ物もおすすめです。


【開催日】7月13・14日
【打ち上げ場所】山下公園
【打ち上げ本数】3000発
【アクセス】みなとみらい線元町・中華街駅4番出口から徒歩3分
【HP】https://yokohama-sparkling.com/

第1位 第42回隅田川花火大会・東京都

この投稿をInstagramで見る

onotchさん(@onotch.x)がシェアした投稿

隅田川花火大会は、東京で行われる伝統的な花火大会です。

江戸時代の花火が源流とされ、ふたつの会場で行われ、それぞれテーマに沿った内容の花火が見られます。

第一会場では、花火コンクールが行われるので、注意深く見ましょう。

これは、10社の花火業者が競い合います。

コンクールが終わると表彰式が行われます。

場所が東京都心にあるのと伝統的な花火大会なので、今年も100万人近い人が訪れるでしょう。


【開催日】7月27日
【打ち上げ場所】隅田公園
【打ち上げ本数】2万発
【アクセス】東武鉄道・東京メトロ・都営地下鉄浅草駅から徒歩15分
【HP】https://www.sumidagawa-hanabi.com/

関東夏の花火大会は年々レベルが高くなる

2019夏関東花火ラスト

Photo by Wikipedia

関東地区では、夏の間に数多くの花火大会が行われます。

高速連射で打ち上げるスターマインや、大玉の花火が打ち上げられるなど、年々新しくレベルの高い光の共演が見られます。

有料席を設けている会場もあるので、お金を払って優雅に花火を楽しみましょう。

ほとんどの会場では交通規制が行われますから、公共交通で行くことが勧められています。

関東の夏祭り25選!

関東各地で7月・8月にそれぞれおすすめの夏祭りが行われます。県別に個性がでているようなお祭りが行われ、どの祭りも気になるところばかりです。そんな関東の夏祭りを7月。8月に分けて合計25か所厳選しました。解りやすいランキング形式で紹介します。

女子旅にもおすすめ絶景スポット25選!

関東というと都心化が進んだイメージが強いですが、実は大自然が広がるスポットが多くあります。 そこで本記事では、関東の絶景スポットを紹介します。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

万代正平
旅行が好きで、日本は47都道府県すべて行ったことがあります。旅先にある温泉が好きなので、全国にあるいくつかの温泉を実際に体験しています。また2003年より夫婦で飲食店(東南アジア料理店)を経営している関係で、ほぼ毎年東南アジアに渡航しており、東南アジア10か国すべて訪問しました。海外では他にヨーロッパ(英国、ベルギー、アイルランド)アメリカ、中国、香港、マカオ、台湾、韓国への渡航経験があります。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo