【2019】冬の九州旅行でおすすめ25選! | Stayway Media

【2019】冬の九州旅行でおすすめ25選!

万代正平

トラベルクリエイター

26九州冬旅行トップ
Photo by Wikipedia

冬の九州旅行のおすすめスポットを紹介します。

九州は気候も温暖で、冬の旅行には最適な場所。

おすすめのスポットも数多くあります。

そんな九州のおすすめを25か所厳選しました。

わかりやすいランキング形式で案内します。

第25位 フローランテ宮崎/宮崎県

この投稿をInstagramで見る

マービー(@gonzo_waka)がシェアした投稿

フローランテ宮崎は、宮崎県にある植物園です。

冬になるとイルミネーションが行われ、南国の夜を美しい光の世界に変身させます。

花と光のメロディというテーマで幻想的な世界を堪能してください。

2019年は12月6日から1月13日まで行われますから、この期間に宮崎に行く場合はぜひ訪問しましょう。


【正式名称】フローランテ宮崎
【住所】宮崎県宮崎市山崎町 浜山414−16
【アクセス】蓮ヶ池駅から車で7分
【営業時間】9:00~17:00
【定休日】火曜日
【電話番号】0985-23-1510
【公式サイト】http://www.florante.or.jp/

第24位 佐賀県立佐賀城本丸歴史館/佐賀県

24佐賀城本丸歴史館
Photo by Wikipedia

佐賀県立佐賀城本丸歴史館は、佐賀県にあり、佐賀城の本丸を再現しました。

江戸時代は鍋島氏が佐賀の地を治め、この場所を居城としました。

見どころは日本で初めて復元した本丸御殿で、バーチャルを駆使した見どころもあります。

また定期的に企画展やイベントもありますから、お目当てのものがあるか事前にチェックしましょう。


【正式名称】佐賀県立佐賀城本丸歴史館
【住所】佐賀県佐賀市城内2丁目18-1
【アクセス】佐賀駅から車で10分
【営業時間】9:30~18:00
【定休日】無休
【電話番号】0952-41-7550
【公式サイト】https://saga-museum.jp/sagajou/

第23位 﨑津天主堂/熊本県

この投稿をInstagramで見る

長谷怜紀(天草ver.)(@satoki.nagaya.amakusa)がシェアした投稿

﨑津天主堂は、熊本の浅草にあるキリスト教会です。

いわゆる「潜伏キリシタン」の地として、2018年に世界遺産に登録された地域。

現在は海の天主堂との異名を持ち地域に根差しているように建っています。

冬のクリスマスの頃にはイルミネーションやチャペルコンサートなどもあるので、そのタイミングに行くのも良いでしょう。

また、教会の周辺の集落の散策も見ごたえあります。


【正式名称】﨑津天主堂
【住所】熊本県天草市河浦町﨑津539
【アクセス】松橋駅から車で2時間
【営業時間】要確認
【定休日】要確認
【電話番号】0969-79-0015
【公式サイト】http://fukuoka.catholic.jp/ncwj/?page_id=1345

第22位 池島/長崎県

22池島
Photo by Wikipedia

池島は、長崎の西彼杵半島の西に浮かぶ小さな島。

この島はかつて炭鉱があった場所で、現在は廃坑となりましたが定期的に炭鉱体験ツアーを実施しています。

日によっては上陸が困難で入れるところが限られる軍艦島のようなこともないので、穴場スポットです。

炭鉱の他にも島のあらゆる場所に廃墟の足跡が。

また、有人の島なのでアクセスも多く安心です。


【正式名称】池島
【住所】長崎県長崎市池島町
【アクセス】神浦港、、西海市瀬戸港から船
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】095-811-0369
【公式サイト】https://www.nagasaki-tabinet.com/tour/62798/

第21位 霧島温泉郷/鹿児島

21霧島温泉郷
Photo by Wikipedia
霧島温泉郷は、鹿児島の霧島山麓にある温泉街の総称です。

いろんな場所に温泉があり、冷えた体を温めるのには最適。

数ある中で、イチオシは前田温泉 カジロが湯で、立ち寄りの湯なので、気がるに温泉を満喫できるでしょう。

霧島温泉郷のパイオニア、前田嘉次郎のお湯を存分に堪能してください。


【正式名称】前田温泉 カジロが湯
【住所】鹿児島県霧島市牧園町高千穂3914
【アクセス】霧島神宮駅から車で18分
【営業時間】7:00~21:00
【定休日】無休
【電話番号】0995-78-4126
【公式サイト】https://maedasangyo.com/

第20位 武雄温泉/佐賀県

20武雄温泉
Photo by Wikipedia
武雄温泉(たけおおんせん)は、佐賀県にある温泉です。

泉質は炭酸水素沿線と単純温泉の2種類あります。

国の受有用文化財に指定されている、楼門と新館の建物をチェックしましょう。

豊臣秀吉が朝鮮出兵の負傷兵を癒すのに、利用したという記録もあります。

1200年もの歴史がある温泉で冬の寒さを温めながら、ストレスを存分に癒せます。


【正式名称】武雄温泉 元湯
【住所】佐賀県武雄市武雄町武雄7425
【アクセス】武雄温泉から徒歩12分
【営業時間】6:30~24:00
【定休日】無休
【電話番号】0954-23-2001
【公式サイト】http://www.takeo-kk.net/spa/001331.php

第19位 鍋ヶ滝/熊本県

19鍋ヶ滝
Photo by Wikipedia

鍋ヶ滝は熊本県の小国町にある滝。

落差10メートル幅20メートルの滝は、神秘的なカーテンのようです。

ここは、滝を洞窟側から見ることができ、他ではなかなか見られない滝の裏側の様子が伺えます。

阿蘇を作った巨大噴火の火砕流が流れ込んだことで、このような空間ができ上がりました。

大自然の奇蹟に思いをはせながら素晴らしい、動く天然アートを堪能してください。


【正式名称】鍋ケ滝
【住所】熊本県阿蘇郡小国町大字黒渕
【アクセス】阿蘇駅から車で42分
【営業時間】9:00~17:00
【定休日】無休
【電話番号】0967-46-2113
【公式サイト】https://www.town.kumamoto-oguni.lg.jp/q/aview/143/273.html

第18位 九州自然動物公園アフリカンサファリ/大分県

18九州自然動物公園アフリカンサファリ
Photo by Wikipedia

九州自然動物公園アフリカンサファリは、大分県にあるサファリパーク。

アフリカのサバンナにいるような、動物たちが広大な敷地内にいるので迫力満点です。

ジャングルバスで見学したり、自家用車で見学したりと自由に楽しめます。

また小さな動物たちと触れ合えるコーナーもあり、ファミリーの楽しいひととき。

レストランなどもあり、終日ゆったり過ごせます。


【正式名称】九州自然動物公園アフリカンサファリ
【住所】大分県宇佐市安心院町南畑2-1755-1
【アクセス】亀川駅から車で21分
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】無休
【電話番号】0978-48-2331
【公式サイト】http://www.africansafari.co.jp/

第17位 鵜戸神宮/宮崎県

17 鵜戸神宮
Photo by Wikipedia

鵜戸神宮(うどじんぐう)は、宮崎県にあるパワースポット。

日向灘に面した断崖にあり、波の浸食でできた海食洞内に本殿があります。

すぐ横にある絶景値を眺めながら、本殿に向かって降りて行きましょう。

祭神は、彦火瓊々杵尊(ひこほのににぎのみこと)、彦火々出見尊(ひこほほでみのみこと)など5柱で、神社本庁の別表神社に指定されています。

海洋信仰の聖地で、新しい年のご利益を願いましょう。


【正式名称】鵜戸神宮
【住所】宮崎県日南市大字宮浦3232
【アクセス】油津駅から車で25分
【営業時間】6:00~19:00
【定休日】無休
【電話番号】0987-29-1001
【公式サイト】http://www.udojingu.com/

第16位 出水市ツル観察センター/鹿児島

この投稿をInstagramで見る

中野ゆき(@yukipon_nakano)がシェアした投稿

出水市ツル観察センターは、鹿児島県の出水市にあります。

ここは、11月から3月までの間だけオープンしており、冬場にツルがこの場所に飛来します。

特別天然記念物のツルが非常に間近で見られますので、ぜひウォッチングに行きましょう。

施設内にはカフェもありますから、ドリンクを飲みながら、野生のツルをのんびり眺めるのも良さそうです。


【正式名称】出水市ツル観察センター
【住所】鹿児島県出水市荘2478-4
【アクセス】野田郷駅から車で11分
【営業時間】9:00〜17:00
【公開日】11月1日から翌年3月第4日曜日まで(無休)
【電話番号】0996-85-5151
【公式サイト】なし

第15位 門司港レトロ/福岡県

門司港レトロ
Photo by Wikipedia

門司港レトロは、門司港の古い建物群が見られる観光スポット。

本州の下関と関門海峡で隔たれており、正しく九州の玄関です。

1995年にグランドオープン後は、大河ドラマの武蔵の舞台になるなどして多くの観光客が来るようになりました。

1914年建築の重要文化財でもあるJR門司駅をはじめ、明治大正ロマンを感じる建物群ですからじっくりと眺めましょう。


【正式名称】 門司港レトロ
【住所】福岡県北九州市門司区9
【アクセス】門司港駅すぐ
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】093-321-4151
【公式サイト】http://www.mojiko.info/

第14位 長崎新地中華街/長崎県

14長崎新地中華街
Photo by Wikipedia

長崎新地中華街(ながさきしんちちゅうかがい)は、長崎にある中華街。

横浜・神戸と並んで日本三大中華街のひとつです。

狭い通りにある中華街ですが、むしろ雰囲気は十分で夜も味わいがあります。

そして旧正月(春節)に行われるランタンフェスティバルのメイン会場として、開催中は数多くのランタンで賑やかに。

その前には、昼間営業している中華料理店で、名物の長崎ちゃんぽんを味わって、その瞬間を待ちましょう。


【正式名称】長崎新地中華街
【住所】長崎県長崎市新地町10-13
【アクセス】新地中華街駅より徒歩4分
【営業時間】10:00~21:00
【定休日】無休
【電話番号】095-822-6540
【公式サイト】http://www.nagasaki-chinatown.com/

第13位 キャナルシティ博多/福岡県

13キャナルシティ博多

Photo by 万代正平

キャナルシティ博多は、福岡の博多にある複合商業施設。

大きな敷地内には運河が流れ、ショッピングなどの休憩で散策が楽しめます。

運河の西側はホテルとなっており、東側に数多くの店が入居しています。

ショッピングやグルメはもちろんのこと、劇場や映画館もあり、一日遊べる施設。

年越しなどのタイミングでバーゲンを狙うのも良いでしょう。


【正式名称】キャナルシティ博多
【住所】福岡県福岡市博多区住吉1丁目2
【アクセス】博多駅から徒歩13分
【営業時間】10:00~21:00
【定休日】無休
【電話番号】092-282-2525
【公式サイト】https://canalcity.co.jp/

第12位 有田ポーセリンパーク/佐賀県

この投稿をInstagramで見る

misaki 𓆦(@99msk____)がシェアした投稿

有田ポーセリンパークは、佐賀にあるテーマパーク。

有田焼の施設で、建物はツヴィンガー宮殿という、ヨーロッパにあるような城の形をしています。

入場無料で、有田焼のギャラリーやショッピング、工房などがあります。

バイキングレストランも併設しているので空腹時も安心。

中庭になっているバロック庭園で、ゆったり散歩をすることもできます。


【正式名称】有田ポーセリンパーク
【住所】佐賀県西松浦郡有田町戸矢乙340-28
【アクセス】有田駅から車で9分
【営業時間】9:00~17:00
【定休日】無休
【電話番号】0955-41-0030
【公式サイト】https://www.arita-touki.com/

第11位 博多屋台街/福岡県

この投稿をInstagramで見る

Vogue Japan(@voguejapan)がシェアした投稿

博多屋台街は、福岡博多の名物です。

博多の中州にある屋台街は、夜の博多を楽しいものにしてくれます。

冬の寒さを温めてくれる、ラーメンやおでんなどで冷えた体を温めましょう。

豚足など珍しいものも食べられます。

人気の屋台は行列のできるところもあるので、お目当てがあれば早い時間に行った方が無難です。

地元の人たちとのふれあいを楽しんでください。


【正式名称】博多屋台街
【住所】福岡県福岡市博多区中洲1丁目8
【アクセス】祇園駅から徒歩10分
【営業時間】店舗による
【定休日】店舗による
【電話番号】店舗による
【公式サイト】無し

第10位 池田湖/鹿児島

10池田湖
Photo by Wikipedia

池田湖は、鹿児島にある湖です。

直径は3.5キロメートルで九州最大の湖です。

かつては、イッシーと呼ばれる巨大生物が生息していると話題になりました。

深さは233メートルで、固定には固定火山があります。

冬の池田湖には、一足早く菜の花の黄色いじゅうたんが覆い、開聞岳を借景にしたフォトジェニックな空間です。


【正式名称】池田湖
【住所】鹿児島県指宿市
【アクセス】東開聞駅から車で7分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】無し
【公式サイト】無し

第9位 雲仙温泉/長崎県

09雲仙温泉
Photo by Wikipedia

雲仙温泉は、長崎県にある温泉で、活火山の雲仙にあります。

キリシタン殉教の舞台として世界的に有名で、日本で初めて国立公園に指定されました。

温泉の泉質は硫黄泉です。

温泉地には雲仙地獄というのがあり、常に湧きあがる白煙が温泉地に来たことをイメージできます。

ホテルなどの宿泊施設のほか、複数の共同浴場もあるので、日帰りでも温かいお湯に浸かりましょう。


【正式名称】雲仙新湯温泉館
【住所】長崎県雲仙市小浜町雲仙320
【アクセス】島原駅から車で35分
【営業時間】9:00~23:00
【定休日】水曜日
【電話番号】0957-73-3233
【公式サイト】http://www.unzen.org/daytrip/detail3.html

第8位 由布院温泉/大分県

08由布院温泉
Photo by Wikipedia
由布院温泉(ゆふいんおんせん)は、大分県にある温泉地です。

人気の温泉地で、おしゃれなお店や宿が並びます。

由布岳の勇壮な姿を見ながら温泉地をのんびり散策しましょう。

泉質は単純温泉で、全国で2番目に多い湧出量を誇ります。

温泉地のシンボルのひとつである金鱗湖の地底からも温泉が湧き出ており、冬の早朝に行けに来ると霧が立ち込めた幽玄の世界が広がります。


【正式名称】下ん湯
【住所】大分県由布市湯布院町川上1585
【アクセス】由布院駅から徒歩29分
【営業時間】10:00~21:00
【定休日】水曜日
【電話番号】0977-84-3111
【公式サイト】無し

第7位 黒川温泉/熊本県

07黒川温泉
Photo by Wikipedia

黒川温泉(くろかわおんせん)は、熊本にある温泉地です。

阿蘇山の北側にあり、一時は衰退していましたが、温泉旅館組合の努力により、ハイレベルな温泉地に生まれ変わりました。

自然を感じさせる露天風呂が目玉の温泉旅館で、宿泊を体験しましょう。

泉質は硫黄泉です。

温泉街には共同浴場もありますから、日帰りでお湯に浸かることもできます。


【正式名称】黒川日帰り温泉 彩もみぢ
【住所】熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺6777
【アクセス】阿蘇駅から車で41分
【営業時間】9:00~21:00
【定休日】不定休
【電話番号】0967-44-0210
【公式サイト】http://www.iromomiji.com/

第6位 太宰府天満宮/福岡県

06太宰府天満宮
Photo by Wikipedia

太宰府天満宮は、福岡県にあるパワースポットです。

かつてこの地には大宰府という朝廷の拠点があり、陰謀で菅原道真が左遷されました。

道真の死後に遺体を運んだ際にこの地で牛車が動かなくなり、この地に廟が建てられました。

その後、天神信仰が巻き起こり道真の墓所の上に社殿が建てられました。

主祭神は菅原道真で、現在は神社本庁の別表神社です。

学問の神として学業向上などにご利益があります。


【正式名称】太宰府天満宮
【住所】 福岡県太宰府市宰府4丁目7-1
【アクセス】太宰府駅から徒歩4分
【営業時間】6:30~19:00
【定休日】無休
【電話番号】092-922-8225
【公式サイト】https://www.dazaifutenmangu.or.jp/

第5位 阿蘇ファームランド/熊本県

05阿蘇ファームランド
Photo by Wikipedia

阿蘇ファームランドは、熊本の阿蘇山にある公園です。

癒・泊・動・栽・食・買という6つのテーマを意識しており、それぞれのテーマに即した施設があります。

1日では足りないくらい遊べるところがあるので、宿泊施設で1泊以上して堪能しましょう。

どの施設も楽しいところばかりなので、あっという間に滞在時間が過ぎ去ります。


【正式名称】阿蘇ファームランド
【住所】熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字河陽5579-3
【アクセス】赤水駅から車で7分
【営業時間】10:00~16:00
【定休日】無休
【電話番号】0967-67-2100
【公式サイト】https://asofarmland.co.jp/

第4位 天岩戸神社/宮崎県

04天岩戸神社
Photo by Wikipedia

天岩戸神社は、宮崎県にあるパワースポット。

古事記・日本書記の記紀神話に登場する天の岩戸に由来する神社で、神社本宮の別表神社です。

主祭神は2柱で、それぞれ、西本宮は大日孁尊(あまてらすおおかみの別名)。

東本宮は天照皇大神(あまてらすおおみかみの別名)と、同じ太陽神を祀っています。

創建は不詳ですが、天孫が降臨したとされる高千穂の近くにあり、境内には強力なパワーがみなぎります。


【正式名称】 天岩戸神社
【住所】宮崎県西臼杵郡高千穂町大字岩戸1073番地1
【アクセス】延岡駅から車で53分
【営業時間】 8:30~16:30
【定休日】無休
【電話番号】0982-74-8239
【公式サイト】http://amanoiwato-jinja.jp/

第3位 ハートロック/鹿児島

この投稿をInstagramで見る

健一385🍺(@kenichi_watanabe._)がシェアした投稿

ハートロックは、奄美大島にあるパワースポットです。

潮だまりにたまる海水がハート形に見えるという場所。

周辺に潮だまりは、いくつもあるのでハート形をしたものを探しましょう。

干潮の時間で出現のタイミングが限られているのでいつでも見られるわけではありません。

どうしても観たいのなら事前に干潮の時間などを把握する必要があるでしょう。


【正式名称】ハートロック
【住所】鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木1346-1
【アクセス】奄美空港から車で15分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】無し
【公式サイト】https://www.town.tatsugo.lg.jp/kikakukanko/kanko/heartrock.html

第2位 別府温泉地獄めぐり/大分県

02別府地獄めぐり
Photo by Wikipedia

別府温泉地獄めぐりは、大分にある観光スポット。

日本トップクラスの温泉地である、別府温泉郷の中には、数多くの地獄と呼ばれる個性的な源泉湧出口があります。

その中でも主要な地獄は、地獄組合に加入しており、地獄めぐりが楽しめます。

真っ赤な血の池地獄やコバルトブルーの海地獄、間欠泉の竜巻地獄など、個性豊かな地獄を存分に他の楽しみましょう。


【正式名称】別府温泉地獄めぐり
【住所】 大分県別府市大字鉄輪559-1
【アクセス】別府駅から車で14分
【営業時間】8:00~17:00
【定休日】無休
【電話番号】0977-66-1577
【公式サイト】http://www.beppu-jigoku.com/

第1位 ハウステンボス/長崎県

01ハウステンボス
Photo by Wikipedia

ハウステンボスは、長崎にあるテーマパークです。

オランダの町並みを再現しており、単独のテーマパークとしては日本最大級。

昼間の精巧に作られた町並みも素晴らしいですが、イチオシはイルミネーションです。

どの季節でも見られますが、特に冬のイルミネーションは別格です。

幻想的な光の世界を眺めながら、冬の佐世保に現れた異空間の素晴らしさを堪能してください。


【正式名称】ハウステンボス
【住所】長崎県佐世保市ハウステンボス町1−1
【アクセス】ハウステンボス駅から徒歩7分
【営業時間】9:00~22:00
【定休日】無休
【電話番号】0570-064-110
【公式サイト】https://www.huistenbosch.co.jp/

冬の九州旅行で思い出づくりを

00九州冬旅行ラスト
Photo by Wikipedia

冬の九州旅行は、定番のイルミネーションや初詣スポットのほか、身体をたためられる温泉があります。

あるいは、歴史を感じするポットなどが目白押しです。

ついつい引きこもりがちな冬ですが、こういう時こそ九州旅行をして楽しい思い出を作りましょう。

九州地方についてはこちらもチェック!

福岡といえば、美味しいグルメを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は、今年のゴールデンウィークに実際に訪れてよかったグルメスポットに加え、インスタ映え間違いなしのおススメ観光地をご紹介します。
九州といえば、それぞれの都道府県で特色があり、一周すればかなり内容の濃い旅行をすることができます。 そこで本記事では、九州の女子旅におすすめの観光スポットを紹介します。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

万代正平
旅行が好きで、日本は47都道府県すべて行ったことがあります。旅先にある温泉が好きなので、全国にあるいくつかの温泉を実際に体験しています。また2003年より夫婦で飲食店(東南アジア料理店)を経営している関係で、ほぼ毎年東南アジアに渡航しており、東南アジア10か国すべて訪問しました。海外では他にヨーロッパ(英国、ベルギー、アイルランド)アメリカ、中国、香港、マカオ、台湾、韓国への渡航経験があります。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo