【2019】夏のニセコで楽しむアクティビティ10選 | Stayway Media

【2019】夏のニセコで楽しむアクティビティ10選

万代正平

トラベルライター

ニセコアクティビティトップ
Photo by Wikipedia

北海道のニセコは冬のウィンタースポーツがメインですが、夏も楽しめるアクティビティは多数あります。

夏だからこそ実感できる、雄大な北海道が味わえます。

ニセコで体験をしながら身も心も開放しましょう。

子供もチャレンジできるのを含めた、夏のニセコアクティビティを10か所厳選しました。

解りやすいランキング形式で紹介します。

第10位 尻別川でリバーサップ SUP niseko

この投稿をInstagramで見る

Makoto Yamadaさん(@fs5050)がシェアした投稿

SUP nisekoは、ニセコでスタンドアップパドル(SUP)が、楽しめる場所です。

ハワイで誕生したこのスポーツは、瞬く間に世界で広がりました。

北海道のニセコでは、尻別川でSUPが体験できます。

気軽な体験コースもありますので、積極的にチャレンジしてください。

水着やタオルさえあればほかの道具類はすべて無料レンタルできます。

海のSUPとも一味違う、ニセコのリバーSUPを味わってください。

【正式名称】 SUP niseko
【住所】北海道虻田郡ニセコ町字ニセコ481-1
【アクセス】ニセコ駅より車で11分
【営業時間】10:00-21:00
【定休日】無休
【電話番号】0136-54-2820
【HP】https://www.powcom.net/supniseko/

第9位 ボルタリング NAC Niseko Adventure Centre

この投稿をInstagramで見る

NAC マウンテンギアショップさん(@nac_mountaingearshop)がシェアした投稿

NAC Niseko Adventure Centreは、ニセコでボルダリング体験ができます。

屋外のフリークライミングの練習用として誕生したボルダリングは、室内で独立板クライミングスポーツとして定着しました。

13歳以上から楽しめるボルダリングは、初心者から楽しめます。

慣れれば、ロープクライミングにもチャレンジしましょう。

ニセコで働いている人向けに、お得なメンバーパスもあり、何度でもチャレンジできます。


【正式名称】 ニセコクライミング
【住所】北海道虻田郡倶知安町山田179-53
【アクセス】ニセコ駅より車で14分
【営業時間】8:00-21:00
【定休日】無休
【電話番号】0136-23-2093
【HP】http://www.nacadventures.jp/climbing/niseko

第8位 ブリッジスウィング 日高HOA北海道アウトドアアドベンチャーズ

この投稿をInstagramで見る

HOA北海道アウトドアアドベンチャーズさん(@hoarafting)がシェアした投稿

橋の上から、一本の命綱だけで飛ぶのが、ブりッジスウィングです。

以前はニセコでもできる所がありましたが、現在は日高地方でのみできます。

バンジージャンプとも違う、スリルある体験に挑戦しましょう。

命綱である、ハーネスやロープは用意しますので、動きやすい服装や着替えを準備してください。

中学生以上なら参加可能です。

なお、どうしても参加をしたくない人も見学可能です。


【正式名称】日高HOA北海道アウトドアアドベンチャーズ
【住所】北海道沙流郡日高町千栄132番地
【アクセス】占冠駅より車で29分
【営業時間】8:30-19:00
【定休日】無休
【電話番号】01457-6-2668
【HP】http://www.rafting-hoa.co.jp/

第7位 尻別川カヌーツーリング ニセコアウトドアセンター

この投稿をInstagramで見る

Kentaro Nakashimaさん(@kentaro_ig)がシェアした投稿

ニセコアウトドアセンターでは、尻別川カヌーツーリングが体験できます。

元々はカリブ海の先住民族の乗り物であったカヌーを、ニセコで体験しましょう。

体験期間は6月、7月、9月の間だけ行われます。

朝から夕方前まで、5時間かけてニセコの自然を堪能しながら、カヌー体験ができます。

小学5年以上から参加できますから、ファミリーで参加するのも楽しいでしょう。

お昼に川辺で味わうBBQがセットになっています。


【正式名称】 NOC ニセコアウトドアセンター
【住所】北海道虻田郡ニセコ町曽我138-8
【アクセス】ニセコ駅より車で6分
【営業時間】8:30-17:00
【定休日】無休
【電話番号】0136-44-1133
【HP】http://www.noc-hokkaido.jp/canoeing/1/

第6位 渓流フィッシング ニセコファイン

この投稿をInstagramで見る

Focuslightさん(@murcielago.t)がシェアした投稿

ニセコファインでは、渓流フィッシングが体験できます。

SAJ公認スキースクールとしてmオリンピック選手を輩出した実績を誇るスキースクールは、夏も楽しいアウトドアを提供します。

そのひとつが渓流釣りで、浅瀬の渓流に入って本格的に狙いましょう。

ウェダーと呼ばれる、長靴がお腹までつながった専用ウェアーを着用して参加しますので、足元を気にする必要がありません。

餌釣りをはじめ、ルアーやフライ釣りも行えますので、ニセコで活きの良い魚を狙ってください。


【正式名称】ニセコファイン
【住所】北海道虻田郡ニセコ町ニセコ431-1
【アクセス】ニセコ駅より車で9分
【営業時間】10:00-21:00
【定休日】無休
【電話番号】0136-58-3568
【HP】http://www8.plala.or.jp/niseko-fine/

第5位 ダッキー  Hanazono Niseko

この投稿をInstagramで見る

NOASC Adventure Toursさん(@noasc_2016)がシェアした投稿

Hanazono Nisekoでは、ダッキーを堪能できます。

ダッキーとは、ラフティングを小型にしたような乗り物です。

二人乗りのゴム型カヤックに乗り込み、パドル操作を行いながら川下りを楽しみましょう。

6/1(土)から8/31(土)の期間中に行われ、保護者同伴なら10歳以上からチャレンジできます。

所要時間は3時間で、午前と午後から選んでください。

近隣のレストランをお得に利用できるランチパックを用意しましたので、ぜひ活用しましょう。


【正式名称】 Hanazono Niseko
【住所】北海道虻田郡倶知安町岩尾別328-36
【アクセス】倶知安駅より車で10分
【営業時間】9:00-16:30
【定休日】不定休
【電話番号】0136-21-3333
【HP】https://hanazononiseko.com/

第4位 ラフティング NAC Niseko Adventure Centre

この投稿をInstagramで見る

Ryosuke Inomataさん(@inomata_ryosuke)がシェアした投稿

NAC Niseko Adventure Centreでは、ラフティングであそべます。

天然の急流をボムボートで下るスリルが人気のラフティングを、ニセコの地で春から行っているので、チャレンジしてみてください。

特に夏のラフティングは、小さな子供がラフティング経験できる、ファミリーラフティングが評判です。

保護者が同伴すれば、小学生未満の子供も参加できるもので、そのため流れは穏やかですが、これをきっかけに、子供がラフティングの世界に目覚める可能性があるでしょう。


【正式名称】 NAC Niseko Adventure Centre
【住所】北海道虻田郡倶知安町山田179-53
【アクセス比羅夫駅より車で9分
【営業時間】9:30-17:00
【定休日】無休
【電話番号】0136-23-2093
【HP】http://www.nacadventures.jp/

第3位 マウンテンバイクの山下り ニセコグラン・ヒラフ MTBダウンヒルコース

この投稿をInstagramで見る

Niseko Grand HIRAFUさん(@nisekograndhirafu)がシェアした投稿

ニセコでは、自然の山をマウンテンバイクで、一気に下るアクティビティも人気です。

ニセコグラン・ヒラフ MTBダウンヒルコースでは、7月中旬-9月下旬にかけてこのアクティビティを行っています。

スキー場の斜面を利用した、ダウンヒルコースに挑戦しましょう。

夏のニセコは冬とは違った緑豊かな草原地帯です。

快適に下界を目指して走行すれば、病み付きになります。


【正式名称】 ニセコグラン・ヒラフ
【住所】北海道虻田郡倶知安町字山田204
【アクセス】ニセコ駅より車で15分
【営業時間】9:30-15:30
【定休日】無休
【電話番号】0136-22-0109
【HP】http://www.grand-hirafu.jp/

第2位 ニセコバルーン,Niseko Balloon

この投稿をInstagramで見る

kummyさん(@kumm_y)がシェアした投稿

ニセコバルーンは、広大なニセコの地で熱気球に乗り込めます。

熱した空気の浮遊力で大空を飛ぶこのアクティビティは、遠くから見る優雅さと、実際に乗り込んだ時のスリルとのギャップが大きいです。

最初はスリルありますが、慣れてくると、地上とは違うニセコの風景を堪能できるでしょう。

6月から9月まで開催していますから、機会があればぜひチャレンジしてください。


【正式名称】 Niseko Balloon
【住所】北海道虻田郡ニセコ町ニセコ
【アクセス】ニセコ駅より車で10分
【営業時間】10:00-21:00
【定休日】無休
【電話番号】0136-55-8128
【HP】http://www.oac-japan.com/

第1位 ホーストレッキング K2ステーブル

この投稿をInstagramで見る

* Berry *さん(@berry_berry_4)がシェアした投稿

K2ステーブルは、ニセコの雄大な自然を馬と共に楽しめるホーストレッキングを実施しています。

4月下旬から12月上旬まで行っており、初心者でも気軽に馬に騎乗できます。

北海道でウェスタン乗馬にチャレンジしてみましょう。

カラコルム山脈にある、世界で2番目に高い山の名前からとったクラブ名は、夢とロマンにあふれます。

中学生から参加できますので、大地の雄大さを体現してください。


【正式名称】 K2ステーブル
【住所】北海道虻田郡ニセコ町里見238-5
【アクセス】ニセコ駅より車で9分
【営業時間】9:30-16:30
【定休日】無休
【電話番号】0136-44-3788
【HP】http://k2stable.com/

夏のニセコのアクティビティは雄大さを体現

ニセコアクティビティラスト
Photo by Wikipedia

北海道のニセコは冬のウィンタースポーツがメインですが、夏も楽しめるアクティビティは多数あります。

夏だからこそ実感できる、雄大な北海道が味わえます。

ニセコで体験をしながら身も心も開放しましょう。

子供もチャレンジできるので、夏のアクティビティを体験したら、夏の良き思い出ができます。

北海道観光におすすめ人気湖ランキング!

北海道の魅力の一つは広大な土地に広がる自然です。十勝の地平線広がる風景や富良野の花畑もいいですが、手つかずの自然が残る湖もまた魅力の一つです。今回はそんな北海道のおすすめの湖をランキング形式で紹介します。

ニセコ町周辺のおしゃれコテージ

新千歳空港から洞爺湖まで高速道路を使い約1時間半。北海道といえば札幌市の観光が定番ですが、実はこの地にも魅力的な観光スポットが目白押し!こちらの記事ではニセコ町・洞爺湖周辺のおすすめ宿泊施設をご紹介します。ぜひ旅の参考にしてみてくださいね。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

万代正平
旅行が好きで、日本は47都道府県すべて行ったことがあります。旅先にある温泉が好きなので、全国にあるいくつかの温泉を実際に体験しています。また2003年より夫婦で飲食店(東南アジア料理店)を経営している関係で、ほぼ毎年東南アジアに渡航しており、東南アジア10か国すべて訪問しました。海外では他にヨーロッパ(英国、ベルギー、アイルランド)アメリカ、中国、香港、マカオ、台湾、韓国への渡航経験があります。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo