【2020】冬の子連れ旅行に!国内のおすすめスポットランキング25選 | Stayway Media

【2020】冬の子連れ旅行に!国内のおすすめスポットランキング25選

Yasuyo

トラベルクリエイター

冬 旅行 子ども
photo by marcisim

冬の家族旅行の旅行先には、雪遊びやスキーなど冬にしかできない遊びを中心に、自然を体験できる場所が多くあります。

また、寒さが苦手な人にもおすすめの温かさを感じるスポットや、美味しいものを食べてゆっくりできる温泉も人気ですよね。

今回は、そんな冬の国内スポットを25か所厳選!わかりやすいランキング形式でご紹介します。

第25位 中華まんミュージアム/埼玉県

この投稿をInstagramで見る

iko-yo(いこーよオフィシャル)(@ikoyo_official)がシェアした投稿

2019年1月に埼玉県入間市にオープンした、日本初の中華まんの工場見学施設です。

中村屋 武蔵工場の中にあり、中華まんにまつわる知識をマンガでわかりやすく学んだり、工場の製造工程を見学することができます。

子どもを飽きさせないように見学ルートの壁には絵が描かれていたり、見学後には自分で描いた中華まんの絵をスクリーンに投影できるメディアアートやタッチパネルで遊ぶゲームもあります。

見学ツアーの最後にはホカホカの中華まんの試食もありますし、お土産に中華まんやキャラクターグッズがもらえるなど大人も子供も楽しめる内容となっています。


【名称】中村屋 中華まんミュージアム
【住所】〒358-0033 埼玉県入間市大字狭山台234
【電話】04-2935-1592
【アクセス】西武池袋線の入間市駅、またはJR八高線の箱根ケ崎駅からタクシーで約15分
【公式HP】https://www.nakamuraya.co.jp/factory/

第24位 東京ストロベリーパーク/神奈川県

この投稿をInstagramで見る

東京ストロベリーパーク(公式)(@tokyo.strawberry.park_official)がシェアした投稿

外で体を動かすのもいいけれど、寒い冬にはできれば屋内の施設で遊ばせたい…という方におすすめなのがいちご狩りです。

通常のいちご農園でも12月中旬ごろからいちご狩りが始まりますが、こちらの施設はオール電化により365日、いつでもいちご狩りができる初めての施設になります。

イタリアンのビュッフェが食べられるレストラン、贅沢にいちごを使用したスイーツを販売するイチゴラボ、オリジナルグッズやお菓子が買えるグッズショップもあり、可愛くてワクワクできますよ。

横浜市にあり都心からのアクセスも良いので、東京や横浜の観光に組み込んでみてはいかがでしょうか。


【名称】TOKYO STRAWBERRY PARK
【住所】〒230-0053 神奈川県横浜市鶴見区大黒町11−1
【電話】045-394-5555
【アクセス】JR鶴見駅または京急鶴見駅から横浜市営バス7番乗り場 横浜さとうのふるさと行(181系統)で約15分「横浜火力発電所前」下車
【公式HP】https://tokyo-strawberry-park.jp

第23位 空庭温泉/大阪府

この投稿をInstagramで見る

空庭温泉 大阪ベイタワー / Solaniwa Onsen(@solaniwaonsen)がシェアした投稿

2019年2月にオープンした 空庭温泉OSAKA BAY TOWERは、広さがなんと約5,000坪というテーマパークのような温泉施設です。

JR・地下鉄の弁天町駅直結のビル内にあり、海遊館やUSJといった子供達が大好きな遊び場と近いので、合わせて楽しめば大人も子供も大阪を大満喫できますね。

安土桃山時代をコンセプトにしている館内は、入った瞬間からタイムスリップしたような非日常感があり、テンションが上がります。

広々とした大浴場はもちろん、岩盤浴やリラクゼーション施設、約100㎡の広さを誇る国内最大級のパウダールームなど、女性にうれしい設備が整っているので、パパに子どもを見てもらってママがのんびり過ごすのもいいですね。

大浴場には畳の休憩室がセットになった有料の貸切風呂もあるので、周りに気兼ねせず家族で温泉を楽しみたい方にもおすすめです。


【名称】空庭温泉 OSAKA BAY TOWER
【住所】〒552-0007 大阪府大阪市港区弁天1丁目2−3
【電話】06-7670-5126
【アクセス】関西空港駅より電車で約60分、新大阪駅より電車で約15分
【公式HP】https://www.solaniwa.com

第22位 小岩井農場/岩手県

冬 日本
photo by Adobestock

小岩井農場は、敷地面積約3,000ヘクタール、東京ドーム640個分という広さを誇る、岩手山麓の雫石町と滝沢市にまたがる日本最大の民間総合農場です。

ウインターシーズンには、雪を使ったアトラクションやそり遊びなどの楽しいイベントがあるウインターランド、園内が東北最大級のイルミネーションに彩られるウインターイルミネーションがあり、土曜日には打ち上げ花火も予定されています。

冬季限定の玉こんにゃくや、人気の牛乳ラーメンなど牧場グルメも充実していますし、毎年2月にはかまくらの中で焼肉を楽しめるかまくら食堂も人気です。


【名称】小岩井農場
【住所】〒020-0507 岩手県岩手郡雫石町丸谷地36−1
【電話】019-692-4321
【アクセス】JR盛岡駅から車で約30分
【公式HP】https://www.koiwai.co.jp

第21位 伊豆シャボテン公園/静岡県

カピバラ
photo by ictseahorse

静岡県伊東市にある伊豆シャボテン公園は、サボテンと動物を中心としたテーマパークです。

リスザルやクジャクなどが放し飼いにされているほか、園内にある大きな池をボートに乗ってガイドと巡る「アニマルボートツアーズ」も人気です。

冬のおすすめは、お湯に浸かってうっとりとするカピバラに癒される「元祖カピバラの露天風呂」。動物好きの子どもが喜ぶこと間違いなしの施設です。

伊豆高原には他にも観光スポットがありますし、伊東温泉には子連れウエルカムの旅館やホテルがあるので、遊んだあとは温泉でのんびりできます。


【名称】伊豆シャボテン公園
【住所】〒413-0231 静岡県伊東市富戸1317−13
【電話】0557-51-1111
【アクセス】JR伊東駅からシャボテン公園行きバスで約35分
【公式HP】https://izushaboten.com

第20位 なばなの里/三重県

冬 日本
photo by Adobestock

四季折々の花々が楽しめる花のテーマパーク「なばなの里」の冬のお楽しみは、国内最大級の規模を誇るイルミネーションです。

全国イルミネーションランキングのプロフェッショナルパフォーマンス部門で3年連続1位を獲得しているだけあって、そのスケール感には圧倒されます。

アンパンマンミュージアムや遊園地があるナガシマスパーランドやアウトレットと隣接していますし、リゾート内にはホテルや日帰り温泉もあるので、冷えた体を温めることもできますよ。

名古屋から車で30分程度とアクセスも良いので、旅の日程に加えてみてはいかがでしょうか。


【名称】なばなの里
【住所】〒511-1144 三重県桑名市長島町駒江漆畑270
【電話】0594-41-0787
【アクセス】名鉄バスセンターから直通バスで約30分
【公式HP】https://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/index.html

第19位 城崎温泉/兵庫県

冬 日本
photo by Adobestock

冬の旅行先の定番の一つといえば、ゆっくりのんびりできる温泉ですよね。

城崎温泉は開湯1300年もの歴史があり、有馬温泉、湯村温泉とならんで兵庫県を代表する温泉地です。

外湯めぐりが有名な城崎温泉ですが、冬のお楽しみは何と言っても「かに」です。

ベビープランが充実した子連れ歓迎の宿もありますので、親子で温泉とグルメを満喫しましょう。


【名称】城崎温泉
【住所】〒669-6101 兵庫県豊岡市城崎町
【電話】0796-32-3663(観光協会)
【アクセス】神戸・京都より車で約3時間、大阪より車で約3時間30分
【公式HP】http://www.kinosaki-spa.gr.jp

第18位 ボーネルンドプレイヴィル/大阪府

この投稿をInstagramで見る

高槻市(@takatsukicity_official)がシェアした投稿

プレイヴィルは、ボーネルンドの室内あそび場「キドキド」に、屋外で遊べる公園を組み合わせた新しいあそび場です。

大阪の天王寺公園、大阪城公園に続き、2019年3月、高槻市の安満遺跡公園に新たな施設がオープンしました。

冬でも思いっきり体を動かして遊べる屋内ゾーン、画材や遊具を使って遊ぶ表現あそびゾーン、木製の大型遊具がある外遊びのゾーンがあり、飽きずにいろいろな遊びを楽しめます。


【名称】ボーネルンド プレイヴィル 安満遺跡公園
【住所】〒569-0096 大阪府高槻市八丁畷町12
【電話】072-668-3145
【アクセス】阪急高槻市駅北口から徒歩で約13分
【公式HP】https://www.bornelund.co.jp/playground/playville-amaiseki-park

第17位 おやつタウン/三重県

この投稿をInstagramで見る

【公式】おやつタウン(@oyatsutown)がシェアした投稿

おやつタウンは、2019年7月にリニューアルオープンしたベビースターラーメンの工場一体型のテーマパークです。

おやつカンパニー久居工場の工場見学だけでなく、好みの味付けをしてオーブンで焼くMyスペシャルベビースター体験ができるほか、大きなアスレチックやスポーツ体験ができる遊びのスペースも充実。

遊具がダンボールでできた「リトルタウン」、子供しか入れない「ヒミツのおやつラボ」、授乳室などもあり、子供も大人も楽しめるよう施設となっています。

ブタメンの豚骨味やベビースターが入ったメニューが食べられるダイニングや、オリジナルのお土産が買えるショップもあり、みんなでワイワイ過ごせます。


【名称】おやつタウン
【住所】〒514-1254 三重県津市森町1945−11
【電話】0570-082-114
【アクセス】近鉄久居駅から三重交通バス「おやつタウン前経由・榊原車庫前行き」バスで約15分、おやつタウン前バス停より徒歩5分
【公式HP】https://oyatsu.town

第16位 富士急ハイランド/山梨県

富士急ハイランド
photo by Wikipedia

2019年3月にはトーマスランドに新アトラクション「トーマスのたからさがし大冒険」がオープン、広場がリニューアルされた入場無料エリア「リサとガスパールタウン」があり、小さな子供づれでもOKです。

11月下旬から3月末までは屋外スケートリンクがオープンしますので、お子様の年齢や好みに合わせていろいろな楽しみ方ができますね。

富士急ハイランドのフリーパス提示で割引がある立ち寄り温泉「ふじやま温泉」や、富士河口湖温泉郷のホテルや旅館での宿泊もおすすめです。


【名称】富士急ハイランド
【住所】〒403-0017 山梨県富士吉田市新西原5丁目6−1
【電話】0555-23-2111
【アクセス】中央自動車道大月JCT経由で河口湖I.Cをおりてすぐ、東富士五湖道路須走I.Cからのり富士吉田I.Cをおりてすぐ。
【公式HP】https://www.fujiq.jp/ja

第15位 熱海温泉/静岡県

熱海温泉
photo by Wikipedia

近年新たな温泉施設やグルメスポットが続々とオープンし、再び注目を集めている熱海温泉。

通年利用できる流水プールやウオータースライダーが人気の「マリンスパあたみ」、防波堤で手ぶらで海釣り体験ができる熱海港、タンデムなら4歳以上からパラグライダー体験ができる熱海峠など、遊びも充実しています。

2019年3月には、東京で大人気のスパ施設「スパ ラクーア」の会社が運営している「熱海ベイリゾート後楽園」がオープン。

スパだけでなく、伊豆の海の幸が味わえるレストラン、話題のスイーツや特産品が買えるショップもあり、日帰り旅行でも楽しめます。


【名称】熱海ベイリゾート後楽園
【住所】〒413-0023 静岡県熱海市和田浜南町10−1694−29
【電話】0557-81-0041
【アクセス】JR熱海駅からシャトルバスまたはタクシーで約10分
【公式HP】https://atamibayresort.com

第14位 レストランかまくら村/長野県

この投稿をInstagramで見る

日本旅遊活動 VISIT JAPAN CAMPAIGN(@visitjapantw)がシェアした投稿

長野県最北部にある飯山市には、毎年1月下旬から2月下旬までの約1カ月間、豊富な積雪量を利用して15基から20基程の「かまくら」が登場します。

2020年分のレストランかまくら村は、12月3日から先着順で予約がスタートしますので、雪国ならではの体験を楽しみたいなら早めの予約がおすすめです。

地元産野菜をふんだんに入れた信州味噌仕立ての名物「のろし鍋」を食べれば、身体の中からポカポカになりそう。

かまくらだけでも珍しいですが、かまくらの中でみんなで鍋を食べれば、冬の忘れられない思い出になりそうです。


【名称】レストランかまくら村 (かまくらの里)
【住所】〒389-2418 長野県飯山市大字寿
【電話】0269-62-3133
【アクセス】北陸新幹線飯山駅またはJR戸狩野沢温泉駅からタクシーで15分
【公式HP】https://www.iiyama-ouendan.net/special/kamakura/

第13位 高峰温泉/長野県

冬 日本
photo by Adobestock

標高2,000m、雲上の温泉として知られる高峰温泉は、冬にはアサマ2000スキー場から雪上車でアクセスする秘湯の宿です。

天候が良ければ毎晩「星の観望会」が開催され、大型の天体双眼鏡で澄み渡った夜空に輝く満天の星々を観察できるので、空にはこんなに星があったんだ!と大人でも感動する星空に子供もきっと喜んでくれるはず。

お部屋はシンプルながらリニューアルされ清潔に保たれていますし、食事の際には塗り絵を渡してくれたり、子供用の浴衣も準備してくれたりと、子連れ旅行にも配慮してもらえます。

スキー場からすぐで冬ならではの体験もできるおすすめの温泉です。


【名称】高峰温泉
【住所】〒384-0041 長野県小諸市菱平704−1
【電話】0267-25-2000
【アクセス】東京から車で関越道と上信越道経由で約2時間半、冬期はアサマ2000スキー場に集合
【公式HP】https://www.takamine.co.jp

第12位 山代温泉/石川県

冬 日本
photo by Adobestock

冬の温泉旅でおすすめの温泉地が、加賀温泉郷にある山代温泉です。

北陸新幹線・金沢駅から30分弱でアクセスできますし、冬には加能がにが食べられる宿も多く、北陸の海の幸を堪能できます。

ミキハウス子育て総研のウエルカムベビーのお宿に認定されている「加賀の宿 宝生亭」は、おむつ替え放題&ミルク飲み放題、絵本、玩具やアメニティ、赤ちゃんグッズが無料で貸し出してもらえる温泉デビュープランなど、子連れにうれしいプランが充実しています。

古総湯の近くには、九谷焼の絵付け体験ができる観光案内アンテナショップがありますので、情報を聞きがてら体験とお土産購入もできちゃいます。


【名称】加賀の宿 宝生亭
【住所】〒922-0257 石川県加賀市山代温泉1丁目80−1
【電話】0761-77-1143
【アクセス】北陸自動車道 加賀ICまたは片山津ICから車で約20分ほど
【公式HP】http://www.housyoutei.com

第11位 雪チャリスノーパーク/長野県

戸狩温泉スキー場
photo by Wikipedia

長野県から新潟県にまたがる開田山脈の麓にある戸狩温泉スキー場には、日本初の雪ちゃりスノーパークがあり、専用ゲレンデでファットバイクに乗ってダウンヒルが楽しめます。

2才~6才のお子様にはスノーストライダーパークがあり、大人用・子供用ファットバイクはもちろん、スノーストライダーのレンタルも可能です。

レストハウスやキッズルームを併設したゲレンデもありますし、無料で常設された遊具で遊べるキッズパークもあります。

ゲレンデから徒歩ですぐのところに立ち寄り湯があり便利ですし、周辺には温泉付きの宿泊施設もありますよ。


【名称】戸狩温泉スキー場
【住所】〒389-2411 長野県飯山市大字豊田6356-二
【電話】0269-65-2359
【アクセス】上信越道 豊田飯山ICから車で約25分、または関越道 塩沢石打ICから車で約70分
【公式HP】https://togari.jp/winter/

第10位 池の平スノーパーク/長野県

この投稿をInstagramで見る

えみな(@4koba_na21)がシェアした投稿

長野県白樺湖にある白樺リゾート。ファミリーランドは冬は休業になりますが、ウインターシーズンは「池の平スノーパーク」がオープンします。

そり広場や歩く歩道があり雪遊びやスキーデビューにぴったりの「ポタスノーランド」、リフトデビューにおすすめのスノーアスレチックもあり、家族みんなでスノーリゾートを満喫できます。

スキースクールには4歳からOKのキッズレッスン、大人も本気で遊べる雪上バギーといろいろな楽しみかたがありますし、ゲレンデ直結の池の平ホテルもありとっても便利。

家族連れにおすすめのスキーリゾートです。


【名称】池の平スノーパーク
【住所】〒384-2309 長野県北佐久郡立科町大字芦田八ケ野1596
【電話】0266-68-2100
【アクセス】茅野駅から池の平ホテル運行バスで約40分
【公式HP】https://hotel.ikenotaira-resort.co.jp/snowpark/

第9位 上越国際スキー場/新潟県

冬 日本
photo by Adobestock

子供の冬の楽しみで外せない雪遊びを楽しむなら、新潟県南魚沼市にある上越国際スキー場がおすすめです。

ゲレンデ直結のホテルグリーンプラザ上越の目の前には、雪が初めてのお子様にもおすすめの「キッズパラダイス」があり、無料のソリランドもあります。

お菓子がもらえる雪上運動会、ちびっこトライアスロン、ソリレース、雪上人間カーリングなどの無料参加イベントがある日もあり、大人も子供も思いっきり楽しめそうです。

ホテルには2~6歳のお子様向けの託児所もあり、おにいちゃん・おねえちゃんと滑っている間にお世話になることもできますよ。


【名称】上越国際スキー場
【住所】〒949-6431 新潟県南魚沼市 樺野沢112番地1号
【電話】025-782-1028
【アクセス】上越国際スキー場前駅出口1から徒歩で約1分
【公式HP】http://www.jkokusai.co.jp

第8位 ケラ池スケートリンク/長野県

この投稿をInstagramで見る

ヌーンコールコテージ軽井沢(@nooncall.cottage)がシェアした投稿

軽井沢の星野エリアには、秋が深まると、ネイチャーツアーを開催している「ピッキオ」の前にあるケラ池が凍って屋外スケートリンクが現れます。

屋外ならではの開放感がありますし、スケートに不慣れでも、そりのついた専用椅子につかまりながら滑ることができるので安心です。

疲れたらリンクサイドのカフェでホットドリンクを飲んで、冬ならではの自然を感じたいですね。

星野エリア内には、レストラン、日帰り温泉施設、ショップが連なるハルニレテラスのほか、「星のや軽井沢」などの宿泊施設もあります。

子連れには敷居が高いイメージがある憧れの宿ですが、高級旅館だけあって事前に伝えておけば客室や食事への配慮もスマートですし、予約すれば有料で信州らしい「おやきづくり」体験もできますよ。


【名称】ケラ池スケートリンク
【住所】〒389-0111 長野県北佐久郡北佐久郡軽井沢町星野
【電話】0267-45-7777
【アクセス】軽井沢駅から西武観光バスで約20分
【公式HP】https://picchio.co.jp/facility/kera/

第7位 白馬コルチナスキー場/長野県

白馬コルチナ
photo by Wikipedia

白馬コルチナスキー場も、キッズ向けコンテンツが充実している施設としてファミリーに人気のスキーリゾートです。

ゲレンデ直結のホテルの目の前には子供用スノーモービルが人気の「キッズパーク」があるほか、託児所やキッズ向けのスクールも充実しています。

特に珍しいのは、雪国ならではの体験ができる「雪遊びパーク」。昼には、雪上サッカーdeアイスクリーム作り、雪上車でメイプルシロップを取りに行くメイプルハンティング雪上車ライド、かまくらランチなどが有料で楽しめます。

また、夜には、星空観察やメガ焼きマシュマロといったコンテンツもあるので、お子様の年齢や好みでいろいろな体験ができますよ。


【名称】白馬コルチナスキー場
【住所】〒399-9422 長野県北安曇郡小谷村大字千国乙12860−1
【電話】0261-82-2236
【アクセス】長野自動車道 安曇野ICから約90分、上信越自動車道 長野ICから約90分、北陸自動車道経由 糸魚川ICから約50分
【公式HP】http://www.hgp.co.jp/cortina/ski/index.html

第6位 野沢温泉スキー場/長野県

野沢温泉スキー場
photo by Wikipedia

こちらの野沢温泉スキー場も、温泉街からは無料の動く歩道でアクセスできるキッズパークなど、キッズ向けゲレンデが充実しているスキーリゾートです。

スキーだけでなく、小学生以上から体験できるジップ・スカイライド、カモシカやウサギなど野生動物にあえるかもしれない雪上車の遊覧ツアーといったアクテビティもあります。

2019年12月15日(日)、2020年1月19日(日)、2月16日(日)、3月15日(日)は、こどもリフト1日券が無料になる「スキー子供の日」となっていて、中学生までが無料対象です。

第1駐車場より車で約1分の場所にある日帰り温泉施設「スパリーナ」は、12月1日(日)まで改修工事のため休館、12月2日(月)から2020年3月29日(日)は無休で営業予定ですのでご注意くださいね。


【名称】野沢温泉スキー場
【住所】〒389-2502 長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷7653
【電話】0269-85-3166
【アクセス】上信越道 豊田飯山ICから車で約25分
【公式HP】http://www.nozawaski.com

第5位 ホエールウォッチング/沖縄県

ホエールウォッチング
photo by Free-Photos

年中暖かいイメージがある沖縄ですが、春から秋がオンシーズンで、海で泳げない冬はオフシーズンになります。

でも、そんな飛行機のチケットや宿泊費が抑えられるオフシーズンにこそおすすめのアクティビティがホエールウォッチングです。

12月下旬~4月上旬、出産と子育てのために沖縄の海にやってくるザトウクジラとの遭遇率はなんと98%!ツアーへの自信がうかがえます。

0歳から参加できる大型クルーザーのツアー、マリンアクティビティがセットになったツアーなど色々あるので、お好みのツアーを探してみてくださいね。


【名称】ホエールウォッチング
【公式HP】https://www.tabirai.net/activity/okinawa/special/whalewatching/

第4位 東京ディズニーリゾート/千葉県

東京ディズニーシー
photo by Wetmount

クリスマスイベント、ニューイヤーイベントがあり、寒くてもキラキラと光り輝く冬のパークは、やっぱりファミリー旅行におすすめのスポットです。

たまにはバケーション・パッケージでショーや乗り物を存分に楽しんだり、オフィシャルホテルでディズニー気分に浸る贅沢な旅行もいいですね。

ファストパスは、パーク内の発券機だけでなく、当日東京ディズニーリゾート®・アプリからも無料で取得できるようになったので、事前にダウンロードしておくといいですよ。

公式HP内の「ディズニーママスタイル」では、ママにうれしいサービスなどいろいろ紹介されていますので、ベビーと一緒にパークを楽しむなら一度チェックしてみてくださいね。


【名称】東京ディズニーリゾート
【住所】〒279-0031 千葉県浦安市舞浜1−1
【電話】045-330-5211
【アクセス】JR舞浜駅から徒歩で約5分
【公式HP】https://www.tokyodisneyresort.jp

第3位 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン/大阪府

usj
photo by Pharaoh_EZYPT

夜を彩るライブショーが10年ぶりに一新!大きなツリーに明かりが灯る瞬間や、頭上にオーロラが現れる演出は大人も子供も感動ものです。

ルパン三世や名探偵コナンのアトラクションが楽しめる「ユニバーサル・クールジャパン2020」も1月26日から始まります。

11月13日にはJR桜島駅の目の前に新たなオフィシャルホテル「リーベルホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」がオープンし、宿泊の選択肢も広がりました。

天然温泉のスパ、スヌーピーやセサミストリートとのコラボルーム、ジュラシック・ワールドのコンセプトルームもあり、お部屋でもUSJの世界観を楽しめそうです。


【名称】ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
【住所】〒554-0031 大阪府大阪市此花区桜島2丁目1−33
【電話】0570-200-606
【アクセス】JRユニバーサルシティ駅から徒歩で約5分
【公式HP】https://www.usj.co.jp

第2位 スパリゾートハワイアンズ/福島県

スパリゾートハワイアンズ
photo by Wikipedia

テーマパークも好きだけど、いつもとは違うところに旅行に行きたい、天候を気にしなくていい屋内施設がいいという方におすすめのスポットです。

ウォーターパーク「ワイワイオハナ」では、2019年11月30日(土)~2020年1月26日(日)の期間限定でキッズプールが「きかんしゃトーマスプールランド」に!

2019年12月21日(土)~2020年1月13日(月・祝)には、ウォーターパーク内特設会場に世界最大のカブトムシ「ヘラクレスオオカブト」や「オオクワガタ」と触れ合えるコーナーが登場します。

2019年2月には、プールまで水着で移動できるホテル「ウイルポート」がリニューアルオープン。ウエルカムベビールームなら、小さなお子様連れのファミリーでも安心です。


【名称】スパリゾートハワイアンズ
【住所】〒972-8326 福島県いわき市常磐藤原町蕨平50
【電話】0570-550-550
【アクセス】常磐自動車道いわき湯本ICより車で約3分
【公式HP】https://www.hawaiians.co.jp

第1位 アイス・ヴィレッジ/北海道

冬 日本
photo by Adobestock

北海道のトマムにある「星野リゾート トマム」のウインターシーズンは、牧場をテーマにしたクリスマスイベントや、雪山の絶景を眺める霧氷テラスなど、冬ならではの楽しみが盛りだくさん!

中でもトマムに冬だけ現れる氷の街「アイスヴィレッジ」は、氷の滑り台やアイスリンクだけでなく、氷のBakery&Cafeや氷のBarなどがあり大人も子供も楽しめます。

今年は、氷のテーブルやイスでテイクアウトした軽食や飲み物を楽しめる氷のクリスタルパーク、氷の世界のスイーツ専門店「氷のSweets Shop」がニューオープンします。

さらさらのパウダースノー、特別な体験の数々は、きっと家族みんなの素敵な思い出になるはず!GAOでは2ヶ月から託児がOKですし、託児と雪遊びを組み合わせた2歳からのプログラムもありますよ。


【名称】星野リゾート トマム アイスヴィレッジ
【住所】〒079-2204 北海道勇払郡占冠村字中トマム
【電話】0167-58-1111
【アクセス】新千歳空港から道央圏連絡道路、道東道を経由し車で約100分
【公式HP】http://www.snowtomamu.jp/special/icevillage/

冬にこそ家族で楽しめるスポットがいっぱい!

いかがでしたか?冬でも楽しめる、冬だからこそ楽しみたい、子連れ旅行におすすめのスポットをご紹介しました。

お子様の年齢、旅行のスタイルに合わせて、お好みのスポットを探してみてくださいね。

国内の魅力はこちらもチェック!

北海道トマムにある天空の絶景スポット「雲海テラス」。雲海が発生する確率は40%ほどしかなく、見えたらとても幸運です。同じ表情を二度と見せることがない雲海との出逢いは、まさに一期一会。今回はそんなトマムの雲海テラスの魅力を徹底的に解説します!
山陽地方に位置する広島県は世界遺産である厳島神社や弥山、原爆ドームなどゆっくり見学したいスポットが多く瀬戸内海に面したホテルからはオーシャンビュー、広島城の姿を眺めながら過ごせるホテルもあります。そこでアクセス抜群のおすすめホテルをご紹介!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Yasuyo
静岡県在住の主婦ライター。大阪・名古屋・神戸・金沢に居住歴があり、独身の頃から日本国内の温泉地を中心に旅行するのが趣味です。週末は温泉&現地グルメを楽しんでいます。海外では、ベトナム、フィリピン、マレーシアなどアジアのビーチリゾートでのんびり過ごすのが好きです。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo