アンティグアおすすめ観光地15選+満喫する為にすべき事 7選 | Stayway Media

アンティグアおすすめ観光地15選+満喫する為にすべき事 7選

Juri Mizuki

トラベルライター

アンティグア(Photo by Adobestock)

16〜18世紀にかけて栄えた世界遺産の町「アンティグア」

アンティグアは中米グアテマラの首都グアテマラシティーから車で30分程の場所に位置するグアテマラの古都でスペインによる植民地時代の名残が色濃く残るカラフルな街並みが特徴の中米でも有数の観光地です。

また周辺にはコーヒー栽培に適した土壌を育む多くの火山があり、トレッキングツアーに参加する拠点の町としても知られています。

今回はグアテマラの古都「アンティグア」で訪れるべき15のおすすめ観光スポットとアンティグア旅行を満喫する為にすべきことを7つ紹介したいと思います。

グアテマラの基本情報

(Photo by Adobestock)

グアテマラは中米に位置する国土が日本の総面積の3分の1程度という小さな国です。

中米の歴史は今から4000年程前まで遡りグアテマラはその他のメキシコおよびホンジュラスをはじめとする国々と共にかつてマヤ文明が栄えた地です。

それらの遺跡は今でも良好な保存状態で残され、世界中の多くの観光客によって訪れられています。

またグアテマラは質の高いコーヒーの産地としても名高くミネラルを多く含んだ土壌はこの国の豊かな自然を象徴しています。

この国は1821年の独立までスペインの植民地であった為スペイン語が公用語として話されています。

他にもマヤの先住民の子孫によって話されている伝統的な言語もありますが、広くスペイン語が通じる為ここでは説明を省略します。

首都グアテマラシティー
言語スペイン語
通貨ケツァール(2019年9月現在1ケツァール=約14円)
宗教キリスト教
日本との時差-15時間
ベストシーズン乾季の12〜4月
ビザの有無3ヶ月以内の観光目的の滞在は査証不要
プラグ型Aタイプ

日本からアンティグアへのアクセス

飛行機(Photo by Adobestock)

2019年9月現在日本からグアテマラ(首都グアテマラシティー)への直行便は就航しておりません。

その為アメリカやメキシコの主要都市を経由してアクセスするのが一般的となっています。

平均片道所要時間は乗継時間を含めても約19〜26時間です。

またグアテマラシティーからアンティグアまでは安全上の都合でタクシーの利用をオススメします。

タクシーを利用してアクセスする場合はアンティグアまで所要約30〜40分程度です。

気になるグアテマラの治安

アンティグア 旧市街(photo by Juri)

外務省による海外安全ホームページによると現在グアテマラの危険レベルは国土全体を通してレベル1の『十分注意してください』となっています。

メキシコのCitizens’ Council for Public Securityが毎年発表する「世界の最も危険な都市ランキング」では2019年現在グアテマラは38位にランクインしており地域にもよりますが殺人や強盗をはじめとした凶悪犯罪が頻発しております。

しかしながらこれらは行動区域や時間などをしっかりと気を付ければ被害を未然に防ぐことも可能です。

今回紹介するアンティグアの町は比較的治安が良く外国人観光客も多い為安心して訪れていただけると思います。

アンティグア滞在中の宿泊施設

アンティグア ホテル2(Photo by Juri)

アンティグアの一泊あたりの宿泊費用相場はドミトリー(共同部屋)の宿泊で1泊600円〜宿泊可能です。

また旧市街にはその他にもB &Bから5つ星ホテルまで様々なジャンルのホテルがありますのでご自身の予算に合わせて宿泊先を決めると良いでしょう。

また旧市街は徒歩で巡れる程狭い為、基本的に町のどこに宿泊しても各観光地へのアクセスは容易です。

アンティグア観光オススメスポット 15選

1. 十字架の丘

アンティグア 十字架の丘(Photo by Juri)

アンティグアの旧市街北側に位置する町1番の絶景ポイントが「十字架の丘」です。

少し高台になっていて山道を15〜20分程度登ったところに位置している為夏の暑い時期に訪れる場合は朝の比較的涼しい時間帯に訪れる事をおすすめします。

また夕方以降は真っ暗になりますので治安は保証出来ませんので町の夜景の写真を撮りたい方は注意が必要です。


名称:Cerro de La Cruz
住所:Antigua Guatemala
観光可能時間:24時間
入場料:なし

2. メルセー教会

サンホセ大聖堂
(Photo by Adobestock)

メルセー教会はまだアンティグアがこの国の首都だった頃の1751年に建設されました。

しかし1773年にはサンタ・マルタ地震という大地震がこの町で発生し町の大部分は破壊され、この教会もそれを免れることはなく廃墟と化してしまいました。

その後の1855年に今の黄色が美しい建物が建てられました。

今でも旧教会は新しい建物の中に大切に残されていて、中庭にはかつて中米一の大きさを誇った噴水があります。

実は現在この国の首都がグアテマラシティーにあるのはこのサンタ・マルタ地震がきっかけであったと言われています。


名称:Iglesia de La Merced
住所:1a Calle Poniente & 6a Avenida Norte, Antigua Guatemala, グアテマラ
観光可能時間:
電話番号:+502 7832 0559
入場料:なし

3. カプチナス教会・修道院

カプチナス修道院(Photo by Juri)

1736年に建設されたアンティグア最後の女子修道院がカプチナス修道院です。

メルセー教会同様、1773年の地震で大きく被災し現在に至ります。

アンティグアで残る廃墟の中で恐らく一番美しい建物で見どころが非常に多いのが特徴です。

是非現地に詳しいガイドの方と一緒に訪れましょう。

この投稿をInstagramで見る

Ricardo Kuhnさん(@ricardomkuhn)がシェアした投稿


名称:Convento Capuchinas
住所:2a Avenida Norte y 2a Calle Oriente esquina. Antigua Guatemala, Antigua Guatemala 03001 グアテマラ
観光可能時間:9:00〜17:00
入場料:40ケツァール

4. 中央広場

中央公園
(Photo by Adobestock)

旧市街で地元の方や観光客が最も集まり賑やかな場所が中央広場です。

町でお祭りなどが行われる時はいつもここが中心地となります。

中央にはアルゼンチン人の彫刻家によってつくられた人魚の胸から水が吹き出すというユニークな噴水があります。

これらは非常に長い間この地にあった為風化してしまい保存の為に現在は4体のうち1体のみが本物、残りは全てレプリカとなっています。


名称:Parque Central (Plaza Mayor)
住所:4 Avenida Sur, Antigua Guatemala, グアテマラ
観光可能時間:24時間
入場料:なし

5. 市庁舎

アンティグア 市庁舎(Photo by Ale_Gonzalez)

中央広場に面するアーチが美しいこちらの建物は1743年に建てられた市庁舎です。

現在内部は博物館になっており先程紹介した広場の中央部に位置している4つの人魚のうち実物3体が保存されている事で知られています。

また歴史的な資料を含む古書博物館も併設しているのでお時間に余裕がある方は訪れてみてはいかがでしょうか。


名称:Palacio del Ayuntamiento
住所:4ta. Calle Poniente, Antigua Guatemala, グアテマラ
観光可能時間:9:00〜16:00
電話番号:+502 7720 7770
入場料:40ケツァール

6. サンタクララ修道院

antigua guatemala
(Photo by Juri)

サンタクララは1699年に創建された修道院で1717年と1773年に起きた両方の地震で被災しました。

現在は廃墟として残されていますが当時の美しい建築は訪れる価値があると思います。


名称:Palacio de los Capitanes Generales
住所:Antigua Guatemala
観光可能時間:9:00〜17:00
入場料:40ケツァール

7. ユニオン広場

ユニオン広場(Photo by Juri)

かつてグアテマラには大きな家にしか洗濯場がありませんでした。

その為この共同洗濯場が1853年に建てられ昔の人々はここで洗濯していました。

現在ではこれらのうち1つに時々水が溜まっている程度ですが、このような歴史のある場所が残されているというのはいい事ですね。

ユニオン広場2(Photo by Juri)


名称:Tanque La Unión
住所:6a Calle Oriente, Antigua Guatemala, グアテマラ
観光可能時間:24時間
入場料:なし

8. サンタカタリーナアーチ

サンタカタリーナアーチ(Photo by Juri)

アンティグアにある不動のシンボルがこちらのアーチです。

こちらのアーチは1694年に建設されたもので元々は修道院と学校行き来する修道女達の為につくられた回廊の役割を持つものでした。

すぐ後ろには富士山に似た形を持つアグア火山がありますが、よく雲がかかって見えなくなります。

その為素敵な写真を撮りたいという方は朝早く観光客の少ない時間を狙うと山もクリアに見える確率が上がります。


名称:El Arco de Santa Catalina
住所:5a Avenida Norte, Antigua Guatemala, グアテマラ
観光可能時間:24時間
入場料:なし

9. ローカルマーケット

野菜(Photo by RitaE)

地元の方々の活気で毎日賑わいを見せているのがこちらの市場です。

かなり広く野菜・肉・魚・衣類・日用品など生活に必要なものは全てここで揃います。

中には地元の方向けの食堂がいくつかあり1食150円程でスープとメインのおかずをいただく事ができます。

まりぶり(Photo by Juri)

実はここ、肉屋さんが経営している「まりぶり」というテイクアウト専門の日本食を提供しているお店があります。

価格はグアテマラにしては少し高めなのですが日本の味が恋しくなったら足を運んでみてくださいね!


名称:Mercado Municipal
住所:Alameda Santa Lucia,Antigua,Guatemala
観光可能時間:朝〜17:00頃
入場料:なし

10.サンホセ大聖堂

アンティグア(Photo by Juri)

中央広場に面するこちらの大聖堂は1543年から1680年にかけて建造されました。

その他の歴史的建造物と同様1773年のサンタマルタ大地震で被災しましたがその後再建されて現在に至ります。

夜はライトアップされとても美しい姿を現します。

滞在時間に余裕のある方は是非昼夜両方訪れてみてください!


名称:Templo de San José Catedral
住所:5a Calle Oriente 5, Antigua Guatemala, グアテマラ
観光可能時間:9:00〜17:00
入場料:5ケツァール

11. カフェ コンデサ

cafecondesa2(Photo by Juri)

観光客が多く集まる中央広場で1993年から営まれている歴史あるカフェがここ「カフェコンデサ」です。

店内はとても広く緑でいっぱいの中庭がいくつかあり非常に開放感があります。

ここではコーヒーやケーキなどの通常のカフェメニューからお食事も提供されています。

カフェコンデサで長年愛されているのがチーズケーキです。

しっとり濃厚な味が特徴で程よいコクが特徴のアンティグア産のコーヒーとよく合います。

旧市街には多くのカフェがあり新鮮なコーヒーを楽しむ事ができますが、アンティグアで最も有名なカフェを訪れてみたいという方は是非こちらのカフェに足を運んでみてはいかがでしょうか。


名称:Café Condesa
住所:La Casa del Conde, Avenida Norte 5a, Antigua Guatemala, グアテマラ
観光可能時間:金土7:00〜21:00 日〜木曜
電話番号:+502 7832 0038

12. カサ サントドミンゴ

カササントドミンゴ
(Photo by Adobestock) 

スペイン統治時代に修道院として創建されたこの建物。

1773年の大地震で被災して以降は廃墟として残されていますが1989年からは一部がアンティグア唯一の5つ星ホテルとして営業しています。

アンティグア旧市街の世界遺産としてその他の歴史的建造物群と共に登録されています。

世界遺産に泊まるのはとても貴重な体験なのは言うまでもありません。

サントドミンゴは静かで趣があるとても素敵なホテルです。

宿泊の予算に余裕のある方は是非こちらに宿泊する事を強くおすすめします!


名称:Casa Santo Domingo
住所:No. 28 A,, 3a Calle Oriente, Antigua Guatemala, グアテマラ
観光可能時間:月〜土曜 9:00〜18:00/日曜 11:00〜18:00
入場料:42ケツァール
電話番号:+502 7820 1220

13. チョコレート博物館

カカオ グアテマラ(Photo by dghchocolatier)

チョコレートの原料となるカカオは今から約3000年前から中米で栽培されていたとされていたとされています。

世界で最初にチョコレートを発明したのマヤの人々と言われ当時はとても貴重なものでした。

一言にチョコレートと言っても私達が想像するチョコレートとはかなり異なり、甘くなく、トウモロコシの粉やスパイスが混ぜられたものでした。

ここチョコレート博物館はサンタカタリーナアーチのすぐ近くに位置し、中央広場からも近い為観光客にとって非常にアクセスしやすい立地です。

多数のチョコレートをはじめそれ以外にもカカオを使った製品やお土産を多く取り扱っています。

また内部にはカフェも併設しており写真のようなチョコレートフォンデュやその他チョコレートを使ったデザートなどを楽しむ事ができます。

チョコレート博物館 アンティグア(Photo by Juri)

何かと歩く事が多いアンティグア観光ですがちょうどいい休憩先を探している場合は、是非立ち寄ってみてください。


名称:ChocoMuseo
住所:5a Avenida Norte 13, Antigua Guatemala 03001 グアテマラ
観光可能時間:10:00〜19:00
電話番号:+502 7832 0219
公式サイト:https://www.chocomuseo.com

14. フィラデルフィアコーヒー農園

フィラデルフィア農園(Photo by ningxin23minor)

グアテマラは国土の70%は山岳地帯で火山が非常に多いのが特徴です。

その為グアテマラの土壌は火山灰性のミネラルを豊富に含み自然の恵をたっぷりと吸収して育った良質なコーヒー豆は香り高く上品な酸味を持ち世界中に多くのファンを持ちます。

実はアンティグアの豆は私達日本人にもお馴染みのあのスターバックスコーヒーのドリップコーヒーとしても提供されています。

アンティグア近郊にはいくつか観光客が訪れる事が出来るコーヒー農園がありますが、中でも最も人気なのがフィラデルフィアコーヒー農園です。

農園主催のコーヒー農園見学ツアーが人気で、ガイドと共にトラックでコーヒー畑を巡り製造工場を見学する事ができます。

ツアーにはテイスティングも含まれますのでコーヒーがお好きな方には是非訪れることをおすすめします!


名称:Finca Filadelfia
住所:Unnamed Road,, Antigua Guatemala, グアテマラ
観光可能時間:
電話番号:+502 7728 0800
公式サイト:http://www.filadelfiaresort.com

15. アカテナンゴ火山

アカテナンゴ火山2(Photo by Juri)

アウトドアな方には必見の観光スポットです!

アンティグアを訪れたら是非参加していただきたいのが『アカテナンゴ火山1泊2日トレッキングツアー』です。

アカテナンゴ火山は標高3976mですぐ隣にフエゴ火山という少し低い標高(3763m)の低い噴火活動中の山があります。

流石に噴火中の山に登るのは危険なので、隣のアカテナンゴ火山に登ります。

麓から頂上へ向かう途中は写真のような絶景を眺める地でキャンプします。

アカテナンゴ火山3(Photo by Juri)

アカテナンゴ登山の一番の魅力は夜にあります。

フエゴ火山のマグマが轟音と共に眩しい光を放ち噴火活動をより鮮明に楽しむ事ができます。

また夜には満点の星空が一面に広がりアカテナンゴ山で過ごした1日はきっと一生の思い出になること間違いなしです!

翌朝はまだ暗いうちに頂上へ向かい御来光を眺め、その後町に再び戻ります。

ツアーを予約される際は旧市街にあるいくつかのツアー会社を訪ねてそれぞれの値段を比較してみるのをお勧めします。


名称:アカテナンゴ火山
住所:Volcan Acatenango | Chimaltenango Sacatepequez, Antigua 03001, Guatemala
観光可能時間:24時間

アンティグア滞在を満喫するためにすべきこと 7選

・世界的に有名なコーヒーの産地グアテマラコーヒーを楽しむ

コーヒー農園 アンティグア2(Photo by Pexels)

グアテマラ産のコーヒーは質が高いことで世界的に有名です。

コーヒーの味は軽めのライト、バランスが良くとれたミディアムそして強いコクが特徴のダークの大きく3つに分けられます。

アンティグア産のコーヒーは酸味・コク共にバランスが良くとれた『ミディアムコーヒー』で微かにカカオの様な香ばしい香りがします。

アンティグアの旧市街には非常に多くのカフェが軒を連ねていて手頃な値段で新鮮なコーヒーを楽しむ事ができます。

現地を訪れた際は是非本場のコーヒーを堪能するのがおすすめです!

・コーヒー農園を訪ねる

コーヒー農園 アンティグア(Photo by skeeze)

アンティグアを訪れたら新鮮なコーヒーを楽しむだけでなくコーヒーの栽培・製造過程を見学してコーヒーに関する知識を深めましょう!

せっかく世界的コーヒーの産地を訪れるのなら、実際に農園を訪れる程贅沢な事はありません!!

既にコーヒーについての知識はあると言う方も農園に足を運んでみると新たな発見があるかもしれませんね。

・アカテナンゴ火山で壮大な自然活動を満喫する

アカテナンゴ火山(Photo by Juri)

普段はなかなか近寄る事の出来ない「噴火中の火山」

ここグアテマラではすぐ隣の山に登って近くでその様子を確認する事ができます。

満点の星空の下アカテナンゴ火山で一晩を過ごし翌日迎えるご来光は格別の美しさを放ちます。

体力に自信のある方は是非参加することを強くおすすめします!!

・チョコレート博物館でチョコレートの歴史への理解を深める

チョコレート博物館 アンティグア2(Photo by Juri)

旧市街の中心地に位置するチョコレート博物館ではグアテマラ産のカカオから作られたチョコレートをはじめとしたお土産はもちろん店内に併設されたカフェでチョコレートフォンデュなどのチョコレートを使ったスイーツを楽しむ事ができます。

お土産を購入する目的で訪れるのも良いですが、滞在時間に余裕のある方は是非チョコレートツアーに参加してみてください。

ツアーは1日に何度か開催されていてグアテマラのカカオの歴史を学びながら、チョコレートを手作りします。

チョコレート作り(Photo by Juri) 

バレンタインなどにチョコレートを手作りした事があると言う方は多いと思いますがカカオから作る方法はなかなか知らないと言う方が多いのではないでしょうか?

ここチョコレート博物館ではマヤ文明の時代に最初に発明された原始的な方法でチョコレートを作ってテイスティングする事もできます。

是非なかなか出来ない経験をここアンティグアでお楽しみください!

・十字架の丘からの絶景と共に記念写真!

十字架の丘はアンティグアで観光客に最も人気な撮影スポットです。

丘からはアンティグアの街並みとその後ろにそびえるアグア火山を一望出来る為晴れた日には素晴らしい景色を眺める事が出来ます。

アンティグアを訪れた記念に是非足を運んでみてはいかがですか?

・料理教室に参加してグアテマラ料理を学ぶ

料理(Photo by Adobestock)

海外旅行をする上で最も楽しみなアクティビティーのひとつが「現地の料理を堪能すること」だと思います。

少なくとも私にとってはそうで、訪れる国の伝統料理やB級グルメを食べるのは毎回新しい発見があってとても楽しいです。

現地のレストランを訪れてプロの料理人が作った料理を楽しむのも良いですがせっかくグアテマラを訪れたなら料理教室に参加してグアテマラ料理の作り方を覚えて帰りましょう!

日本に戻ってから友達や家族にグアテマラでの旅の思い出を共有するだけでも楽しいですが、現地で習った料理を振る舞うのはもっと楽しいと思います!

・旧市街を徒歩で散策する

アンティグア 散歩(Photo by Juri)

アンティグアの旧市街は徒歩でも十分周りきれる程の大きさです。

その為徒歩でゆっくりと石畳の道を散策して町の至る所にある遺跡を訪れたりふと気になったカフェにふらりと立ち寄ってみたりとゆっくりとした時間を過ごす事が出来るのがこの町の魅力です。

アンティグア 散歩2(Photo by Juri)

町を歩いていると他の町や村から来て小さな屋台を出す人々を多く見かけると思います。

そのバラエティーは非常に豊かで朝の時間帯はグアテマラでお馴染みの典型的な朝食、昼は簡単な軽食そして袋いっぱいに詰め込まれた新鮮なカットフルーツなど様々です。

私はこの町のゆっくりとした雰囲気が大好きです。

アンティグアを訪れた際は是非ゆっくりと町を散歩してみてください!

アンティグア旅行前に知っておきたいこと

グアテマラ 学校(Photo by Juri)

グアテマラ国内でも比較的治安が安定しているアンティグアですが深夜早朝の行動、人通りの少ない場所での一人歩き、ホコテナンゴ方面への徒歩での移動はなるべく避けてください。

私は実際にスペイン語留学の為にこの町に滞在していましたが朝の5時に町を出発したツアーバスが旧市街の中で強盗に遭ったり朝の8時でも中央市場のすぐ裏にあるバスターミナル横で連続レイプ事件が起きたり、普段は安心して歩く事が出来るアンティグアでも油断は出来ないと思う事件がいくつかありました。

またホコテナンゴは貧困層が居住している地域でアンティグアの隣町でありながら臓器売買を目的にしたメキシコのマフィアによる小学生たちの誘拐事件も起きました。

私の語学学校の先生はホコテナンゴに住んでいて最終のバスを逃した為徒歩で帰宅していたら途中で強盗に遭い持ち物を全て盗られました。

なのでホコテナンゴ方面に向かわれる方は徒歩での移動は絶対に避けてください。

グアテマラ 学校2(Photo by Juri)

実は小学校を訪ねる為に実際にホコテナンゴを訪れた事があるのですがその時は町の様子は穏やかで特に治安が悪い印象を受ける事はありませんでした。

しかしながら公立小学校の門は南京錠で頑丈に施錠され銃を持った警備員が配置されていたので恐らく平和ボケした私たち日本人の想像なんてものは簡単に上回る程治安が悪いのかもしれません。

それか単純に誘拐事件があった後だったかもしれませんが・・・汗

子どもたちはとても純粋で外国人の私に興味津々でした。

日本とは全く異なる文化を学ぶ非常に良い機会でした。

話が若干逸れましたが、余計な犯罪被害を生まない為にも先程挙げた注意事項はしっかりと守って行動してください。

大自然の恵みと歴史の町アンティグアに行ってみよう!

グアテマラ アンティグア

(photo by Adobestock)

いかがでしたか?

今回はグアテマラの古都アンティグアのおすすめ観光スポットと満喫する為にしたい7つのことを紹介しました。

私達日本から遠く離れたグアテマラは物価が安く全く異なる文化や歴史を持ち観光がとても面白い国だと思います。

中でもアンティグアの旧市街にはスペイン統治下の時代から残るカラフルなコロニアル調の建築が特徴で周辺の壮大な自然と併せて是非一度は足を運んでいただきたい観光地です。

次の長期休みの際は是非アンティグアを訪れてみてはいかがでしょうか?

グアテマラの絶景グランピングホステル FREE CERVEZA

今日本で流行りのグランピング!グアテマラにある絶景レイクリゾートのアティトラン湖でも楽しめるんです。このページでは抜群のロケーションなのに低予算でも泊まれるグランピングホステル『FREE CERVEZA』を周辺の観光と合わせて紹介しています

世界的なコーヒー産地グアテマラ「アンティグア」で巡りたいカフェ7選

中米グアテマラの古都『アンティグア』はコーヒー栽培が盛んに行われていてその歴史は100年を超えます。アンティグアは世界的にも有名なコーヒーの産地で世界遺産の旧市街には多くのカフェが建ち並んでいるのでコーヒー好きな方にお勧めしたい観光地です。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Juri Mizuki
21歳から世界を旅し始めて5年間でラグジュアリー旅からバックパッカー旅など幅広い形での旅を経験し、これまでに102カ国渡航しました。グアテマラのアンティグアでの語学留学経験あり。トラベルコンサルタントとして旅しながらリモートで働かせていただいております。 ガイドブックなどには載ることの無いリアルな情報をここから読者の皆さんにお届けします。現在旅している人・そうでない人関係なく楽しんでいただけるメディア作りをしていければなと思います。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo