青森の美味しい日本酒12選を厳選して紹介! | Stayway Media

青森の美味しい日本酒12選を厳選して紹介!

秋場和輝

トラベルライター

青森ねぶた
Photo by adobestock

日本各地方で地酒として造られる日本酒を現地で味わうことは旅の醍醐味でもあります。

地酒はどこで飲んでも美味しいものですが、一番美味しく感じるシチュエーションは旅行、あるいは出張などで来た初日の夜にいただくときではないでしょうか。

そのように旅には欠かせない地酒ですが、青森県産の日本酒も美味しいものばかり。ここでは青森にきたら絶対に外せない名酒を紹介します。

12位 華一風(はないっぷう)

この投稿をInstagramで見る

naociさん(@taka_na00)がシェアした投稿

津軽地酒グランプリで総合の部を受賞した過去がある華一風は、果実味があって渋みや苦味のない柔らかい口当たりが特徴。

華やかでフルーティーな香りをしていて、日本酒初心者でも美味しく飲めますよ。

鍋や天ぷらと相性バッチリのため、一緒にいただきたいところです。


【値段】・特別純米:720ml¥1,405(税抜)
【味の系統】甘口
【正式名称】株式会社カネタ玉田酒造店
【住所】青森県弘前市茂森町81
【アクセス】中央弘前駅から車で6分
【電話番号】172-34-7506
【公式サイト】http://www.aomori-sake.or.jp/kuramoto/hanaippuu.html

11位 如空(じょくう)

この投稿をInstagramで見る

いぬふくさん(@inufuku11)がシェアした投稿

青森県の酒造好適米である「華吹雪」を「十号酵母」で醸し出して造られており、ほのかな甘みと喉越しの良さが特徴。

如空を一番美味しく味わいたいのなら冷酒として飲むのがおすすめです。貝やイカ、タコなどの海産物と相性が良いため、ぜひ一緒に味わってほしい逸品です。


【値段】・純米大吟醸:720ml¥2,692(税抜)
・大吟醸:720ml¥3,051(税抜)
・純米:720ml¥1,300(税抜)
【味の系統】甘口
【正式名称】八戸酒類株式会社
【住所】 青森県八戸市八日町1
【アクセス】陸奥市川駅から車で16分
【電話番号】0178-43-0010
【公式サイト】https://hachinohe-syurui.com/

10位 菊駒(きくこま)

この投稿をInstagramで見る

OH!膳屋 officialさん(@ohzenya)がシェアした投稿

菊駒は寒さの厳しい青森だからできる「寒造り」という技法で造られており、低温で時間をかけて発酵させることによって深みを残しつつ、後味はすっきりと引き締まった独特の風味を実現しています。

青森独自の寒造りで酒造される菊駒は、青森を代表する日本酒の一つ。日本酒好きなら外せません。


【値段】・純米吟醸:720ml¥1,524(税抜)
・純米:720ml¥1,250(税抜)
・大吟醸:720ml¥2,857(税抜)
【味の系統】辛口
【正式名称】株式会社菊駒酒造
【住所】陸奥市川駅から車で24分
【アクセス】青森県三戸郡五戸町字川原町12
【電話番号】0178-62-2323
【公式サイト】http://www.kikukoma.com/

9位 ねぶた

この投稿をInstagramで見る

Dongさん(@sonomama.dong)がシェアした投稿

青森における夏の風物詩「ねぶた祭り」の名前を関するこの日本酒は、辛口でスッキリとした喉越しが特徴。

スズキやヒラメなど白身魚と相性が良いため、一緒にいただくとよりねぶたを美味しく飲めます。


【値段】・淡麗純米:720ml¥1,050(税抜)
【味の系統】辛口
【正式名称】桃川株式会社
【住所】青森県上北郡おいらせ町上明堂112
【アクセス】下田駅から車で6分
【電話番号】0178-52-2241
【公式サイト】https://www.momokawa.co.jp/jp/

8位 じょっぱり

この投稿をInstagramで見る

刈谷呑場 くゐなさん(@kuina_kariya)がシェアした投稿

青森の津軽地方で使われている津軽弁で「頑固者」を意味するじょっぱりの名前を冠するこの日本酒は、淡麗で辛口でありながらしっかり旨味が口内に残るように造られています。

この独特の味わいの秘密は力強く作られたこだわりの麹。美味しい日本酒を造ることにこだわる頑固者たちが生んだじょっぱりは津軽産の名酒です。


【値段】・純米吟醸:720ml¥2,500(税抜)
・本醸造:1800ml¥1,700(税抜)
・特別純米:720ml¥1,250(税抜)
【味の系統】辛口
【正式名称】六花酒造株式会社
【住所】青森県弘前市向外瀬字豊田217
【アクセス】撫牛子駅から車で7分
【電話番号】0172-35-4141
【公式サイト】http://www.joppari.com/

7位 駒泉(こまいずみ)

この投稿をInstagramで見る

海鮮酒房壱乃助さん(@aomori_ichinosuke)がシェアした投稿

乳酸菌を応用して低温でゆっくり発酵させることにより、濃醇で甘酸っぱい味わいを実現。日本酒でありながら白ワインを想起させる味と香りをしています。

イタリアンとも相性がよく、カジュアルに楽しめます。飲む際は冷酒かオンザロックで味わうのがおすすめ。


【値段】・本醸造:1800ml¥1,833円(税抜)
・純米吟醸:720ml¥1,862(税抜)
・純米酒:720ml¥1,858(税抜)
・特別本醸造:720ml¥1,091円(税抜)
【味の系統】甘口
【正式名称】株式会社盛田庄兵衛
【住所】青森県上北郡七戸町七戸230
【アクセス】七戸十和田駅から車で7分
【電話番号】0176-62-2010
【公式サイト】http://www.morishou.co.jp/

6位 喜久泉(きくいずみ)

この投稿をInstagramで見る

Takakodateさん(@takako_o526)がシェアした投稿

飲む人の喜びが久しく続くことを願ってつけられた「喜久泉」の名前の通り、美味しい日本酒を飲む喜びが詰め込まれている逸品。

香りは華やかでまろやかな口当りしており、冷えで飲むと特に喜久泉の美味しさを実感できます。値段も控えめで毎日の晩酌に使えるところもポイントが高いですね。


【値段】・大吟醸:720ml¥2,600(税抜)
【味の系統】辛口
【正式名称】株式会社西田酒造店
【住所】青森県青森市油川大浜46
【アクセス】油川駅から車で3分
【電話番号】017-788-0007
【公式サイト】http://www.densyu.co.jp/index.html

5位 桃川(ももかわ)

この投稿をInstagramで見る

IKKOさん(@ikko7464)がシェアした投稿

酒造好適米「山田錦」を使用して35%まで精米し、モロミ入りの酒袋から1滴1滴落ちる雫酒を低温で貯蔵するという手間暇をかけて造られた日本酒。

豊かな香りをしていてまろやかでありながら繊細な味わいもするというさまざまな表情を見せる桃川は冷やでいただくと絶品です。

「酒造年度全国新酒鑑評会」で12年間連続で金賞を受賞するなど美味しさには折紙付きなため、安心して飲むことができるでしょう。


【値段】・純米:720ml¥1,050(税抜)
【味の系統】辛口
【正式名称】桃川株式会社
【住所】青森県上北郡おいらせ町上明堂112
【アクセス】下田駅から車で6分
【電話番号】0178-52-2241
【公式サイト】https://www.momokawa.co.jp/jp/

4位 岩木正宗(いわきまさむね)

この投稿をInstagramで見る

林哲仲さん(@chechunglin)がシェアした投稿

ドライフルーツやナッツ類を想起させる香りをしており、とてもフルーティーな味わいをしています。飲み進めるたびにお米の美味しさを実感できる造りはさすがの一言。

一緒にいただく料理を選ばない汎用性の高さもポイント。ぬる燗で飲むのが一番おすすめです。


【値段】・純米吟醸:720ml¥1,750(税抜)
・純米大吟醸:720ml¥2,333(税抜)
・特別純米:720ml¥1,000(税抜)
【味の系統】辛口
【正式名称】有限会社 竹浪酒造店
【住所】 青森県北津軽郡板柳町大字板柳字土井113−1
【アクセス】板柳駅から車で5分
【電話番号】0172-73-2161
【公式サイト】http://www.takenami-shuzoten.com/

3位 陸奥八仙(むつはっせん)

この投稿をInstagramで見る

野口奈美江さん(@nichinichiso)がシェアした投稿

陸奥八仙は9代目の兄弟が生み出した日本酒で、青森の素材を使うことにこだわった名酒。日本酒を構成する米、水、酵母はすべて青森県産です。

口当たりはなめらかで、みずみずしさを感じさせる味はクセになりそう。

魚介類と相性が良いため、イカやタコ、帆立と一緒にいただくとより美味しく飲むことができますよ。


【値段】・特別純米:720ml¥1,350(税抜)
・大吟醸:720ml¥3,300(税抜)
【味の系統】甘口
【正式名称】八戸酒造株式会社
【住所】青森県八戸市大字湊町字本町9
【アクセス】陸奥湊駅から車で3分
【電話番号】0178-33-1171
【公式サイト】https://www.mutsu8000.com/

2位 豊盃(ほうはい)

この投稿をInstagramで見る

Natalie Chuさん(@chunat)がシェアした投稿

豊盃は主にこの蔵だけ使用している酒造好適米「豊盃米」を中心に岩木山に流れる伏流水で醸して造られています。

飲み口があっさりしており、あとから少しの甘みがやってくるという特徴を持っているため、ガツンとくる日本酒が苦手な方でも美味しく飲むことができます。

毎年酒質が向上していると評判のため、各年の豊盃を飲み比べるのも楽しそうですね。


【値段】・純米大吟醸:720ml¥1,361(税抜)
・純米吟醸:720ml¥1,571(税抜)
・大吟醸:720ml¥3,143(税抜)
【味の系統】甘口
【正式名称】三浦酒造株式会社
【住所】青森県弘前市石渡5-1-1
【アクセス】藤崎駅から車で13分
【電話番号】0172-32-1577
【公式サイト】http://www.aomori-sake.or.jp/kuramoto/houhai.html

1位 田酒(でんしゅ)

この投稿をInstagramで見る

daisukeさん(@daisukee126)がシェアした投稿

青森の地酒といえば真っ先に上がるのがこの田酒。多くのコンテストで1位を獲得してきた田酒はその名前の通り日本の田んぼ以外で採られる醸造用糖類は一切使用しておらず、ハイレベルな酒造好適米の一つである「山田錦」を使用。

口当たりは柔らかく、しっかりお米の美味しさが出ていて、飲みやすいためグイグイいけます。常温か熱燗で飲むとより美味しく感じられますよ。

日本酒初心者にもおすすめできる名酒です。


【値段】・特別純米:1800ml¥2,525(税抜)
・特別純米:1800ml¥2,816(税抜)
・純米大吟醸:1800ml¥5,524(税抜)
【味の系統】辛口
【正式名称】株式会社西田酒造店
【住所】青森県青森市油川大浜46
【アクセス】油川駅から車で3分
【電話番号】017-788-0007
【公式サイト】http://www.densyu.co.jp/index.html

青森に思いを馳せて地酒をいただこう

東北の中でも特に寒いのが青森。そして青森で生まれた日本酒は、低い気温の中で生まれて育ったからこそ独自の美味しさを秘めています。
青森の寒さにありがとうと感謝を込めながら日本酒をいただきたいところですね。

絶対寄りたい!元青森県民が紹介する青森市のおすすめカフェ12選をまとめました☕️

青森市は青森県の中心に位置する県庁所在地。「ねぶた祭り」で有名な青森市ですが、地域に密着したカフェが多いことをご存知ですか? 今回は魅力溢れる青森県青森市で絶対に足を運びたいカフェ12選を紹介します!

本州最北端!青森でおすすめの観光スポットベスト10をまとめました👹

自然に恵まれた観光スポットの多い青森県は、夏は「ねぶた祭り」で盛り上がることでもおなじみですね!小説家・太宰治の出身地でもあります。どんな観光スポットがあるのか、ランキング形式で見ていきましょう。意外な発見があるかもしれませんよ!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

秋場和輝
宮城県在住。東北の宮城・山形・秋田・青森・岩手に住んでいた経験あり。ラーメンが大好きで、時々東北各県ラーメン食べ歩きの旅を楽しんでいます。東北のユニークで温かみのある文化や面白さを発信していけたらと考えています。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo