【静岡】熱海のおすすめ観光スポット32選!歓楽温泉の観光地を解説 | Stayway Media

【静岡】熱海のおすすめ観光スポット32選!歓楽温泉の観光地を解説

万代正平

トラベルライター

熱海トップ

Photo by Wikipedia

静岡の東端・熱海には、日本を代表する歓楽温泉があります。

高温度の温泉をはじめ、熱海には見どころや体験スポットが数多くあります。

伊豆半島や箱根の陰に隠れがちな熱海観光のおすすめを、テーマ別に32か所厳選しました。

解りやすいランキング形式で紹介します。

<この記事は次の4テーマで構成されています>
①熱海周辺の自然をテーマにした観光スポット8選
熱海周辺の歴史・文化をテーマにした観光スポット8選
熱海周辺で体験ができる観光スポット8選
熱海周辺の穴場観光スポット8選

熱海とは

熱海とはPhoto by Ac

熱海(あたみ)は、静岡県の東端にある温泉地です。

伊豆半島の東の付け根にもあたり、伊豆半島観光の玄関口です。

西側は箱根から続く火山山脈によって遮られているので、関東地方の西端という位置づけにもなっているでしょう。

新幹線の駅もあるので、関東のほかにも中京・関西圏からも行きやすい歓楽温泉です。

熱海の歴史とその魅力

熱海の歴史

Photo by Wikipedia

日本三大温泉のひとつともいわれる熱海の歴史は古く、24代天皇仁賢の時代に、海中から熱湯が噴出して、魚が死ぬのを発見したのがきっかけです。

ここを「熱い海」と呼ぶことから、熱海という地名ができました。

江戸初期には徳川家康が7日間湯治で利用したり、明治以降の文豪が集まるスポットとして作品にも登場します。

最も有名なのが、尾崎紅葉の金色夜叉でしょう。

昭和の高度経済成長の時代は、団体旅行でにぎわい、歓楽温泉の代名詞にまでになりました。

平成時代には低迷・廃業が続きますが、2010年代に復活の兆しを見せています。

そんな熱海の見どころは多く、温泉、自然、歴史、アート、マリンスポーツなど、枚挙にいとまがありません。

熱海へのアクセス

熱海へのアクセス

Photo by Wikipedia

熱海へのアクセスを紹介します。

熱海には東海道新幹線の駅があるので、新幹線で行くのが最も便利が良いでしょう。

また関東方面の場合は、伊豆半島に向かう特急踊り子号や快速列車ででも、熱海まで乗り換えなしで行けます。

高速バス利用の場合は、三島駅か沼津駅行きに乗り、そこからは、JR線数駅で熱海駅に到着します。

車の場合は、関東方面から西湘バイパスの終点石橋IC、名古屋関西方面からは、沼津ICから一般道を利用すれば熱海に到着できるでしょう。

①熱海周辺の自然をテーマにした観光スポット8選

第8位 錦ヶ浦

錦ヶ浦

Photo by Wikipedia

錦ヶ浦(にしきがうら)は、熱海の景勝地です。

熱海ロープウェも通じている、魚見崎の崖の上から1・2kmの断崖が南側に続いています。

ここは日の出の時に、眩(まぶ)しい五色の光となって輝くことからこの名前が尽きました。

崖の高さは80mほどあり、常に荒波が押し寄せるので、独特の景観を作り出しています。

源頼朝、加藤清正といった歴史上の人物に由来する伝説も残る、この絶景はぜひ押さえておきましょう。

【正式名称】錦ヶ浦
【住所】静岡県熱海市熱海1993-250
【アクセス】熱海駅から車で10分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第7位 伊豆山

伊豆山

Photo by Wikipedia

伊豆山は、熱海の中心から北側にある地名で、伊豆山温泉や伊豆山郷土資料館、あるいは伊豆山修験の行場跡などの観光スポットがあります。

伊豆山の中心にある伊豆山神社(いずさんじんじゃ)は、歴史あるパワースポットです。

源頼朝や後北条氏から手厚い保護を受け、また昭和天皇御手植えのクロマツが境内にあるので確認しましょう。

伊豆山の山の中にある伊豆山子恋の森公園は、神社の参拝の後にハイキングの一環として立ち寄るのにはもってこいです。

【正式名称】伊豆山子恋の森公園
【住所】 静岡県熱海市伊豆山
【アクセス】熱海駅から車で10分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第6位 熱海梅園

熱海梅園

Photo by Ac

熱海梅園は、熱海にある梅園で、梅園の他にも韓国庭園、足湯などのみどころがあり、年中オープンしています。

日本一早咲きの梅で知られる梅園で、梅の見頃の時期(1月5日から3月3日)の間だけ有料なので、注意しましょう。

梅の種類は59品種もあり、早咲きから遅咲きまで順番に梅が開花していきますから、他の梅園より、長期間にわたって梅を愛でることができます。

園内にある梅見の滝、梅園五橋、梅園七名木など、梅と共に楽しめるスポットが数多くあります。

【正式名称】熱海梅園
【住所】 静岡県熱海市梅園町8-11
【アクセス】熱海駅から車で6分
【営業時間】8:30-16:00
【定休日】無休
【電話番号】0557-86-6218
【HP】なし

第5位 アカオ ハーブ&ローズガーデン

View this post on Instagram

アカオハーブ&ローズガーデンさん(@akaoherbandrosegarden)がシェアした投稿

アカオ ハーブ&ローズガーデンは、錦ヶ浦の地形を生かしたガーデンです。

テーマごとに12種類のガーデンがあり、各庭にはバラやハーブが咲き誇ります。

600品種、4000株の美しい花々を、ゆっくりと鑑賞しましょう。

また、錦ヶ浦の地形を利用しているので、庭から見える海の表情も非常に絶景が広がっています。

10年以上も手掛け続けたランドスケープデザイナー・白砂伸夫氏自慢の極上庭園をぜひ訪れましょう。

【正式名称】アカオ ハーブ&ローズガーデン
【住所】静岡県熱海市上多賀1027-8
【アクセス】熱海駅から車で10分
【営業時間】9:00-17:00
【定休日】12月・1月の火曜日
【電話番号】0557-82-1221
【HP】http://www.garden-akao.com/

第4位 姫の沢公園

View this post on Instagram

伊豆箱根鉄道 女子部さん(@izuhakone_joshibu)がシェアした投稿

姫の沢公園は、熱海市街の北西にある大きな公園です。

熱海峠の東斜面を利用して作られており、標高は700mから450mまでの位置にあります。

敷地面積は108haで、日本の都市公園100選に指定されました。

園内は、ツツジ、シャクナゲ、アジサイ、スイセンなどの花や、アスレチックコース、ピクニック広場などがあります。

天気の良い日にはぜひ熱海市内の山の上にある、広々とした公園に遊びに行きましょう。

【正式名称】姫の沢公園
【住所】 静岡県熱海市伊豆山1164-1
【アクセス】熱海駅から車で10分
【営業時間】8:30-17:30
【定休日】無休
【電話番号】0557-83-5301
【HP】http://www.seibu-la.co.jp/himenosawa/

第3位 親水公園・ムーンテラス

親水公園・ムーンテラス

Photo by Wikipedia

熱海親水公園は、熱海の海沿いにある公園です。

サンビーチと熱海港に挟まれた場所にあり、恋人の聖地がある「ムーンテラス」もあります。

他に南仏コートダジュールをイメージしたスカイデッキ、北イタリア・サンレモをイメージしたレインボーブリッジがあるでしょう。

ちょっとおしゃれな公園から、熱海の海を眺めるのはなかなか風情があります。

まだ一部未整備の場所があるので、完成が待ち遠しいエリアでもあります。

【正式名称】親水公園・ムーンテラス
【住所】 静岡県熱海市渚町2
【アクセス】熱海駅から車で5分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第2位 熱海七湯めぐり・大湯間歇泉

View this post on Instagram

Y.Otsukaさん(@legend_of_otsuka)がシェアした投稿

熱海の温泉街には、熱海七湯と呼ばれる、7つの源泉の湯気が湧き出ているところがありす。

その七湯の中でも大湯間歇泉(おおゆかんけつせん)は、かつて地面が揺れるような激しい湯と蒸気を吹きだしていた間欠泉で、世界三大間欠泉でした。

しかし、大正時代に間欠泉が止まってしまいました。

その後、市の文化財として保存しています。

現在は人工的ですが、5分に1度噴出するようになっているので、かつての雰囲気を味わうことができるでしょう。

【正式名称】熱海七湯めぐり・大湯間歇泉
【住所】静岡県熱海市上宿町3
【アクセス】熱海駅から車で5分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第1位 熱海サンビーチ・お宮の松

熱海サンビーチ・お宮の松

Photo by Ac

熱海サンビーチは、熱海に広がるビーチです。

夏は海水浴客でにぎわいますが、夜になると幻想的なライトアップもあり、夜の散歩も楽しいでしょう。

このサンビーチにはお宮の松というのがあります。

これは、尾崎紅葉の金色夜叉の舞台になった松として有名なので、押さえておきましょう。

そのすぐ横には、その小説のシーンを再現した、貫一お宮之像もあります。

【正式名称】熱海サンビーチ・お宮の松
【住所】静岡県熱海市東海岸町15
【アクセス】熱海駅から車で4分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし
万代正平
旅行が好きで、日本は47都道府県すべて行ったことがあります。旅先にある温泉が好きなので、全国にあるいくつかの温泉を実際に体験しています。また2003年より夫婦で飲食店(東南アジア料理店)を経営している関係で、ほぼ毎年東南アジアに渡航しており、東南アジア10か国すべて訪問しました。海外では他にヨーロッパ(英国、ベルギー、アイルランド)アメリカ、中国、香港、マカオ、台湾、韓国への渡航経験があります。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo