秋に行きたい国内旅行先のおすすめ25選! | Stayway Media

秋に行きたい国内旅行先のおすすめ25選!

万代正平

トラベルライター

秋の国内旅行

Photo by Wikipedia

秋の旅行は、紅葉を中心に自然を体験できる場所が、多くあります。

また紅葉のほかにもススキや夕陽など、自然を感じられる場所が数多くあります。

秋は美術館でアートを堪能するのもよいでしょう。

そんな全国各地の秋の国内スポットを25か所厳選しました。

わかりやすいランキング形式で紹介します。

第25位 国立国際美術館/大阪府

この投稿をInstagramで見る

かなぶん5号さん(@kanaick31)がシェアした投稿

国立国際美術館は、大阪にある、秋のおすすめスポットです。

大阪の中之島にある国立の美術館で、2004年に現在の場所に移転しました。

展示室は地下にあり、地上部分のモニュメントも見ごたえあります。

地下3階の特別展、地下2階の常設展いずれも見ごたえあるので、都会にいながらアートの秋を満喫できるでしょう。


【正式名称】国立国際美術館
【住所】大阪府大阪市北区中之島4丁目2-55
【アクセス】渡辺橋駅より徒歩6分
【営業時間】10:00-17:00
【定休日】月曜日
【電話番号】06-6447-4680
【HP】http://www.nmao.go.jp/

第24位 国営ひたち海浜公園/茨城県

この投稿をInstagramで見る

いもこさん(@ononoimoko190213)がシェアした投稿

国営ひたち海浜公園は、茨城にある、秋のおすすめスポットです。

四季を通じていろんな植物が楽しめる観光スポットですが、秋はコキアの森が特に美しいです。

ホウキグサという和名がついた丸々とした可愛い木が、赤く染まる姿があたかも童話の世界に迷い込んだように見られるでしょう。

夏のころは青々としており、夏と秋を見比べるのも楽しいです。


【正式名称】国営ひたち海浜公園
【住所】茨城県ひたちなか市大字馬渡大沼605-4
【アクセス】阿字ヶ浦駅から徒歩18分
【営業時間】9:00-17:00
【定休日】無休
【電話番号】029-265-9001
【HP】https://hitachikaihin.jp/

第23位 五色沼/福島県

この投稿をInstagramで見る

ツノふみさん(@egss9899)がシェアした投稿

五色沼は福島市にある美しい火口湖です。

魔女の瞳との異名を持つこの湖は、コバルトブルーの鮮やかな湖面が特徴です。

太陽の光によって違った顔が見られるので、いろいろな時間帯で見に行きましょう。

裏磐梯に位置するこの湖は、秋になると鮮やかなよう用に包まれます。

この時期には片道3.6kmほど用意されている、トレッキングコースを歩きましょう。


【正式名称】五色沼
【住所】福島県耶麻郡北塩原村大字檜原
【アクセス】猪苗代駅から車で25分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】https://www.urabandai-inf.com/?page_id=141

第22位 中禅寺湖/栃木県

この投稿をInstagramで見る

Keita🇯🇵さん(@keita_washizu)がシェアした投稿

中禅寺湖は栃木県日光市にある、美しい湖です。

東照宮や華厳の滝を有する観光地日光にあるので、セットで回りましょう。

日本で25番目に大きい自然湖で、4平方キロメートル以上の大きさを持つ湖では、日本で最も高い場所にあります。

そして、この湖も秋の紅葉シーズンはバッチシです。

ウルシ、カエデ、ミズナアラ、カツラ、ブナなど様々な木々の紅葉が見られるでしょう。


【正式名称】中禅寺湖
【住所】栃木県日光市中宮祠
【アクセス】日光駅から車で30分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第21位 寸又挟・夢の吊り橋/静岡県

この投稿をInstagramで見る

さ や かさん(@kiriri_san)がシェアした投稿

寸又挟・夢の吊り橋は、静岡県の山の中にある渓谷地帯です。

SLの運行も行っている大井川鉄道で向かう先には、寸又挟と呼ばれる秋の紅葉が美しい渓谷地帯があります。

ミルキーブルーともいえる、美しい水面を眺めてみましょう。

渓谷にかかる夢の吊り橋は、簡素な作りで、足がすくむかもしれません。

しかし、この橋の真ん中で、紅葉などの絶景に囲まれながら愛を叫ぶと願いが叶います。


【正式名称】寸又峡 夢の吊り橋
【住所】静岡県榛原郡川根本町犬間
【アクセス】奥泉駅から徒歩2時間30分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】http://yumeno-tsuribashi.com/

第20位 香嵐渓/愛知県

この投稿をInstagramで見る

旅行メディア・じゃらん〈公式〉さん(@jalan_net)がシェアした投稿

香嵐(こうらん)渓は、愛知県にある紅葉の名所です。

もともと江戸時代の初期に、香積寺の和尚が参道に、カエデや杉を植えたことから始まりました。

その後も地元住民がカエデを植え足すなどして、気が付けば紅葉の名所となりました。

「香ぐわしいまでの山気(風)」が運ばれるから香嵐渓とつけられた、秋の目署名所は、近くにある足助の街並みとセットで回りたいところです。


【正式名称】香嵐渓
【住所】愛知県豊田市足助町飯盛
【アクセス】猿投駅から車で35分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第19位 昭和記念公園コスモス畑/東京都

この投稿をInstagramで見る

thiemmyloveさん(@thiemmylove)がシェアした投稿

昭和記念公園は東京都にある、広々とした公園です。

昭島市と立川市にまたがって存在する国営公園は、昭和天皇在位50年記念事業の一環として作られました。

四季を通じて楽しめるスポットですが、とくに秋はコスモス畑が広がり、多くの人が、鑑賞に訪れます。

また、コスモスのほか、イチョウの黄葉も有名で、落ち葉の季節は地面いっぱいに、黄色のじゅうたんが覆います。


【正式名称】昭和記念公園
【住所】東京都立川市緑町3173
【アクセス】西立川駅から徒歩1分
【営業時間】9:30-17:00
【定休日】不定休
【電話番号】042-528-1751
【HP】http://www.showakinen-koen.jp/

第18位 寒霞溪/香川県

この投稿をInstagramで見る

寒霞渓ロープウェイ【公式】さん(@kankakei_ropeway)がシェアした投稿

寒霞溪は、四国の香川県小豆島にある有名観光スポットです。

国立公園に指定されており、200万年とも言われる年月を費やして作り出された、渓谷美と山上からの絶景が最高です。

ロープウェイが運行しているので、気軽に上がれるでしょう。

とくに秋のシーズンがおすすめで、岩肌に生える草木の一部が赤く、黄色く染まるコントラストは見るものの目を潤ませます。


【正式名称】寒霞溪
【住所】香川県小豆郡小豆島町神懸通乙168
【アクセス】土庄港から車で30分
【営業時間】8:30-17:00
【定休日】無休
【電話番号】0879-82-2171
【HP】http://www.kankakei.co.jp/

第17位 城ヶ倉大橋/青森県

この投稿をInstagramで見る

Kazu Tamaiさん(@kazu_tamai)がシェアした投稿

城ヶ倉大橋は、青森ある絶景スポットです。

かつて津軽地方と南部地域を隔てていた城ヶ倉渓流をまたぐようにかけられた橋で、平成7年に開通しました。

日本一の長さをもつ上路式アーチ橋の勇壮を確認しに行きましょう。

谷底まで122mの高さからの絶景も最適で、八甲田山の四季の姿が見られます。

秋の八甲田山は、手つかずの自然に紛れるように美しい紅葉が見られる穴場スポットでもあります。


【正式名称】城ヶ倉大橋
【住所】青森県青森市大字荒川寒水沢
【アクセス】黒石駅から車で33分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第16位 横谷峡/長野県

この投稿をInstagramで見る

Takahiro Hosoeさん(@takaphilography)がシェアした投稿

横谷峡は、長野・蓼科地域にある素晴らしい絶景名所です。

渓流に遊歩道が設置されており、マイナスイオンが発生しているところを通ります。

蓼科高原のほっこりする空間と、マイナスイオンのリラックス効果を存分に味わいましょう。

遊歩道に連なる秋の紅葉を愛でながら、いくつかある滝を見つつ味わう散策は、必然と心豊かなものになります。


【正式名称】横谷峡
【住所】長野県茅野市北山
【アクセス】茅野駅から徒歩22分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第15位 立山黒部アルペンルート/長野・富山県

この投稿をInstagramで見る

あっちゃんさん(@destroyder2010)がシェアした投稿

立山黒部アルペンルートは、富山と長野にまたがる、観光ルートです。

開通時の雪の壁や夏の秘書にはぴったりの場所ですが、秋アルペンルートも負けていません。

特に立山登山の入口室堂から見える高度3000m級の赤く染まる山肌の姿は、他で見られないでしょう。

冬になると閉ざされる、立山黒部アルペンルートは、秋こそが絶景を堪能できるラストチャンスです。


【正式名称】立山黒部アルペンルート
【住所】富山県中新川郡立山町芦峅寺
【アクセス】立山駅から専用公共交通利用
【営業時間】24時間
【定休日】冬季閉鎖
【電話番号】なし
【HP】なし

第14位 曽爾高原/奈良県

この投稿をInstagramで見る

ひたきさん(@m.hitaki15)がシェアした投稿

曽爾(そに)高原は、奈良県にある秋の名所です。

この時期はススキが有名で、フォトジェニックな世界が広がるでしょう。

高低差のある高原に広がる黄金のススキをぜひ堪能してください。

夜になれば、ライトアップも行われます。

また、お亀の湯という、天然温泉の日帰り入浴施設もありますから、ススキ見学の後からひと風呂浴びれます。


【正式名称】曽爾高原
【住所】奈良県宇陀郡曽爾村大字太良路
【アクセス】名張駅から車で40分
【営業時間】24時間
【定休日】なし
【電話番号】なし
【HP】なし

第13位 仙石原すすき草原/神奈川県

この投稿をInstagramで見る

@mm_88_yyがシェアした投稿

仙石原は、神奈川県の箱根にある観光地です。

箱根の大涌谷の北側に広がる高原地帯で、秋はススキで有名です。

箱根の他の観光地とセットで回りましょう。

仙石原には、いくつかのミュージアムが点在していたり、北側には金太郎伝説の金時山がそびえていたりします。

ススキのとミュージアムでのアート鑑賞、仙石原は秋の旅行にまたとないスポットです。


【正式名称】仙石原すすき草原
【住所】神奈川県足柄下郡箱根町
【アクセス】箱根湯本駅から車で30分
【営業時間】24時間
【定休日】なし
【電話番号】なし
【HP】なし

第12位 四国カルスト/愛媛・高知県

この投稿をInstagramで見る

akiraさん(@akira_1972_)がシェアした投稿

四国カルストは、四国の高知県と愛媛県にまたがるカルスト台地です。

標高1400メートル地点にあり、25キロメートルもの幅に広がっています。

石灰岩の白い石が点在する開放的な空間に癒されるでしょう。

秋になると、ススキが高原を覆います。

乳牛の放牧地帯でもありますから、多くの放牧された牛の姿が見られます。


【正式名称】四国カルスト
【住所】愛媛県上浮穴郡久万高原町西谷
【アクセス】松山駅から車で1時間50分
【営業時間】24時間
【定休日】なし
【電話番号】なし
【HP】なし

第11位 備中松山城展望台の雲海/岡山県

この投稿をInstagramで見る

ともくんさん(@tomo_k112)がシェアした投稿

備中松山城は、岡山県にある観光の城です。

鎌倉時代に、秋庭三郎重信が建立したのを皮切りに、三村氏など様々な城主が入れ替わり入城しました。

江戸時代初期に大改修が行われ、現存する天守などが築かれました。

そして、この山城は秋の紅葉に加えて、晩秋には雲海が見られます。

早起きして、ぜひ幻想的な雲海を眺めましょう。


【正式名称】備中松山城
【住所】岡山県高梁市内山下1
【アクセス】備中高梁駅から車で14分
【営業時間】9:00-17:30
【定休日】無休
【電話番号】0866-22-1487
【HP】なし

第10位 大山/鳥取県

この投稿をInstagramで見る

めぐさん(@snow.drop03210204)がシェアした投稿

大山は、鳥取県にある雄大な山です。

1729メートルの標高を持つ山で、独立していますから、外から見ごたえも素晴らしいです。

そして、大山は秋の紅葉も非常に素晴らしいでしょう。

ドライブ、あるいは車をレンタルして、運転しながら見る紅葉の美しさは、何物にも代えがたいものがあります。

特に、 一ノ沢・二ノ沢・三ノ沢と呼ばれる黄金のトンネルは、アートの世界に紛れ込んだようです。


【正式名称】大山
【住所】鳥取県西伯郡大山町大山
【アクセス】米子駅から車で30分
【営業時間】24時間
【定休日】なし
【電話番号】なし
【HP】なし

第9位 英彦山/福岡県

この投稿をInstagramで見る

Nakayamaさん(@nntakapirokun)がシェアした投稿

英彦山(ひこさん)は、福岡県にある景勝地です。

日本百景の一つとして、季節問わず多くの人が訪問します。

日本三大修験道の霊場としての顔もあるこの観光地に遊びに行きましょう。

おすすめは、秋の季節で紅葉が美しいと評判です。

11月上旬から始まる紅葉は、徐々に山麓に移り進むのがわかり、期間をおいて訪問したいスポットです。


【正式名称】英彦山
【住所】福岡県田川郡添田町山国町槻木
【アクセス】彦山駅から車で17分
【営業時間】24時間
【定休日】なし
【電話番号】なし
【HP】なし

第8位 大田子海岸の夕日/静岡県

この投稿をInstagramで見る

Masakuni Tsuneyukiさん(@masakuni_31)がシェアした投稿

大田子海岸は、静岡県の西伊豆にあるビーチです。

特に夕日が美しいと評で、夕陽日本一宣言を行いました。

岩をバックにした、美しい夕陽を撮影しましょう。

夕陽の中でも美しいとされるのは、春の3月と秋の9月とされます。

夏の海水浴シーズンが終わり、静けさを取り戻した秋のビーチで、のんびりとしたひと時を味わいながら美しい夕陽を眺めましょう。


【正式名称】大田子海岸
【住所】静岡県賀茂郡西伊豆町田子
【アクセス】沼津駅から車で1時間20分
【営業時間】24時間
【定休日】なし
【電話番号】なし
【HP】なし

第7位 層雲峡/北海道

この投稿をInstagramで見る

𝓙𝓪𝔂さん(@jaydeep9898)がシェアした投稿

層雲峡は、北海道にある美しい風景が見られるスポットです。

高さ200メートル前後の柱状節理が有名な、大函・小函は、1万年もの歳月をかけて形成されました。

なお小函は落石の恐れがあり、通行止めとなっているので注意してください。

また、紅葉谷遊歩道は秋の散策にバッチシなスポットで、滝なども見られます。

近くには層雲峡温泉もあるので、セットで回りましょう。


【正式名称】層雲峡
【住所】北海道上川郡上川町
【アクセス】旭川駅から車で1時間30分
【営業時間】24時間
【定休日】なし
【電話番号】なし
【HP】なし

第6位 九重夢大吊橋/大分県

この投稿をInstagramで見る

りょうさん(@ryo_f.0916)がシェアした投稿

九重夢大吊橋は、九州・大分にある景勝地です。

日本一長い歩行者専用のつり橋として、2006年に完成しました。

2019年現在は、三島大吊橋に日本一のポジションが奪われましたが、それでも390メートルもの長さの橋は、渡りごたえが十分です。

とくに秋の季節になれば、九酔渓の絶景を橋の上から眺められます。

高所恐怖症の人にすれば少し厳しいかもしれませんが、勇気を絞って橋を渡れば感動のひと時が待っているでしょう。

【正式名称】九重“夢”大吊橋
【住所】大分県玖珠郡九重町大字田野
【アクセス】引治駅から車で20分
【営業時間】8:30-17:30
【定休日】無休
【電話番号】0973-73-3800
【HP】http://www.yumeooturihashi.com/

第5位 永観堂のもみじ/京都府

この投稿をInstagramで見る

風景専用さん(@kyoto1124)がシェアした投稿

永観堂は、数多くある京都の観光名所の中でも、秋に最適なスポットです。

正式名称は禅林寺という浄土宗西山禅林派の仏教寺院ですが、「秋はもみじの永観堂」との異名を持つ紅葉の名所です。

特に夜のライトアップされた紅葉は圧巻でしょう。

バックに多宝塔を配置したセットが素晴らしい、フォトジェニックな世界を醸し出してくれます。

注目は紅葉に行きがちですが、国宝を含めた文化財の数々と、値打ちある伽藍の美しさも見逃せません。


【正式名称】永観堂
【住所】京都府京都市左京区永観堂町48
【アクセス】蹴上駅から徒歩13分
【営業時間】9:00-17:00
【定休日】無休
【電話番号】075-761-0007
【HP】http://www.eikando.or.jp/

第4位 国見ヶ丘/宮崎県

この投稿をInstagramで見る

Sumanas_bさん(@sumanas_b)がシェアした投稿

国見ヶ丘は、九州の宮崎県にある神々しいエリアです。

日本神話の舞台そのものの世界で、パワースポットとしてのエネルギーもみなぎります。

とくに秋から初冬にみられる幻想的な雲海は、しっかりと目に焼き付けておきましょう。

記紀神話では、天孫ニニギの尊(みこと)が、高天原からこの地に舞い降りたとされます。

雲海を眺めると、天孫が降臨したことが本当のことのように感じられます。


【正式名称】国見ケ岳
【住所】宮崎県西臼杵郡高千穂町大字大字押方
【アクセス】高森駅から車で50分
【営業時間】24時間
【定休日】なし
【電話番号】なし
【HP】なし

第3位 巾着田/埼玉県

この投稿をInstagramで見る

@____rrrgram__がシェアした投稿

巾着田(きんちゃくだ)は、埼玉県にある秋の観光スポットです。

日高市の西部、高麗川に囲まれた巾着のようなかたちをした平地帯です。

ここは、ヒガンバナが有名で、秋の彼岸の時期になれば、赤い花の園に様変わりするでしょう。

昭和末期に発見されたこのスポットは、観光地として整備されました。

特に日本一の木製トラス橋「あいあい橋」が、観光の楽しさを盛り上げてくれるようです。


【正式名称】巾着田
【住所】埼玉県日高市大字高麗本郷125-2
【アクセス】高麗駅から徒歩11分
【営業時間】8:00-17:00
【定休日】無休
【電話番号】042-982-0268
【HP】http://www.kinchakuda.com/

第2位 湖東三山/滋賀県

この投稿をInstagramで見る

inutabiさん(@cyamewan)がシェアした投稿

湖東三山は、滋賀県・湖東地区にある3つの寺院の総称です。

西明寺、金剛輪寺、百済寺の3つの寺院はいずれも秋の紅葉では有名な場所で、この季節に限り、臨時バスが運行されます。

三者三様の紅葉スポットをじっくりと眺めましょう。

特に百済寺(ひゃくさいじ)は、釈迦山という唯一の山号を持ち、百済寺樽と呼ばれる僧坊酒(清酒)が2017年に復活するなど、もみじ以外の見ごたえも必見です。


【正式名称】釈迦山 百済寺
【住所】滋賀県東近江市百済寺町323
【アクセス】愛知川駅から車で20分
【営業時間】8:00-17:00
【定休日】無休
【電話番号】0749-46-1036
【HP】http://www.hyakusaiji.jp/

第1位 与那覇前浜/沖縄県

この投稿をInstagramで見る

shin 沖縄の海 -宮古島 八重山 慶良間 奄美群島-さん(@gaisuu_)がシェアした投稿

海水浴は夏に行うものという常識をくつがえすのが、沖縄県です。

秋になっても海水浴が楽しめるほど水温が高く、名残惜しい夏の延長を秋になっても楽しめるでしょう。

そんな沖縄のビーチの中でもイチオシなのが、与那覇前浜(よなはまえはま)で、宮古島にあるビーチです。

白砂の海岸で、7キロメートルの長さがあり、秋になっても南国リゾート気分が満喫できます。


【正式名称】与那覇前浜
【住所】沖縄県宮古島市下地与那覇1199番
【アクセス】宮古島空港から車で12分
【営業時間】24時間
【定休日】なし
【電話番号】なし
【HP】なし

秋の国内旅行は紅葉を中心に自然やアートと対話できる

秋の国内旅行2

Photo by Wikipedia

秋の旅行は、紅葉を中心に自然を体験できる場所が多くあります。

また紅葉のほかにも、ススキや夕陽など自然を感じられる場所が数多くあります。

秋は美術館でアートを堪能し、そして対話するのも、よいでしょう。

沖縄のようにまだ泳げる場所もあり、秋の旅行は選び放題です。

秋におすすめ!関東のハイキングスポット25選

関東の秋のハイキングは、1都6県それぞれに個性的なコースが用意されています。交通アクセスが良く、日帰りで色々なところに行くことができます。最も過ごしやすい秋に体を思う存分動かしましょう。関東の秋おすすめのハイキングスポットを25か所厳選。

関西の秋におすすめデートスポット35選

秋の関西デートスポットは、紅葉を中心に見どころが多くどこに行けば迷う程です。有名どころから穴場まで見どころも豊富なのでより良いデートにするために情報収集が欠かせません。そんな関西のおすすめデートスポットを35か所厳選、ランキング形式で紹介。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

万代正平
旅行が好きで、日本は47都道府県すべて行ったことがあります。旅先にある温泉が好きなので、全国にあるいくつかの温泉を実際に体験しています。また2003年より夫婦で飲食店(東南アジア料理店)を経営している関係で、ほぼ毎年東南アジアに渡航しており、東南アジア10か国すべて訪問しました。海外では他にヨーロッパ(英国、ベルギー、アイルランド)アメリカ、中国、香港、マカオ、台湾、韓国への渡航経験があります。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo