【淡路島】子連れで淡路島♡1日モデルプラン!! | Stayway Media

【淡路島】子連れで淡路島♡1日モデルプラン!!

RIE

トラベルクリエイター

淡路島 RIE

大阪から車で1時間とちょっとで行けるアクセスの良さ!!島の南まで行っても2時間かかりません!!最近では海沿いのお洒落なカフェや映えスポットもでき、益々盛り上がってる淡路島。

淡路島のホテルや旅館は”赤ちゃんプラン”などがあり、子連れにとても優しい宿泊施設が多いので、小さなお子様がいるご家族にもオススメです!!

今回は大阪方面から行く、子供も大人も存分に楽めるプランをご紹介致します。

9:00 淡路サービスエリア

淡路島 RIE

Photo by RIE

淡路島 RIE
Photo by RIE

淡路島サービスエリアは上りと下りを行き来することができます。鳴門方面へ向かう方が下り、神戸方面へ向かう方が上りです。今回ご紹介する方は下りのサービスエリアです。

下りのサービスエリアには大観覧車があり、とても有名です。小さい子供が遊べるアンパンマンやドラえもん、汽車などの乗り物もあります。

そして大人が嬉しいスターバックスがあります。店内からでも良い眺めですが、天気が良ければテイクアウトし、外で明石海峡大橋を眺めながら景色を堪能して頂きたいです。

施設内にはお土産、フードコートなどがありご飯もしっかり食べれます。とても広いサービスエリアなので子供もリフレッシュになると思います。時間があれば上りの方も行ってみてください。帰りに寄るのもいいですね。

9:30 淡路島 国営明石海峡公園

淡路島 RIE

Photo by RIE

淡路島 RIE

Photo by RIE

とても大きな公園で季節によってたくさんのお花が咲いています。今回は子供が遊べる大きな複合遊具がある「夢っこランド」へ行きました。

赤ちゃんが遊べる小さな遊具ゾーンから、小学生くらいの子が楽しめるくらいの遊具まであります。

とても広い広場もあるのでお弁当など持って行ってもよし、バーベキューができる施設もあるそうなので利用すると1日遊べると思います。

12:30 幸せのパンケーキ 淡路島リゾート

淡路島 RIE
Photo by RIE

淡路島 RIE
Photo by RIE

全席オーシャンビューのお洒落なパンケーキのお店で、クリームやフルーツのパンケーキ、ご飯系のパンケーキもあるのでお昼ご飯にしました。

お昼時に行きましたが、お席がとても多いので待ち時間なしで入ることができました。お天気が良ければリゾート感のあるテラス席でお食事をして頂きたいです。波の音が聞こえる海際のカップルシート、ファミリーシートワンちゃんと一緒に楽しめるドッグエリアもありますよ。

外には海に飛び出しそうな大きな丸太のブランコがあり、みなさん写真撮影をされていました。サンセットが綺麗に見えるカフェなので時間を見計らって行くのもいいですね。

子供が遊べるフットサル場が隣接されており、フットサル場はボールが置いてあり無料で自由に遊べます。もし待ち時間があっても子供を遊ばすこともできるので、お子様も退屈せずに済むかと思います。

14:00 AWAJIモニュメント

淡路島 RIE
Photo by RIE

ちょっと寄り道感覚で寄ってみて下さい。道路沿いにあるので通り過ぎてしまいがちですが、目印はウッドキャビンとトレーラーハウスです。

南国の雰囲気がとても素敵です!!宿泊しなくても写真撮影可能とホームページに記載がありましたので、淡路島に来た記念に是非写真撮影しに行きましょう!!

15:00 あわじ島バーガー 淡路島オニオンキッチン 本店

淡路島 RIE
Photo by RIE

淡路島の名産物、玉ねぎを美味しく頂きませんか?おやつにいかがでしょうか?そんなに重くなく、サクッと食べれます。

「道の駅うずしお」内にあるオニオンキッチンは本店とうずの丘店の2店舗ありますが、本店はテーブルなどがあり寛げる雰囲気でした。メニューも多く、サイドメニューも豊富でしたが、店舗限定商品もあるのでホームページにメニューがあるのでをチェックしてみても良いですね。

お土産もたくさん販売してます。試食なども豊富で見るだけでも楽しかったです。

16:00 うずの丘 大鳴門橋記念館

淡路島 RIE
Photo by RIE

こちらにもオニオンキッチンがありますが、テイクアウトになります。ベンチやテーブルはあるのでそこで飲食できます。

地元の料理を食べることができるレストランでは、とても豪華なメニューもあります。ホームぺージでご確認下さい。

テラスには玉ねぎのモニュメントがあり、記念撮影ができます。カメラ台があるので、みんなでセルフタイマーで撮ることもできます。

こちらにもお土産がたくさん販売されており、試食の玉ねぎスープがとても美味しく、お土産に購入しました。

また行きたい!!まだまだ遊べる淡路島

いかがでしょうか。

今回行ってみて、もっと遊べるところを発見できました。四季折々の綺麗で広いお花畑があったり、旬の食材があったり、夏は海水浴もできますよ。

今回ご紹介した1日プランをゆっくりと2日に分けて行くのも良いと思います。

いつ誰が行っても楽しめるのが淡路島!!是非足を運んでみてください。

こちらの記事も読まれています

淡路島洲本温泉をはじめとする、淡路島で宿泊できる高級旅館を紹介します。淡路島では、海に面したところにリゾートが堪能できる高級ホテルが立ち並んでいます。ロケーションと温泉、島の恵みを味わうことができる淡路島の高級ホテルを8か所厳選しました。
古事記や日本書紀に伝わる、国造り神話がある淡路島には、神話を裏付けるようなパワースポットがあります。また、美しい自然を観賞できるスポットも多いのが特徴です。本州・四国と一体になって、アクセスの便利が良くなった淡路島にぜひ足を運びましょう。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

RIE
大阪在住。大好きな旅行の為に仕事も育児も家事も頑張れています! 幼少期からよく旅行をしており、いつのまにか旅好きに!大学では観光学を専攻していました。 今は連休ができれば国内外旅行へ、週末は奈良へ遊びに行くことが多いです。家族旅行をテーマにした情報をたくさん紹介していきます!

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo