冬の淡路島を満喫!おすすめのモデルコース1泊2日をご紹介! | Stayway Media

冬の淡路島を満喫!おすすめのモデルコース1泊2日をご紹介!

Yuki

トラベルクリエイター

淡路島 花畑Photo by:rurinoshima
兵庫県内で非常に人気の高いスポット、淡路島。

特にこれからの冬の季節に行く淡路島は、見どころもたくさんあります。

今回は、これから淡路島に旅行を考えている方におすすめしたい、1泊2日のモデルコースをご紹介します。

是非、淡路島に旅行・観光してみてはいかがでしょうか?

淡路島について

淡路島 街並みPhoto by:yoco**
淡路島は、兵庫県内に属している島です。

瀬戸内海に位置し、瀬戸内海では最大の面積を誇る淡路島は離島の中では最も多い約13万人もの人が住んでいます。

兵庫県からのアクセスは、世界最大のつり橋「明石海峡大橋」を渡って向かうことができます。

瀬戸内海でとれた新鮮な海鮮料理、生産量日本一のたまねぎ、自然豊かな牧場など見どころ満載のスポットになっています。

では早速、そんな淡路島の1泊2日モデルコースをご紹介いたします!

1日目:➀東京から淡路島へのアクセス

新幹線Photo by: hans-johnson 
東京から、淡路島に向かうには、新幹線・飛行機がおすすめです。

新幹線の場合は、新神戸駅で下車後→三宮からバスに乗車して向かうことができます。

また、飛行機の場合は、神戸空港が1番近く、そこから三宮まで向かい、同じくバスで向かうことができます。

車で淡路島まで行きたいという方は、阪神高速神戸線から第二神名道路経由で向かいましょう。

名谷JCTを経て、垂水JCTから神戸淡路鳴門自動車道(明石海峡大橋)を渡ると淡路島に到着です!

淡路島内は電車は走っていないので、車で行くことをおすすめします。

1日目:➁淡路島の玄関口、「淡路島IC」へ!

View this post on Instagram

はるか@祝ナナライ2nd「REUNION」さん(@harukalaurant)がシェアした投稿

明石海峡大橋を渡るとすぐに出てくる、淡路島の玄関口、「淡路IC」は、ご当地グルメや景色を楽しむことができる人気の観光スポット。

ドライバーなどの休憩スポットとしても知られています。

店内には淡路島のお土産屋さんをはじめ、ご当地グルメや絶品のソフトクリームを食べることもできます。

また、海が非常に美しく写真撮影スポットもあるので、旅行の記念撮影をするのもおすすめです。

淡路IC
住所:〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋仮田2568
アクセス:淡路IC下車すぐ
電話番号:0799-72-4715
営業時間:24時間
公式ホームページ:www.awaji-rs.co.jp

1日目:➂大自然で遊ぼう!「県立淡路島公園」

View this post on Instagram

ta_ko_sさん(@ta_ko_s)がシェアした投稿

淡路島からすぐ近くに位置している「県立淡路島公園」は、自然が豊かで遊具もあるので子どもから大人まで楽しむことができます。

テーマの異なる4つのゾーンに分かれており、1日中飽きることなく楽しむことができます。

ハイキングコースもあるので、ゆっくりとお散歩をしたり、お弁当を持参して食べることもできます。

お子さんと一緒に淡路島の旅行に行こうと思っている方は是非訪れてみてはいかがでしょうか?

住所:〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2425−2
アクセス:県道157号線楠本より約4分
電話番号:0799-72-5377
公式ホームページ:www.hyogo-park.or.jp

1日目:➂美味しいランチがいただける「あわじしま海鮮ちらし 桜の木」

View this post on Instagram

Anna.Tさん(@antanaka0625)がシェアした投稿

そろそろお腹がすいてきた・・・そんな方におすすめなのが、瀬戸内海でとれた新鮮な海鮮を使用したちらし寿司をいただくことができる、「あわじしま海鮮ちらし 桜の木」です。

淡路島ならでは、四季折々のメニューがはいったちらし寿司の他にも、足赤えび焼あなや、焼あなといって種類豊富なメニューが勢ぞろい。

セットメニューは赤だし付きで心がほっとあたたまります。

店内も非常に落ち着いているので休憩にもぴったりですし、駐車場もあるので安心ですね。

あわじしま海鮮ちらし 桜の木
住所:〒656-2332 兵庫県淡路市谷谷 425
アクセス:東浦ICから国道28号線を南へ車で約10分
営業時間:11:00~17:00※土日祝のみ
電話番号:0799-70-1414
公式ホームページ:http://www.kaisen-sakuranoki.com

1日目:➃一面のストック畑が見える!「あわじ花さじき」へ

View this post on Instagram

yoshikazu yoshidaさん(@yes.kazu)がシェアした投稿

淡路島といえば、何と言っても牧場や花畑など、自然が豊かなスポットも見逃せませんよね。
そんな方におすすめなのが、「あさじ花さじき」です。

四季折々のたくさんの花が咲き乱れ、非常に美しい景色を楽しむことができます。

11月~2月の冬の時期には淡路島名産のお花「ストック」が咲き乱れます。

ストックが一面に広がる花畑でお花たちに癒されてみませんか?

あわじ花さじき
住所:〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2865−4
アクセス:県道157号線沿いに南へ約12分
電話番号:0799-74-6426
営業時間:9時00分~17時00分
公式ホームページ:http://www.hyogo-park.or.jp

1日目:➄震災の歴史について学ぶ「北淡震災記念公園」へ

View this post on Instagram

Shuhei Masudaさん(@masuda.shuhei)がシェアした投稿

1995年に発生した、阪神淡路大震災。
その震源地は、ここ淡路島の野島断層。

北淡震災記念公園では、その野島断層をそのまま保存している博物館や、阪神淡路大震災の当時のことを語り部さんから聞いたり、学んだりすることができるスポットとなっています。

自然災害の恐ろしさや、防災について学ぶことができるので非常にためになる場所です。
淡路島に来たのであれば、是非訪れてみてはいかがでしょうか?

北淡震災記念公園
住所:〒656-1736 兵庫県淡路市小倉177
アクセス:北淡ICより徒歩10分
電話番号:0799-82-3020
営業時間:9時00分~17時00分
公式ホームページ:http://www.nojima-danso.co.jp/

1日目:➅宿泊には、「淡路島うずしお温泉 うめ丸」がおすすめ

View this post on Instagram

@hirose218がシェアした投稿

1日たくさん観光した後には、美味しい料理と温泉を堪能できるホテルに宿泊したいですよね。
そんな方におすすめなのが、淡路島うずしお温泉 うめ丸です。

この旅館では、全客室から海を眺めることができるオーシャンビューになっています。
美しい瀬戸内海を眺めながら、贅沢なひと時を過ごすてみてはいかがでしょうか?

料理の種類も非常に豊富で、サクラマスやハモ、タイなどのほかにも、最近人気沸騰中の3年とらふぐをいただくことができるてっちりコースがおすすめ!

11月から3月の間のみ期間限定で食べることができます。

淡路島うずしお温泉 うめ丸
住所:〒656-0661 兵庫県南あわじ市阿那賀1137−9
アクセス:陸の港西淡・淡路島南ICから送迎あり
電話番号:0799-39-0206
公式ホームページ:http://www.umemaru.co.jp/

2日目のプランは次ページでご紹介!

logo