芦原温泉のお土産ランキングTOP13 オリジナルなものも | Stayway Media

芦原温泉のお土産ランキングTOP13 オリジナルなものも

万代正平

トラベルライター

芦原温泉1

Photo by Wikipedia

福井県の芦原温泉は、漁港の近くにあるため、温泉と海の幸のグルメが目立ちます。

しかし、温泉街に行けば、オリジナルなものを含め、いろんなお土産があります。

どれを選べばよいか迷う程なので、慎重に選びましょう。

おすすめの芦原温泉のお土産を13アイテム厳選しました。

解りやすいランキング形式で紹介します。

第13位  越のルビー

View this post on Instagram

@surfarmer5232がシェアした投稿

「越のルビー」とは、福井県が開発したトマトのことです。

このトマトは大変甘く、野菜というよりもフルーツのように頂けるでしょう。

芦原温泉のある「あわら市」でも、生産されています。

そのままで食べる他、ドレッシングやゼリーを開発するなど、益々目が名離せないルビーです。

【正式名称】JA花咲ふくい ファーマーズマーケットきららの丘
【住所】福井県あわら市牛山25-56
【アクセス】あわら湯のまち駅から車で6分
【営業時間】9:00-17:00
【定休日】無休
【電話番号】0776-78-6020
【HP】http://www.hanasaki.or.jp

第12位 五月ヶ瀬

View this post on Instagram

❤村上姉妹❤さん(@fukuitravel)がシェアした投稿

芦原温泉近くの、坂井市で作られている銘菓「五月ヶ瀬煎餅」は、お土産に最適です。

ピーナツが入ったせんべいで、石窯を使って一枚一枚じっくりと焼き上げます。

石窯の遠赤外線効果と、小粒の一級品だけを選りすぐった、ピーナッツの素材が相まって、美味しさが際立っているでしょう。

【正式名称】五月ヶ瀬 春江総本店
【住所】福井県坂井市春江町藤鷲塚40
【アクセス】春江駅から車で5分
【営業時間】10:00-18:00
【定休日】月曜日
【電話番号】0776-51-5581
【HP】https://www.satsukigase.co.jp

第11位 芦原梨

View this post on Instagram

Sariさん(@zallychan)がシェアした投稿

芦原温泉のあるあわら町は、梨の産地でもあります。

ここでは、二種類の梨を栽培しています。

「幸水」は甘さが十分あって酸味が少なく、また肉質が軟らかいのが特徴でしょう。

「豊水」は、酸味が強いのが特徴で、多汁で軟らかいです。

夏から秋のシーズンになれば、農園で梨狩りや直売もしますので、旅のスケジュールを空けましょう。

【正式名称】梨園よねくら
【住所】福井県あわら市波松68
【アクセス】芦原温泉駅から車で10分
【営業時間】9:00-17:00
【定休日】記載なし
【電話番号】0776-79-1874
【HP】http://www.surfboard.co.jp

第10位 芦のゆ玉

View this post on Instagram

natimarugtさん(@renkei0119)がシェアした投稿

芦のゆ玉は、あわら温泉街にある「御菓子司 なんば屋」で製造しています。

これは、温泉地のお土産らしく、湯気をイメージして作られたカステラです。

月の夜に温泉の湯気が光のように見えたことから「ゆ玉」と呼ばれるようになり、そのゆ玉をイメージしました。

風味のある小豆(大納言)と柔らかいかカステラ風の皮の相乗効果で、舌触りも味も最高です。

【正式名称】御菓子司 なんば屋
【住所】福井県あわら市二面48-7-1
【アクセス】あわら湯のまち駅から徒歩12分
【営業時間】8:00-19:00
【定休日】火曜日
【電話番号】0776-77-2226
【HP】http://www.shokokai.or.jp

第9位 はっくつばうむ

View this post on Instagram

insta_fukuiさん(@insta_fukui)がシェアした投稿

意外にも日本では、福井県から最も多くの恐竜の化石が出土しています。

そんな福井らしいお土産が「はっくつバウム」です。

これは四角いバームクーヘンですが、恐竜の焼き印が押されているのが特徴で、見た目がかわいいでしょう。

つまり、バームクーヘンの層を地層に見立てています。

アイデア商品なので、優良観光土産の受賞歴もあります。

【正式名称】丸岡家
【住所】福井県福井市春山2丁目18-18
【アクセス】あわら湯のまち駅から徒歩12分
【営業時間】8:30-19:00
【定休日】火曜日
【電話番号】0776-22-5394
【HP】http://maruokaya.theshop.jp

第8位 松の露

View this post on Instagram

Michi Kojimaさん(@kojimamichi)がシェアした投稿

芦原温泉の温泉街にある、浅野耕月堂には「松乃露」という銘菓があります。

明治の創業以来の銘菓で、松林に自生する「松露」というキノコを模して作られました。
土が着いたキノコをコーヒーの粉で表現したので、ハイカラな菓子だと好評を得ました。
昭和天皇に献上したところ、お代わりを所望されたという程のおいしいお菓子は、お土産には必須です。
【正式名称】浅野耕月堂
【住所】福井県あわら市温泉4丁目916
【アクセス】あわら湯のまち駅から徒歩5分
【営業時間】8:00-20:00
【定休日】火曜日
【電話番号】0776-77-2035
【HP】http://kougetsudo.net

第7位 おしえる座ぁ

あわら湯のまち駅の目の前にある「あわら湯けむり創生塾」には、おしえる座ぁというオリジナルのお土産を販売しています。

芦原温泉で作った美肌水や、湯めぐり手形、プリン、オリジナルの図柄が入ったタオルなどです。

他では購入できないお土産なので、検討しましょう。

そのほかにも、一般的なお土産も販売しているので、一度は顔を出したいところです。

【正式名称】あわら湯けむり創生塾おしえる座ぁ
【住所】福井県あわら市温泉1丁目1-1
【アクセス】あわら湯のまち駅からすぐ
【営業時間】9:00-18:00
【定休日】無休
【電話番号】0776-77-1877
【HP】https://yukemuri.jp

第6位 越前竹人形

View this post on Instagram

Angela Hinck (アンジェラ)さん(@whatsacamera)がシェアした投稿

越前竹人形は、昭和20年代に誕生した工芸です。

竹かごで花器を作った際の、廃材の有効活用として造り始めました。

やがて、竹籠つくりを止めて、人形作りがメインになりました。

3年寝かせるという国産竹を使い、つややかな髪を再現します。

芦原温泉土産として、またとない逸品です。

【正式名称】越前竹人形の里
【住所】福井県坂井市丸岡町上久米田63-1
【アクセス】永平寺口駅から徒歩22分
【営業時間】10:00-16:00
【定休日】水曜日
【電話番号】0776-66-5666
【HP】http://www.takeningyo.com

第5位 水ようかん

View this post on Instagram

@etsudragonflyがシェアした投稿

福井県の銘菓の一つに「水ようかん」があります。

芦原温泉の近くで、水ようかんを製造販売しているのが、馬面昭栄堂です。

水ようかんは、冬季の間だけ製造されますので、冬に芦原温泉に来たときにはぜひ購入しましょう。

冬場以外にも、最中「えちぜん鬼瓦」、栗どらやき、スイートポテトなどを製造販売しています。

【正式名称】馬面昭栄堂
【住所】福井県あわら市春宮2丁目2-50
【アクセス】芦原温泉駅から徒歩6分
【営業時間】8:00-20:00
【定休日】水曜日
【電話番号】0776-66-5666
【HP】http://www.shokokai.or.jp

第4位 稲ほろり

View this post on Instagram

Takeshi Godaさん(@take45da)がシェアした投稿

福井県の中で、西洋菓子にこだわっている「西洋菓子倶楽部」が、製造している稲ほろりは、第9回福井県優良観光土産品にも選ばれました。

これは、福井県のコシヒカリを使用した和風のクッキーで、おこげの香りが程よい逸品です。

常温で120日の賞味期限があるので、お土産にも喜ばれるでしょう。

【正式名称】西洋菓子倶楽部 丸岡店
【住所】福井県坂井市丸岡町西里丸岡3-45
【アクセス】丸岡駅から車で9分
【営業時間】10:00-19:00
【定休日】水曜日
【電話番号】0776-67-2227
【HP】http://seiyogashiclub.com

気になる第3~1位は次ページで!>>>

万代正平
旅行が好きで、日本は47都道府県すべて行ったことがあります。旅先にある温泉が好きなので、全国にあるいくつかの温泉を実際に体験しています。また2003年より夫婦で飲食店(東南アジア料理店)を経営している関係で、ほぼ毎年東南アジアに渡航しており、東南アジア10か国すべて訪問しました。海外では他にヨーロッパ(英国、ベルギー、アイルランド)アメリカ、中国、香港、マカオ、台湾、韓国への渡航経験があります。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo