バリ島の通貨と両替!初心者でも理解しやすい両替で得する方法とは? | Stayway Media

バリ島の通貨と両替!初心者でも理解しやすい両替で得する方法とは?

くるみ

トラベルライターくるみ

photo by Jess Watters

バリ島に到着したら、まずは日本円を現地通貨に両替してから旅は始まります。

初めてのバリ島旅行ではよく分からない両替方法。

どこで両替するかで損をせず、たくさんの現地通貨を残さずに使い切るかのポイントを覚えておくとバリ島で困ることはありません。

ここではバリ島旅行の初心者さんでもわかりやすい両替の仕方や、現地の通貨について詳しく紹介します。

1. バリ島の通貨とは?

photo by juananbenidorm

インドネシアの通貨単位と紙幣

日本の通貨単位は「円」ですが、バリ島があるインドネシアでは通貨単位を「ルピア」と呼びます。

一番高額な紙幣は赤色の10万ルピア、日本円で約1,200円ほどです。

次は青色の5万ルピア(約400円)・緑色の2万ルピア(約160円)・紫色の1万ルピア(約80円)・茶色の5,000ルピア(約40円)・灰色の2,000ルピア(約16円)が紙幣になります。

1,000ルピアは古い札とコインの2種類があります。

インドネシア・ルピアのコインは500・200・100ルピアがあり、それ以下の通貨コインは現在ほとんど流通していません。

1円はルピアでいくらになるか

日本円の1円が、いくらのインドネシアルピアに相当するかは日々の為替レートで変化します。

ここで本日の最新為替レート換算が理解できます⇒ Yahoo本日のレート

現地の両替所ではこの為替レートにより、両替する金額が数時間単位で上下します。

尚、土日や祝日は為替レートは変動しません。

2. 賢い両替場所の選び方

photo by Pixabay

日本の空港では両替はしない

日本を出発する前に、日本の空港で両替するのが、実はもっともレートが悪い方法。

これはインドネシアに限った事ではなく、東南アジアでは一般的。

日本円を現地の両替所で現地通貨に両替をする!これがお得に両替をする鉄則。

東南アジアなどを旅行する際には覚えておくと便利です。

バリ島に到着後は最低限度を空港の両替所で

バリ島の到着ゲートを出ると、銀行の両替窓口があります。

レートは街中の両替店より低く、あまりおすすめはしません。

しかし、お迎えのタクシーやホテルの送迎、ホテルにチェックインする前には最低限度の現地通貨が必要になります。

バリ島の空港を出た後に使用するチップや飲み物を購入する分や、タクシー代金程度の両替を済ませておくと安心できます。

中級クラス以上のリゾートホテルでの両替

リゾートホテルのフロントでも両替をしてくれます。

こちらも残念ながら、レートは決して良くはありません。

ホテルの中で両替を済ませるのはインドネシアのルピアが残り少なくなった時だけに留めておくと無難です。

おすすめは街中の専門両替店

電光掲示板に各国の為替レートを掲げていたりする、街中の大手両替商が一番レートが高くなります。

特に観光地でもあるバリ島はクタやヌサドゥア、ジンバランやスミニャック、サヌールやウブドにも支店を持っています。

各観光地には必ず大手の両替商が多数点在しているので、大きな金額の両替は街中の専門の両替店を利用することをおすすめします。

3. 両替をする前に注意しておくべき4選!

photo by Dmitri Popov

①土日や祝日はレートが悪くなる

お得に両替をするのであれば、為替レートが動いている平日の昼間で、銀行が開いている時間帯です。

土日や祝日そして夜になると、どの両替商も為替レートは一気に悪くなります。

ツーリストで数日の滞在であればほとんど問題ありませんが、少しでも良いレートを希望している方は覚えておくと便利です。

②両替は日本円の千円札から

日本円からルピアへの両替は最低金額が千円札、1枚からです。500円玉や100円単位の両替は出来ません。

賢い両替方法として、バリ島旅行のスタート時に1万円札など、大きな金額の日本円を街中の両替商で両替をしておきます。

そして、残り数日の滞在は千円札を使って両替を行い、ルピアを残さずに使い切る方法です。

千円札を数枚用意しておくと、ルピアが足りなくなる帰国前のピンチ時を乗り切れます。

③街中の両替商も見分ける

お土産屋の横に、ホワイトボードなどで良いレートが書かれている両替店などはおすすめしません。

バリ島内には土産物屋が軒を連ねている奥にひっそりと薄暗く、入口の小さな両替店でのトラブルもあります。

両替をして受け取るはずのインドネシアルピアの紙幣数をごまかしたり、枚数を数える振りをして、カウンターの下へ落とす悪質な両替店もあるためです。

そのような店舗には近付かず、大きな看板で「Money Changer」と記載がある大きな通りに面した場所で、専門に扱っている両替所を選ぶようにすると安全です。

④両替した紙幣は必ずその場で数える

日本円の1万円札を両替すると、10万ルピアの赤い札だけを10枚受け取れない場合もあります。

青い5万ルピア札で両替する店舗もあるため、予め両替店舗で今日のレートをチェックしておき、両替後のトータル金額が合っているかを把握しておきます。

受け取る時は必ず、その場で紙幣を数えて確認をするようにするとトラブルを防げます。

両替のポイントを押さえて楽しい旅を!

日本円は東南アジアでも比較的、強い外貨です。バリ島で観光を楽しんだり、食事をするにもその国の通貨は必要になります。

インドネシアのルピアのコインや、小さなルピア札は日本円には逆両替が出来ません。

残った少額のルピアは帰国前に空港にある募金箱に寄付をしたり、残さず使い切るように現地の菓子類を買うのもお土産になります。

バリ島での両替のポイントを押さえて、楽しい旅行にしてくださいね。

人気のお土産情報まとめました🎁❤️

日本よりも物価が安いバリ島!コスメから食品、衣類まで様々なものが激安で購入することができます。そこで本記事では、バリ島のおすすめのお土産を紹介します!

おすすめの宿泊施設情報はコチラ🏨🏖✨

https://stayway.jp/tourism/bali-hotel10

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

くるみ
日本とインドネシアを主に行き来し、グアムや東南アジアを中心に渡航経験があります。現在はインドネシアのバリ島を拠点に在住中。ローカルグルメからお洒落なレストランとカフェ探し、高級SPAからローカルマッサージ屋を巡り、現地のコスメ探しや写真が趣味です。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo