【コスメ&美容情報】タイ・バンコクで綺麗になるための5つのこと♡ | Stayway Media

【コスメ&美容情報】タイ・バンコクで綺麗になるための5つのこと♡

RUMI

トラベルライター

バンコク 女子旅 きれい 美容バンコク美容マップ made by RUMI

タイ人は美意識が高い人が多く、エステサロンとは別に美白専門店やプチ整形サロンなど、美容サロンが数えきれないほどあります。

出勤前や会社の帰りに寄る人も多いので、観光の帰りに在住者気分でサクッと寄ってみてはいかがでしょう。

なお、カタカナ表記は通称名で、英語表記は店舗の正式名称です。

エリアの特徴

■時差-2時間
*サマータイム実施なし
■言語タイ語
■通貨THB(タイバーツ)
■気候一年を通して日差しが強く、高温多湿。猛暑季(4~5月)・雨季(6~10月)・乾季(11~3月)と3つのシーズンに分かれる。

1 ネイルケア(サロン名:ゲーガイ)

バンコク 女子旅 きれい 美容Photo by RUMI

まずは朝イチでネイルケアに行きましょう。在住日本人に人気の美容サロン「ゲーガイ」は、午後になると大混雑なので朝イチがねらい目です。

両手にネイルカラーを塗って全部の指にアートを施して1,000円程度で、バンコク最安値といわれています。値段はアートの複雑さではなく、カラーで決まるので、OPIを使用したり、多色使いにすると値段が上がります。

逆に、単色に複雑な模様を2~3色で描いてもらうと安くなります。上からジェルでコーティングしてもらうジェルネイルにすると、OPIのツヤは出ませんので、ノーブランドのネイルカラーを使っても問題ないでしょう。

ジェルネイルは3,000円からです。


<基本情報>Kaekai Salon
【住所】 Soi Sukhumvit 39, Khwaeng Khlong Tan Nuea, Khet Watthana Bangkok
【電話】081-912-1380
【アクセス】BTSプロムポン駅下車、上部バンコク美容マップ1の場所
【営業時間】 7時から18時
【定休日】日曜
【料金】ネイル&アート10本700円から
【公式サイト】こちら

2 エステ&スパ(サロン名:アジアハーブ)

バンコク 女子旅 きれい 美容Photo by RUMI

日本人経営で在住日本人女性なら誰でも知っている「Asia Harb Asociation」。以前は当日予約なしで行っても入れましたが、最近はタイ人や欧米人にも人気で、前日でも予約が取れないことが多くなりました。

多店舗展開しているので、空いている支店に前日までに予約を入れて行って下さい。「この値段で、こんなに豪華なの?」と驚くほどコスパがいいです。また、マッサージの上手さにも定評があり、日本人経営ならではの接客の良さも、人気の理由です。

 <基本情報>Asia Harb Asociation プロムポン支店
【住所】 50/6 Sukhumvit Soi 24 Khwaeng Khlong Tan, Khet Khlong Toei Bangkok
【電話】02-261-7401
【アクセス】BTSプロムポン駅下車、上部バンコク美容マップ2の場所
【営業時間】 7時から深夜0時
【定休日】なし
【料金】オイルマッサージ60分3,500円~
【公式サイト】https://asiaherbassociation.com

3 まつげエクステ (サロン名:テイクケア)

バンコク 女子旅 きれい 美容

Photo by RUMI

バンコクにはまつげエクステのサロンが星の数ほどありますが、このサロンは他とはちょっと違います。

それは、日本で多店舗開をしている某まつげエクステ専門店(以下P)の製品、器具、技術を使い、定期的に日本からインストラクターが来て指導しているのです。

だから、まさに日本クオリティ!

バンコク 女子旅 きれい 美容

Photo by RUMI

日本のPでは、まつげエクステ1本300円ですが(初回キャンペーンなど、各種割引あり)なんとTakeCareでは1本約35円。

そして、エステティシャンがお客さんの目を見て「あなたなら40本で十分」(と、40のところにボールペンでグリグリと印をつけてくれました。)「60本くらい付けた方がいいかも」とひとりひとり丁寧にカウンセリングにのってくれます。

いきなり「100本つけましょう!」なんて押し売りがないのも嬉しいところ。

日本と同じ製品、同じ技術、経営者も日本人なので安心です。

技術者は若い女性、イケメンのゲイ、熟練のおばちゃんなど、みなさんハイレベルの技術を持っていますが、指名する場合には指名料がかかります。

<基本情報>TakeCare Salon Of Beauty
【住所】 599/6 Sukhumvit 35 Khwaeng Khlong Tan Nuea, Watthana Bangkok
【電話】02-258-7543
【アクセス】BTSプロムポン駅下車、上部バンコク美容マップ3の場所
【営業時間】 9時から21時
【定休日】なし
【料金】まつげエクステ1本35円から
【公式サイト】http://www.takecarebeauty.com

4 足裏の角質とり&マッサージ(サロン名:ワットポー マッサージ)

Photo by RUMI

かかとがコチコチに硬くなっている人は、ぜひこちらへどうぞ。

こちらは、タイ式マッサージの元祖、ワットポー マッサージの唯一の支店で、本格的なマッサージが受けられます。

それとともに人気なのが足裏角質とり。

丁寧な施術で、他のサロンのように「削りすぎて痛い」ということがありません。また、技術が高い割にお値段はリーズナブルです。

「マッサージと角質取りはここ以外に行ったことがない」という在住日本人が多いのもうなずけます。こちらはBTSプロムポン駅のすぐ近くにある支店で、本店はワットポーというお寺の中にあります。

<基本情報>Wat Po Thai Traditional Massage School Sukhumvit Branch
【住所】 1/54-55 Sukhumvit 39, Khlong Tan Nuea, Watthana Bangkok
【電話】02-261-0567
【アクセス】BTSプロムポン駅下車、上部バンコク美容マップ4の場所
【定休日】日曜
【営業時間】 8時半から17時
【料金】足裏の角質取り700円~
【公式サイト】こちら

5 切開式ふたえ整形手術(病院名:エーリサ クリニック)

バンコク 女子旅 きれい 美容Photo by RUMI

実はふたえにするためにバンコクを訪れる日本人は少なくありません。理由は安いことが第一ですが、手術後の生活が楽だからです。

切開でふたえにした後は、1週間目を濡らすことができません。

そのため美容院でシャンプーをすることになりますが、タイなら美容院でのシャンプーも500円以下。日本でシャンプーのために毎日美容院に行くことを考えたら、非常に安いです。

しかも、タイ人は整形に慣れているため「目をふたえにしたばかりだから、目に水をかけないで」と言うと、とても親切丁寧に洗ってくれます。

また、手術後1週間は目がガチャピンのように腫れますが、常夏の国タイでは常にサングラスをかけていても違和感がありません。

ファッションのために、夜でもビル内でもサングラスをかけている人もたくさんいます。

バンコク 女子旅 きれい 美容Photo by RUMI

日本からわざわざ訪れる人も多い「エーリサ クリニック」。院長先生と奥様の2人が手術をしています。

お二人とも日本の医大を卒業し、日本の病院で勤務した経験があり、日本語で丁寧なカウンセリングをしてもらえます。

切開式ふたえ手術の金額は、冷却ジェルや化膿止めの飲み薬など、すべて込みで9万円くらいです。

<基本情報>A-Risa Clinic
【住所】 29 Soi Sukhumvit 26 Sukhumvit Rd. klongton Bangkok
【電話】02-258-6736
【アクセス】BTSプロムポン駅下車、上部バンコク美容マップ5の場所
【定休日】日曜
【営業時間】10時から19時(要電話予約、日本語OK)
【料金】切開式ふたえまぶた手術(薬その他すべて込み)87,500円~
【公式サイト】http://www.arisaclinic.com

観光中の休憩にもおすすめ

バンコク 女子旅 きれい 美容Photo by RUMI

ネイルやまつげ、角質取りは観光の合間に短時間でできるので、ぜひこの美容マップを持って、バンコクで空いた時間に休憩がてら、きれいになって下さい。

日本で施術を受けるより安く、技術も日本クオリティです。

しかも観光途中に座ってドリンクを飲んでいるうちに終わってしまうので、時間も有効に使えます。

他にも歯のホワイトニング、アートメイク、ビタミン点滴など、日本の半額程度の値段で受けることができます。ただし、日本語が通じる美容院と脱毛サロン、ヒアルロン酸注入は日本より高いので、ご注意を。

【2019】きっとみんなに喜ばれる!バンコクおすすめお土産25選

定番からバラマキ用まで、バンコクお土産を網羅!「グルメ編」と「雑貨・コスメ・etc編」、それぞれランキング形式でご紹介します。もらった人にきっと「また食べたい!」「今度は自分がバンコクに買いに行きたい!」と喜ばれるイチオシお土産はどれ?

タイでグルメするならコレ絶対はずせない!おすすめ料理10選

タイを訪れたら絶対食べるべき人気のおすすめ料理はもちろん、現地でしか味わうことのできない絶品料理もご紹介。コレを食べずして日本へは帰れない!?

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、
より快適な時間を過ごすことができます。
皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

RUMI
カンボジア・シェムリアップでゲストハウス経営の後、タイのバンコクに移住。バンコク在住歴は通算6年です。世界20か国以上を旅行しており、「人が住んでいる所ならどこでも生きられるはず」と信じて東南アジアのマイナーな街にも探検に出かけています。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo