バンコクのフードコート3選!利用方法〜おすすめ料理まで徹底解説! | Stayway Media

バンコクのフードコート3選!利用方法〜おすすめ料理まで徹底解説!

櫻井れき

トラベルライター櫻井れき

00-0_タイ_アイキャッチ

Photo by 櫻井れき

多彩でお手頃なフードメニュー、言葉が苦手でも指さし注文OK!バンコクのフードコートは安心で気軽に食事が楽しめる、旅行者にとっての心強い味方です。

今回は、バンコク旅行がもっと楽しくなる利用術と、おすすめフードコート3か所をご案内いたします。

エリアの特徴

■時差-2時間
*サマータイム実施なし
■言語タイ語
■通貨THB(タイバーツ)
■気候一年を通して日差しが強く、高温多湿。猛暑季(4~5月)・雨季(6~10月)・乾季(11~3月)と3つのシーズンに分かれる。

■これだけは知っておきたい!フードコート利用術

00-1_タイ_フードコート

Photo by 櫻井れき

バンコクのフードコートは、ショッピングモールのレストランフロアや地下スーパーマーケット周辺を探せば見つけられます。

ショッピングモールの開店時間にあわせてオープンするところがほとんどですので、だいたい午前10時ごろから利用できると考えておけば良いでしょう。

・クーポンの購入

00-2_タイ_フードコート

Photo by 櫻井れき

フードコートに入ったらまず、入口付近にあるクーポンカウンターでクーポンカード(またはチケット)を購入しましょう。たいていのフードコートは100バーツから購入可能です。

00-3_タイ_フードコート

Photo by 櫻井れき

ワンプレート料理や麺類は40~80バーツ、飲み物は20バーツ~50バーツくらいが相場ですので、1人あたり100~200バーツほど購入しておけば良いでしょう。

・座席確保の際は細心の注意を

00-4_タイ_フードコート

Photo by 櫻井れき

混んでいる時は先に座席確保をしておきたいところですが、その際は十分気を付けてください。貴重品は絶対に置いておかないこと!お財布はもちろん、スマホ、ブランドバッグなどもです。

参考までに、筆者の場合はテーブルの上にミニタオルやポケットティッシュ、イスにカーディガンなど、なくなっても困らないようなものを置いて行きます。

テーブル近くにはカトラリーコーナーがありますので、スプーンやフォークをセッティングしておくのもいいかもしれません。

清掃スタッフにゴミとまちがわれないよう、存在感を出しておくことが重要です。

・お店を探しに行こう

00-5_タイ_フードコート

Photo by 櫻井れき

購入したクーポンを持って、お気に入りのお店を探しに行きましょう。

フードコートにはクイッティアオやパッタイなどの麺料理、カオマンガイやタイカレーなどの惣菜ご飯、一品料理、飲み物、デザート類などバラエティ豊かなお店が並んでいます。

それぞれのお店の前にはわかりやすい写真やサンプルが置いてありますので、何の料理のお店なのかがひとめでわかります。

サンプルを見ながら指さしでオーダーできるのも嬉しいですね。

Photo by 櫻井れき

オーダー後はその場で調理を待ち、お料理が提供されたらクーポンを提示して精算してもらいます。

フードコートによっては、料理を座席まで持ってきてくれるところもあります。

清算後にもらうレシートにはクーポンの残金が記載されていますので、もし追加したい場合はクーポンカウンターで課金することができます。

・お食事終了後

00-6_タイ_フードコート

Photo by 櫻井れき

食べ終えたあとのテーブルは清掃スタッフが片づけてくれますので、そのままにしておいて大丈夫です。

クーポンに残金がある場合、クーポンカウンターに持って行くと払い戻し処理をしてもらえます。クーポンの有効期限は当日限りですのでご注意ください。

■フードコートで食べられる絶品グルメ

・クイッティアオ

01-01_タイ_クイッティアオ

Photo by 櫻井れき

クイッティアオは、日本でタイラーメンと呼ばれている麺料理のことです。

米麺のセンミー(極細麺) / センレック(細麺) / センヤイ(太麺) から麺の種類を選び、さらにスープの有無と中に入れる具をオーダーするのが基本です。

具は、肉や魚のつみれ、ワンタン、チャーシューなど、お店によってさまざまな種類があります。お店の前にあるショーケースの中を見て、入れてもらいたい具を指さしすると良いでしょう。

麺やスープ、具をそれぞれカスタマイズすることができるクイッティアオのバリエーションは、もはや無限大。ぜひ自分好みのクイッティアオを探してみてください。

・カオゲーン

01-02_タイ_おかずかけご飯

Photo by 櫻井れき

カオゲーンとは、おかずかけご飯のことです。ショーケースには肉や魚、野菜の炒め物やグリーンカレー、レッドカレーなどバラエティ豊かなおかずが並び、好きなおかずを選ぶと、ご飯と一緒に盛り付けてもらえます。

・カオ・ナーペット

01-03_タイ_カオナーペット

Photo by 櫻井れき

焼きアヒルのせご飯のカオ・ナーペットは、日本ではなかなかお目にかかれないタイ料理のひとつかと思います。

焼きアヒルの香ばしさ、ほんのり香る八角のエキゾチックな風味がクセになる一皿。店先にぶらさがっているアヒル肉が目印です。

・カオニャオ・マムアン

01-04_タイ_カオニャオマムアン

Photo by 櫻井れき

スライスしたマンゴーにもち米をそえ、ココナッツミルクをかけたデザートです。

もち米とマンゴーの相性が気になるところですが、これが見事なマッチング!すごく甘いデザートですが、辛~い料理を食べたあとに食べると、ほどよく中和されます。

■バンコクおすすめフードコート

次ページでは、筆者おすすめ!バンコクのおすすめフードコートをご紹介!>>>

櫻井れき
東京都在住。旅行・グルメ・エンタメライター兼主婦。 タイ・バンコクやバンコク近郊の観光スポット・グルメ・エンタメ情報を中心にお届けいたします。ガイドブックにはまだ載っていない、みなさまの旅が盛り上がるような記事が発信できたらうれしいです。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo