女子旅おすすめ!世界遺産の街ベルギー・ブルージュのおすすめスポット15選!

Mana

トラベルライター

ベルギー 街並み
”Photo by Mana”

ベルギー北部のフランダース地方に位置するブルージュは「天井のない美術館」と呼ばれれています。

街中を流れるいくつもの運河、絵本から飛び出したようなかわいらしい街並みは、中世にタイムスリップしたかのような気分を味合わせてくれます。

フォトジェニックな風景、美味しいスイーツが溢れるブルージュは、まさに女子旅にピッタリの街!

今回はそんな魅力溢れるブルージュのおすすめスポットをランキング形式で紹介していきます!

第15位 ベギン会修道院


”Photoby Mana”

ベギン会修道院は、1245年フランドル伯夫人によって設立され、1998年に世界文化遺産に登録されています。

周囲には人気観光スポットの愛の湖公園もあり、白壁の外観が自然豊かな緑に映え、美しい場所です。

映画の撮影地としても有名ですが、現在もベギン会修道院では、修道女が生活をしているため静かな時間が流れています。

【正式名所】Begijnhuisje
【住所】Begijnhof 30, 8000 Brugge, België
【アクセス】マルクト広場より徒歩13分
【営業日】6:30-18:30
【料金】2ユーロ
【公式サイト】https://www.visitbruges.be

第14位 ディル・カミューレ

ベルギー ディルアンドカミューレ
”Photo by Mana”

ベルギーと隣国オランダにのみ展開しているナチュラル素材を使用した商品を扱っている雑貨屋さんです。

シンプルかつオシャレな雑貨が、リーズナブルなお値段で買えるので、女性を中心に今とても人気のお店!

店内には、キッチン雑貨やバスグッズ、ガーデン用品などラインナップも豊富でお土産探しにもおすすめ!雑貨好きの女子には堪らない空間です

【正式名所】DIll & Kamille
【住所】

第13位 エリスグルメバーガー


”Photo by Mana”

アントワープ発祥の本格ハンバーガー店で、現在ベルギーに11店舗展開している注目店です。

地元民に愛される理由は、牛肉100%のパテ!ベルギー国内で受賞暦のある精肉店で特別に作られているパテは、甘くてジューシー。
そのパテを使い店内で手作りされているハンバーガーは絶品です。

白と黒のモノトーンを基調としていて、ハンバーガー屋とは思えないおしゃれな店内で優雅な食事を楽しんでください。

【正式名所】Ellis Gourmet Burger
【住所】

第12位 馬車

ベルギー 馬車
”Photo by Mana”

マルクト広場には、何台もの馬車が並んでおり、馬車で約30分ほどかけて街中を巡ることができます。

パカパカという軽快な足音を響かせながら、石畳が続く可愛らしい街中を走る光景は、まるで映画の中の世界のようで、盛り上がること間違いなしです!

日本ではなかなか出来ない体験をぜひブルージュで体験してみてくださいね。

【住所】マルクト広場
【料金】約35~40ユーロ

第11位 愛の湖公園

ベルギー 愛の湖公園
”Photo by Mana”

街の憩いの場になっている愛の湖公園。木々に囲まれ自然豊かで、名前だけでなく全てが美しい公園です。

公園には、白鳥をはじめ多くの鳥が優雅に泳いでる姿や、羽を休めている姿がみられます。

散策するだけでも楽しく、公園内はゆっくりと時間が流れている錯覚を覚えてしまうことでしょう。

【正式名所】Minnewaterpark
【住所】Minnewater, 8000 Brugge, België
【アクセス】マルクト広場から徒歩15分

第10位 聖母教会

Dit bericht bekijken op Instagram

Een bericht gedeeld door 🇳🇱🇧🇪 (@ekennaa) op

聖母教会は、中世に立てられたネオ・ゴシック様式の教会です。塔のい高さは122mあり、これは市内で一番、世界でも二番目に高いレンガ造りの建物であるため、見逃せません!

教会内には、1504年にミケランジェロによって彫られた白い大理石でできている聖母子像があります。

ミケランジェロの作品は、イタリア国外には世界に三作しかなく、その作品の一つになるので、ぜひ訪れてみてください。

【正式名所】Onze Lieve Vrouw
【住所】

第9位 市庁舎


”Photo by Mana”

マルクト広場にある市庁舎は、ゴシック様式の壮大な建物です。特に市庁舎の正面には、聖人やフランドル地方の歴史的人物の彫像が施されており、レリーフの美しさが際立っています、

二階のゴシックホールのみ有料となりますが、市庁舎の中に入ることもできます。
ゴシックホールの丸天井には美しい色でブルージュの街の歴史が描かれていて必見です。

【正式名所】Stadhuis
【住所】Burg 12, 8000 Brugge, België
【アクセス】マルクト広場
【営業日】9:30-17:00
【料金】大人:4ユーロ 12~25歳、65歳~:3ユーロ
【公式サイト】https://www.visitbruges.be

第8位 レースセンター

Dit bericht bekijken op Instagram

Een bericht gedeeld door Elie Ishii (@dentellelie) op

ベルギーの伝統工芸の一つレース。ブルージュでは小さなボビンを使い編みあげていくボビンレースが有名です。

レースセンタでは、レースの歴史を学ぶことや、美しいレース作品が展示されています。
週1回の初心者向けコース、子供向けのレース編み教室も開校されているので、時間がある方は参加するのもおすすめです。

繊細で上質なブルージュ産のレースは、女性に喜ばれるお土産です!

【正式名所】Kantcentrum
【住所】Balstraat 16, Brugge
【アクセス】マルクト広場より徒歩15分
【営業日】9:30-17:00
【料金】5ユーロ
【公式サイト】https://www.kantcentrum.eu

第7位 ゴディバのチョコがけイチゴ

ベルギー ゴディバ
”Photo by Maan”

日本でもお馴染みのゴディバですが、地域限定の商品があるので、日本では販売されていない商品があるんです。

その中で特におすすめなのが、「Chocolate Dipped Strawberries」という商品です!

大ぶりのイチゴにゴディバのチョコレートがたっぷりかかった贅沢な一品で、甘酸っぱくジューシーなイチゴにほんのりビターなチョコレートの相性が抜群!

美味しいのはもちろん、食べ歩きにピッタリで見た目も可愛く女子には堪らない一品です!

【正式名所】Chocolate Dipped Strawberries
【住所】Markt 10, 8000 Brugge, België
【アクセス】マルクト広場より徒歩1分
【営業日】9:30-19:00
【料金】7ユーロ~
【公式サイト】https://www.godivachocolates.eu

第6位 ベルギーワッフル

ベルギー ワッフル
”Photo by Mana”

ベルギーといったら女性も好きな人が多い、美味しいワッフルですよね。
ブルージュにも多くのワッフル屋さんがありますが、その中でもおすすめなお店が、「Lizzie’s waffle」です。

ここのワッフルは、普通のワッフルの1.5倍はある特大サイズで、外側はサクサク、中はフワフワの食感が堪りません!生地自体は軽めで甘さも控えめなので、意外にも一人でペロッと食べれてしまいます。

ホイップクリームを添えたりチョコレートをかけたりと、トッピングも楽しめるので、いろいろな味をお友達とシェアしてみてください!

【正式名所】Lizzie’s Wafels
【住所】
【アクセス】マルクト広場より徒歩2分
【営業日】11:00-17:00
【料金】7ユーロ~
【公式サイト】http://www.lizzieswafelsbrugge.be
Mana
国際結婚を機にオランダに移住し、オランダ在住歴2年目です。オランダ語を学びつつ、ヨーロッパを中心に趣味である旅行も満喫中。ヨーロッパの中ではマイナー国、オランダの魅力や旅行に役立つ情報をお伝えします。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo