魅力満載で個性的な、別府温泉のお土産ランキングTOP25  | Stayway Media

魅力満載で個性的な、別府温泉のお土産ランキングTOP25 

万代正平

トラベルライター

坊主地獄

Photo by ac

別府温泉には、いろんなお土産があります。

温泉由来のもの、観光地らしいもの、伝統工芸、地元の人たちに愛された味など、どれを選べばよいか迷うでしょう。

そんな、個性豊かで魅力的な別府温泉のお土産を、25アイテムに厳選して紹介します。

そして、解りやすいランキング形式で紹介します。

第25位 別府ざぼんサイダー

View this post on Instagram

tomoo☺︎さん(@tomo_8916)がシェアした投稿

別府ザボンサイダーは、別府市営のザボン園でとれた、ザボンの果汁を使ったサイダーです。

開発のは別府市の職員で、規格外のザボンを使いました。

味わいは爽やかで、ザボンの香りが程よく効いているのがわかります。

小瓶に入った飲みきりサイズです。

先ずは味見して、納得すればお土産にしましょう。

レトロな小瓶も味わいがあります。

【正式名称】別府市役所 売店
【住所】大分県別府市上野口町1番15号
【アクセス】別府駅から徒歩15分
【営業時間】8:30-17:00
【定休日】土・日曜日
【電話番号】0977-21-1111
【HP】https://www.city.beppu.oita.jp

第24位 ゆず一番

View this post on Instagram

表参道スキンクリニック 福岡院さん(@omotesando_fukuoka)がシェアした投稿

ゆず一番は、別府のお土産に最適です。

大分産のゆずをジャムにして、それをふんわりした「ブッセケーキ」の生地で包み込みました。

この銘菓は、第25回全国菓子大博覧会で、農林水産大臣賞を受賞しました。

高級旅館で、宿泊客へのお茶受けとして、提供されることが多い銘菓です。

ゆずジャムとブッセとのバランスも最高、お土産にもってこいです。

【正式名称】南光物産
【住所】大分県別府市北鉄輪1組
【アクセス】別府駅から徒歩15分
【営業時間】8:00-17:00
【定休日】無休
【電話番号】0977-66-4151
【HP】http://zabon.shop

第23位 カトレア醤油

View this post on Instagram

岡本屋 okamotoyaさん(@nobuko_iwase_1875)がシェアした投稿

カトレア醤油は、大分の地醤油で、別府市にあるフジヨシ醤油が製造しています。

カツオだしの旨みが入った甘い高級醤油で、地元大分ではソウル調味料といわれています。

顧客の要望で、数年かけて作られたというこの醤油は、万能醤油なので、お土産には最適でしょう。

先代社長が、カトレアの花を手にしている写真を見つけた、当代社長が醤油に「カトレア」の名前を付けたという、お土産話も楽しいです。

【正式名称】フジヨシ醤油
【住所】大分県別府市光町9-9
【アクセス】別府駅から徒歩8分
【営業時間】8:00-17:30
【定休日】夏季・年末年始
【電話番号】0977-21-1006
【HP】https://www.f244.com

第22位 かぼす果汁

View this post on Instagram

Michikoさん(@pinkflowers3)がシェアした投稿

大分特産の「かぼす」の果汁100%は、お土産には非常に有望です。

飲用として水やソーダーに希釈して飲むのも良いですし、料理用として色々な食材で使えます。

毎日の食事が華やかになるでしょう。

サイズは、200mlの小瓶と1Lのペットボトルサイズの2種類あります。

大分の焼酎に果汁を少し加えても美味しいでしょう。

【正式名称】南光物産
【住所】大分県別府市北鉄輪1組
【アクセス】別府駅から徒歩15分
【営業時間】8:00-17:00
【定休日】無休
【電話番号】0977-66-4151
【HP】http://zabon.shop

第21位 月さらさ

View this post on Instagram

まこりんさん(@makorin7229)がシェアした投稿

月さらさは、大分を代表する菓子メーカー「ザビエル本舗」が、2011年に発売したお菓子です。

洋菓子の素材である小麦粉、を日本の伝統的な技術によってつくられた、洋風せんべいです。

黒糖味とチーズ味の2種類あり、ちょっとした異国情緒が味わえるでしょう。

月をイメージしているので、うさぎが包装紙に描かれ、あたかも月が見守ってくれているようです。

【正式名称】ざびえる本舗 トキハ本店
【住所】大分県大分市府内町2丁目1
【アクセス】大分駅から徒歩6分
【営業時間】9:00-16:00
【定休日】水・日曜日
【電話番号】097-538-1111
【HP】http://www.zabieru.com

第20位 竹枝ペン

View this post on Instagram

Oita Madeさん(@oita_made)がシェアした投稿

竹枝ペンは、自然の竹をそのまま素材にしました。

表情が一つ一つ異なる竹の先に、ペンや鉛筆の先がついています。

自然の竹そのものなので、唯一無二のお土産として喜ばれるでしょう。

この商品は、別府の竹林を守るための、活動の一環として開発されました。

経年変化を楽しみながら、ペン・鉛筆で書いていると、いつもとは違った楽しみが見つかるでしょう。

【正式名称】Oita Made Shop 別府店
【住所】大分県別府市北浜1丁目3-17
【アクセス】別府駅から徒歩5分
【営業時間】11:00-18:00
【定休日】月~金曜日(土日のみ営業)
【電話番号】0977-75-8413
【HP】https://oitamade.jp

第19位 獄蒸しプリンサンドクッキー

View this post on Instagram

@mie_kirarinがシェアした投稿

地獄蒸しプリン風味サンドクッキーは、別府名物の一つ「地獄蒸しプリン」から、着想を得て開発されました。

見た目だけでなく、その味もプリンを思わせるようなもので、クッキーのザクザクカントのバランスは最高です。

地獄蒸しプリン本場「岡本屋」からの監修を受けているので、味はお墨付です。

本物のプリンと違い、取扱いにあまり気を使う必要が無いので、いわゆる「バラマキ」土産として最適でしょう。

【正式名称】宝物産海の駅べっぷ海鮮市場店
【住所】大分県別府市鶴見127-1
【アクセス】別府駅から徒歩5分
【営業時間】8:00-17:00
【定休日】無休
【電話番号】0977-27-7366
【HP】http://beppu-kaisen.com

第18位 こまちみかん

View this post on Instagram

jamcover_oyatsutenさん(@jamcover_oyatsuten)がシェアした投稿

こまちみかんは、みかんをイメージした最中菓子です。

みかんの中に入っている房の形をしていますが、最初の見た目は、ちょうど皮をむきたての「みかん」のように入っています。

この見た目だけで、渡された相手が喜ぶでしょう。

最中の中身ですが、マーマレードと白餡を練り上げた着色料未使用の、オレンジ色をした餡となっています。

【正式名称】トキハ別府店
【住所】大分県別府市北浜2丁目9-1
【アクセス】別府駅から徒歩7分
【営業時間】10:00-19:00
【定休日】無休
【電話番号】0977-23-1111
【HP】http://www.tokiwa-dept.co.jp

第17位 別府八湯・ざぼんのお酒

View this post on Instagram

hasumi.takeさん(@hiroshi.otake)がシェアした投稿

別府八湯ざぼんのお酒は、別府の名産「ざぼん」のお酒です。

開発に1年かけて作り上げました。

グラスに注ぐと、ザボン独自の上品な香りが広がります。

そして味わいは、爽やかとほのかな苦みを感じるでしょう。

アルコール度数はそれほど高くありませんので、ザボンの名前を知っていても、味をあまり良く知らない人は、ぜひ一度お試しください。

【正式名称】トキハ別府店
【住所】大分県別府市北浜2丁目9-1
【アクセス】別府駅から徒歩7分
【営業時間】10:00-19:00
【定休日】無休
【電話番号】0977-23-1111
【HP】http://www.tokiwa-dept.co.jp

第16位 極みのとり天せんべい

View this post on Instagram

ayuさん(@cottonangecandy)がシェアした投稿

極みのとり天せんべいは、平成20年に誕生しました。

生地に大分県産の鶏肉を練りこみ、そこに揚げ玉と米をトッピングしました。

とりの風味が豊かなせんべいの食感は「サクサク」と響き渡ります。

そして、口の中にとり天のうまみが、口の中に広がるでしょう。

センベイに、本物の鶏を使っていることから「極み」を頭につけました。

お土産・贈答品に最適です。

【正式名称】宝物産海の駅べっぷ海鮮市場店
【住所】大分県別府市鶴見127-1
【アクセス】別府駅から徒歩5分
【営業時間】8:00-17:00
【定休日】無休
【電話番号】0977-27-7366
【HP】http://beppu-kaisen.com

万代正平
旅行が好きで、日本は47都道府県すべて行ったことがあります。旅先にある温泉が好きなので、全国にあるいくつかの温泉を実際に体験しています。また2003年より夫婦で飲食店(東南アジア料理店)を経営している関係で、ほぼ毎年東南アジアに渡航しており、東南アジア10か国すべて訪問しました。海外では他にヨーロッパ(英国、ベルギー、アイルランド)アメリカ、中国、香港、マカオ、台湾、韓国への渡航経験があります。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo