ブルゴーニュ・アバロン地方 特集!1日で巡るならこう! | Stayway Media

ブルゴーニュ・アバロン地方 特集!1日で巡るならこう!

小餅芋餅

トラベルライター

フランス アバロン ステンドグラス

(写真:本記事記者小餅芋餅)

本当のフランスの姿を知るのなら、パリ以外にも足をのばすべし。

これは在仏歴の長い方や、フランス人からもよく言われるセリフです。

確かに、パリから少し離れただけで、景色や文化、生活の感じが全く異なります。穏やかで素敵な暮らしに触れに、ブルゴーニュ地方はいかがでしょうか。

第10位 クレープ屋

フランス アバロン クレープ

(写真:本記事記者小餅芋餅)

街の中心地から離れているため、ひっそりとしていますがここでいただけるクレープは絶品です。

甘い系から辛い系、ハンバーガーなども売っています。お値段も高くないためお財布にも優しいです。

軽くのんびり食べたいなというときにおすすめです。

【地図】La Creperie

【住所】35 Rue de Paris, 89200 Avallon
【アクセス】街の中心から北部へ徒歩10分ほど
【営業日】毎日(月曜火曜水曜は昼のみの営業)

第9位 教会

フランス アバロン 教会

(写真:本記事記者小餅芋餅)

フランスの地方に来たらまずは教会や大聖堂へ行ってみましょう。

かつて教会を中心にして街づくりがされたんだなぁと感じることができます。

いくつかある教会の中でも、このサンラザール 教会は一番大きくて素敵です。

中のステンドグラスに使われている青色が神秘的な青みを帯びていて、とっても美しいです。

【地図】Église Saint-Lazare d’Avallon

【住所】15 Rue Bocquillot, 89200 Avallon
【アクセス】街の中心部
【営業日】毎日
【料金】無料(お賽銭式)
【公式サイト】http://www.ville-avallon.fr/index.php?option=com_content&task=view&id=86&Itemid=142

第8位 アンティークショップ

フランス アバロン 街並み

(写真:本記事記者小餅芋餅)

街のいたるところに、アンティークショップが点在しています。

陶器ものだったり、銀食器だったりと色々売ってあります。

観光客も多いアヴァロンですが、皆さんしげしげとアンティークショップを覗いていました。

掘り出し物が見つかるかもしれません、ぜひ覗いて見てください。

【地図】Lazare *ギャラリーにピン付け

【住所】6 Rue Bocquillot, 89200 Avallon
【アクセス】教会前、教会付近
【営業日】水曜日休館
【公式サイト】http://lazare-galerie.fr

第7位 落ち着いた喫茶店

フランス アバロン 喫茶店

(写真:本記事記者小餅芋餅)

街のメイン通り、教会にたどり着く前にサロンドテ、ダム・ジャンヌ(ジャンヌお嬢さん)があります。

店内はもちろん、中庭でもいただけるのですが、どこも落ち着いた雰囲気で最高です。

タルトやケーキなど、美味しいかつお値段もお安くて、毎日通いたくなるほどです。

【地図】Dame Jeanne

【住所】
【アクセス】街の中心地
【営業日】木曜日曜定休

第6位 本場のブフ・ブルギニョンを

フランス アバロン グルメ

(写真:本記事記者小餅芋餅)

ブフ・ブルギニョンをご存知ですか。

これはフランスの郷土料理で、牛肉を赤ワインでコトコト煮込んだ煮込み料理です。

ブルゴーニュの赤ワインを用いた料理なので、ブフ・ブルギニョンとも言われています。

本場のブフ・ブルギニョン、最高の味わいです。同じく郷土料理のチーズを練りこまれた柔らかいパンと一緒に召し上がれ。

【地図】Chez Manu

【住所】1 Rue du Marché, 89200 Avallon
【アクセス】市庁舎がある広場から徒歩2分
【営業日】水曜定休

第5位 泊まるならおすすめのホテル

フランス アバロン パブ

(写真:本記事記者小餅芋餅)

街の中心より北に外れた、ホテルやレストラン、パブが並ぶ広場があります。

ここにあるパブ、実はホテルでもあるのです。

中でもご紹介しているパブボーバンは、部屋は質素ですが、お食事などおかみさんの手料理で最高に美味しいのだとか。

家庭的な雰囲気を味わいたい方にオススメのホテルです。

【地図】Le Pub Vauban

【住所】3 Rue Mathé, 89200 Avallon
【アクセス】街の中心から北部に7分ほど
【営業日】バーは毎日オープン
【料金】一晩49€〜
【公式サイト】https://www.hotelpubvauban.fr

第4位 パン屋さん

この投稿をInstagramで見る

🌸 Shantiさん(@shantibangui)がシェアした投稿

アヴァロンにもたくさんのパン屋さんがあるのですが、中でもお気に入りなのが、街の中心、教会に一番近い場所にあるパン屋さんです。

フランスでよく売られているパンはもちろん、ラップ系のサンドイッチやキッシュなどが驚くほど豊富にあり、味は全て最高。

プランセス(プリンセス)という大きくて丸い形をしたケーキはあまりの甘さに飛び上がるほどです。

【地図】Boulangerie Grignon

【住所】
【アクセス】街の中心。教会に一番近いパン屋さん
【営業日】木曜定休

第3位 どでかいスーパー

この投稿をInstagramで見る

Laura Walterさん(@lolottesque)がシェアした投稿

旅をするときに押さえておきたいのがスーパーの場所。

大きなスーパーは2つありますが、こちらアヴァロンのオーションはとても広くてオススメです。

ブルゴーニュ地方ならではの郷土菓子を売っているコーナーもあるので、意外とお土産に便利です。

【地図】Auchan

【住所】Rue du Général Leclerc, Route de Tonnerre, 89200 Avallon
【アクセス】街の中心から北部に20分ほど
【営業日】日曜定休
【公式サイト】https://www.auchan.fr/magasins/avallon/sl-185

第2位 川遊び

フランス アバロン 川

(写真:本記事記者小餅芋餅)

車がないと少し辛いのですが、どうしてもお勧めしたいのがアヴァロンでの川遊び。

非常にフレッシュな川のため、川の中を歩くだけでも気分はリフレッシュされます。もちろん皆さんザブザブ泳いでいます。

川べりにはカヌーも置いてあるので、使いたかったらカヌーに乗ることも可能です。

【地図】La grande Vadrouille pont audessus de la Cure

【住所】D353, 89450 Pierre-Perthuis
【アクセス】アヴァロンから車で20分ほど

第1位 祭りアバロン

フランス アバロン 祭り

(写真:本記事記者小餅芋餅)

小さな街だからこそ、何かイベントを仕掛けないと街が衰退してしまう、、、。

ということで、アヴァロンでは定期的にいろんなアート関連のお祭りが開催されています。

アンティーク祭り、絵画の祭り、音楽の祭り、、、いろんなイベントが盛りだくさんに開催されています。

ぜひイベントに合わせてアヴァロンに行ってみましょう。

【公式サイト】http://www.ville-avallon.fr

パリからアバロンへの行き方

フランス アバロン ベルシー駅

(写真:本記事記者小餅芋餅)

パリからアヴァロンまでは3時間ほどです。

ブルゴーニュ地方専用の列車がベルシー駅から発車しています。

メトロやRERからだとベルシー駅まで、一度外に出て5分くらい歩くのでご注意ください。

ブルゴーニュ地方でのんびり休暇

フランス アバロン 駅

(写真:本記事記者小餅芋餅)

パリはキラキラと都会で煌びやかですが、地方に行くと農業大国フランス、ということを肌でひしひしと感じることができます。

のんびりと郷土料理を食べたり、街を見たり、ただひたすらカフェで本を読んだり、、、とてもリフレッシュできます。

フランスに来るなら田舎に行くべしです!手始めにアヴァロンへ行ってみませんか。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

小餅芋餅
よく一人でふらりと海外旅行に出かけ、これまでに26カ国は訪れました。現在はパリ在住ですが、そのほかも女子旅、一人旅で経験した素晴らしい各国のことを一緒に共有したいと思います。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo