波のないセブ島でサーフィン?実際に「アルガオ」に行ってみました! | Stayway Media

波のないセブ島でサーフィン?実際に「アルガオ」に行ってみました!

Hinata Yoshioka

トラベルライター

Photo by Hinata Yoshioka

サーフィンが出来る島といえば「シャルガオ」が有名ですが、セブ島でも実はサーフィンを出来る場所があるという噂を聞きました。

セブ島の海には波がないという話ですが、実際はどうなのでしょうか?

とりあえず8月に行ってみました!

アルガオって?

セブ島の南部に「アルガオ」という地域があります。

ローカルの友人に「アルガオ」に行く、と言ったら「サーフィンしに行くの?」と聞かれるくらい、ローカルの間では有名のようです。

アルガオに行くといつでも波があるという訳ではなく、台風シーズンに限っていい波が立つそうです。月で言えば8月〜10月頃。

毎年9月には波乗りの大会もあるらしいので、これは期待できそうですね。

正式名称 Argao

住所 Natalio B. Bacalso S National Hwy, Argao, Cebu

アクセス サウスバスターミナルからバスで2〜3時間程(渋滞状況による)。エアコン有りのバス乗車をおすすめします!

どうやってアルガオまで行くの?

Photo by Hinata Yoshioka

セブシティーにあるサウスバスターミナルから、アルガオ行きのバスが出ています。

バスはエアコン有りと、無しの便があります。エアコン有りのバスを選んで乗りましょう。

アルガオまでは約2時間の道のりですが、渋滞時と通常時ではかかる時間も変わってきます。

バスには物売りの人が入れ替わり立ち替わり乗り込んできます。地域の特産品のパイやら、揚げ物スナック、飲み物などです。

アルガオが終点のバスなので、寝ていてもとりあえずアルガオまでは行くことができます。トイレは乗る前に済ませておきましょう。

味のあるローカルな田舎街

Photo by Hinata Yoshioka

アルガオのバス停に降り立ちました。

のんびりとした田舎街といった様子で、ちょっとした商店街の他に、なだらかな山並みと田んぼのある風景が広がっています。

ここでサーフィンって?どこに海があるの?という雰囲気なのですが…

大通りの道を外れて奥へと入っていくと、そこには海岸線が遠くまで続くビーチの姿がありました!

マハヤハイビーチの波はどんな感じ?

Photo by Hinata Yoshioka

どうやら波は立っていません。波打ち際にさざ波があるくらいです。一週間前に台風が通り過ぎましたが、今は近くにはいません。

台風シーズンの期間内と言えども、やはり台風の影響がないことには波は立たないようです。

マハヤハイビーチの奥「Lawis Point」にはサーフショップ「Bragat Surf」があります。

そこでサーフボードやSUP、スキムボードも借りれるということでしたが、この時は波がないので閉まっていました。

アルガオ在住のサーファーに聞くと、波がある時は確かにサーフィンできるということですが、残念ながら今回は無理でした。

毎年9月にはここで波乗りの大会が開かれているそうなので、その頃を狙うのも有りかも知れませんね。

アルガオ観光をしてみよう!

Photo by Hinata Yoshioka

実は近年、アルガオが密かに注目され始めています。その理由は、アルガオの持つ独特な雰囲気にあります。

緑豊かで山があり、美しい海岸があり、こじんまりした街もあり…住むにはとてもいい環境なのです。

大通りから一本入った小道をのんびり散歩すると、離島に来たかのような素朴な雰囲気が漂っています。

Photo by Hinata Yoshioka

サントマイケル教会という、有名な教会もあります。

セブ島の数ある教会の中で、サントニーニョ教会の次に古い教会として有名です。

夜にはライトアップされ、マハヤハイビーチからも見ることができます。

アルガオの美味しい特産品って?

Photo by Hinata Yoshioka

「トルタ」という名前の、焼き菓子が特産品です。

レモンケーキのような爽やかな甘みなので、いくらでも食べられそうです。

教会近くにトルタのお店があります。10センチ程の円形のもので一個30ペソです。

トルタはココナッツのお酒「トゥバ」が入っているのですが、お酒の味は特にしないので飲めない人でも大丈夫です。

上には細いチーズがトッピングされています。

ひたすら海でのんびりしたいなら

Photo by Hinata Yoshioka

セブ島の都会の雑踏に疲れてしまったり、もっと島らしい環境に身を置きたい、水平線を眺めながらひたすら海でのんびりしたい!と思っているなら、ここはとても静かです。

マリンアクティビティーも含め本当に何もありませんが、何もないことを楽しみたいという人にはおすすめの場所です。

海辺は、週末になるとローカルの人たちで賑わいます。小さな小屋のようなレンタルスペースがあり、そこでご飯を持ち寄って食べたりしながら遊んでいます。

マハヤハイビーチの目の前にあるホテル

Photo by Hinata Yoshioka

ホテルの入り口からマハヤハイビーチまで10秒、という素晴らしい環境のホテルもあります。

「ロオックガーデン ビーチリゾート」という名前で、ここで宿泊することも可能です。

街まではトライシクルで片道10ペソ程で行けます。街にはセブンイレブンや、ローカル食堂もあります。

セブシティーから南部への移動途中に一泊するのも有りだと思います。おすすめは晴れた日の朝の海です。

波のないセブ島でサーフィン?実際に「アルガオ」に行ってみました!



Photo by Hinata Yoshioka

因みにここからジンベイザメツアーのあるオスロブへは、バスで一時間半ほどの距離です。

ツアーに行きたい人は、オスロブへ30分程の距離にある街「ボルジョーン」の、ヌールジーホステルに宿泊するのもおすすめです。

参考記事 セブ島南部の隠れプチリゾート「ヌールジーホステル」に、絶対に泊まるべき理由とは?

https://stayway.jp/tourism/cebu-noordzeehostel1

そして、あの観光地にも行ける距離?

Photo by Hinata Yoshioka

アルガオから、「奇跡の数々」で有名なシマラ教会へはバスで30分程の距離です。

アルガオのバス停から乗る時に「シマラ教会」で降りたいと伝えておきましょう。片道30ペソ程です。

バスは大通り沿いで降りるので、そこからはハバルハバルというバイク便かトライシクルで教会まで向かいます。

山道を登ることになるのですが、ハバルハバルだと30〜50ペソです。乗る前に交渉しましょう。

教会の手前の小さな商店通りで降ろされるので、そこから入り口まで歩いて行きます。

露出をしていると入れません。ショートパンツなどは避け、羽織るものがあれば持って行きましょう。

Photo by Hinata Yoshioka

暑さ対策、水分は必須です。水や食べ物は商店通りで購入できます。

奇跡のマリア像に会いに来る人々で長蛇の列ができるので、土日を外した朝早い時間に行くことをおすすめします。

参考記事「まるでディズニーのお城?知られざるセブ島のパワースポット、シマラ教会!

タイミングを狙って行こう!

Photo by Hinata Yoshioka

いかがでしたでしょうか。

思いっきりのんびりできる田舎街アルガオ。山と海が広がる風景、そして時にはサーフィンもできる環境です。

サーフィン目的の人は、台風の時を狙って行くようにしましょう。タイミングさえ合えば、素晴らしい波に乗れること間違いなしです!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Hinata Yoshioka
神戸出身。旅好きで20代の頃に日本国内でヒッピー旅を続けた後、沖縄の西表島、そして沖縄本島へと移住し計13年。巡り巡って現在は神戸で生息中。 近年はHawai’i(オアフ島、マウイ島、カウアイ島、特にハワイ島)に通ってフラやロミロミ、ホクレア号に関わるなどハワイ文化にどっぷりとハマりつつも、最近新たにセブ島(フィリピン)にご縁ができ、これから通い始める予感…? 地球一周のクルーズシップで行ったことのある国はキューバ、イースター島、マダガスカル、ポルトガル、ギリシャ、タヒチなど約42カ国。 HP「hinatabook」 …という訳で、このどうにもならない放浪癖を何かに活かしたい!と、思っていた頃に出会ったのがフォト・ライターのお仕事。あまりに自由奔放なこの旅人生も、何かのお役に立てれば幸いなり。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo