セブ島に安宿ゲストハウスはある?旅慣れたあなたに教えちゃいます! | Stayway Media

セブ島に安宿ゲストハウスはある?旅慣れたあなたに教えちゃいます!

Hinata Yoshioka

トラベルライター

セブ島にドミトリーはあるの?旅慣れたあなたにおしえちゃいます!Photo by Hinata Yoshioka

ひとり旅を満喫したい、手軽にあちこちに旅したいから出来ればドミトリータイプの安宿を探したい…

だけどセキュリティーは大丈夫かな?

プライバシーは守れる?

色んな心配事があると思います。

こちらでは、「セブシティー」で女性がひとりでも安心して泊まれるドミトリーをご紹介致します。

ドミトリーに泊まるってどんな感じ?

ドミトリーとは、ひとつの部屋で数名が一緒に泊まるというシステムです。

バックパッカーなどの旅慣れた人がよく泊まる宿泊施設なのですが、大抵は二段ベットが部屋に幾つかある中で眠ることになります。

セブ島にドミトリーはあるの?旅慣れたあなたにおしえちゃいます!Photo by Hinata Yoshioka

最近では清潔でお洒落なドミトリーが増えてきていますし、それぞれにこだわった特徴もあります。

ここは女性専用のドミトリーなので、異性と同じ部屋で一緒になることもなく安心して過ごせます。

小さな部屋に人と一緒に滞在するので、例えば寝る時に周りの音や電気の明るさなどが気になることもありますよね。

そういった小さな問題は探すといくらでもあるかも知れませんが、お互いに情報をシェアしたり、仲良くなれば一緒に観光できたりするといった楽しみもあります。

何と言っても、観光地へのアクセスが抜群!

セブ島にドミトリーはあるの?旅慣れたあなたにおしえちゃいます!

Photo by Hinata Yoshioka

「CHE & JAMES GUEST HOUSE」は、セブシティーのコロン地区にあります。観光地のサントニーニョ教会、マゼランクロス、サン・ペドロ要塞まで歩いて10分程で行ける近さです。

ドミトリーから徒歩2分の場所に、South GT Express Terminalというバンのターミナルがあります。

バンターミナルからは、有名観光地のシマラ教会やモアルボアル行きのバンが出ていて、早朝からバンで移動したい人にとっては嬉しい立地となっています。

オスロブやアルガオなど南部へ行けるサウスバスターミナルにも程近いので、ここを拠点にしてバンやバスを駆使し、自力であちこち観光したいという人におすすめの立地です。

正式名称 CHE & JAMES GUEST HOUSE
住所 2nd floor, Che and James internet Cafe, CJ GUEST HOUSE, Sanciangko St, Cebu City, 6000 Cebu

アクセス  セブ空港から車で、通常時なら45分 (Back Gate of UV UNVERSITY colonと伝えましょう)
※渋滞もあるのでタクシーよりはGrab(事前にアプリ取得が必要)をおすすめします

お部屋の中はどんな感じ?

セブ島にドミトリーはあるの?旅慣れたあなたにおしえちゃいます!Photo by Hinata Yoshioka

部屋には二段ベットがふたつあり、合計4人が滞在できるスペースになっています。

ベッドはしっかりしているので、揺れたりする心配はありません。小さな棚がついていて、コンセントはふたつ挿せます。

ベッドにはカーテンもあり、プライベートな空間を保てます。エアコンも完備です。

セブ島にドミトリーはあるの?旅慣れたあなたにおしえちゃいます!Photo by Hinata Yoshioka

ロッカーはひとり分がかなり大きく使えます。

縦に長いロッカーで、下にも引き出しが3段あって物が沢山入ります。鍵もついているのでノートパソコンなども安心して入れておけます。

部屋の中にウオーターサーバーがあり、お部屋で暖かい飲み物を飲むことも可能です。

鍵は、数字を打ち込むオートロック式なので無くす心配もありません。Wi-Fiもフリーです。

セブ島にドミトリーはあるの?旅慣れたあなたにおしえちゃいます!Photo by Hinata Yoshioka

一階はインターネットカフェで、受付には常にスタッフがいるので何かあってもすぐに対応してもらえます。

一階から二階への階段にもオートロックドアが付いているのでセキュリティーは全く問題ありません。

気になる水回りは?

セブ島にドミトリーはあるの?旅慣れたあなたにおしえちゃいます!Photo by CHE & JAMES GUEST HOUSE

トイレとシャワーは共有で、シャワーは3つあります。シャワーは何と温水も出ます!

セブ島の宿泊施設は水シャワーしかない場所が多いので、これは嬉しいサービスです。

洗面所は一か所ですが、大きな鏡がついています。ドライヤーは部屋においてあるものを自由に使えます。

こんなサービスまで付いてくる!!

セブ島にドミトリーはあるの?旅慣れたあなたにおしえちゃいます!Photo by Hinata Yoshioka

長期滞在者にとてもありがたいサービスがあります。無料のランドリーサービスです!

カゴに洗濯物をまとめて入れておくと、乾燥させて畳んだ状態で部屋まで届けてくれます。

もちろん一泊だけでもランドリーサービスはあるので、到着後できるだけ早い時間にスタッフに声をかけましょう。

タオルはカゴに用意されているので、いつでも新しい物を使えます。

リクエストをすればルームクリーンや、シーツ類も交換してくれます。

近辺には何がある?

観光客の姿はあまりなく、どちらかというとローカル色の強い場所です。

すぐ近くにショッピングモールや有名ファーストフード店なども多数あるので、食べる場所の心配は全くありません。

ドミトリーのすぐ隣のローカル食堂も美味しくて安く、おすすめです。

セブ島にドミトリーはあるの?旅慣れたあなたにおしえちゃいます!Photo by Hinata Yoshioka

治安はあまりいいとは言えないので、暗くなってからの一人歩きはおすすめできませんが、明るい内に街歩きすると面白いものが沢山あります。

古い街なので小さな個人商店なども多く、道具の修理屋さんやハンコを手彫りしているおじさん等にも出会えます。

古いものと新しい物が混じった雰囲気の街で、どこか懐かしいような空気も漂っています。

ローカル食堂街や、大きな有名ローカルマーケットもあります。スリなどには充分気をつけるようにしましょう。

有名な大型ショッピングモールへも格安アクセス!!

サントニーニョ教会の裏手にある、シティーホールの横手にはバン型バス「BEEP」の乗り場があります。

ここから片道10ペソ程でアラヤモールへ行けます。

「BEEP」の乗り場から海側へ歩くとレストラン街があり、そこにはMY Busの「Compania Maritima Bus Stop」停留所もあります。

セブ島にドミトリーはあるの?旅慣れたあなたにおしえちゃいます!Photo by Hinata Yoshioka

MY Busで一駅の場所にSMシーサイドモールがあり、片道25ペソ程で行けます。

沢山買い物をして荷物がいっぱいでも、MY Busなら乗車拒否の心配もありません。そしてクーラーも完備で快適です。

とにかくあちこち移動したい!という人には、ジプニーをおすすめします。

ドミトリーから歩いて5分の「SUPER METRO」前の道路にはあらゆる種類のジプニーが走っているので、ジプニーアプリと地図アプリを駆使しながらチャレンジしてみるのも有りかも知れません。

ジプニーはワンライド8ペソですが、乗り方にはコツがあるので注意が必要です。荷物は最小限にまとめましょう。

移動の参考にこちらの記事をどうぞ。

ジプニー記事 https://stayway.jp/tourism/

チャレンジしてみよう

セブ島にドミトリーはあるの?旅慣れたあなたにおしえちゃいます!Photo by Hinata Yoshioka

いかがでしたでしょうか?

ひとりで旅する時に、ホテル住まいだと誰とも知り合うことはありませんが、ドミトリーだと世界中の旅人と出会って仲良くなれるチャンスがあります。

これを機会に英語でのコミュニケーションに是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

セブ、マクタン島のラプラプ…マゼランが、ここで謎の死を遂げた?

マクタン島に来れば、LAPU-LAPU(ラプラプ)という名前をあちこちで見かけることになると思います。そして道路のあちこちに飾られている、男性の顔を形どった石膏も。実はあの歴史的有名な人物との深い歴史が、この「マクタンシュライン」にあるのです…

セブシティーで遊ぶならここ!おすすめスポットに格安で行く方法とは?

セブ島で遊ぶならセブシティーへ行こう!色んな場所がコンパクトに集まっているからあちこち行きやすいのが利点。セブ島の移動でおすすめなのがバスです。Mybusを使うと、空港からSMシティー、パークモール、SMシーサイド等に25ペソで行けますよ!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Hinata Yoshioka
神戸出身。旅好きで20代の頃に日本国内でヒッピー旅を続けた後、沖縄の西表島、そして沖縄本島へと移住し計13年。巡り巡って現在は神戸で生息中。 近年はHawai’i(オアフ島、マウイ島、カウアイ島、特にハワイ島)に通ってフラやロミロミ、ホクレア号に関わるなどハワイ文化にどっぷりとハマりつつも、最近新たにセブ島(フィリピン)にご縁ができ、これから通い始める予感…? 地球一周のクルーズシップで行ったことのある国はキューバ、イースター島、マダガスカル、ポルトガル、ギリシャ、タヒチなど約42カ国。 HP「hinatabook」 …という訳で、このどうにもならない放浪癖を何かに活かしたい!と、思っていた頃に出会ったのがフォト・ライターのお仕事。あまりに自由奔放なこの旅人生も、何かのお役に立てれば幸いなり。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo