秘境・天川村洞川温泉の名旅館「久保治」の魅力を徹底解説 | Stayway Media

秘境・天川村洞川温泉の名旅館「久保治」の魅力を徹底解説

万代正平

トラベルライター

00久保治

Photo by 万代正平

奈良県天川村、秘境とパワースポットの山の中にある小さな温泉街が、洞川(どろかわ)温泉です。

新しいトンネルが開通し、非常にアクセスが便利になった洞川温泉の中に、旅館久保治(くぼじ)があります。

小さな昔ながらの旅館ですが、なぜかリピートしたくなるような雰囲気があるでしょう。

今回は久保治、そして洞川の魅力を徹底解説します。

修験道の秘境大峰山山麓にある旅館街の名旅館

01久保治

Photo by 万代正平
旅館久保治は、奈良県の天川村洞川温泉にある宿です。

奈良の奥深く清流と新緑に覆われた大自然の秘境と、天河大弁財天社という強力なパワースポットがあるこの天川の中でも、洞川集落はさらに独立した存在です。

この集落の背後にある大峰山では、現在もなお女人禁制の修行場が残っていました。

修験道の開祖「役小角」が、開いたという厳しい修行の山にある麓ですが、この集落には心温まる天然温泉「洞川温泉」が湧き出ています。

そんな、洞川にある小さな温泉街の中でも、ほぼ中心に位置する久保治は、昔ながらの旅籠の雰囲気があるでしょう。

小さな旅館ですが、とても居心地がよく思わず連泊あるいは、またリピートしたくなる素敵な旅館です。

温泉街の中心部にあるの。中はリフォームされていたわ、だから快適に過ごせます。有線でネットにもつなげて良かった。
(女性)

昔ながらの行者の宿。歴史を感じるな。古い建物だが、手入れが行きと届いておる。地元の食材を使った料理、名水で炊いた白飯、どれも申し分なし。日常を忘れられたのがニクイ。おかげでのんびり出来たわ。
(男性)


【正式名称】旅館久保治
【住所】奈良県吉野郡吉野郡天川村大字洞川221
【アクセス】洞川温泉バス停から徒歩6分
【公式サイト】https://kuboji.com/

魅力1.秘境に佇む温泉街

10久保治

11久保治

Photo by 万代正平

久保治の最初の魅力は、そのロケーションです。

奈良の山奥深くにある天川村は、天河大弁財天社やみたらい渓谷などのスポットがあるのですが、さらに隔てた場所にある小さな温泉街が洞川です。

最後の峠を越えて温泉街が見えた時に、ついに来たという気持ちになるでしょう。

現在も厳しい修行場へ向かう、行者の拠点としての旅籠街の伝統があります。

そのため歓楽温泉街のような大きなホテルが存在せず、どの旅館も小さな個人経営の宿ばかりです。

それが背景となる自然の雰囲気とも、見事にマッチしているでしょう。

そんな小さな旅館のほぼ真ん中に位置しているのが、久保治で、外観はリノベーションしていないため昔ながらの雰囲気が残っているのも入る前からワクワクします。

魅力2.江戸の旅籠を彷彿とさせる木造建築

20久保治

21久保治

Photo by 万代正平

久保治の前に来ると昔ながらの江戸時代の宿場町の旅籠を彷彿とさせる雰囲気に驚きます。

しかし、安心してください。

内部はしっかりと改装されており、快適なひとときが保証されています。

客室に向かう廊下の雰囲気も、時代劇で登場する宿場町にある宿屋のようです。

部屋は和室のみですが、広々とした客室は居間と寝室に分かれており、バリアフリーの部屋も用意しました。

歴史を感じる畳と欄間の彫刻などを眺めると、昔ながらの雰囲気、江戸の昔にタイムトリップした気分になるかもしれません。

テレビなどの設備や一部の部屋のトイレはウォシュレットが付いており、快適に過ごせるでしょう。

無料のWifi、有線の接続口もあり、ネット環境もバッチシです。

アメニティも一通りそろっているので安心です。

それ以上に、今どきのホテルには感じられない温かい雰囲気があり、部屋にいつまでも留まっていたくなるでしょう。

魅力3.野趣あふれるジビエ鍋

30久保治

31久保治

Photo by 万代正平

久保治では、事前に予約すればジビエの鍋が味わえます。

この山で採れる、イノシシ肉を使ったボタン鍋が絶品です。

予約時にぜひ注文しておきましょう。

ボタン鍋の他にも、カモ鍋や地鶏鍋、すき焼きや湯豆腐なども選べます。

その他にも懐石料理の様な一品が付いていて、伝統の柿の葉寿司とか、名水豆腐などが味わえます。

そして、食事の部屋は別に個室が用意され、他の人の目を気にすることなくプライベートで食事が味わえるでしょう。

思わず、おいしくお酒も進みます。

その間に寝室ではフカフカのふとんが敷かれており、食事の後、いつでも快適に眠れます。

魅力4.温泉街の中心夜の散策も素敵

40久保治

41久保治

Photo by 万代正平

久保治は、夜の雰囲気も素晴らしいです。

食後の就寝前に暗くなった旅館から、腹ごなしに外に出るのがおすすめです。

雨の日も安心で、傘を貸し出してくれますので、小雨程度ならぜひ夜の洞川を散策してください。

夜の温泉街に特別何かがあるわけでなくとも、わずかなライト輝きが温泉街の幻想的な顔を見せてくれます。

ここは、秘境と言える自然に囲まれた場所ですから、晴れた日であれば空を見上げると、満天の星空を眺めることができるでしょう。

また、目の前に小さな川が流れており、そのすぐ先には修験道の拠点となる龍泉寺があります。

秋には、護摩焚きと火渡りの儀式も行われ、そんなタイミングで訪れるのも楽しいです。

魅力5.プライベートな個室で頂ける充実の朝食

50久保治

51久保治

Photo by 万代正平

久保治は、翌日も楽しいです。

朝食も夕食同様に、個室が用意されていますから、他の宿泊客を気にする必要がありません。

そして、夕食と大差ないように感じる豪華な朝のミニ会席が並んでいます。

例えば天川村はアマゴ釣りでも有名で、釣り人がアマゴの解禁日になると押し寄せるスポットです。

もちろんそんなアマゴが朝の食卓に乗っていますから、じっくり味わいましょう。

そして、鍾乳洞もある名水の宝庫でもある天川村は、ごろごろ水で作られたとうふも名物です。

ごま豆腐の上に、ちょこっと載ったワサビのとの相性もバッチシです。

久保治の朝食は、どれも美味しく朝から元気になること、間違いないでしょう。

魅力6.洞川の修験者伝統の薬を販売

60久保治

61久保治

Photo by 万代正平
久保治はチェックアウト時も最後に楽しみが残っています。

それは、名物・陀羅尼助(だらにすけ)の存在です。

これは洞川に伝わる民間の薬で、修験道のを開いた役行者が作ったとされます。

1300年前で和漢薬の元祖と言われるこの薬をお土産に購入しましょう。

特徴として強い苦みがある薬で、修行僧が陀羅尼(ダラニ)という読経を唱えるときに、口を含むことで眠気を防いだという伝説があります。

そんな伝統薬を久保治でも販売しています。

洞川に来ればこの薬を販売しているところはいくつかあります。

しかし、旅館で販売しているところは久保治以外にほとんどありません。

洞川に来た思い出、お土産としてぜひ購入を検討しましょう。

旅館久保治は外国人旅行者にも勧めたい純日本旅館

70久保治

Photo by 万代正平
旅館久保治は、レトロな洞川温泉街の真ん中にあります。

昔ながらの旅籠の旅館は、無料Wifiも完備しており、快適な時間を過ごせます。

純和風旅館で、日本の良さをアピールできますから、外国人旅行者にも紹介しましょう。

歓楽街のような楽しみはありませんが、山と清水に囲まれた静かな秘境で過ごす一晩は、きっと素敵な思い出になるに違いありません。

関連記事はこちら

修験堂の行者の宿場先として発展した洞川温泉(どろかわおんせん)の旅館は、他の温泉のように新しい設備はありません。昔ながらの木造建築の旅館街で、和室だけがほとんどです。近代的な設備は期待せず、昭和以前のレトロで懐かしい雰囲気こそが魅力です。
天川村のグルメは、山々の自然の恵み溢れる味が堪能できます。その一方で、素朴な定食屋もあり、心なごめます。都会の喧騒を忘れてのんびり食事を味わいましょう。そんな天川村のおすすめグルメどころをテーマ別に11か所厳選しました。ランキング形式で紹介

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

万代正平
旅行が好きで、日本は47都道府県すべて行ったことがあります。旅先にある温泉が好きなので、全国にあるいくつかの温泉を実際に体験しています。また2003年より夫婦で飲食店(東南アジア料理店)を経営している関係で、ほぼ毎年東南アジアに渡航しており、東南アジア10か国すべて訪問しました。海外では他にヨーロッパ(英国、ベルギー、アイルランド)アメリカ、中国、香港、マカオ、台湾、韓国への渡航経験があります。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo