江別市のおすすめスポット&グルメ11選【札幌から車で30分】 | Stayway Media

江別市のおすすめスポット&グルメ11選【札幌から車で30分】

Jun

トラベルライター

工場夕景

photo by Adobestock

札幌市と岩見沢市の間にある江別市。

ドライブでもつい通過してしまうイメージがありますが、実はレンガ造りの建物や北海道らしさを感じるグルメスポットもたくさんあります♪

ここでは江別のおすすめスポットベスト11をランキング形式で紹介します!

11位 煉化もち本舗

この投稿をInstagramで見る

harunaさん(@cobieharuna)がシェアした投稿


明治時代に創業した江別がレンガの製造で栄えたことにちなんで、レンガに似せて作られた餅菓子である煉瓦もちを販売している老舗和菓子店です!

道内産無農薬栽培モチ米を100%使用し、添加物を使用しない優しい味わいが特徴です♪

江別観光のお供にぴったりです!


【住所】北海道江別市野幌町8-4
【電話】011-385-9689
【営業】9:00~18:00 定休日:月曜
【交通】JR江別駅から車で約10分
【駐車場】無料
【公式HP】http://www.nopporosyoutengai.com/omise/renga/top.htm

10位 美原大橋

美原大橋

photo by Adobestock

江別のランドマーク、雄大な石狩川にかかる美しさを感じる橋です。

江別から小樽方面へのドライブやツーリングでは必ず通るスポットです!

夕日スポットとしても人気があり、橋を背景にした石狩川の夕焼けは絶好のフォトスポットです♪


【住所】北海道
【電話】011-382-4141(江別市役所)
【交通】JR江別駅から車で約10分

9位 旧町村農場

この投稿をInstagramで見る

asako enomotoさん(@asaboten)がシェアした投稿

近代化産業遺産にも登録されている施設です。

復元整備された建物の中には昔の農業に関する道具などが展示されています!

敷地内で朝市などさまざなイベントも開催される地域住民憩いの場です♪


【住所】北海道江別市いずみ野25
【電話】011-383-7734
【営業】4月29日~11月23日 10:00~17:00
【交通】JR江別駅から車で約10分
【駐車場】無料
【料金】無料
【公式HP】https://old-machimura.jimdo.com

8位 江別蔦屋書店

この投稿をInstagramで見る

_b0c0さん(@_b0c0)がシェアした投稿

2018年にオープンした「食」「知る」「暮らし」をテーマにした3つの棟からなる大型複合書店です♪

購入前の本を読みながらコーヒーを楽しめるなど本を心行くまで選んで楽しんで購入できます!

フードコートには札幌から東京などにも店舗を展開している担々麺専門店「175°DENO坦々麺」などこだわりの味が揃うのも人気のポイントです。


【住所】北海道江別市牧場町14-1
【電話】011-375-6688
【営業】8:00~23:00
【交通】JR江別駅から車で約10分
【駐車場】無料
【公式HP】https://ebetsu-t.com

7位 江別市セラミックアートセンター

この投稿をInstagramで見る

江別シティプロモートさん(@ebetsucity)がシェアした投稿

陶芸とレンガをテーマにした施設です。

北海道で製造されたレンガの歴史を学べる展示や、陶芸教室などがあります。

江別の歴史が知りたい方にはイチオシのスポットです!


【住所】北海道江別市西野幌114-5
【電話】011-385-1004
【営業】9:30~17:00 休館日:月曜・祝日の翌日
【交通】JR江別駅から車で約10分
【駐車場】無料
【料金】大人300円 小中学生150円 その他・身体障がい者は無料
【公式HP】http://www.city.ebetsu.hokkaido.jp/site/ceramic/

6位 町村農場ミルクガーデン

この投稿をInstagramで見る

Maiさん(@insta_hys)がシェアした投稿

江別郊外にある都市に近い立地とは思えない広大な北海道らしい牧場です。

牧場で獲れたミルクを使用した乳製品やスイーツを販売しています♪

飲食スペースもあるので、北海道の味と雰囲気を楽しみたい方におすすめです。


【住所】北海道江別市篠津183
【電話】011-375-1920
【営業】9:30~17:30 不定休
【交通】JR江別駅から車で約15分
【駐車場】無料
【公式HP】http://machimura.mimoza.jp/shop/

5位 レストラン あおい

この投稿をInstagramで見る

Kote-chataさん(@kote_chata)がシェアした投稿

江別市民御用達のレストランです!

和洋中の幅広いメニューが揃いファミリーやグループでの利用にもおすすめです♪

選べる麺と丼のお得なランチセットなど、どれにしようか悩んでしまうほどメニューが魅力です!


【住所】北海道江別市野幌41あおいビル2階
【電話】011-385-1211
【営業】10:00~21:00(L.O.20:30) ランチ11:00~14:00
【交通】JR江別駅から車で約10分
【駐車場】無料
【公式HP】http://www.plaza-aoi.com/viking/

4位 江別市ガラス工芸館

この投稿をInstagramで見る

@scene2atmがシェアした投稿

かつて江別にあったレンガ工場の代表を務めていた石田氏の邸宅を改修してできた施設です。

現在は世界で活躍するガラス工芸作家・柿崎均さんが入所し、制作風景や作品を見学できます!

レンガを用いた建物時代もステキな雰囲気なのでぜひ訪れてみてください。


【住所】北海道江別市野幌代々木町53
【電話】011-384-7620
【営業】5月~10月の土日祝 10:00~17:00
【交通】JR江別駅から車で約10分
【駐車場】無料
【料金】体験受講料4,000円
【公式HP】https://www.city.ebetsu.hokkaido.jp/site/kyouiku/3020.html

3位 EBRI

この投稿をInstagramで見る

chihiroさん(@cirociro6)がシェアした投稿

エブリはレンガ造りの工場だった建物を改修してできた商業施設です!

江別のアンテナショップやカフェなどが揃い、江別の魅力を発信する場所として注目されています♪


【住所】北海道江別市東野幌町3-3
【電話】011-398-9570
【営業】10:00~22:00
【交通】JR江別駅から車で約10分
【駐車場】無料
【公式HP】http://www.ebri-nopporo.com

2位 江別河川防災ステーション

この投稿をInstagramで見る

dp (どんパパ) 🇯🇵japanさん(@zreba3)がシェアした投稿

岩見沢から江別方面にドライブしていると必ず目にする建物です!

防災や川に関して学習できる展示や、特産品を販売する売店などが入っている施設で展望デッキからは美原大橋や石狩川の景色を楽しめます♪

施設内にあるホルモン食堂のランチもおすすめです。


【住所】北海道江別市大川通6
【電話】011-381-9177
【営業】9:00~18:30
【交通】JR江別駅から徒歩約5分
【駐車場】無料
【料金】入館無料
【公式HP】https://www.city.ebetsu.hokkaido.jp/soshiki/chisui/337.html(江別市)

1位 トンデンファームアースドリーム角山農場

この投稿をInstagramで見る

Melissa Changさん(@melissa808)がシェアした投稿

動物と触れ合い、エサやりなどが楽しめる江別の人気スポットです!

小さな子供も楽しめる施設で、冬には雪山が作られ雪遊びとオールシーズン楽しめます♪

江別の小麦や自家製ベーコンを使ったピザもおすすめです。


【住所】北海道江別市角山584-1
【電話】011-391-2500
【営業】10:00~17:00
【交通】JR江別駅から車で約20分
【駐車場】無料
【料金】動物ふれあい 小学生以上300円
【公式HP】http://www.tondenfarm.co.jp/earth-dream-kakuyama

札幌からのドライブにぴったりの江別市!

札幌から約30分の場所にある江別市はレンガ造りで栄えた街です。

江別蔦屋書店やEBRIなど新たな施設ができたことでさらに魅力を増しました。

札幌からのドライブに悩んでいる方は江別市はいかがでしょうか。

【絶景&グルメ】夏に行きたい北海道のおすすめエリアBEST10🚗

夏の北海道は本州より過ごしやすく、冬のように天候による交通の不便がないためドライブなどの観光にはぴったりのシーズンです。特に太古から続く緑深い自然の風景や青い海は必見です。そんな夏の北海道を観光する際におすすめのエリアを厳選して紹介します。

【2019最新版】富良野・美瑛エリアのおすすめ観光地40選!❄️

富良野・美瑛エリアは、北海道産の食材を贅沢に使用したグルメ・美しい景色などの魅力が盛りだくさんです。 本記事では、年に30回以上は美瑛・富良野に遊びに通っているトラベルライター「さと」が、美瑛・富良野エリアのおすすめスポットを紹介します。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Jun
学生時代に電車と車を使った日本縦断も経験している旅好きの道産子ライター。趣味であるアウトドアを楽しみながら、全道各地を旅しています。アウトドアはもちろん、グルメ、温泉、インスタ映えまでお任せください。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo