なかなか想像できないエジプト料理の正体 厳選30品 | Stayway Media

なかなか想像できないエジプト料理の正体 厳選30品

Juri Mizuki

トラベルライター

indian spices
(photo by Adobestock)

皆さんエジプト料理店に足を運んだことはありますか?

我々日本人には中華や韓国、タイ、イタリア、フランス料理などが非常に馴染み深いと思います。

なぜなら圧倒的に日本各地にそのレストランの数が多いからですね。

しかしエジプト料理はどうでしょう?

なかなか馴染み深いとは言えない系統の料理なので、イタリアを訪れるならピザやパスタ、インドならカレーというように、『エジプトを訪れたらこれだけは絶対に食べたい』などといった料理の想像をするのは難しいと思います。

今回はそんなエジプト料理をカテゴリー別に分けてご紹介したいと思うので、もしエジプトを訪れる際は参考にしていただけると嬉しいです。

エジプト料理とは

ギザのピラミッド

(photo by Juri)

エジプトの長い歴史が培ってきたものはピラミッドやスフィンクスだけではありません。

地中海と紅海を有するエジプトは、新鮮な魚介類そしてナイル川がもたらす恵による野菜など豊富な食材、そしてアフリカ大陸という立地ながら中東に支配された歴史的背景から中東の食文化も含んでいて、非常に面白い国です。

デザートとしては特に甘いものが好まれていて、種類も豊富です。

エジプトでは古代からパンやビールが生産されていたと言われています。

西アジアそして地中海料理が混ざり合うエジプトでは、ほんとうにたくさんの種類の料理が楽しめます、そして何よりも面白いのが他国と料理に共通点を見出すことができることでしょう。

一般的な食事としてはサラダやスープから始まり、メインディッシュと共にパンや米をいただき、それからデザートとお茶をいただきます。

最も好まれているお茶はミントを入れて煮出した『アッシャーイ・ビンナアナーア』で、大抵のエジプト人が大量の砂糖を入れて飲みます。

軽食

観光途中に小腹が空いたら休憩がてらに立ち寄ったレストランや露店で食べたいエジプトの軽食グルメを紹介します。

1 ターメイヤ

ターメイヤ

(photo by Juri)

クレオパトラが収めたといわれる地『アレキサンドリア』の郷土料理で、そら豆を潰してつくったコロッケです。

味はかなりあっさりしているので、コロッケなのにも関わらず何個でも食べられる様な軽さです。

2 フェティール

フェティール(Photo by Mohamed Ouda)

エジプト版のパンケーキです。

後で紹介しますがデザートパンケーキも同じくフェティールと呼ばれていますが、ここで紹介するのはおかず系パンケーキ。

3 シャワルマ

シャワルマ

(photo by cyclonebill)

トルコでいうドネルケバブのことを指します。

エジプトではファストフードとして人気で、シャワルマを提供する店はいつも夜遅くまで多くの人で賑わっています。

イスラムの国なので豚肉は間違ってもでてくることはありませんが、鶏と羊がメインとして提供されています。

私はラム肉が苦手で店員に言われるがままにシャワルマを注文したらラムだったことがあるので、もしラムが苦手な方は牛肉と言われても無難にチキンを注文した方がいいと思います。

4 コシャリ

コシャリ

(photo by Dina Said)

先に言っておくと私はコシャリが大好きです。

1食80円くらいで食べられて、注文すると基本的にものすごい量が出てきます。

マカロニなどのパスタ類、ご飯、ひよこ豆そしてフライドオニオンを混ぜたものの上にトマトソースがかかっただけの料理なのですがなぜかクセになる。

日本でいう牛丼のポジションとしてエジプト民に深く愛されている一品です。

5 コフタ

コフタ

(Photo by Cemertem)

トルコではキョフテと呼ばれているミニハンバーグの様な料理で小腹を満たすスナック代わりにも食べられています。

牛肉やラムを使うのが一般的ですが、エジプトはイスラム色が強い国なのでラムでできていることが多いです。

6 フール

フール (photo by Alpha)

『そら豆の煮込み』でエジプトの朝ごはんの定番です。

ホテルの朝食ビュッフェで必ず見かけると思うので泊まられた際は是非試してみてくださね!

栄養価も高く非常にエジプトではポピュラーな朝ごはんです。

位置付けでいうと我々の卵かけご飯です。

前菜

7 ガルギール

ルッコラ のサラダ(Photo by katjasv)

ルッコラのサラダです。

ルッコラの味がかなり強いので青臭いのが苦手な方は他のサラダを頼んだ方がいいかもしれません。

8 タブーリ

タブーリ(photo by cyclonebill)

中東でよく登場するパセリのサラダを指します。

大抵レストランで注文される際は刻んだパセリのサラダにレモンを添えて出されます。

かなりさっぱりしたサラダなので脂ものと注文するのが良いでしょう。

9 バラディ

バラディ(photo by Basel15)

特に中東圏でかなり一般的なグリーンサラダといえばこれです。

グリーンサラダとメニューに書いてあっても日本のグリーンサラダのようなレタスにトマトとキュウリそしてコーンがトッピングされているサラダを想像していると恐らく拍子抜けするでしょう。

なんとこのバラディ、トマトとキュウリそして運が良ければ玉ねぎが入っているだけなんです。

それにドレッシングなんてものはありません、基本塩胡椒そしてレモンのみの味付けです。

しかしこれがエジプトを含む中東近辺の一番メジャーなサラダでしょう。

10 バターレク

エジプト 料理

(photo by Adobestock)

古代エジプト料理で日本でいうカラスミです。

エジプトにもあるなんて驚きですよね。

もしかしたら日本酒が恋しくなるかもしれませんね。

11 ワラッ・アエナブ (ドルマ)

ドルマ(photo by Heidi Bauer)

米、たまねぎ、ひき肉、香味野菜などの具材を塩漬けして洗ったブドウの葉に包んで蒸したもので、トルコでも似たような料理が食べられており『ドルマ』と呼ばれています。

エジプトではアラビア語に名前を変えてワラッ・アエナブの名で親しまれています。

12 サンブーサ

samosas

(photo by kspoddar)

インド料理のサモサに似た料理です。

肉や野菜が中に入っていて外はパリパリ中はホクホクで美味しいです。

私がエジプト滞在中に見つけたお気に入りのサンブーサは中にひき肉とチーズが入っていました。

地域やお店によって味付けや中身が全く異なるので、いろんなお店で食べてみるのがおすすめです。

スープ

日本人にとってのスープの定番といえばやはり味噌汁でしょう。

それではエジプト人にとっては何がスープの定番なのでしょうか?

13 モロヘイヤスープ

モロヘイヤ(photo by Habib M’henni)

その名の通り日本人にも馴染み深い野菜『モロヘイヤ』を使ったスープです。

モロヘイヤが具材として入ったスープというより、スープ自体が完全にモロヘイヤでできていて粘り気が多いのが特徴で日本人にはとても人気があります。

驚いたことにモロヘイヤはエジプトでもモロヘイヤとそのまま呼ばれていました。

14 ショルバト・リサン・アスフール

リサンアスフール(photo by GustavoDanielOrozco)

小さなパスタが入ったコンソメスープです。

このスープに入っているパスタで小鳥の舌と呼ばれています。

モロヘイヤスープに次いでエジプトではポピュラーなスープなので必ず注文していただきたい一品です。

15 ショルバト・アッツ

lenti soup(photo by Juri)

エジプトの大定番のスープ『ショルバト・アッツ』はレンズ豆でできています。

英語メニューでは lenti soupと表記されているのが一般的です。

ライムを搾ったりバターを加えたり味を変えて楽しむ人も多いですが私は王道のレンズ豆本来を味わうスープが大好きです。

メインディッシュ

16 ムサカ

ムサカ

(photo by Juri)

ひき肉と野菜を交互に重ねてトマトソースをかけて焼いたものを指し、素焼きの小さな器に入れて提供されます。

ギリシャを含む地中海沿岸諸国でよく食べられています。

個人的にムサカが大好きでエジプト滞在中はよく食べていました。

お店により結構ボリューミーだったりするので注文時は大きさを店員さんにあらかじめ尋ねることをお勧めします。

17 タジン・サマク

Morrocan cuisine chicken tajine, couscous and salad
(photo by Adobestock)

ムサカの中の具材が魚に変わっただけの料理ですが、魚介の旨みが意外にもトマトソースとよくマッチしてあっさりしていて美味しいです。

18 ダウッド・パシャ

エジプト 料理2
(Photo by Adobestock)

ムサカやタジン・サマクの中の具材がミートボールになったものです。

エジプトはトマトソースをいろんな形に調理しますが、ミートボールはやはり世界共通ですね。

19 ハマム・マシュウィ

Roasted or fried quail with herbs and tagliatelle

(Photo by Adobestock)

実はエジプトでは鳩が日常的に食べられているんです。

ハマム・マシュウィは鳩のグリルを指します。

20 カバブ

カバブ

(Photo by Art(RUS)Potosi)

みなさんお馴染みのケバブです。

但し日本で見かけるように串に大きな肉の塊が刺さってそれをスライスしてサンドにするケバブはドネルケバブを指し、それとは異なります。

中東諸国で提供されているケバブはバーベキューと呼ぶ方がふさわしいでしょう。

21 ムーサ・マクリー

ムーサマクリー(photo by mp1746)

ここからは少し海鮮系をご紹介いたします。

エジプトは紅海や地中海に面している為美味しい魚介類が豊富に獲れ日常的によく食されています。

ムーサ・マクリーは舌ヒラメのフライで簡単に塩で味付けされただけなのですが、素材の味を引き出すにはやはり塩が一番、とても美味しいです。

22 バルブーニ・マクリー

『マクリー』はフライを指します。

バルブーニマクリー(Photo by xesisex)

バルブー二はヒメジという日本では普通に食べられていますがヨーロッパなどでは高級魚です。丸ごと揚げて提供されるのが一般的です。

23 ウカル・マクリー

スズキのタルタル(photo by kalhh)

スズキのフライでタルタルソースでいただくと美味しいです。

エジプトでもスズキが食べられているなんてびっくりですよね。

24 デニース・マハシ

Grilled bacon-wrapped fish with oranges and rosemary, served with lemons

(photo by Adobestock)

黒鯛に野菜などを詰めてグリルした料理です。

内臓などをきれいに取り除いてから調理されている為臭みなどは全然無くとても食べやすいです。

25 ガンバリ・マクリー

エビの唐揚げ
(Photo by Adobestock)

エジプトのエビフライです。

日本に存在するエビフライよりもやや唐揚げに近い印象で非常にカリッとしています。

デザート

中東の人をはじめエジプト人はとにかく甘いものが大好きです。

街をあるいたらハチミツがたっぷりと染み込んだようなお菓子をよく目にするでしょう。

ここでは代表的なスイーツを5種類紹介します。

26 コナーファ

コナーファ

(photo by ToastieIL)

コナーファは小麦粉と水を混ぜて作った生地を細かい網目に通して細くしたものを丸めて焼き上げたエジプトの伝統菓子です。

ハチミツたっぷりで見た目の割に手にした時に重いのが特徴です。

27 フェティール

フェティール(photo by RitaE)

上でも述べた通りエジプト版のパンケーキでクレープの様に薄い生地が特徴です。

味やトッピングもいろいろあり、ナッツやクリーム、ハチミツをトッピングしたフェティールはデザートに、野菜やチーズをトッピングすればエジプト定番の朝ごはんに生まれ変わります。

28 グラーシュ

Baklava

(photo by mroach)

甘いナッツなどをパイ生地で包んだお菓子でサクサクの生地が美味しいです。

コナーファとまではいきませんがかなり甘いです。

一口サイズで提供されるのが一般的でお菓子やさんで購入する際も一個単位で購入することになるでしょう。

29 オム・アリ

オムアリ

(photo by Deed89)

エジプト人はオムアリが大好きです。

それぞれの家庭が違う味を持っているといわれていて、パンが入ったミルクグラタンを想像していただければ大体味の想像がしやすいと思います。

ナッツやレーズンが入っていたりお店によって異なります。

30 ロズビラバン

ライスプディング

(photo by stu spivack)

ライスプディングを指します。

お米が食感のアクセントになって不二家のミルキーの味が甘さを少し控えめにしてプリンになった様なデザートです。

ちなみにコシャリで有名なEl tahrir(エル タフリール)のメニューにあるライスプディングが一番おすすめです。

これらを楽しめる都内のオススメレストラン

Nefertiti Tokyo

六本木駅からほど近い場所に位置するこちらのエジプト料理レストランは、もともとエジプト大使館で働いていたシェフとエジプトの首都カイロにある5つ星ホテルで働いていたシェフが一緒に働いているレストランで、エジプト料理を含む本格的なアラブ料理が楽しめます。

この投稿をInstagramで見る

ネフェルティティ東京 西麻布店 Nefertitiさん(@nefertititokyo_nishiazabu)がシェアした投稿

店内はアラビアンなインテリアが施されていてエキゾチックな雰囲気でまるで海外にいるような気分になるでしょう。


名称:ネフェルティティ東京住所:東京都港区西麻布3-1-20 Dear西麻布1階営業時間:ランチ  11:30~15:00(完全予約制)
ディナー 15:00~25:00(金、土曜~27:00)
定休日:不定休
公式サイト:http://www.nefertititokyo.com/
アクセス:東京メトロ日比谷線六本木駅1C出口より徒歩3分

コシャリ専門 コシャリ屋コーピー

こちらは日本初のコシャリ専門店です。

この投稿をInstagramで見る

コシャリ専門 コシャリ屋コーピーさん(@kushari_kohpea)がシェアした投稿

エジプトNo,1の国民食のコシャリをワンコインから楽しめます。
スタンダードなコシャリからカルボナーラ味やスパムコシャリなど日本人の好みに合うように工夫された変わり種のコシャリも楽しめます。

名称:コシャリ屋コーピー
住所:東京都墨田区江東橋4-20-13 山田ビル2F
営業時間:11:30~15:00 17:00~21:00
(平日金曜日のみ23:30頃まで)
定休日:月曜日(祝日の場合は営業、翌火曜日が休業日)
公式サイト:http://kushari-kohpea.com
アクセス:JR錦糸町駅南口から徒歩3分

エジプシャンレストラン&カフェ スフィンクス

本格エジプト料理がリーズナブルな値段で楽しめます。

こちらのレストランは日本人によって営まれていて日本でただ一人エジプト料理の資格を持つそうです。

この投稿をInstagramで見る

YUURI Sさん(@yuuri0623)がシェアした投稿


テイクアウトもできますので近くに行かれた際は気軽に立ち寄ってみてはいかがですか?


名称:エジプシャンレストラン&カフェ スフィンクス
住所:〒204-0004 東京都清瀬市野塩5−291
営業時間:ランチ:11:30〜15:00 ディナー:17:00〜24:00
定休日:月曜日
公式フェイスブックページ:https://www.facebook.com/Egyptianrestaurant.sphinx/
アクセス:西武池袋線 秋津駅から徒歩3分/JR武蔵野線 新秋津駅 徒歩7分(520m)

これらを楽しめるカイロにあるエジプトのレストラン

エル・タハリール

首都のカイロに5店舗を含む、エジプト国内に11店舗展開しているコシャリ専門のチェーン店です。

コシャリ

(photo by Juri)

100円あればお腹一杯になるような大きさのコシャリが食べられます。

ガーリックソースとタバスコのような辛いソースが用意されているのでお好みでどうぞ。

エジプトのデザートの部分でも紹介した様に、ここのライスプディングはすごく美味しいので訪れた際は必ず試してみてください。


名称:Koshary El-Tahrir
住所:El Tahrir, Ad Doqi A, Dokki, Giza Governorate, エジプト
営業時間:午前9時~深夜0時
定休日:なし
公式サイト:http://menuegypt.com/Koshary-Eltahrir
アクセス:地下鉄M2線Opera駅から徒歩12分

フェルフェラ

エジプト料理レストラン

(photo by kareemelqaffass)

1959年創業の老舗です。

観光客のみならず地元の人も足繁く通う店で常に混み合っているお店です。

大衆的な店なので値段を気にせずに注文できるのもオススメする理由の一つです。

名称:Felfera
住所:15 Hoda Shaarawy, Bab Al Louq, Qasr El Nil, Cairo Governorate, エジプト
営業時間:10~24時
定休日:なし
公式サイト:http://www.felfelaegypt.com
アクセス:地下鉄SADAT駅から徒歩4分

アブ・シャクラ

スパイス(photo by jenniferholmes108)

1947年創業の老舗です。

いろんな種類のエジプト料理が楽しめ一品一品がそんなに大きくないのでいろんな種類の料理を楽しみたい方にオススメです。


名称:Abou shakra
住所:69 Al Kasr Al Aini, Al Inshaa WA Al Munirah, El-Sayeda Zainab, Cairo Governorate, エジプト
営業時間: 正午〜深夜2時
定休日:なし
公式サイト:https://www.aboushakra.net
アクセス:タハリール広場から徒歩14分

エジプト料理の世界を冒険してみよう!

Egypt. Cairo - Giza. General view of pyramids from the Giza Plateau (on front side: 3 pyramids popularly known as Queens' Pyramids; next: the Pyramid of Mykerinos, Chephren and Cheops)

(photo by Adobestock)

いかがでしたか?

中東とアフリカの文化が混在したエジプトは毎年非常に多くの観光客を受け入れている世界的な観光都市の一つです。

エジプトを訪れる際に、エジプトではどのような食べ物が食べられているか食文化を少しでも理解できたら旅はもっと充実したものになるはずです。

エジプトの料理は辛いものがほとんど無く実は我々日本人の口に合うような味付けの料理もたくさん存在します。

これからエジプトに行かれる方は是非歴史だけではなく食も巡る旅を楽しんでください。

そして日本にいる方もたまにはいつもと違う料理を食べにエジプト料理レストランを訪れてみてはいかがですか?

きっとそこには新しい発見があるはずです。

エジプトのおすすめ観光スポット

生涯一度は訪ねたい観光地として挙げる人も多いギザのピラミッド!古代遺跡やファラオの墓など、ミステリアスな魅力に満ちている国ですが、自然が美しい国としても有名なエジプト。こちらの記事ではエジプトのおすすめ観光スポットをご紹介します。

エジプトを訪れたなら必ず乗りたい小船

5000年もの長い歴史を誇るエジプトにとってナイル川は多くの恵みをもたらしピラミッドを作る為の思い石材を運ぶのにも用いられたり今も昔もなくてはならない存在です。このページではナイル川を訪れたらよく目にするファルーカについて紹介します。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Juri Mizuki
21歳から世界を旅し始めて5年間でラグジュアリー旅からバックパッカー旅など幅広い形での旅を経験し、これまでに102カ国渡航しました。グアテマラのアンティグアでの語学留学経験あり。トラベルコンサルタントとして旅しながらリモートで働かせていただいております。 ガイドブックなどには載ることの無いリアルな情報をここから読者の皆さんにお届けします。現在旅している人・そうでない人関係なく楽しんでいただけるメディア作りをしていければなと思います。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo