エリザベス女王お気に入りのお城!ウィンザー城の楽しみ方 | Stayway Media

エリザベス女王お気に入りのお城!ウィンザー城の楽しみ方

Minori

トラベルライター

ウィンザー城
photo by Minori

エリザベス女王の住まいといえば、バッキンガム宮殿が有名ですがその他にも複数宮殿やお城を所有されています。

中でもロンドン郊外の田舎町にあるウィンザー城は女王お気に入りのお城として有名です。

今回はそんなウィンザー城の魅力をたっぷり紹介します。

ウィンザー城とは

ウィンザー城
photo by Minori

1089年、ウィリアム1世により要塞が建てられたのが始まりとされるウィンザー城は、歴代の王による増築が繰り替えされて現在の姿にまで大きくなりました。

今も現役のお城として使用されているものの中では世界最大級の敷地面積、4500平方メートルを誇るウィンザー城。

広大な敷地を見て回るには最低1時間は時間を取りたいスポットです。

また、エリザベス女王が滞在中は王室旗が掲げられ、不在の時はイギリス国旗が掲げられることでも有名です。

そんなウィンザー城へは美しいイングリッシュガーデンも楽しめる5月~9月がベストシーズンです。


住所:Windsor SL4 1NJ
開館時間:10:00~17:15
公式HP: https://www.rct.uk

アクセス方法

ウィンザー城 入口
photo by Minori

ロンドン市内からは車で約1時間。

お城のすぐそばには複数有料の駐車場も完備されています。

電車を利用する方もロンドンからだと、40分~50分程度で最寄のウィンザー&イートン中央駅に到着します。

駅を出ると目の前には大きなお城がすぐ見えるので、とても便利にアクセスできます。

みどころ①ヴィクトリア女王の銅像

ウィンザー城 ビクトリア銅像
photo by Minori

ウィンザー城見学は、まずヴィクトリア女王の銅像のある入口ゲートを目指します。

大英帝国を築いた偉大な女王を拝んでいざ、ウィンザー城見学の始まりです!

みどころ②ランドタワー

ウィンザー城 ランドタワー
photo by Minori

セキュリティーチェックを終えて敷地の中に入ると、右手に見えてくるのがランドタワーです。

王室旗やイギリス国旗が掲げられるのは、ここランドタワーです。

ぜひどちらの旗が掲げられているかチェックしてみて下さいね。

View this post on Instagram

A post shared by Royal Collection Trust (@royalcollectiontrust) on

また、タワーの麓には、美しい芝生や池、そして春になると色とりどりの花が咲きとっても美しいイングリッシュガーデンが広がっているのでこちらもぜひお見逃しなく!

みどころ③女王の牛のミルクから作ったアイスクリーム

ウィンザー城 アイス
photo by Minori

次に立ち寄りたいのが、その先にあるアイスクリームショップです。

なんとこちらで販売されているアイスは、女王の所有する牛のミルクから作られた一級品です。
ウィンザー城 アイス
photo by Minori

特におすすめなのが、ここウィンザー城以外では滅多に見かけないBlackcurrants in clotted cream味。

ベリー系のフルーツ、ブラックカラントとスコーンに塗るクリームでおなじみのクロテッドクリームがミックスされたさっぱりとした味わいが癖になるアイスクリーム。

これを食べずにウィンザー城は語れません!

みどころ④衛兵の交代式

View this post on Instagram

A post shared by Alberto Rodriguez Aguilera (@albertorgueza) on

ここウィンザー城でも衛兵の交代式が行われます。

時間はバッキンガム宮殿と同じく11:00~で、通常は火曜日、木曜日、土曜日の週3日です。
ウィンザー城 衛兵
photo by Minori

この時間に訪問できない方も安心してください。

ウィンザー城敷地内は常に複数の衛兵が警護をしているので、シャッターチャンスはたくさんありますよ。

みどころ⑤セントジョージ礼拝堂

ウィンザー城 教会
photo by Minori

交代式を楽しんだ後は、数年前に日本でもテレビで映像が流れたメーガン&ヘンリー王子の結婚式会場、セントジョージ礼拝堂を訪れてみて下さい。

View this post on Instagram

A post shared by Edoardo Fanfani (@edoardofanfani) on

ゴシック建築の傑作としても有名なこちらの教会は外観だけでなく、内観も厳かでありつつも壮大でとても見ごたえがあるのでおすすめです。

みどころ⑥ステートアパートメント

View this post on Instagram

A post shared by Royal Collection Trust (@royalcollectiontrust) on

そして次に紹介するのが、いよいよ女王の居住空間ステートアパートメントです。

各国からの贈り物やかつてのイギリス貴族の紋章、そしてイギリス兵の使用していた武器などが展示され、イギリスの歴史を感じることができます。

View this post on Instagram

A post shared by Royal Collection Trust (@royalcollectiontrust) on

他にも海外からの国賓をもてなすとても豪華なサロンルームや、実際女王が座ってミーティングを行う会議室など見どころ満載のスポットです。

こちらは女王が不在の時のみ公開となっていますので、訪問の際は事前に公式HPでご確認下さい。

みどころ⑦メアリー王妃のドールハウス

View this post on Instagram

A post shared by 冯珏珏 (@caroline_jue) on

1924年に完成した、女の子なら誰もが憧れるドールハウスです。

その完成度はとても素晴らしくほとんどがウィンザー城で保管されている貯蔵品を、1/12にしたレプリカで作られています。

ちなみにドールハウスのトイレは、本物のペーパーが備わっているだけでなく、水も出るので驚きですよ!

注意点

みどころ満載のウィンザー城ですが、写真撮影は限られたスポットのみ可能です。

特にステートアパートメントはセキュリティの問題で絶対にNGですのでご注意ください。

また、時期によっては入場するのに長蛇の列ができる人気観光スポットです。

予定が確定している方はオンラインチケットの購入をおすすめします。

周辺のおすすめ観光スポット①ロイヤルファミリー通り

ウィンザー シャーロット通り
photo by Minori

ウィンザー城の見学を楽しんだ後はぜひ、お城の周りをお散歩してみてはいかがでしょうか。

ロイヤルファミリーの名前がついたパブや、道路で溢れていますよ。
ウィンザー パブ
photo by Minori

気になったパブで本場のビールを楽しむのもおすすめです!

周辺のおすすめ観光スポット②ウィンザー駅

ウィンザー駅
photo by Minori

電車でお越しの方はお気づきかと思いますが、ウィンザー&イートン中央駅はショッピングセンターの中にあります。
ウィンザー 機関車
photo by Minori

お土産屋さんやカフェそしてレストランが楽しめるだけでなく、ロイヤルファミリー所有の蒸気機関車の展示などもあるので、ぜひ立ち寄ってみて下さい。

エリザベス女王お気に入りのお城!ウィンザー城

ロンドンからもほど近い、ウィンザー城の紹介でした。

公共機関を個人で利用するのは心配という方も、ウィンザー城へはロンドンからたくさんツアーが出ています。

ロンドンとはまた違ったイギリスの田舎町を楽しみに、ウィンザーまで足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

イギリス・ブライトンの観光・おすすめ徹底紹介!【在住者が解説】

ロンドンから電車で約1時間の距離にある街ブライトン。市内にはロンドンに負けないほどおしゃれなショップが溢れ、駅から徒歩15分ほどでビーチにたどり着くことができ「海辺のロンドン」とも言われています。今回はブライトンを徹底紹介していきます。

ロンドン在住者おすすめ!アフタヌーンティーが楽しめるカフェ10選

イギリスと言えば紅茶とともに様々なケーキを味わうことのできるアフタヌーンティー。イギリス滞在時にアフタヌーンティーを楽しみたいと思っている人も多いのでは?今回は在住者おすすめのアフタヌーンティーを楽しむことのできるカフェをご紹介。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

logo