パブの上手な活用法!イギリスのパブはただ飲むためだけの場所じゃない?! | Stayway Media

パブの上手な活用法!イギリスのパブはただ飲むためだけの場所じゃない?!

Minori

トラベルライター

イギリス パブ
photo by Minori
イギリスでよく見かけるパブ。ちょっと敷居が高いと感じている方も多いのではないでしょうか。

しかしイギリスを訪れてパブを活用しない手はありませんよ!今回はパブの利用方法について詳しく紹介します。お酒が飲めない方も必見ですよ!!

【イギリスの基本情報】
時差 9時間(サマータイム時:3月の最終日曜日の午前1時から始まり10月の最終日曜日の午前1時は8時間)
言語 英語
通貨 1£(ポンド)=約132円(2019年9月11日時点)
気候情報 夏は過ごしやすく、冬はとても寒さが厳しい気候です。

1.パブとは?

この投稿をInstagramで見る

Bulls Head Public Houseさん(@bullsheadlititz)がシェアした投稿


「パブ=お酒を飲むための場所」と思っている方も多いですが、それ以外の目的でもイギリスの方、子供たちでさえも利用します。

どんな小さな田舎街でも最低1軒は絶対にあると言われているパブはイギリス人の方にとって憩いの場、そして彼らにとっての社交場でもあるのです。

そんなイギリス人にとって欠かせないパブはもちろん観光客も大歓迎!

地元の方や、世界中の旅行者が集まり気軽にコミュニケーションが取れるパブ。ぜひ旅の計画に入れてみてはいかがでしょうか。

2.パブの予算

イギリス パブ
photo by Minori
パブを訪れるなら、絶対に日曜日がおすすめです。

日曜日は1週間の中でも1番パブが賑わう日です。その理由はイギリスの文化、サンデーランチと呼ばれる特別メニューが楽しめるからです。(一部の観光地では平日にサンデーランチのメニューがオーダーできる場所もあります)

この投稿をInstagramで見る

Queens Headさん(@queens_head_west_chiltington)がシェアした投稿


サンデーランチとは家族や仲の良い友達、もしくは大切な人とローストしたお肉や野菜を昼食に食べる昔からあるイギリスの風習です。

家で楽しむ方もいらっしゃいますが、大抵どこのパブでもサンデーランチを提供しており大抵8£前後と安くて美味しいので、多くの方がパブのサンデーランチを利用します。

もちろん子供も一緒にパブでサンデーランチを楽しみます。

残念ながら日曜日は都合がつかないという方も安心してください。
イギリス パブ
photo by Minori
平日もパブでは美味しいイギリス料理を提供しています。ビールで揚げたフィッシュアンドチップスやコテージパイなど地元の食材で作る料理は、リーズナブルにも関わらず大抵が手作りです。

photo by Minori
また、パブではランチだけでなく朝食にイングリッシュブレクファーストも食べることが可能です。多くのパブが£6前後でドリンク付きで提供しています。

ホテルが朝食付きでない方!ぜひ一度はイングリッシュブレックファーストをパブで楽しんでみてはいかがでしょうか。

イギリス パブ
photo by Minori
もちろんパブにはご当地ビールも充実しています。ビールの試飲もさせてくれるので、自分好みのビールをパブで見つけてみるのもおすすめです。

パブのビール1パイントの相場は都市によって異なりますが、2019年の調査ではイギリス全体の平均は4£、ロンドンは 5£ 程度と言われています。

気になるチップですが、パブでは特に支払う必要ありません。

3.注意点(マナー)

この投稿をInstagramで見る

Bulls Head Public Houseさん(@bullsheadlititz)がシェアした投稿


イギリスのパブでの注意点としてよく挙げられるのが、絶対に酔っ払ってはいけません。

日本の居酒屋では酔っ払ったサラリーマンをよく見かけますが、紳士の国イギリスでは公共の場で酔っ払いはマナー違反。

酔っ払いにお酒を提供することは法律で禁止されていますし、そもそも酔っ払うとつまみ出されてしまうこともあるのでご注意ください。

この投稿をInstagramで見る

Harvester’s Pub Dubaiさん(@harvesterspubdubai)がシェアした投稿


また、イギリスやアメリカではビールを頼むとき、パイント(ジョッキ1杯)もしくはハーフパイント(ジョッキ半分)でサイズを選びます。

しかし、アメリカのパイントは473mlに対してイギリスは568mlと異なります。あまり量を飲めない方は特にご注意くださいね。

この投稿をInstagramで見る

Sheenさん(@sheene)がシェアした投稿

レンタカーを借りる方!イギリスも飲酒運転は取り締まりの対象となります。ただ、パブに車で乗り付ける方が多いのも事実です。

日本では飲んだら乗るな!とよく言われますが、イギリスではビール1パイントまでなら運転可能!と言われています。

イギリスの飲酒運転の基準が日本より緩いことは事実ですが、日本同様血中及び呼気のアルコールの濃度で取り締まりが行われます。

イギリス人と日本人では体質も異なりますので、飲んだらイギリスでも運転は控える方が賢明です。

4.パブで飲めるビールの種類

この投稿をInstagramで見る

TheBVさん(@thebv.pub)がシェアした投稿


イギリスのパブでは、たくさんの地ビールが楽しめます。

日本でよく飲まれている下面発酵のラガービール、苦味のあるビタービール、クリーミーで甘みを感じるスタウトビールそしてリンゴから作られる飲みやすいサイダービールなど。

バーテンの方も心よくビールの説明をしてくれるのでビールの種類で選ぶもよし、産地で選ぶもよし、サーバーに付いているステッカーで選ぶもよし、ぜひお気に入りのビールを見つけてみてください。

おすすめのロンドンパブを紹介!

イギリスのパブについての紹介でした。

イギリスの文化の一つパブはとってもお得にイギリス料理や地ビールが楽しパブにはオシャレな看板があり、バーンコテージと呼ばれるイギリスの伝統的な建物を使用していることが多いので、観光スポットとしてもおすすめですよ!

また、次の記事ではイギリスの首都にして最大の観光地・ロンドンにある数多くのパブから、観光客にぜひともおすすめしたいパブを10店、厳選して紹介しています!

イギリス人の社交場パブ。パブはイギリス人にとっては欠かせない存在であり、観光客にとってはイギリス文化に触れるにも絶好の場所です。今回は観光客でも入りやすいパブを紹介いたします!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

logo