【江ノ島・鎌倉】パーク&レールライドで駐車場も江ノ電もお得に! | Stayway Media

【江ノ島・鎌倉】パーク&レールライドで駐車場も江ノ電もお得に!

ミカワリコ

トラベルクリエイター

Photo By りこぴん

「江ノ島」と「鎌倉」にはオシャレなカフェや、水族館、パワースポットなどが集結していて、デートや旅行スポットとしても人気です。

江ノ島には江ノ電が通っているので、徒歩での散策・観光が1番スムーズに楽しめます。

江ノ島(鎌倉)までは都心からの車で1時間〜1時間半ほどで着くことができますが、

  • どこの駐車場に停めればスムーズなのか?
  • どの駐車場が1番安く利用できるのか?

気になる方も多いかと思います。

そんな方にオススメなのが江ノ電乗り放題チケットと駐車場代がセットになった「パークアンドレールライドチケット」です。

江ノ島・鎌倉を観光するには必ず江ノ電に乗ることになるので、このチケットはかなりお得です。

今回は駐車場のアクセスやチケット取得方法まで、実際に筆者が利用した情報を元に紹介していきます!

1.【料金・詳細】「パークアンドレールライドチケット」について

Photo By りこぴん

江ノ島パーク&レールライドとは、江ノ島駐車代江ノ電1日乗り放題パスがセットになったお得なチケットです。

駐車場と江ノ電が利用できるだけでなく、このパスを持っていれば協賛店やお寺などで割引が受けられることも!

  • 車で江ノ島(鎌倉)に行く予定
  • 江ノ電に乗って観光する予定
  • お寺も回りたい!

という人には断然お得なサービスなので参考にしてください。

料金や詳細は以下の通りです。
(江ノ電駐車センターのパーク&レールライドチケット詳細▼)

【パーク&レールライドチケット料金】2,020円
【チケット販売時間】6:50〜17:00
【駐車時間】最大5時間(追加料金30分200円)
【駐車場利用時間】出庫は24時間可
【取り扱い中止期間】7・8月
【江ノ電フリーきっぷ】大人2人分付き

2.【アクセス】パーク&レールライドが使える駐車場は全部で4つ

Photo By りこぴん

パーク&レールライドチケットが利用できる駐車場は4つあります。

  • 江ノ電駐車センター
  • 七⾥ガ浜海岸駐⾞場
  • 稲村ガ崎駐⾞場
  • 県営由⽐ガ浜地下駐⾞場

パーク&レールライド基本の駐車場代大人2人分の江ノ電フリーパスが付くのは変わりませんが、駐車場によってチケット販売時間と料金が少し変わるので比較してみてください。

観光順路によって駐車場を決めるのもオススメです。

江ノ電駐車センター

Photo By りこぴん

江ノ島駅から徒歩10分圏内+江ノ島までも徒歩で向かうことができるのでとてもアクセスしやすい場所にあります。

私は今回この駐車場を利用してチケットを購入しました。

公式ホームページはこちらから→江ノ島電鉄株式会社|おでかけ情報

【パーク&レールライドチケット料金】2,020円
【チケット販売時間】6:50〜17:00
【駐車時間】最大5時間(追加料金30分200円)
【駐車場利用時間】出庫は24時間可
【取り扱い中止期間】7・8月
【江ノ電フリーきっぷ】大人2人分付き

七⾥ガ浜海岸駐⾞場

江ノ島と鎌倉のちょうど真ん中に位置しており、駐車場も「江ノ島側」と「鎌倉側」で2つ用意されています。

【パーク&レールライドチケット料金】1,850円
【チケット販売時間】9:00〜16:00
【駐車時間】最大5時間(追加料金30分210円)
【駐車場利用時間】9:00〜21:00
【取り扱い中止期間】7・8月
【江ノ電フリーきっぷ】大人2人分付き

稲村ガ崎駐⾞場

鎌倉海浜公園のすぐ近くに位置しており、24時間利用できるのが良い点です。

【パーク&レールライドチケット料金】1,890円
【チケット販売時間】6:50〜17:00
【駐車時間】最大6時間(追加料金30分300円)
【駐車場利用時間】24時間
【取り扱い中止期間】7・8月
【江ノ電フリーきっぷ】大人2人分付き

県営由⽐ガ浜地下駐⾞場

3つの中で鎌倉駅から最も近い駐車場です。駐車場から鶴岡八幡宮へのシャトルバスも運行しているので、鎌倉をメインで観光する人にはオススメです。チケット代もここが最安。

【パーク&レールライドチケット料金】1,740円
【チケット販売時間】9:00〜15:00
【駐車時間】最大5時間(追加料金30分210円)
【駐車場利用時間】9:00〜18:00
【取り扱い中止期間】1月1.2.3日 / 7・8月
【江ノ電フリーきっぷ】大人2人分付き+バス5路線

3.【取得方法】江ノ電乗り放題パスは駅でもらう

Photo By りこぴん

指定の駐車場に車を停めたら、江ノ電フリーパスは基本的に最寄りの駅で受け取りましょう!

駐車場で受け取り場所を探してしまいがちですが、駐車場内にはありません(※七⾥ガ浜海岸駐⾞場のみ駐車場内で販売

▼江ノ電フリーパス受け取り手順▼

  1. ①指定の駐車場に停める
  2. ②駐車券を持って最寄りの指定駅に行く
  3. ③指定の駅で料金を払う
  4. ④江ノ電フリーパス受け取る

間違えてもsuicaなどの交通系ICで乗らないように!

4.【注意点】駐車場の5時間制限とピーク時の混み具合について

江ノ島パーク&レールライドはかなりお得なチケットなのですが、販売していない時期があったり、駐車時間の制限があるなど、利用時の注意点もいくつかあります。

実際に利用する前に以下の項目をチェックしておきましょう。

  1. ・駐車場によって最大5時間、6時間の駐車時間制限がある(それを超えると追加料金)
  2. ・7・8月の江ノ島繁忙期はチケットは販売していない
  3. ・夏場は混み合って中々駐車できない場合もある

時期によって、チケットが販売していなかったり、土日は混みすぎて駐車できない場合も⬇︎

ちなみに筆者は12月に江ノ島に訪れ、11時頃に到着しましたがスムーズに駐車できました!

夏の土日や、イベントのある日は混み合うそうなので、駐車場が開場する時間に合わせて向かうことをオススメします。

5.パーク&レールライドお勧めの使い方

Photo By りこぴん

車で都内から江ノ島行く場合、どうしても鎌倉周辺で大渋滞が起きてしまうので、一気に高速で茅ヶ崎ICまで行ってから江ノ島→鎌倉のルートで観光するのがお勧めです。

実際に私がパーク&レールライドを使った時の観光ルートは以下の通り

  • ①高速で茅ヶ崎ICまで行く
  • ②茅ヶ崎から江ノ電駐車センターに向かう(車で約20分)
  • ③江ノ電駐車センターでパーク&レールライドチケットをゲットする
  • 江ノ島を観光する(駐車場から徒歩10分)
  • ⑤江ノ電に乗って鎌倉へ行く(鎌倉観光)
  • ⑥江ノ電に乗って長谷駅まで戻る(鎌倉大仏)
  • ⑦江ノ電に乗って江ノ電駐車センターまで戻る

このルートいけば、江ノ島江ノ電鎌倉も1日で楽しむことができます。

パーク&レールライドチケットも存分に使えたので以上のルートはお勧めです!

車で江ノ島(鎌倉)に行く予定の方はぜひ参考にしてみてください。

6.車でもお得に江ノ島・鎌倉を観光しよう

パーク&レールライドについて解説していきましたが、いかかでしたでしょうか?

ポイントを抑えれば、車でもお得に観光できます!

今回の記事をまとめると、

  • ・パーク&レールライドを使えば、駐車場と江ノ電乗り放題チケットがセットで1,700〜2,000円
  • ・利用できる提携駐車場は全部で4つ(場所によって料金と時間が違う)
  • ・江ノ電フリーパスを受け取る場所は最寄りの指定駅の場合が多い!
  • ・江ノ電駐車センターからの観光がおすすめ(観光順路による)

です。

以上の情報を参考にしながら、江ノ島・鎌倉観光をより良いものにしてみてください!

湘南(鎌倉・藤沢・茅ヶ崎・平塚・江ノ島・大磯)のペット同伴可能な宿6選

都心からアクセスの良い海のリゾート地、湘南。「江ノ島」はペット同伴可能でエスカーにはゲージ入れて、遊覧船「江ノ島べんてん丸」にも乗船可能!そこで湘南(鎌倉・藤沢・茅ヶ崎・平塚・江ノ島・大磯)のペット同伴おすすめ宿をご紹介します!

鎌倉の小町通りのおすすめグルメ&スイーツ14選【お土産にも】

歴史感じる街並みが魅力の「鎌倉小町通り」 いつも観光客で賑わうこのスポットは、とっても美味しくSNS映えするグルメやスイーツの宝庫なんです。 駅からのアクセスもよく、一緒に楽しめる観光地も盛りだくさんな「小町通り」のグルメをご紹介します!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

logo