ヨーロッパとアジアを1分で移動する方法!キプロス島の入国審査事情 | Stayway Media

ヨーロッパとアジアを1分で移動する方法!キプロス島の入国審査事情

Minori

トラベルライター

キプロス島ブルーラグーン
photo by Minori

地中海に浮かぶ、キプロス島という島をご存知でしょうか?

ヨーロッパで1番美しい海を持ち、ギリシャ神話の愛の神、ヴィーナス(アフロディーテ)誕生の地としても有名で、欧米人に大人気のリゾート地。

日本人にとってのハワイ的存在のこの島はウェディングにも人気の島です。

そんなキプロス島はヨーロッパとアジアをたった1分で移動できる秘密が隠された島なのです。今回は特別にその秘密を紹介しちゃいます!

【キプロス島基本情報】
時差 2時間(サマータイムなし)
言語 ギリシャ語/トルコ語
通貨 1ユーロ(EUR)=約123円 /1トルコリラ(TRY)=約18円 ※2019年5月時点
気候情報 海側は地中海性気候で冬でも温かく乾燥していますが、山側は南側より10度前後気温が低く、冬は積雪がありスキーリゾート地としても有名です。

1.キプロス島ってどんな場所?

キプロス島マーケット
photo by Minori

キプロス島は現在も北部と南部が停戦状態にある島です。現在北部をトルコが占領し事実上の支配下にあり、南部にはギリシャ系のキプロスの人々が暮らしています。

停戦状態と言えど、分離されて暮らしているためか治安はとっても良く、観光で訪れるには全く問題ありません。

トルコ側の支配している北部は北キプロストルコ共和国、南部をキプロス共和国としグリーンラインと呼ばれる停戦ラインで南北に島は分断されています。

ちなみに両国の首都はいずれもニコシアです。

さらにいうと、この島には2か所イギリス統治権が及ぶイギリスの基地もあるので、正確には3つの国の領土があるとても珍しい島なのです。

2.ヨーロッパとアジアの1分移動?!その方法とは??

View this post on Instagram

A post shared by AZURE MOON (@azuremoondeepsky) on

北部にはトルコの人々が暮らしアジアな世界が広がる一方、南部はギリシャ系キプロスの人々が暮らすヨーロピアンな街並みが体験できるキプロス島。
早速その移動方法を紹介します。

北部と南部を移動する際は、停戦ラインであるグリーンラインに設けられた入出国審査を通って移動します。

徒歩で移動する際、必要なものはパスポートのみ。

南のキプロス共和国で出国し、グリーンラインをまっすぐ歩き北キプロストルコ共和国で入国すれば、そこはもうアジア!

人種、言葉、通貨、食べ物も全く異なる世界へと瞬間移動した気分が味わえます。時間にして列がなければ1分以内!キプロス島でしか体験できない不思議な体験が楽しめますよ。

車で移動する際は、徒歩での入国とは数キロ離れた場所にある入国審査所を利用します。

南のキプロス共和国の車両保険は北部では使用できないため、改めて北部に滞在する期間分、車両保険に加入する必要があります。

保険料の支払いを済ませ、パスポートと書類を提出すれば車で移動することができます。

3.知っておかないと絶対困る注意点!

View this post on Instagram

A post shared by Food & Travel Photographer (@stayincyprus) on

ここで1つ重要な注意点を紹介します。キプロス島には空港が全部で3つあります。

パフォス空港、ラルナカ空港の2つは南部に、エルジャン空港が北部にあり、注意が必要なのでは北部にあるエルジャン空港です。

実は北キプロストルコ共和国は日本を含め、正式な国として認めている国連加盟国はなんとトルコだけなのです。

つまりキプロス島に北部の空港の入国審査を受けて上陸したとしても、正式な国として認められてない国からの入国を南部は受け入れることができないのです。

キプロス島で南部と北部両方楽しみたい方は、必ず南部にある2か所の空港を利用してください。

4.キプロス共和国の魅力

キプロス島青の洞窟
photo by Minori

キプロス共和国で楽しめるのは、エメラルドグリーンがとっても綺麗な美しい地中海です。

シュノーケリングやダイビングそしてジェットスキーなどのマリンスポーツを楽しんだりビーチでのんびりとカクテルを飲みながら贅沢な時間を過ごしたりとリゾート気分が味わえます。

キプロス島ギリシャ料理
photo by Minori

料理はギリシャ料理が郷土料理です。ギリシャ料理は新鮮な野菜をふんだんに使ったサラダ、シンプルな味付けの魚介料理が多いので、日本人の口にもとても良く合うものが多いと人気です。
キプロス島モザイク画
photo by Minori

また、数多くのローマ時代の遺跡が残されているのも南部で、特にトロードス地方の教会群に残されたモザイク画は世界遺産にも登録されており必見です。

5.北キプロストルコ共和国の魅力

キプロス島トルコ料理
photo by Minori

一方北キプロストルコ共和国の魅力といえば、まず世界三大料理とも称されるトルコ料理が楽しめます。物価は南部よりも割安で、お得に美味しいトルコ料理が楽しめますよ。

食事だけでも北キプロストルコに移動してくる価値ありです。

他にも、北側のニコシアにはアジア特有のマーケット広がり、地中海にいながらトルコの雑貨が購入できちゃいます。

ちなみに基本通貨はトルコリラですが、ニコシアでは南部の通貨ユーロを使用することが可能です。

ヨーロッパとアジアを1分で移動できる島!キプロス島

ヨーロッパ文化とアジア文化が両方楽しめる島、キプロス島はいかがだったでしょうか。美しい自然、美味しいグルメそして歴史が感じられる素敵な島をぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

エーゲ海の島国「キプロス島」をおすすめする8つの理由

皆さん、旅行に行くならどんなところに行きたいですか? きれいな海、歴史的な建造物が立ち並ぶ街並み、そしておいしい料理なんかがあったら素敵ですよね!そんなあなたにおすすめしたいのは、エーゲ海に浮かぶ小さな島国であるキプロスです。

近くにあるトルコの詳細情報はこちらから!

海と山に囲まれ自然に恵まれているだけでなく、地理的要件から古来様々な文明が行き交い歴史的にも興味深い観光地がたくさんあるトルコ、日本からの行き方、季節ごとのお天気、どういった服装をしたらよいか、気を付けたい治安情報を解説します。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。
皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?」

logo