街が丸ごと世界遺産!花の都フィレンツェおすすめ観光スポット21選 | Stayway Media

街が丸ごと世界遺産!花の都フィレンツェおすすめ観光スポット21選

Noriko

トラベルライター

フィレンツェ
photo by Waldo93

街全体が世界遺産に指定され、ルネサンスの面影をそのまま残す花の街フィレンツェ。この小さい街に驚くほどたくさんの美術館や職人の工房が集まり、歴史ある文化を今に伝えています。

今回はルネサンスの原点であるフィレンツェの文化をより感じられる21のスポットを、ランキング形式でお伝えします!

■上位ランキングを見たい場合はこちら:花の都フィレンツェのTOP7!

時差 7時間(4月〜10月 夏時間)/ 8時間(11月〜3月 冬時間)
言語 イタリア語
通貨 ユーロ
気候 地中海洋性気候。温暖で雨が少なく、日本と同じように四季がはっきりしています。夏は 日差しが強く、冬は雨が多くなります。

第21位 カルミネ教会 ブランカッチ礼拝堂

ブランカッチ礼拝堂

ブランカッチ礼拝堂

FLORENCE, ITALY, OCTOBER 23, 2015 : interiors and architectural details of Brancacci chapel, october 23, 2015 in Florence, Italy

カルミネ教会の内部にブランカッチ礼拝堂があり、1400年前半に描かれたフレスコ画があります。みどころはマゾリーノ作の「アダムとエヴァ」と、マザッチョ作の「楽園追放」。豊かな感情表現やリアリティーのある肉体表現は多くのルネサンス画家たちに影響を及ぼしました。

教会の右手にブランカッチ礼拝堂の入り口があり、見学は有料になっています。当日に空きがある場合は入場できますが、事前予約が確実です。

【住所】Piazza del Carmine, 50124 Firenze FI, イタリア
【アクセス】サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩10分
【開館時間】 10:00〜17:00 / 日曜・祝日 13:00〜17:00
【閉館日】火曜日、1月1日、1月7日、イースター、7月16日、8月15日、12月25日
【料金】6ユーロ
【公式サイト】http://museicivicifiorentini.comune.fi.it/en/brancacci/
【予約電話番号】+39 055 2768224

サンタ・マリア・デル・カルミネ教会

フィレンツェ サンタマリアデルカルミネ教会
photo by Allan Parsons

こちらは正面から無料で入ることができます。バロック装飾と見事な天井画は一軒の価値があります。

【開館時間】 月、火、水、金曜日:10:00〜17:00 / 木、土曜日 10:00〜12:00
【閉館日】日曜日

第20位 メディチ・リッカルディ宮殿(マージ礼拝堂)

フィレンツェ メディチ宮殿
photo by Richard, enjoy my life!

14世紀に始まるフィレンツェのルネッサンス時代に一大勢力を誇ったメディチ家の歴代当主の館です。市民の反感を買わないようにあえて地味な外観にしたと言われています。

フィレンツェ メディチ宮殿
photo by ho visto nina volare

内部はアーチが並ぶ中庭が美しく、豪華な装飾が施されています。みどころは2階にある「マージ礼拝堂」の画家ベノッツォ・ゴッツォリによる壁一面のフレスコ画。新約聖書にあるベツレヘムに向かう東方三賢王が描かれていますが、白い馬に乗った男性がロレンツォ・デ・メディチとして描かれています。

フィレンツェ マージ礼拝堂
photo by Allan

【住所】Via Camillo Cavour, 3, 50129 Firenze FI, イタリア
【アクセス】サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩10分 / ドゥオーモから徒歩5分
【開館時間】 9:00〜19:00
【閉館日】水曜日
【料金】7ユーロ
【公式サイト】http://www.palazzomediciriccardi.it/en/

第19位 サルヴァトーレ・フェラガモ博物館

1000年前の貴族の宮殿の中にフィレンツェ発祥の高級ブランド、フェラガモ本店があります。店内を眺めるだけでも美しいですが、同じ建物の地下に博物館があり、フェラガモ氏の1927年から1960年までの全作品が並べられている他、時期によってアーティストとコラボした特別展が催されています。

必見はマリリンモンロー、オードリーヘップバーン、ソフィア・ローレンなど有名ハリウッドスターの足型コレクション。

ルネサンス美術館見学の合間に、ショッピングをかねてぜひ立ち寄ってみましょう!

【住所】Piazza di Santa Trinita, 5R, 50123 Firenze FI, イタリア
【アクセス】サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩15分 / ドゥオーモから徒歩10分
【開館時間】10:00〜19:30
【閉館日】1月1日、5月1日、8月15日、12月25日
【料金】8ユーロ
【公式サイト】https://www.ferragamo.com/museo/en/usa/

第18位 バルジェッロ美術館

フィレンツェ バルジェッロ美術館
Photo by kentdufault

兵舎と監獄として使われていた堅固な建物はフィレンツェ最古の公共建築で、のちのこの建物をモデルにヴェッキオ宮殿が建てられました。

あまり知られていない美術館ですが、ミケランジェロの名作とされている「バッカス像」、ドナテッロの「ダヴィデ像」、ギベルティの「イサクの犠牲」の門扉装飾の見本など見ごたえのある美術品が集められています。

フィレンツェ バルジェッロ美術館
ドナテッロのダヴィデ像 photo by Dave & Margie Hill / Kleerup

【住所】Via del Proconsolo, 4, 50122 Firenze FI, イタリア
【アクセス】サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩15分 / ドゥオーモから徒歩3分
【開館時間】8:15-17:00
【閉館日】毎月第1・3・5月曜日、第2・4日曜日、1月1日、5月1日、12月25日
【料金】8ユーロ
【公式サイト】http://www.bargellomusei.beniculturali.it/musei/1/bargello/

第17位 新市場のロッジア

フィレンツェ 新市場のロッジア
photo by Lauren Jankowski

フィレンツェには魅力的な市場がたくさんありますが、その中でも特に歴史があり有名なのがこの新市場のロッジア(回廊)。

このアーケードは16世紀にコジモ一世によって建てられたもので、当時は高価な絹織物や毛織物にフィレンツェ伝統の麦藁の帽子などを販売していたようですが、現在では革製品や衣類などが売られています。

この市場の名物がイノシシのブロンズ像で、「イノシシの像の鼻を撫でると幸運がもたらされる」という言い伝えがあり、観光客はここを訪れるとこぞってイノシシを撫でるので鼻の部分だけ光っています。

この像は1640年頃にピエトロ・タッカによって作られたものですが、このイノシシの像はレプリカでオリジナルはバルディーニ美術館に保管されています。

【住所】Piazza di Mercato Nuovo, 50122 フィレンツェ
【アクセス】ドゥオーモから徒歩5分。
【営業日】月曜日〜日曜日:9:00〜20:00(3月の第2日曜日から11月の第1日曜日まで)
火曜日〜日曜日:9:00〜19:30(11月の第1月曜日から3月の第2土曜日まで)

第16位 メディチ家礼拝堂

フィレンツェ メディチ家礼拝堂
photo by Richard, enjoy my life!

サンロレンツォ教会の裏手にある、ドゥオーモに似た茶色いクーポラが印象的な礼拝堂で、「新聖具室」と「君主の礼拝堂」と呼ばれる2棟の建物の総称です。

「新聖具室」では2人の君主ジュリアーノ・ディ・ロレンツォ・デ・メディチとロレンツォ・ディ・ピエロ・デ・メディチの霊廟があり、それぞれミケランジェロが設計した美しい彫刻で飾られています。

「君主の礼拝堂」の八角形の床や壁には世界中から集められた色とりどりの大理石や貴石がはめ込まれ、メディチ家の財力を誇示するかのように教会以上に豪華な造りとなっています。

フィレンツェ メディチ家礼拝堂
photo by Brendan Campbell

【住所】Piazza di Madonna degli Aldobrandini, 6, 50123 Firenze FI, イタリア
【アクセス】サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩5分。ドゥオーモから徒歩2分。
【開館時間】8:15~16:50
【閉館日】毎月第1、3、5月曜日と第2、4日曜日、1月1日、5月1日、12月25日
【料金】8ユーロ
【公式サイト】http://www.cappellemedicee.it/

第15位 サンロレンツォ教会

フィレンツェ サンロレンツォ教会
photo by Leandro Neumann Ciuffo

ドゥオーモのクーポラを手掛けたブルネレスキにより15世紀に再建されたメディチ家ゆかりの教会です。もとは4世紀に創建された、フィレンツェでもっとも古い教会のひとつ。

ファサードが未完成なため外観からは質素な印象を受けますが、内部はメディチ家の莫大な遺産を今でも見ることができます。

ドナテッロの説教壇、フィリッポ・リッピの受胎告知、ヴェロッキオによる棺などが見どころです。

【住所】Piazza di San Lorenzo, 9, 50123 Firenze FI, イタリア
【アクセス】サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩5分 / ドゥオーモから徒歩2分
【開館時間】月曜〜土曜日:10:00〜17:30 / 日曜定休
【料金】教会のみ 6ユーロ/ 教会とラウレンツィアーナ図書館 8.50ユーロ
【公式サイト】http://www.operamedicealaurenziana.org/

第14位 サンタクローチェ聖堂は次のページから!

Noriko
パティシエール、イタリアソムリエ協会認定ソムリエです。ローマ、フィレンツェ、パリ、ボルドー在住経験があります。イタリア、フランスのグルメ、観光情報をお届けしたいと思います。お菓子レシピをChicca Foodで公開しています。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo