街が丸ごと世界遺産!花の都フィレンツェおすすめ観光スポット21選 | Stayway Media - Part 3

街が丸ごと世界遺産!花の都フィレンツェおすすめ観光スポット21選

Noriko

トラベルクリエイター

第7位 フィレンツェ中央市場

フィレンツェ中央市場
photo by nekotank

海外に行くと必ず立ち寄るのが市場。そこに住んでいる人が普段どんなものを食べているのか、フィレンツェの生活を垣間見ることができます。

フィレンツェ中央市場は19世紀に創設され、地元民に愛されるだけではなく観光客にも買いやすい品揃えで大人気の場所です。1階が食料品店と飲食店、2階がフードコートになっています。

フィレンツェ特産のチーズ、オリーブオイル、乾燥ポルチーニ茸やトリュフソースなどお土産にぴったりな食材が安く手に入ります。

フィレンツェ ランプレドット
photo by alchen_x

2階のフードコートではフィレンツェの名物料理、モツをセロリや玉ねぎなどの野菜と一緒にトマトソースと一緒に煮込んだ「ランプレドット」の有名店「ネルボーネ NERBONE」が入っています。

モツ料理が苦手という人でもペロリと食べられるくらい臭みがなくあっさり、特製ソースが癖になる味わいです!

【住所】Piazza del Mercato Centrale – Via dell’Ariento, 50123 Firenze FI, イタリア
【アクセス】サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩5分
【営業日】1階 月曜〜金曜日:7:00〜14:00 / 土曜日:7:00〜17:00(6月中旬〜9月以外)
2階 10:00〜24:00
【定休日】日曜日
【公式サイト】https://mercatocentralefirenze.wordpress.com/

第6位 ミケランジェロ広場

フィレンツェ
photo by jyst3260

フィレンツェの南東、アルノ川を渡った丘の上にある展望台。ドゥオーモやジョットの鐘楼から眺める景色とはまた違い、フィレンツェの街全体を一望できるスポットです。

ヴェッキオ橋からアルノ川を渡り、緩やかな坂を登れば20分ほどでミケランジェロ広場に到着します。サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から直通のバスも出ていますが、時間と体力がある方はゆっくり坂道を散策するのもおすすめです。

【住所】Piazzale Michelangelo, 50125 Firenze FI, イタリア
【アクセス】ヴェッキオ橋から徒歩20分程度 / サンタ・マリア・ノヴェッラから12番のバスで15分。帰りは13番のバスで。

サン・ミニアート・アル・モンテ教会

フィレンツェ サンミニアートアルモンテ教会
photo by Neil

ミケランジェロ広場からさらに10分ほど高い丘へ続く階段を登るとサン・ミニアート・アル・モンテ教会があります。

ここからはフィレンツェの街並みをさらに高いところから眺めることができる上、ミケランジェロ広場より観光客も少ないため穴場スポットになっています。

サン・ミニアート・アル・モンテ教会自体フィレンツェでもっとも古い教会のひとつで、内部には黄金に輝く「十字架の礼拝堂」がある美しい教会です。

フィレンツェ サンミニアートアルモンテ教会photo by Andreas Hartmann

【住所】Via delle Porte Sante, 34, 50125 Firenze FI, イタリア
【アクセス】ミケランジェロ広場から徒歩10分 /サンタ・マリア・ノヴェッラから12番のバスで15分。帰りは13番のバスで。
【開館時間】月曜〜土曜日:9:30〜13:00 / 15:00〜19:00 (19:30)
日曜日:8:15〜19:00(19:30)
*冬季は閉館時間が早まるようです
【料金】無料
【公式サイト】https://www.sanminiatoalmonte.it/

第5位 ヴェッキオ橋

フィレンツェ ヴェッキオ橋photo by Joan Campderrós-i-Canas

イタリア語でヴェッキオ(古い)という名前が表す通りフィレンツェ最古の橋で、第二次世界大戦の時も唯一残った橋です。

家のように屋根と窓がついたカラフルな橋の上には伝統工芸品や金銀細工のお店、宝石店が軒を連ねています。

橋の中央にあるテラスからはアルノ川と周辺の街並みのパノラマを楽しめます。

【住所】Ponte Vecchio, 50125 Firenze FI, イタリア
【アクセス】サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩10分。ドゥオーモから徒歩5分。

第4位 ウフィツィ美術館

フィレンツェ ウフィツィ美術館photo by dalibro

メディチ家歴代の美術コレクションを収蔵するウフィツィ美術館は、イタリア国内の美術館としては収蔵品の質、量ともに最大です。

2500点にのぼる展示品を全て見るには1日かかってしまいます。代表的な絵画を見るだけでも2時間はみた方が良いです。

膨大な数の展示品の中でもボッティチェッリの「ヴィーナスの誕生」「プリマヴェーラ(春)」、ダヴィンチの「受胎告知」、ティツィアーノの「ウルビーノのヴィーナス」は必見です。

観光客の少ない冬場は予約をせずにすぐに入れることもあるようですが、ハイシーズンには予約をした方が待たずにスムーズに入場できます。

ダヴィンチ 受胎告知レオナルド・ダ・ヴィンチ「受胎告知」 photo by janeb13

ボッティチェッリ プリマヴェーラボッティチェッリ「プリマヴェーラ(春)」photo by Nathan Hughes Hamilton

【住所】Piazzale degli Uffizi, 6, 50122 Firenze FI, イタリア
【アクセス】サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩15分。ドゥオーモから6分ほど。
【開館時間】火曜〜日曜日 8:15〜18:50
【閉館日】月曜日、1月1日、5月1日、12月25日
【料金】3月31日〜10月31日 20ユーロ (オンライン予約 24ユーロ)/ 11月1日〜2月28日 12ユーロ(オンライン予約 16ユーロ)
【公式サイト】https://www.uffizi.it/en

第3位 サンジョバンニ洗礼堂(天国の扉)

フィレンツェ サンジョバンニ洗礼堂Photo by Björn S…

11世紀に建てられた、ドゥオーモの正面玄関に向き合って立っている八角形の洗礼堂。

何より有名なのが、ドゥオーモに面しているロレンツォ・ギベルティ作の旧約聖書の物語が彫られた扉で、ミケランジェロが「天国の門」と呼んで賞賛したことからこの名前が定着したと言われています。

大理石の壁面に金色の派手な装飾の扉が目をひくのでみんな写真を撮っていますが、実はこの扉はレプリカで、本物はドゥオーモ博物館に収蔵されています。共通券で博物館にも入場できるので、興味のある方は本物を博物館でチェックしてみて下さい。

フィレンツェ 天国の門
ロレンツォ・ギベルティ「天国の門」 photo by Mariusz Z

【住所】Piazza San Giovanni, 50122 Firenze FI, イタリア
【アクセス】サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩10分
【開館時間】月曜〜金曜日:8:15〜10:15 / 11:15〜19:30
土曜日: 8:15〜18:30
日曜日: 8:15〜13:30
【閉館日】1月1日、1月6日、復活祭(イースター)、12月25日
【料金】18ユーロ(大聖堂内サンタ・レパラータ教会跡、ドゥオーモ付属博物館、クーポラ、ジョットの鐘楼、サンジョヴァンニ洗礼堂の5か所共通チケット)
【公式サイト】https://www.museumflorence.com/ja

第2位 ジョットの鐘桜

フィレンツェ ジョットの鐘楼photo by antonin

ドゥオーモの脇に建設されている、画家のジョット設計によるゴシック様式の鐘楼です。

こちらもドゥオーモ同様、高さ84メートル、414段の階段を上まで登ることができます。こちらの方が比較的空いていて、単調ですが楽に登ることができます。

最上階からはクーポラを含めた眺望が楽しめるので、インスタ映えする写真を撮りたい!という方はジョットの鐘楼へ登る方がおすすめです。

フィレンツェ ジョットの鐘楼

photo by Kuster & Wildhaber Photography Follow

【住所】Piazza del Duomo, 50122 Firenze FI, イタリア
【アクセス】サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩10分
【開館時間】8:30〜19:00
【閉館日】1月1日、1月6日、復活祭(イースター)、12月25日
【料金】18ユーロ(大聖堂内サンタ・レパラータ教会跡、ドゥオーモ付属博物館、クーポラ、ジョットの鐘楼、サンジョヴァンニ洗礼堂の5か所共通チケット)
【公式サイト】https://www.museumflorence.com/ja

第1位 ドゥオーモ

フィレンツェ ドゥオーモ
photo by pcdazero

正式名称はサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂。

1296年から140年以上をかけて建設された、代表的なルネサンス建築です。大聖堂の壁面も白・緑・ピンクの大理石で装飾されとても壮麗。

フィレンツェ ドゥオーモ
photo by DEZALB

旧市街にはドゥオーモより高い建物がなく、どこからでも眺められる赤いレンガ色のクーポラはフィレンツェのシンボルになっています。逆にクーポラへ登るとフィレンツェの街並みが一望できます。高さ90メートル、463段の階段を登れば見事なフィレンツェ の街並みを360度堪能できます。

ドゥオーモへの入場は無料ですが、クーポラに登るのは事前のチケット購入と入場時間の予約が必要です(チケットだけ購入しても入場時間の予約をしていないとクーポラに登れないことがあるので要注意)。

【住所】Piazza del Duomo, 50122 Firenze FI, イタリア
【アクセス】サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩10分
【開館時間】月曜・火曜・水曜・金曜日:10:00〜17:00
木曜日:10:00〜15:30(月による)
土曜日:10:00〜16:45
日曜日・祝日:13:30〜16:45
【閉館日】12月25日、1月1日、1月6日、復活祭(イースター)、8月15日、12月25日~27日
【料金】ドゥオーモ入場無料 /
クーポラ 18ユーロ(大聖堂内サンタ・レパラータ教会跡、ドゥオーモ付属博物館、クーポラ、ジョットの鐘楼、サンジョヴァンニ洗礼堂の5か所共通チケット)
【公式サイト】https://www.museumflorence.com/ja(チケット購入と同時にクーポラオンライン予約も必須です)

世界遺産の街フィレンツェに行こう!

イタリア観光の中でも人気のフィレンツェ。こんな小さな街の中によくこれだけ美しいものを集められたな、と感動するばかりです。みなさんもぜひフィレンツェのルネサンスの芸術を感じてみましょう!

イタリアの観光情報はこちらをチェック! icon-hand-o-down

日本人が行きたい海外旅行先で毎年上位にランクインされるイタリア!年間で5000万人以上の観光客が訪れるこの国は見どころが多く、一度好きになると何度も訪れたくなってしまいます。こちらの記事ではそんなイタリアのおすすめ観光スポットをご紹介!

ローマ滞在もおすすめです♡ icon-hand-o-down

イタリア共和国の首都ローマ。「トレビの泉」や映画「ローマの休日」に登場する「スペイン広場」など、人生で一度は訪れたい有名なスポットが多数!そこで19世紀の建物を利用したホテルや観光スポットへのアクセスが良いおすすめのホテルをご紹介します!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもstaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Noriko
パティシエール、イタリアソムリエ協会認定ソムリエです。ローマ、フィレンツェ、パリ、ボルドー在住経験があります。イタリア、フランスのグルメ、観光情報をお届けしたいと思います。お菓子レシピをChicca Foodで公開しています。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo