海はないけど川遊びはできる!岐阜県の人気・穴場川遊びスポット10選 | Stayway Media

海はないけど川遊びはできる!岐阜県の人気・穴場川遊びスポット10選

Kenichi

トラベルライター

岐阜 郡上八幡 吉田川

photo by kenichi

豊かな自然に囲まれ、のんびりと過ごせるスポットがいっぱいの岐阜県。

岐阜県は海がない県なので、海水浴を楽しむということはできません。

しかし、透明度の高い川が多いので、暑くなってくると川で遊ぶのが岐阜っ子の楽しみ方。

今回は、そんな岐阜県で川遊びができるおすすめスポットをご紹介しますので、ぜひ1度岐阜県の川で遊んでみてください。

第10位 郡上八幡 吉田川

photo by kenichi

この投稿をInstagramで見る

Shiino.tさん(@shiino.t)がシェアした投稿

郡上踊りで有名な郡上八幡市を流れる「吉田川」。

地域住民はもちろん、全国からこの川を目指して訪れる方も多く、子供も大人も一緒になって水遊びを楽しんでいます。

吉田川といえば、岩場や新橋と呼ばれる橋からの飛び込みが有名で、毎年夏になると多くの方が飛び込みを楽しんでいるので、勇気がある方はぜひ飛び込んでみてくださいね。


吉田川
【住所】〒501-4200  岐阜県郡上市八幡町
【電話】0575-67-0002
【営業】24時間
【交通】車/東海北陸自動車道「郡上八幡」ICから車で約5分
電車/長良川鉄道「郡上八幡駅」からまめバスに乗り「旧庁舎記念館」下車徒歩約1分
【駐車場】近隣に有料駐車場あり
【料金】無料

第9位 板取川 洞戸観光ヤナ

この投稿をInstagramで見る

maki.Kさん(@applegg_maki)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

yoshitakahiraiwaさん(@karate_bakabon)がシェアした投稿

板取川で唯一ヤナ場のあるスポット「洞戸観光ヤナ」。

ヤナ場以外にも釣り堀や川遊び、バーベキューができる所もあるので、夏になると家族連れで大変賑わうスポットです。

板取川といえば、水の透明度が高いことで有名で、上から覗いても川底が見られたり、水中を覗けば遠くまで見られたりします。

更に近年では、ボートなどを使用して空中に浮いているような写真を撮影するのも流行っているので、インスタ映えスポットとしても人気です。


板取川 洞戸観光ヤナ
【住所】〒501-2817 岐阜県関市洞戸小坂1712
【電話】0581-58-2217
【営業】10:00~19:00
【交通】車/東海北陸自動車道を美濃ICから車で約20分
詳細はこちら
【駐車場】あり
【料金】川遊びは無料・釣り堀300円

第8位 岐阜板取川・三ツ石オートキャンプ場

この投稿をInstagramで見る

Mai Katoさん(@maaaaa1xxx)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

ほにゃららまゆみさん(@thpr0203)がシェアした投稿

24時間利用可能なバーベキュー場がある「岐阜板取川・三ツ石オートキャンプ場」。

キャンプ場は豊かな緑の囲まれ、清流・板取川の近くにあるので、バーベキューを楽しみながら魚釣りや川遊びだってできちゃうんですよ。

また、予約をすれば食材の準備をする必要もなく、面倒な方で片付けまでしていただけるので、気軽に利用しやすいのも魅力となっています。


岐阜板取川・三ツ石オートキャンプ場
【住所】〒501-2901 岐阜県関市板取2082-1
【電話】090-2134-5778
【営業】8:00~20:00
【交通】車/東海北陸自動車道「美濃」ICから車で約50分
詳細はこちら
【駐車場】あり
【料金】デイキャンプ3000円(6名以上1人500円増し)

第7位 クオーレふれあいの里

この投稿をInstagramで見る

Yoheiさん(@mosan0205)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

けんさん(@ken_ichiro_ueda)がシェアした投稿

川遊びや釣り、キャンプにバーベキューまでできる「クオーレ ふれあいの里」。

敷地内には道の駅やキャンプ・コテージエリア、高原エリアなどさまざまな区画があり、夏には川遊び、秋にはマス釣りやマスつかみを楽しむことができます。

清流・白川の水は透明度が高く、流れも比較的緩やかなので、小さなお子様も安心して見ずと触れ合うことができるので、ぜひお出かけしてみてください。


クオーレふれあいの里
【住所】〒509-1104岐阜県加茂郡白川町和泉181-1
【電話】0574-72-2462
【営業】8:30~5:00
【交通】車/東海環状自動車道「美濃加茂」ICから車で約40分
電車/JR高山線「白川口」駅からタクシーで約7分
詳細はこちら
【駐車場】あり(有料)
【料金】120円 (1歳以上~)

第6位 付知峡大自然キャンプ場さんけい広場

この投稿をInstagramで見る

‍Rinaさん(@_rnkt109)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Daisuke Itaさん(@itasuke121)がシェアした投稿

豊かな自然に囲まれ、インスタ映えスポットの多い付知峡にある「付知峡キャンプ場 さんけい広場」。

施設の横にはエメラルドグリーンの水面が美しい付知川が流れており、川の中に入って遊ばなくてもただ見ているだけでも癒されます。

どこを見ても美しい自然風景が広がっているので、自然の中で癒されたい方におすすめです。


付知峡大自然キャンプ場さんけい広場
【住所】〒508-0351 岐阜県中津川市付知町349 付知峡キャンプ場 さんけい広場
【電話】0561-54-1511
【営業】4月29日~9月30日
【交通】車/中央自動車道「中津川IC」から車で約45分
詳細はこちら
【駐車場】あり
【料金】デイキャンプ 大人500円/子供200円

第5位 夕森キャンプ場

この投稿をInstagramで見る

kazuko furukawaさん(@rsmam0301)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Takahiro Hatanoさん(@takahiro_htn)がシェアした投稿

中津川市の夕森公園内にある「夕森キャンプ場」。

こちらのキャンプ場には場内に川が流れており、とても身近に川を感じることができ、すぐに水と戯れることができます。

いきなり川に入るのは怖いと感じてしまうお子様には水深の浅いじゃぶじゃぶ池も用意されているので、まずはそちらで水に慣れさせることも可能です。


夕森キャンプ場
【住所】〒509-9201 岐阜県中津川市川上1057-2
【電話】0573-74-2144
【営業】9:00~17:00
【交通】車/中央自動車道「中津川」ICから車で約35分
電車/JR「坂下」から「夕森公園」行のバスに乗り「夕森公園」下車すぐ
詳細はこちら
【駐車場】あり
【料金】大人500円/子供250円

第4位 宮島キャンプ場

この投稿をInstagramで見る

occi occiさん(@occi)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

loveheyさん(@lovehey)がシェアした投稿

キャンプサイトまでは吊り橋を渡っていくという珍しいタイプの「宮島キャンプ場」。

近くまで車の乗り入れができないため、多少不便ではありますが、付知川沿いにあるので、皮まで徒歩0分という立地が魅力です。

水の透明度が高く、流れも緩やかで水深も深くないので、小さなお子様でも遊ばせやすく、マス釣りやマスつかみも体験できるので、楽しい夏の思い出を作ることができます。


宮島キャンプ場
【住所】〒508-0351 岐阜県中津川市付知町146
【電話】0573-82-4737
【営業】デイキャンプ:9:00~16:00/日帰り:13:00~17:00
【交通】車/中央自動車道「中津川」ICから車で約45分
電車/JR「中津川」駅からバスで約60分
詳細はこちら
【駐車場】あり
【料金】デイキャンプ(建物を使用しない):大人300円/小人200円

第3位 奥飛騨温泉郷オートキャンプ場

この投稿をInstagramで見る

にしちゃん😻👍 or にしにぃ😻👍さん(@ni.out)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

calymagazineさん(@calymagazine)がシェアした投稿

全170サイトほどもある「奥飛騨温泉郷オートキャンプ場」。

区画は3エリアに分かれていますが、おすすめは川沿いにあるサイトで、隣との距離が比較的離れているので多少騒いでも安心できます。

すぐそばの川で川遊びを楽しんだり、小さなお子様でも安心して遊ばせられるプールで水に慣れさせたりと楽しみ方がいっぱいです。


奥飛騨温泉郷オートキャンプ場
【住所】〒506-1427 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷田頃家11-1
【電話】0578-89-3410
【営業】9:00~16:00
【交通】車/東海北陸道「飛騨清見」ICから車で約80分
電車/JR「高山駅」からタクシーで約60分
詳細はこちら
【駐車場】あり
【料金】デイキャンプ:大人100円/子供500円

第2位 板取キャンプ場

この投稿をInstagramで見る

板取キャンプ場さん(@itadoricamp)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

板取キャンプ場さん(@itadoricamp)がシェアした投稿

板取川の最上流部にある「板取キャンプ場」。

先ほども紹介しました通り、板取川は水の透明度が非常に高いのですが、こちらのキャンプ場にはその透明度の高い川が2本も流れており、板取川の中でもこの光景を見られるのはここだけなんですよ。

マスのつかみ取りや渓流釣り、水泳や飛び込みなど川遊びに関することなら一通りできるので、色々と楽しんでいきたい方におすすめとなっています。


板取キャンプ場
【住所】〒501-2901 岐阜県関市板取4602-12
【電話】0581-57-6721
【営業】8:30~17:00
【交通】車/東海北陸自動車道「美濃」ICから車で約70分
詳細はこちら
【駐車場】あり
【料金】日帰り:大人500円/小学生250円/幼児無料

第1位 相川水辺公園

この投稿をInstagramで見る

akemiさん(@akemin.07)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

kajiさん(@hiroy_kj)がシェアした投稿

遊具やパターゴルフ、芝生広場などたくさんの楽しみ方ができる「相川水辺公園」。

春には雪山をバックに桜や鯉のぼりの風景を見ることができ、レジャーシートを敷いてのんびりと過ごしている方を大勢見かけます。

相川の河川敷に広がる公園ですが、川の流れが速いため、泳ぐのにはあまり適していませんが、水辺で川遊びを楽しんでいる方がいるので、泳ぐのは苦手だけど川で遊びたいという方は、こちらを訪れてみてはいかがですか?


相川水辺公園
【住所】〒503-2100 岐阜県不破郡垂井町
【電話】0584-22-1151
【営業】24時間
【交通】車/名神高速道路「関ケ原」ICから車で約15分
電車/JR「垂井駅」から徒歩約5分
詳細はこちら
【駐車場】あり
【料金】無料

今年の夏に水遊びするなら岐阜の川で楽しもう♪

岐阜県で川遊びができるおすすめスポットを10か所ご紹介しました。

岐阜県は内陸部の為、海で海水浴ということはできませんが、それを補えるほど楽しく過ごせる川がたくさんあります。

いつもは海のある所に行くけど、今年はいつもと趣向を変えて川で過ごしてみようかなと思った方は、ぜひ岐阜県の川を訪れて楽しい川遊びを楽しんでいってくださいね。

岐阜の暑い夏を乗り切る!おすすめのプールはこちら!

暑い夏を乗り切るにはさまざまな選択肢があると思いますが、今年は思い切って外に出てプールを利用してみませんか?今回は岐阜県にあるプールを10か所厳選し、各スポットの設備や魅力を紹介していきますので、ぜひ参考にしてお出かけしてみてください。

岐阜の日帰り温泉でさっぱりしたい…そんな時は?

豊かな効能を持ち、心身ともにリフレッシュできる温泉をゆっくり楽しんでいきたい所ですが、そこまで時間を取れないという方もいるかもしれません。そこで今回は時間のない方でも温泉を楽しめるよう、日帰り入浴施設を21か所ご紹介していきます。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Kenichi
岐阜県在住。東京にも2年ほど在住経験あり。今までに訪れたことがある都道府県は20県ほど。ご当地グルメや温泉が好きで、気になるものがある所を中心に旅行しています。自身がネットを通じて情報を得ているので、各エリアの魅力を分かりやすく発信していけたらと思います。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo