宮澤賢治の世界!SL銀河鉄道で岩手の鉄道旅を楽しもう | Stayway Media

宮澤賢治の世界!SL銀河鉄道で岩手の鉄道旅を楽しもう

Natsumi Hawthorne

トラベルライターNatsumi Hawthorne

岩手県SL銀河鉄道photo by Natsumi Hawthorne

宮澤賢治が生まれた岩手県花巻市から岩手県沿岸の釜石市までを繋ぐSL銀河鉄道。大人から子どもまで楽しめる観光鉄道です。

プラネタリウムが設置されていたりと、見どころもいっぱいのSL銀河鉄道に乗って優雅な鉄道旅を楽しんでみませんか?

1. 岩手を走るSL銀河鉄道

岩手県SL銀河鉄道photo by Natsumi Hawthorne

現在、SL銀河鉄道として運行されている「C58 239」は、1940年から30年間岩手県内の山田線で活躍した車両です。

1973年の廃線以降、岩手県盛岡市にある交通公園に設置され、約40年間保存されてきました。2012年にこのSLの復刻計画が始まり、約1年におよぶ修復が施されました。

2014年4月、SL銀河鉄道の運行がスタート。宮澤賢治の世界をテーマにした4両編成の客車を引っ張り、岩手県花巻市から釜石市を繋ぐ釜石線を走ります。

2. SL銀河の運行情報

SL銀河鉄道は、週2日「花巻行き」と「釜石行き」が片道ずつ運行されています。

週末運行の場合は、土曜「釜石行き」、日曜「花巻行き」の運行スケジュールになります。スケジュールは変更になる場合があります。

冬季運転はなく、4月から10月までの観光シーズンに運行されます。2019年は4月29日から9月29日まで運行予定です。

SL銀河鉄道は片道運行のため、往路は普通電車、または車などを利用することになります。

運行区間

運行区間は、「花巻」「新花巻」「土沢」「宮守」「遠野」「上有住」「陸中大橋」「釜石」になります。

運行時間

釜石行きの運行時間は、花巻10:37発→新花巻10:50→土沢11:03→宮守11:40→遠野12:13着、13:31発→上有住14:17→陸中大橋14:40→釜石15:08着。

花巻行きの運行時間は、釜石10:58発→陸中大橋11:39→上有住12:02→遠野12:44着、13:54発→宮守14:34→土沢14:57→新花巻15:09→花巻15:20着。

※途中、「遠野」で約1時間程度の停車時間が設けられています。ダイヤ改正などの事情により運行時間は変更になる可能性があります。

3. SL銀河鉄道乗車券購入方法

SL銀河鉄道は、全席指定です。乗車券に加え、座席指定券を購入する必要があります。

花巻ー釜石間の乗車券は、1,660円。花巻ー遠野間、遠野ー釜石間の乗車券は、840円。座席指定券は、大人820円、小人410円になります。

JRみどりの窓口や指定券券売機、旅行会社、えきねっとから購入可能です。発売は乗車日の1か月前からです。SL銀河鉄道は運行日が少なく人気のため、発売後すぐに売り切れてしまうことがあります。

乗車券購入のコツ!

おすすめの乗車券の購入方法は、花巻ー遠野、遠野ー釜石間の座席を狙うことです。

遠野は観光する場所が多く、停車時間も長いのでここで降車する人も少なくありません。どちらかの区間に空きが出ることがあります。

始発から終点の花巻ー釜石間の乗車券を購入しなくても、十分にSL銀河鉄道を満喫できます。

4. SL銀河鉄道に乗ってみよう

SL銀河鉄道に乗って、ゆっくりとした鉄道の旅を楽しみましょう。SL銀河の鉄道車内をご紹介します。

SL銀河鉄道の車内

岩手県SL銀河鉄道photo by Natsumi Hawthorne

SL銀河鉄道が牽引する客車は、釜石線沿線を舞台にした宮澤賢治の名作「銀河鉄道の夜」をモチーフにデザインされています。

1号車にはプラネタリウムと銀河コレクションの展示、2号車には宮澤賢治ギャラリーとライブラリーが併設されています。

3号車には宮澤賢治と銀河鉄道の夜にまつわるギャラリー、4号車には宮澤賢治とSLのギャラリーのほかギフトショップが備わっています。

SL銀河鉄道の車内は、レトロ。ちょっとした装飾も星座のモチーフや銀河鉄道の世界をイメージしていて、銀河鉄道の世界にタイムスリップしたかのような雰囲気を味わえます。

岩手県SL銀河鉄道photo by Natsumi Hawthorne

SL銀河鉄道内のプラネタリウム

岩手県SL銀河鉄道photo by Natsumi Hawthorne
SL銀河鉄道で注目したいのは、光学式プラネタリウムが搭載されていることです。

4~5名程度入れるプラネタリウムの部屋は、定期的にプラネタリウムの上映が行われています。現在は、乗車時にプラネタリウムの整理券を配布していて、整理券の時間ごとに見ることができます。

プラネタリウムの隣には、宮澤賢治をホロスコープで解説した展示があります。

岩手県SL銀河鉄道photo by Natsumi Hawthorne

SL銀河鉄道の展示

岩手県SL銀河鉄道photo by Natsumi Hawthorne

SL銀河鉄道の車内には、SLの歴史を振り返るパネル展示や、宮澤賢治を4つのテーマに分けて紹介するギャラリーがあります。

宮澤賢治の貴重な直筆書なども見られます。車両を渡り歩いてギャラリーを見学するのも醍醐味です。

岩手県SL銀河鉄道photo by Natsumi Hawthorne

SL銀河鉄道の車内販売

岩手県SL銀河鉄道photo by Natsumi Hawthorne

SL銀河鉄道の4号車には、ギフトショップがあります。

SL銀河鉄道のオリジナルグッズを購入することができます。乗車の記念にもおすすめです。

5. SL銀河鉄道の楽しみ方

岩手県SL銀河鉄道photo by Natsumi Hawthorne

SL銀河鉄道の魅力は、なんといっても蒸気機関車ならではの石炭の煙の匂いやガタンゴトンと揺れる音。普通の電車では味わえない情緒があります。

スピードも遅いので、ゆったりとした気持ちで流れていく風景を眺められます。

ギフトショップでは地ビールの販売も。おすすめは遠野のズモナビール。ビールを飲みながら楽しめるのも鉄道旅ならではの楽しみ方です。

週2回しか運行していないこともあり、SL銀河鉄道を一目見ようと撮影ポイントで待っている観光客もいます。SL銀河鉄道の撮影スポットは、メガネ橋や土沢駅周辺。

手を振ってSLが来るのを待っている人たちの光景に出会うかもしれません。手を振り返してあげましょう!

6. SL銀河鉄道停車駅観光

SL銀河鉄道停車駅の観光地をご紹介します。旅の途中に訪れてみてはいかがでしょうか?

花巻市

花巻駅では、SL銀河鉄道の発着時に郷土芸能である「獅子踊り」で観光客を出迎えてくれます。

宮澤賢治の出身地花巻市には、宮澤賢治ゆかりの場所が盛りだくさん。花巻市の観光スポットをご紹介します。

宮澤賢治童話村

View this post on Instagram

Fumie Takahashiさん(@fu_mi_0112)がシェアした投稿

宮澤賢治童話村は、宮澤賢治の童話の世界イメージした施設です。宮澤賢治について学び、作品の世界に触れられます。

施設内の庭には、七色に輝くオブジェがあり、インスタ映えスポットとして注目されています。

近隣には、宮澤賢治記念館やポラン広場、宮澤賢治イーハトーブ館、山猫軒など宮澤賢治に関連した施設が集中しています。

【住所】岩手県花巻市高松26-19
【アクセス】新花巻駅から車で3分、花巻駅から車で15分
【定休日】12月28日〜1月1日
【営業時間】8:30〜16:30
【入館料】大人350円、高大生250円、小中学生150円
宮沢賢治童話村、花巻市博物館、花巻新渡戸記念館との共通入館券あり。
【公式サイト】https://www.city.hanamaki.iwate.jp
【お問い合わせ】0198-31-2211

イギリス海岸

View this post on Instagram

MONJIさん(@kinpanaexteam)がシェアした投稿

北上川の2㎞に渡る西岸を宮澤賢治が「イギリス海岸」と命名しました。宮澤賢治は、泥岩層が連なった光景がイギリスの海岸をイメージさせるようだと作中で紹介しています。

現在はダム整備により水位が低くなることが少なくなっています。泥岩層が現れるのは水位が低くなっている時だけです。

なかなか見られない光景になっていますが、宮澤賢治が愛した場所を訪れてみてはいかがでしょうか?

【住所】岩手県花巻市上小舟渡(周辺)
【アクセス】0198-24-2111(花巻市観光課)
【問い合わせ】新花巻駅から車で10分、花巻駅から車で8分

遠野市

遠野市は、「遠野物語」を始めとする、さまざまな昔話が残る民話のふるさととしても有名です。遠野市の観光スポットをご紹介します。

遠野ふるさと村

岩手県遠野ふるさと村photo by 663highland

遠野ふるさと村は、昔ながらの茅葺屋根の曲がり家で里山体験ができる施設です。昔話の語り部を聞いたり、工芸体験や遠野に伝わるイベントを体験できます。

江戸中期から明治期にかけて建てられた茅葺屋根の曲がり家を移設して、昔ながらの集落を再現しています。江戸時代の村にタイムスリップしたかのような気分を味わってみませんか?

【住所】岩手県遠野市附馬牛町上附馬牛5-89-1
【アクセス】遠野駅より早地峰バスで25分、遠野ふるさと村バス停下車
【定休日】年中無休
【営業時間】3月~10月9:00-17:00、11月~2月9:00-16:00
【入館料】一般540円、小・中・高校生320円
【公式サイト】http://www.tono-furusato.jp
【お問い合わせ】0198-64-2300

カッパ淵

岩手県遠野市カッパ淵

photo by 663highland

カッパが出現?!すると有名なカッパ淵です。

カッパは乳の神とも言われていて、カッパを祀っている祠があります。乳飲み子がいる母親がここで祈願するとおっぱいの出が良くなるという云われがあります。

遠野市観光協会では、「カッパ捕獲許可証」を販売。なんと、カッパを捕獲すると賞金1,000万円!もしかしたらカッパに出会えるかもしれません。

カッパ淵でカッパ探しにチャレンジしてみましょう。

【住所】岩手県遠野市土淵町土淵
【アクセス】遠野駅より車で11分と徒歩5分、伝承園から徒歩5分
【料金】無料
【公式サイト】https://tonojikan.jp
【お問い合わせ】0198-62-1333

釜石市

2019年ラグビーワールドカップの開催地として注目されている釜石市。釜石市の見どころをご紹介します。

釜石大観音

岩手県釜石大観音

photo by Ty19080914

釜石の名所と言えば「釜石大観音」。手に魚を持った高さ48.5メートルの「魚籃(ぎょらん)観音像」です。

観音像の中に入って、三十三観音像や七福神などを拝観できます。観音像の抱える魚の上部分が展望台になっており、釜石湾の景色を楽しめます。

【住所】岩手県釜石市大平町3-9-1
【アクセス】釜石駅からバスで10分
【営業時間】9:00~17:00
【入館料】大人500円、中高生300円、小学生100円
【公式サイト】http://kamaishi-daikannon.com
【お問い合わせ】0193-24-2125

橋野鉄鉱山

岩手県橋野鉄鉱山photo by のりまき

2015年に世界遺産登録された「橋野鉄鉱山」。

橋野鉄鉱炉は日本最古の洋式高炉で、1858年に近代鉄鉱の創始者と呼ばれている大島高任(たかとう)の指示で建設されました。

橋野鉄鉱炉跡は当時の状態のまま残されており、日本の鉄鉱の歴史を感じられる場所です。

【住所】岩手県釜石市橋野町第2地割15
【アクセス】JR遠野駅駅より車で35分、JR釜石駅より車で50分
【料金】無料
【公式サイト】http://www.tono-furusato.jp
【お問い合わせ】0198-22-8846

岩手の魅力が詰まったSL銀河鉄道で旅をしよう

SL銀河鉄道は、宮澤賢治の物語「銀河鉄道」の世界そのものです。

SL銀河鉄道に乗って見る岩手の風景は一味違います。SL銀河鉄道で岩手の旅を楽しみましょう。

岩手の桜の名所はこちら🌸

岩手の桜の見ごろは、4月下旬から上旬。ゴールデンウィーク中は岩手の桜を巡る観光客でにぎわいます。岩手県内で有名なお花見の名所と自然豊かな景色を楽しめる桜の名所9選をご紹介します。ゴールデンウィークには岩手の桜を堪能しましょう!

グルメ情報もしっかりチェック!🍽✨

岩手県在住のライターがおすすめする、地元グルメ10選です!麺処・盛岡市の行列ができる必食グルメから、地元民が勧めるややディープな名物、お土産に最適・お洒落なパッケージの持ち帰り品までラインナップ。岩手観光の参考にしてもらえれば幸いです。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Natsumi Hawthorne
岩手県盛岡市出身。盛岡のコミュニティラジオ局勤務を経て、国際結婚で渡米。アメリカコロラド州コロラドスプリングス在住。1児の母。生まれ育った岩手県や現在住んでいるアメリカの観光情報、旅に役立つ情報をみなさんにお届けします。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo