【山形】銀山温泉とその周辺の観光スポット12選! | Stayway Media

【山形】銀山温泉とその周辺の観光スポット12選!

万代正平

トラベルライター

00銀山温泉観光トップ
Photo by Wikipedia

銀山温泉とその周辺の観光地は、あまり有名なところは少ないです。

しかし穴場的な観光スポットが多く、巨木や田んぼアートなど珍しいスポットが並んでいます。

そんな観光地を12か所厳選しました。

わかりやすいランキング形式で紹介します。

第12位 小杉の大杉

12小杉の大杉
Photo by Wikipedia

小杉の大杉は、山形県鮎川村の小杉地区にある大杉です。

樹齢は1000年以上の大木で、樹高20メートル、枝張り17メートル、そして根回りが6.3メートルもあります。

幹の部分が三又状に分かれているのが特徴で、その根元の部分には山神を祀りました。

杉の形の先がふたつに分かれている部分があり、その形が「となりのトトロ」のトトロにそっくりであるということで多くの観光客の姿が見られます。


【正式名称】小杉の大杉(トトロの木)
【住所】山形県最上郡鮭川村大字曲川
【アクセス】羽前豊里駅から車で12分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】無し
【公式サイト】無し

第11位 新庄城跡(最上公園)

11新庄城
Photo by Wikipedia

新庄城跡は、山形県新庄市にある城址です。

沼田城や鵜沼城とも呼ばれており、1625年に築城され、新庄藩の藩庁として機能しました。

戦国・安土桃山時代までこの地を支配していた最上氏に変わり、戸沢政盛が築城します。

幕末の戊辰戦争では戦闘の舞台となり、庄内藩兵により焼失しました。

現在は、堀と土塁だけが残っていて、最上公園として桜の名所となっています。


【正式名称】新庄城跡
【住所】山形県新庄市堀端町6-86
【アクセス】新庄駅から徒歩10分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】無し
【公式サイト】http://www.city.shinjo.yamagata.jp

第10位 東根の大ケヤキ

10東根の大ケヤキ
Photo by Wikipedia

東根の大ケヤキは、山形県東根市にあるケヤキの巨木です。

1500年近くはあろうかとう巨木で、1952年に国の天然記念物に指定。

日本三大ケヤキのひとつとなっていて、日本ケヤキ見立番付で東の横綱に指定されました。

1本だけそびえており、元々南北朝時代の小田島城の本丸跡だった場所です。

かつては雄槻(ちちケヤキ)もありましたが、明治時代に枯れてしまいました。

残された雌槻(ははケヤキ)は、東根市の努力により、ますます活力がみなぎっています。


【正式名称】東根の大ケヤキ
【住所】山形県東根市本丸北1丁目1-1
【アクセス】新庄駅から徒歩30分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】無し
【公式サイト】https://www.city.higashine.yamagata.jp

第9位 新庄・最上漫画ミュージアム

この投稿をInstagramで見る

kaz uraさん(@kura222jp)がシェアした投稿

新庄・最上漫画ミュージアムは、新庄駅の駅近くにあるミュージアムです。

アニメ・漫画をテーマとしており、新庄地域に眠っていたあサイン色紙やイラスト、複製原画を詰めて展示しています。

特に最上地域にゆかりのある漫画家のサイン色紙などを募集しており、レプリカと交換して展示。

近くに来たときには地元新庄・最上地域の漫画家の作品を存分に楽しみましょう。


【正式名称】新庄・最上漫画ミュージアム
【住所】山形県新庄市多門町1-3
【アクセス】新庄駅から徒歩2分
【営業時間】9:00~18:00
【定休日】第2第4月曜日
【電話番号】0233-29-1311
【公式サイト】http://www.smmm.jp/

第8位 関山大滝

08関山大滝
Photo by Wikipedia

関山大滝(せきやまおおたき)は、山形県東根市にある滝です。

滝の幅は15メートル、他k差は10メートルで、大きな岩を滑り落ちるように広がって滝が落ちるる姿は迫力があります。

特に夏の時期に訪問して涼とマイナスイオンを取り込んでください。

正岡子規などがこの滝に足跡を残しました。

また、秋になれば紅葉のが素晴らしくこの時期に行くのもおすすめです。


【正式名称】関山大滝
【住所】山形県東根市大字関山
【アクセス】神町駅から車で21分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】無し
【公式サイト】無し

第7位 堺田分水嶺

07堺田分水嶺
Photo by Wikipedia

堺田分水嶺は、珍しい光景が見られる場所です。

山形県の最上町と宮城県の大崎市の間にある堺田越という峠がありますが、標高350メートル地点に分水嶺があります。

これは山から流れてきた水路が、日本海側と太平洋側に分かれる部分で、平坦な地上に露出しているのは非常に珍しい光景。

またこの峠はなだらかだったために古くから街道があり、旧街道の名残が残っています。


【正式名称】堺田分水嶺
【住所】山形県最上郡最上町大字堺田
【アクセス】堺田駅から徒歩2分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】無し
【公式サイト】無し

第6位 尾花沢市 田んぼアート

この投稿をInstagramで見る

ryo_y0814さん(@ryo_y0814)がシェアした投稿

尾花沢市 田んぼアートは、銀山温泉がある尾花沢市にあるアートです。

数年前から始まった田んぼを使ったアート作品。

町おこしを目的として、通常のイネとは違う、古代米や観賞用の米の苗を植えました。

そして、成長するとそれぞれの特徴である色にかわり、結果的にアート作品が浮かび上がります。

ちょうど夏の頃から刈りいれの前くらいが見ものです。


【正式名称】尾花沢市 田んぼアート
【住所】 山形県尾花沢市大字名木沢855
【アクセス】芦沢駅から車で5分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】無し
【公式サイト】無し

第5位 金山町の街並み

この投稿をInstagramで見る

あひる先生さん(@ahirusennsei)がシェアした投稿

金山町の街並みは、山形県金山町にある古い町並みが見ものです。

この地の気候風土に合わせて作られている、珍しい金山型住宅が見もの。

1984年に提唱された街並み(景観)づくり100年運動により町並みが保存されました。

観光客も訪れるようになり、街では町並みを最もよく見られるような、ウォーキングコースも設定しています。

またいろんな体験もできるようになっています。


【正式名称】金山町の街並み
【住所】山形県最上郡金山町大字金山
【アクセス】真室川駅から車で13分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】無し
【公式サイト】無し

第4位 白銀の滝

04白銀の滝
Photo by AC

白銀の滝は、銀山温泉にある白銀公園の入口にあります。

温泉街から奥に進むと、白銀の滝が見られるでしょう。

滝の高さは22メートルの直瀑で、大小2本あります。

この滝は対岸の展望台から見ると全体が見渡せます。

また、逆に滝壺の近くまで行くことも可能。

マイナスイオンを存分に浴びてください。

また滝口の上流部には、籟音の滝という5メートルくらいの小さな滝があります。


【正式名称】白銀公園
【住所】山形県尾花沢市大字銀山新畑443
【アクセス】銀山温泉共同駐車場から徒歩12分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】無し
【公式サイト】無し

第3位 伊豆こけし工房

この投稿をInstagramで見る

吉田春菜さん(@michieh1030)がシェアした投稿

伊豆こけし工房は、銀山温泉の温泉街にあるこけしの工房です。

NHKドラマのおしんで、登場する銀山こけし。

その影響で、多くのファンからの要望により、生まれた赤ちゃんの身長と体重と同じ大きさのおしんこけしを作っています。

この他にも工房では、いろんなこけしや魔よけの木「槐(えんじゅ)」などを作っています。

卓越技能の大臣賞を受賞した、熟練の工人が作った名品をお土産にするのも良いでしょう。


【正式名称】伊豆こけし工房
【住所】山形県尾花沢市大字銀山新畑450
【アクセス】銀山温泉共同駐車場から徒歩12分
【営業時間】8:30~17:30
【定休日】無休
【電話番号】0237-28-2161
【公式サイト】http://www.izu-kokesi.gr.jp/

第2位 洗心峡・銀山遊歩道

この投稿をInstagramで見る

watanao/渡部直人さん(@watanao9)がシェアした投稿

洗心峡(せんしんきょう)は、銀山温泉の奥、白銀公園内にある渓谷です。

白銀の滝から一番奥にある銀坑道までは、遊歩道となっており、せことい橋周辺を特にこのような名前で呼ばれています。

渓谷の流れを聞きながら、ゆったりとした散策を楽しみましょう。

冬は雪で閉ざされてしまいますが、夏は新緑に囲まれ、自然に身を委ねることができます。

また秋の紅葉シーズンもおすすめです。


【正式名称】洗心峡
【住所】山形県尾花沢市大字銀山新畑450-1
【アクセス】銀山温泉共同駐車場から徒歩11分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】無し
【公式サイト】無し

第1位 延沢銀山遺跡銀坑洞

この投稿をInstagramで見る

@junji0107がシェアした投稿

延沢銀山遺跡は、銀山温泉の奥、白銀公園内にある坑道址です。

1456年に金沢の儀賀市郎左衛門が、この地で銀山を発見しました。

そして最盛期には、兵庫の生野、島根の石見と並んで日本三大銀山として賑わいました。

しかし資源が枯渇し、元禄年間には廃山となり、代わりに温泉地として銀山温泉が栄えるようになります。

坑道跡は、遊歩道として公開しており、温泉の宿泊客が浴衣姿で散策することが可能です。


【正式名称】延沢銀山遺跡銀坑洞
【住所】山形県尾花沢市大字銀山新畑443
【アクセス】銀山温泉共同駐車場から徒歩15分
【営業時間】日の出から日没まで
【定休日】無休(冬期期間は閉鎖)
【電話番号】0237-22-1111
【公式サイト】http://www.city.obanazawa.yamagata.jp

銀山温泉とその周辺は穴場のような珍しい観光地が多い

99銀山観光ラスト
Photo by Wikipedia

銀山温泉とその周辺の観光地は、あまり有名なところは少ないものの、穴場的な観光スポットが多いのが特徴です。

巨木や田んぼアート、あるいは全国的に珍しい分水嶺などが見られるでしょう。

銀座温泉に来たら温泉近くの観光地、そしてできれば新庄など周辺のスポットにも足を運んでみてください。

【山形出身者が選ぶ!】訪れてほしいおすすめ温泉11選

山形県は日本で唯一全35の市町村で温泉が湧き出る「温泉王国」。そんな山形には地域ごとに特色ある温泉街が存在しており、山や渓谷、日本海などの自然に囲まれた空間でゆったりとした時間を楽しむことができるおすすめ温泉街をランキングでご紹介します!

山形出身者が語る!絶対に行くべき米沢おすすめ観光スポット11選!

米沢市は山形県置賜地方最大の都市。戦国時代の武将である上杉謙信を代表する上杉家の城下町として有名です。上杉家に由来する観光名所が多い米沢市ですが、それ以外に見逃せない場所も沢山。今回は魅力溢れる山形県米沢市の観光スポット11選を紹介します!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

万代正平
旅行が好きで、日本は47都道府県すべて行ったことがあります。旅先にある温泉が好きなので、全国にあるいくつかの温泉を実際に体験しています。また2003年より夫婦で飲食店(東南アジア料理店)を経営している関係で、ほぼ毎年東南アジアに渡航しており、東南アジア10か国すべて訪問しました。海外では他にヨーロッパ(英国、ベルギー、アイルランド)アメリカ、中国、香港、マカオ、台湾、韓国への渡航経験があります。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo