絶対食べたい!元在住者がオススメするグアテマラ料理10選 | Stayway Media

絶対食べたい!元在住者がオススメするグアテマラ料理10選

Juri Mizuki

トラベルクリエイター

私たちが住む日本から遠く離れた中米の国、グアテマラ。

豊かな自然に囲まれたこの国は、マヤの古代遺跡やスペインによる植民地支配の歴史を物語るコロニアル様式の建造物、そして国土がカリブ海に面していることから様々な見どころがあります。

アンティグア

Photo by Adobestock

そんな旅行先として見どころ満載なグアテマラですが、現地を訪れる際絶対に試しておきたいのがローカルグルメ!中米にはどのような食文化が根付いているのでしょうか?

今回は、グアテマラ旅行で楽しみたいオススメのローカルグルメを10選形式で紹介したいと思います。

豊かな自然と歴史が育んだグアテマラ料理

Photo by Pixabay

国土に多数の火山を有するグアテマラ。火山地帯が生み出す栄養豊富な土壌は世界的に有名なコーヒーをはじめ、多くの作物の栽培に役立っています。

なかなか馴染みが無く、想像しにくいグアテマラ料理!それを知る手掛かりは、この国が歩んできた歴史の中に隠されています。

意外と日本人の口によく合う?

グアテマラ 料理

photo by adobe stock

これから紹介するグアテマラ料理は、無数に存在するレシピの中から選んだものです。これらはクセが無く、食に厳しい日本の方々でも安心して食べられるものばかりです。

なぜ、グアテマラ料理が私たち日本人の口に合うのでしょうか?実はその理由を理解するのはとても簡単で、その答えは「現地で消費されている食材や調理法が日本でもお馴染みであるものばかりだから」です。

現に、グアテマラの主食はトウモロコシとお米で、ジャガイモや豆もよく消費されています。また、日本でも近年人気上昇中であるメキシコ料理との共通点がいくつもあるのが特徴です。

1.ペピアン(Pepian)

Photo by Pixabay

豚肉または鶏肉と野菜をシナモン、クローブ、ローリエといった香草、そしてスパイスと混ぜてコクが出るまでしっかりと煮込んだグアテマラの定番料理です。

グアテマラではお祝い事の際によく食べられていて、作るのに時間と手間が掛かるのが特徴です。トウモロコシの粉で作ったトルティージャやお米と一緒に食べるのが一般的です。

2.タマーレス(Tamales)

グアテマラ タマーレス

photo by adobe stock

豚肉または鶏肉、その他じゃがいもなどの具材をトウモロコシの粉とラードを練り合わせて作った生地で包んだものを、バナナの皮で蒸した料理で「ラテンアメリカ版のちまき」とも呼べます。

タマーレスは、かつてメキシコ東部からホンジュラス北部地域で繁栄を誇ったマヤ文明の時代から親しまれてきた伝統料理で南米でも食べられています。

グアテマラでは誕生日やクリスマスなどのお祝いでメインディッシュとして食べられるのが一般的ですが、観光客向けのレストランでも見つける事が出来ます。

3.ホコン(Jocon)

グアテマラ ホコン

photo by adobe stock

鶏肉と緑黄色野菜をしっかり煮込んで香辛料で味付けした、グアテマラ版シチューまたはポトフのような料理です。

グアテマラでは、トウモロコシの粉から作られた薄いパンケーキであるトルティージャと一緒に食べるのが最も一般的です。

4.セビーチェ(Ceviche)

グアテマラ セビーチェ

photo by adobe stock

中南米地域を中心に食べられている魚介類のマリネで、1〜2cm角に切った生の白身魚やエビとみじん切りにした玉ねぎやトマトなどの野菜と混ぜ合わせて、たっぷりのレモン汁とハーブでスッキリと味付けした料理です。

ラテンアメリカの人々に広く親しまれている「セビーチェ」ですが、グアテマラではウスターソースや醤油、ピリ辛ソースなどのソース類を加え他の国のものと比べ、少し濃いめに味付けが施されているのが特徴です。

ビールや白ワインによく合うのでオススメです。

5.ピカード・デ・ラバーノ(Picado de rabáno)

Photo by Pixabay

ピカードは、グアテマラで主に前菜として食べられている伝統的な家庭料理で細かく刻んだラディッシュ、トマト、玉ねぎを混ぜて塩とレモンで簡単に味付けしたサラダです。

非常にヘルシーなので、濃い味付けの料理によく合います。

6.コシード(Cocido)

グアテマラ コシード

photo by adobe stock

コシードは、15世紀以降にスペインがグアテマラを統治下に置いたことがキッカケで中南米地域に伝わった「ポルトガルおよびスペインの伝統料理」です。

肉の塊やソーセージとざっくり大きめに切ったじゃがいも、キャベツ、ニンジンなどの野菜を煮込んだ料理で調理後にスープと具材を分けて提供するのが一般的です。

スープにお米を浸して食べるのがスタンダードです。

7.アドバード(Adobado)

グアテマラ アドバード

photo by adobe stock

酢とにんにく、香辛料、および香草類を混ぜて作られたソースに肉を絡めて焼いた料理です。しっかりとした味付けが特徴で鶏肉を調理することが多いです。

8.チュチートス(Chuchitos)

グアテマラ チュチートス

photo by adobe stock

豚肉や鶏肉をトウモロコシの粉とラードを練り合わせて作った生地で包んだものを、乾燥させたトウモロコシの皮を用いて蒸し上げた料理です。

作り方はタマーレスと非常に似ているものの、チュチートスはトマトソースとドライチーズを添えて食べるほか、軽食として親しまれている点が異なります。

グアテマラでは道端の屋台などで1個〜購入する事が出来ます。観光で歩き疲れた場合や少し小腹が空いた時などに是非試してみて下さい!

9.カルド・デ・レス(Caldo de res)

カルド・デ・レス

photo by adobe stock

ジャガイモやトウモロコシをはじめとする野菜と牛肉を煮込んだビーフスープです。野菜の栄養素がたっぷり溶け込んだスープは旨味がしっかりと感じられる、グアテマラの伝統料理の一つで、月曜日に食べられる事が多いです。

10.シュコス(Shucos)

グアテマラ シュコス

photo by adobe stock

グアテマラを含む中南米地域でポピュラーなホットドックです。

ピリ辛ソーセージとして知られるチョリソーや白ソーセージなど、お好みのソーセージをたっぷりのグアカモーレと一緒にパンに挟んでケチャップとマスタードをかけていただきます。

お店によってクリームチーズなどトッピングが加えられる場合もあります。安いのにボリューミーでとても美味しくオススメです。

本場でグアテマラの伝統料理を満喫しよう!

グアテマラ アンティグア

Photo by Adobestock

いかがでしたか?今回はグアテマラの伝統料理を10種類紹介しました。

これらの料理は、ほぼ全て現地に滞在している間目にするのではないかと思いますが、現地には今回紹介したもの以外にも様々な美味しい伝統料理があるほか、あっと驚くような発見がいっぱいです。

いろんな料理に舌鼓を打つのは旅行先での醍醐味の一つ。グアテマラを訪れる際は、今回紹介した情報を参考にしていただければ幸いです。

こちらの記事も読まれています

中米グアテマラの古都『アンティグア』はコーヒー栽培が盛んに行われていてその歴史は100年を超えます。アンティグアは世界的にも有名なコーヒーの産地で世界遺産の旧市街には多くのカフェが建ち並んでいるのでコーヒー好きな方にお勧めしたい観光地です。
私達が住む日本から遠く離れた中米に位置するグアテマラ。マヤ文明から続く長い歴史と緑豊かな大自然と美味しいコーヒーが最大の魅力の国です。このページでは古都アンティグア観光を満喫する為にすべき事7選とオススメ観光スポットを15ヶ所紹介しています

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Juri Mizuki
21歳から世界を旅し始めて5年間でラグジュアリー旅からバックパッカー旅など幅広い形での旅を経験し、これまでに103カ国渡航しました。グアテマラのアンティグアでの語学留学経験あり。トラベルコンサルタントとして旅しながらリモートで働かせていただいております。 ガイドブックなどには載ることの無いリアルな情報をここから読者の皆さんにお届けします。現在旅している人・そうでない人関係なく楽しんでいただけるメディア作りをしていければなと思います。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo