「ナニロア・ヒルトンホテル」でハワイ島のアロハに出会う!(Naniloa,Hilton) | Stayway Media

「ナニロア・ヒルトンホテル」でハワイ島のアロハに出会う!

Hinata Yoshioka

トラベルライターHinata Yoshioka

Photo by Hinata Yoshioka

ハワイ島のヒロ方面に行ってみたい!だけど、大きなホテルとかってあるの?ちょっと不安…なんて思われている方はいらっしゃいませんか?

こちらでご紹介するホテルは、あの有名な「ヒルトンホテル」です。

ヒロの老舗ホテル「ナニロア」と世界の「ヒルトン」、ここだけの素敵なコラボレーションをお楽しみ頂けますよ!

1.ナニロア・ヒルトンホテルってどんなホテル?

「ナニロア・ヒルトンホテル」でハワイ島のアロハに出会う!

Photo by エクスペディア

「Grand Naniloa Hotel, a Doubletree by Hilton」(通称ナニロア・ヒルトンホテル)は、2016年にハワイ島ヒロに登場したばかりの新しいホテルです。

それまで老舗ホテルとしてこの場所でずっとハワイ島を見守ってきた「ナニロアホテル」を、クラッシックモダンにリニューアルし、新しい息吹を吹き込ませた「ヒルトン」。

互いのもつ良さを存分に生かしあった素晴らしいホテルとして生まれ変わりました。

・空港もダウンタウンも近くて便利

・眺望が素晴らしい

・エレベーターがなかなかこないのが残念

[住所] 93 Banyan Dr, Hilo,Hi 96720
[アクセス] ヒロ空港から車で8分
[公式サイト] https://www.grandnaniloahilo.com

2.ハワイ島の歴史と文化の魅力に出会える場所

Photo by エクスペディア

ナニロア・ヒルトンホテルは、実はハワイ諸島に数々あるホテルの内で6つのホテルしか認められていない「ヒストリック・ホテル・オブ・アメリカ」のメンバーであるほど、大変歴史のある象徴的なホテルです。

1939年に建てられたナニロアホテルは、この島で始まったハワイ先住民族の伝統を伝える「メリーモナークフェスティバル」や、古代の航海術だけで世界一周をしたダブルカヌー「ホクレア号」などを見守り続け、ハワイの文化と共に歩んできました。

ホテルの廊下やお部屋などあちこちに、有名フラ写真家「キム・テイラー・リース」の作品が飾られるなど、ハワイアン文化をテーマとしたディスプレイ等も見応えがあります。

そういった部分からもここは、ハワイの土地を深く感じさせてくれる歴史的空間なのです。

3. ロビーを入った瞬間から感じる「ALOHA」

Photo by エクスペディア

ナニロア・ヒルトンホテルに到着して早々、この心地よい空間に癒されてしまいます。壁で塞がれることなくオープンになったロビーには、柔らかな風が通り抜けて陽光がテラスを美しく照らしています。

誘われるようにテラスへ出ると、パノラマに広がるオーシャンビュー!ヒロ湾の向こうにはマウナケアの美しい山並みが大きく広がっていて、「ようこそヒロへ!」と全てを祝福してくれているかのようです。

ここではそんなヒロという場所が持つ「アロハ(愛情)」を、体いっぱいに感じ取れるような演出がさりげなく用意されています。

時間が経つごとに変化していく風景や、鳥達のさえずりと共にハワイアンミュージックの生演奏などが楽しめるロビー。

小さなバーラウンジもあって、スカイブルーからサンセットオレンジ、そしてインディゴブルーに向かっていく美しい空を眺めながらお酒を楽しむことができます。

4. ヒルトンの上品で洗練された世界観

Photo by エクスペディア

もちろんお部屋からも、美しい海もしくは緑豊かなハワイ島の風景が眺められます。ここではオアフ島のように高層ホテルがギッシリと並んでいるといったこともないので、圧迫感なくゆったりとした心地で過ごせます。

お部屋はクラッシックモダンで落ち着いた雰囲気。

必要以上に飾り立てないことによって、大きなガラス窓越しに見える南国の風景がより一層際立ちます。

白を基調としたお部屋はハワイの爽やかな陽光を受けて、明るく精錬された空間を作り出しています。

5. ダイナミックな自然を目の前に感じながら

Photo by エクスペディア

ホテルと海の間には大きな芝生の庭があり、そこではプールや日光浴を存分に楽しめます。

賑やか過ぎたり人だらけで寝転ぶスペースが無いといったこともなく、大らかでのんびりとしたハワイ島の良さをじっくりと味わえるのが嬉しいですね。

プールサイドにはライブミュージックステージのあるレストランバーがあります。地元食材をふんだんに使ったこだわりのお料理を食べることができるレストランです。

外席もあるので、ヒロ湾が見渡せるプールサイドでトロピカルドリンクを飲む幸福感をめいっぱい楽しんでください。

Photo by エクスペディア

6. ヒロのダウンタウン近くでロケーションも抜群!

Photo by Hinata Yoshioka

ナニロア・ヒルトンホテルを道沿いに出てすぐ横手には、バス停もあります。

小さな屋根とベンチがあるだけのスペースなので気付きにくいですが、「ヘレオンバス」が止まります。そこからダウンタウンのバスターミナルまでは程近く、そこで各路線の時刻表を手に入れることが可能です。

基本はローカルの人たちの為のバスなので、本数や時間帯はかなり限られていますが、乗る際に2ドルを渡すとどこにでも行けるというシステムです。ただし、のんびりとした場所ですので日本と同じように考えず、ハプニングがあっても楽しめるくらいの心持ちで乗ることをオススメします。ちなみに日曜日は運休なのでご注意を。

もちろんレンタカーがあれば、好きな時にどこにでも行けるので一番便利です。

ボルケーノ国立公園や近くに点在する小さな可愛い街々、滝や洞窟、海沿いの道「ハマクア・コースト」を走ったり…お土産が必要ならショッピングセンター街などもあります。ヒロの街は比較的、身近に色んなものがギュッと集まっているので観光しやすいですよ。

7. バニヤン・ドライブを通ってココナッツ・アイランドまで!

Photo by Hinata Yoshioka

ナニロア・ヒルトンホテル前の通り道「バニヤンドライブ」の並木道は、とにかく見応え抜群です。木が大きすぎて、自分が小人になったように感じるくらいの木々がずらりと並んで道を作っています。

散歩しながら海沿いに座っておやつを食べるのも楽しいですし、美味しいポケ丼が食べられる「スイサン」も、このバニヤンドライブ沿いにあるので便利です。

この道を散歩して行く途中で、「ココナッツアイランド」と呼ばれる小さな島が見えてきます。

島へは橋を歩いて渡ることができ、誰もが散歩やピクニックを楽しめる場所となっています。たまにローカルのイベントなどもやっているので、タイミングよく出会えたならば是非参加してみてくださいね。

ハワイのマナ(エネルギー)に包まれて…

Photo by Hinata Yoshioka

いかがでしたでしょうか。

大自然に包まれたエネルギッシュな大地、ハワイ島。その美しいヒロ湾とハワイの文化をずっと静かに見守り続けてきたナニロア・ヒルトンホテル。

ここでは普段より呼吸を深くゆっくりするだけで、ハワイのマナ(エネルギー)が体の中に入り込んできて、あなたを幸せな気分へと導いてくれますよ。

ハワイの最新フォトジェニックホテルをまとめました🏨

ハワイにはフォトジェニックなホテルが急増中!その中でも特にかわいくて、リーズナブルなショアラインワイキキが今熱いんです!インスタグラマーになったような気分を味わえる、ショアラインワイキキの魅力について、7泊した私が徹底解説します。

週末ハワイ女子旅モデルコースをまとめました✈️

「ハワイ旅行、行きたいけれどなかなかまとまった休みが取れない」「ゴールデンウィークやお盆休み、年末年始は混雑しているし費用も高い!」そんな方のために、週末のお休みを使ってできるハワイ旅行のモデルプランをご提案します!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Hinata Yoshioka
神戸出身。旅好きで20代の頃に日本国内でヒッピー旅を続けた後、沖縄の西表島、そして沖縄本島へと移住し計13年。巡り巡って現在は神戸で生息中。 近年はHawai’i(オアフ島、マウイ島、カウアイ島、特にハワイ島)に通ってフラやロミロミ、ホクレア号に関わるなどハワイ文化にどっぷりとハマりつつも、最近新たにセブ島(フィリピン)にご縁ができ、これから通い始める予感…? 地球一周のクルーズシップで行ったことのある国はキューバ、イースター島、マダガスカル、ポルトガル、ギリシャ、タヒチなど約42カ国。 HP「hinatabook」 …という訳で、このどうにもならない放浪癖を何かに活かしたい!と、思っていた頃に出会ったのがフォト・ライターのお仕事。あまりに自由奔放なこの旅人生も、何かのお役に立てれば幸いなり。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo