在住者おすすめ!広島旅行で欠かせない広島グルメTOP10

あおば かえ

トラベルライター

広島県宮島の鳥居

Photo by 写真AC

国内外の観光客から人気の広島県は、世界遺産をはじめとした観光スポットがたくさんあります。

観光スポットを巡る広島県の旅行であっても欠かせないことは、広島県の名物グルメを食べることではないでしょうか。

がっつり主食として食べたい全国で知られる有名グルメから、観光名所を回る時に食べれちゃう甘味まで広島には様々なグルメが存在します。

観光旅行ではなくグルメ旅行で広島県に訪れるという方法も、筆者としてはおすすめしたいところだったり。

そこで今回は在住者が教える寄らなきゃ損のグルメ店も含め10種類・10店舗のグルメをランキングでご紹介します。

第10位:呉海自カレー

View this post on Instagram

mimiharunさん(@miharun830)がシェアした投稿

広島県呉市のご当地グルメとして有名なのが、海自カレーです。

海自カレーというのは、海軍自衛隊呉基地にある艦艇内で食べられているカレーのことを言います。

海に出て生活する隊員が「曜日を忘れないように」といつしか金曜日にはカレー習慣ができたというお話もあります。

艦艇ごとに味が異なるので、海自カレーの食べ比べをするべく提供店舗を巡るのもおすすめです。

「呉ハイカラ食堂」では潜水艦・そうりゅうで食べられているカレーを食べることができます。

実際に使用されているテッパントレイに盛られたカレーを潜水艦内を再現したサブマリンブースで食べると、まさに潜水艦内で食べているような感覚を味わえますよ。

・正式名称:呉ハイカラ食堂
・住所:呉市宝町4番21号折本マリンビル3号館
・アクセス方法:JR呉線呉駅から徒歩5分
・営業時間:[月~金]11:00〜17:00/[土・日]10:30〜16:00/[祝・祝前]11:00〜17:00
・定休日:毎週火曜日
・電話番号:0823-32-3108
・公式サイト:http://www.kurefine.com/index.php

第9位:クリームパン(八天堂)

View this post on Instagram

八天堂 ヴィレッジさん(@810cafelie_staff)がシェアした投稿

東京駅や梅田駅、さらには国外でも販売店を構えているのが広島県三原市に創業店や本店を構えるお店「八天堂」。

こちらのお店ではぎっしりとクリームが詰まったクリームパンが有名です。

くりーむのバリエーション豊富な「くりーむパン」やクリームパンとコラボした「メロンパン」、とろりと溶けるクリームが魅力の「温めるシリーズ」など種類の多さにどれを買うか悩んでしまいます。

広島空港にある「八天堂カフェリエ」ではフレンチトースト風に焼き上げられたくりーむパンが食べられる「Cafelieスイーツプレート」がおすすめ。

スイーツ以外にもフードメニューも充実しており、空港を利用した時のお食事処としてもおすすめです。

事前申し込みでくりーむパン作りも体験できますし、ここ本店でしか購入できない限定販売のくりーむパンもあるので要チェック。

・正式名称:八天堂カフェリエ
・住所:広島県三原市本郷町善入寺用倉山10064番190
・アクセス方法:広島空港バス停から徒歩5分
・営業時間:10:00~18:00
・定休日:年末年始を除き年中無休
・電話番号:0848-86-8622
・公式サイト:http://hattendo.jp/cafelie/

第8位:あなごめし

View this post on Instagram

Kazuhiroさん(@kazuhirofujisawa)がシェアした投稿

広島県有数の観光スポットである宮島のグルメといえば「あなごめし」です。

あなごめしは宮島の駅弁として売られ始めたのが発祥とされています。

あなごめしをいただける有名店として知られる宮島にある「あなごめしうえの」は創業明治34年の老舗店。

あなごのアラで炊き込んだ醤油味のご飯の上にびっしりとふっくらとしたあなごが乗った「あなごめし」はその見た目の美しさも魅力の一つです。

食堂でいただくこともできますが、お弁当販売もしているので、お弁当を購入して宮島探索をしつつ食べるという方法もおすすめですよ。

・正式名称:あなごめしうえの
・住所:広島県廿日市市宮島口1-5-11
・アクセス方法:JR宮島口駅から徒歩2分
・営業時間:[弁当販売09:00~19:00]/[食堂営業]10:00~19:00 売り切れ次第終了
・定休日:なし(水曜は弁当のみの販売)
・電話番号:0829-56-0006
・公式サイト:https://www.anagomeshi.com/

第7位:尾道ラーメン

View this post on Instagram

omatsuさん(@matsunagake70)がシェアした投稿

サイクリストを中心に知名度の高いしまなみ海道のある尾道市。

そんな尾道市のご当地グルメといえば「尾道ラーメン」です。

お店によっては中華そばとメニュー表記されている尾道ラーメンの特徴は、醤油をベースにした優しい味のスープです。

そんな尾道ラーメンがいただける尾道市の人気中華店「朱華園」はガイドブックにも度々取り上げられるほどの有名店。

開店前からの行列や相席が必至の人気店であり、たまたま相席となった人との一期一会もまたこちらのお店を利用した際の醍醐味でもあります。

・正式名称:朱華園
・住所:広島県尾道市十四日元町4-12
・アクセス方法:尾道駅より徒歩20分
・営業時間:11:00~20:00 売り切れ次第終了
・定休日:木曜・第3水曜(祝日の場合営業)
・電話番号:0848-37-2077
・公式サイト:https://www.ononavi.jp/eating/chinese-style/detail.html?detail_id=71

第6位:ビールスタンド重富の広島生ビール

View this post on Instagram

こうきさん(@kouki.0324)がシェアした投稿

ビールは大人だからこそ楽しめる飲み物の一つですよね。

実はビールは注ぎ方によってガラッと味が変わるのをご存知ですか?

広島県にある「ビールスタンド重富」では注ぎ方によって味の違う生ビールを実際に飲んで体験できます。

1人につき2杯までの注文で立ち飲みのみ2時間の営業ですが、究極のビールを味わいに訪れるお客さんが後を絶ちません。

注文できるビールの注ぎ方の種類は、名前の通りの一度注ぎやビールの苦味が抑えられまろやかな味になるマイルドタイプなどの計5種類ほどあります。

複数人で訪れて全種類を飲み比べみる、といった方法を実践している人もいるそうですよ。

・正式名称:ビールスタンド重富
・住所:広島県広島市中区銀山町10-12
・アクセス方法:路面電車電停「銀山町」から徒歩5分
・営業時間:17:00~19:00
・定休日:営業日が毎月変わるため公式サイトやSNSで確認ください
・電話番号:050-3635-4147
・公式サイト:http://sake.jp/

第5位:もみじ饅頭

View this post on Instagram

えりさん(@eeerrriiiii)がシェアした投稿

言わずと知れた広島県の定番お土産品は「もみじ饅頭」ですが、もみじ饅頭も進化しているというのをご存知ですか。

老舗店の「にしき堂」では餅粉と米粉を使ってもっちりとした食感に仕上がった今までのもみじ饅頭とは一味違う『生もみじ』が販売されています。

さらに宮島の「紅葉堂」では串に刺さった『揚げもみじ』が販売されており、サクッとした熱々の状態でいただくのが人気です。

他にも同じく宮島にある「やまだ屋 本店」では、もみじ饅頭の手焼き体験ができます。

お土産に留まらないもみじ饅頭をぜひ広島の地で体験してみてくださいね。

・正式名称:やまだ屋 本店
・住所:広島県廿日市市宮島町835-1
・アクセス方法:広電宮島口駅から約2キロ
・営業時間:8:00~20:00
・定休日:年中無休
・電話番号:0829-44-0511
・公式サイト:https://momiji-yamadaya.co.jp/

第4位:ホルモン天ぷら

View this post on Instagram

Oba Ryu(大庭 隆)さん(@ohryu0816)がシェアした投稿

広島県民でもコアなファンに知られ密かな人気を誇っているのが「ホルモン天ぷら」です。

広島県のB級グルメとしてテレビで紹介され一躍ブームを読んでいるご当地グルメでもあります。

お店によってはまな板と包丁がテーブルの上に置かれており、自分でザクザクと切って食べ進めるので初めて目にした時はびっくりしたという人も。

地元で広く親しまれている人気店の「たかま」では一口大に切られて提供されます。

10人前や20人前という量で注文しても、ぺろっと食べ切れてしまうので追加注文待った無しの美味しさです。

・正式名称:天ぷら たかま
・住所:広島県広島市西区都町21-3
・アクセス方法:路面電車電停「観音町」から徒歩4分
・営業時間:11:00〜20:00
・定休日:火曜日・水曜日
・電話番号:082-234-7272

第3位:汁なし担々麺

View this post on Instagram

おいしいさん(@imotokinmiya)がシェアした投稿

ピリっとした辛さが魅力の癖になる美味しさで人気を呼んでいるのが「汁なし担々麺」です。

「汁なし担々麺」を美味しく食べる基本はしっかりと麺と具を混ぜること。

辛さは注文時に選ぶことができるお店がほとんどですので、自分にあった辛さを注文しましょう。

お店によって特徴が違いますが流行の火付け役となったことで知られる「くにまつ」では辛さ0の注文も可能です。

辛いのが好きな人でも辛いのは苦手という人でも楽しめるように工夫されているので、グループでの利用にもぴったりです。

・正式名称:中華そば くにまつ
・住所:広島市中区八丁堀8-10
・アクセス方法:路面電車電停「立町」から徒歩3分
・営業時間:平日11:00〜15:00,17:00〜21:00/土曜11:00〜15:00
・定休日:日曜日
・電話番号:082-222-5022
・公式サイト:http://www1.enekoshop.jp

第2位:牡蠣

View this post on Instagram

♫•*¨*•@yumi♡*•.¸¸♪さん(@u_ayu25)がシェアした投稿

広島県で新鮮な魚介類を食べようと考えた時に一番に思い浮かぶおすすめの食材は「牡蠣」です。

牡蠣の旬は1月〜3月とされおり全国的にこの時期に食べる方が多いかと思いますが、広島では一年を通して牡蠣を味わえます。

中でも「牡蠣ひよっこ商店」はリーズナブルな価格で牡蠣の食べ放題ができることで有名です。

定番の焼き牡蠣やカキフライ以外にも、グラタンやアヒージョなど様々な料理方法で食べ放題が可能となっています。

・正式名称:牡蠣ひよっこ商店
・住所:広島県広島市中区薬研堀5-12
・アクセス方法:路面電車電停「胡町」「銀山町」から徒歩5分
・営業時間:18:00~翌7:00
・定休日:なし
・電話番号:050-5263-4265
・公式サイト:https://xn—-w8t1b3czf572wmcbhz6atbv7i00h3g025v9w7cq12aviz.com

第1位:お好み焼き

View this post on Instagram

𝐍𝐚𝐫𝐮𝐦𝐢さん(@224hn___)がシェアした投稿

広島の一番有名なグルメといえばやはり「広島焼き」とも呼ばれる「お好み焼き」ではないでしょうか。

広島焼きの特徴はクレープ状に作った記事の上に具材を積み重ねていく点です。

食べ切れないのではないかと感じさせるほど、山高く盛られますがじっくりと蒸し焼きされて作られたお好み焼きはぺろっとなくなってしまいますよ。

広島に数あるお好み焼き店の中でも、広島焼きの発祥店なのがお好み焼き店「みっちゃん」。

テーブルの上に置かれているマヨネーズが広島の野球チーム・カープの帽子をかぶっているのもお店のポイントです。

・正式名称:みっちゃん総本店 八丁堀本店
・住所:広島市中区八丁堀6-7チュリス八丁堀1F
・アクセス方法:路面電車電停「八丁堀」から徒歩5分
・営業時間:[平日]11:00〜14:30/17:30〜21:30[土・日・祝]11:00〜15:00/17:00〜21:30
・定休日:なし
・電話番号:082-221-5438
・公式サイト:http://www.okonomi.co.jp

ご当地グルメが目白押し!広島県の美味しいを食べ尽くそう

具体的な店舗もピックアップしながら、広島県でおすすめのグルメを10個ご紹介しました。

目の前で出来上がっていく料理の様子やお店の中の雰囲気を目で、耳で、匂いで感じることから、広島のグルメを楽しむ時間は始まっています。

今回ご紹介したグルメの中にはお土産やお取り寄せとして利用できる商品を準備しているお店もあります。

直接足を運んで味わって、持ち帰ってからも家族や友人と味わうこともできるので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

広島・尾道観光もおすすめです⛩✨ icon-hand-o-down

広島に数日泊まる方に、必ず私がおすすめしている尾道観光。「尾道に居れるのは1日しかない!でもできるだけ色んなスポットを回りたい!」そんなあなたに尾道の魅力をぎゅっと「1日」に詰め込んだおすすめの尾道観光コース&スポット10選をご紹介します!

広島のゲストハウスに滞在してみませんか?🏨 icon-hand-o-down

文化史跡である原爆ドームのある広島平和記念公園や、四季折々の美しい景色が堪能できる縮景園など、絶対に外せないスポットの多い広島。こちらの記事では観光はもちろん、ビジネス利用、国際交流を兼ねた旅行におすすめのゲストハウスをご紹介します!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。
皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

あおば かえ
都市部から少し離れた郊外の良さを感じながら生活する20代の瀬戸内Webライター。大々的な旅行をしない代わりに「ちょっとそこまで」を合言葉に地域のイベントやスポットに足を運ぶことが好きです。忙しない日々から少し離れた素敵な所を紹介していけたらと思います。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo