【絶景&グルメ】夏に行きたい北海道のおすすめエリアBEST10 | Stayway Media

【絶景&グルメ】夏に行きたい北海道のおすすめエリアBEST10

Jun

トラベルライター

牧草ロールと飛行場
photo by adobestock

夏の北海道は本州よりも過ごしやすく、冬のように天候による交通の不便がないためドライブなどの観光にはぴったりのシーズンです。

とくに太古から続く緑深い自然の風景や青い海は必見の価値ありです♪

今回はそんな夏の北海道を観光する際におすすめのエリアを厳選して紹介します。

10位 透き通るオクシリブルーの海で過ごす夏【奥尻・松前エリア】

奥尻島 なべつる岩
photo by adobestock

道南の歴史ある城下町や商家が立ち並ぶ、北海道の中でも独自の文化を持つ奥尻・松前エリア。

手つかずの自然と新鮮なウニやアワビなどの海の幸が楽しめる奥尻島は夏の北海道観光にはぴったりのスポットです♪


奥尻島
【住所】北海道奥尻郡奥尻町
【交通】江差からフェリーで約2時間45分
【公式HP】http://unimaru.com

9位 夏こそ快適に観光を楽しむ!【札幌・小樽・千歳エリア】

小樽運河 / 晴れた日の観光イメージ
photo by adobestock

北海道の中心地である札幌近郊も夏に人気のエリアの一つです。

藻岩山や支笏湖など周辺の自然を楽しみつつ、市街地で北海道の定番グルメを楽しむプランがおすすめです。

夏の小樽運河を船から眺める小樽運河クルーズは、非常に涼しく、普段は見れない運河の眺めを楽しめます♪


小樽運河クルーズ
【住所】北海道小樽市港町5-4
【電話】0134-31-1733
【営業】デイクルーズ始発9:30 最終19:00
【交通】JR小樽駅から徒歩で約10分
【駐車場】近隣に有料駐車場あり
【料金】大人(中学生以上)1,500円 小人(小学生以下)500円
【公式HP】https://otaru.cc

8位 名湯と雄大な湖【洞爺・登別エリア】

この投稿をInstagramで見る

TEMMYEさん(@temmye0019)がシェアした投稿

北海道を代表する温泉地登別。

汗をかいて冷えた体を温泉で温めるのも夏の温泉の醍醐味です。

ドライブコースとしても人気であるため少し足を延ばして苫小牧のノーザンホースパークや室蘭の工場地帯の夜景をみるのもおすすめです♪

洞爺湖を望む丘にあるレークヒル・ファームは新鮮な牛乳を使用したソフトクリームなどを楽しめる夏にぴったりのスポットです!


レークヒル・ファーム
【住所】北海道虻田郡洞爺町花和127
【電話】0120-83-3376
【営業】ジェラートショップ 9:00~19:00
【交通】札幌から車で中山峠経由、約2時間10分
【駐車場】無料
【公式HP】https://www.lake-hill.com

7位 世界自然遺産を堪能する【知床エリア】

神の子池 摩周湖周辺の伏流水が湧き出す神秘的な池 (北海道・道東・清里町)
photo by adobestock

世界自然遺産の知床の夏は冬の間閉鎖されている知床横断道路が開通し、動物たちも活発に活動するため北海道のダイナミックな自然に触れ合いたい方にはぴったりです。

おすすめは知床半島の付け根、清里町にある神の子池。

摩周湖の地下水が湧き出た青く透明な水の中に木々が沈んだ幻想的は風景は夏の北海道の名スポットの一つです♪


神の子池
【住所】北海道斜里郡清里町清泉
【交通】中標津空港から車で約1時間
【駐車場】無料
【公式HP】https://www.kiyosatokankou.com

6位 ラベンダーの香りに包まれる【富良野・美瑛エリア】

ファーム富田
photo by adobestock

夏の北海道を象徴するラベンダー畑が広がる富良野美瑛エリア。

ドラマ「北の国から」のセットや青い池など見どころがたくさんある人気スポットです♪

ファーム富田は富良野でラベンダーを見るには外せないおすすめのスポットです!


ファーム富田
【住所】北海道空知郡中富良野町基線北15
【電話】0167-39-3939
【営業】9:30~16:30 詳しくはこちら
【交通】JR中富良野駅から車で約5分
【駐車場】無料
【公式HP】https://www.farm-tomita.co.jp

5位 シャコタンブルーの海の恵み【積丹エリア】

北海道のカムイ岬
photo by adobestock

夏の北海道の味覚と言えば積丹のウニは外せません!

新鮮で本州よりも安く食べられるため、積丹半島にドライブの際は必ず食べておきたいおすすめのグルメです♪

神威岬は源義経にまつわる切ない伝説が伝わる景勝地。

積丹ブルーの海と岬のコントラストは積丹エリアを代表するスポットです。


神威岬
【住所】北海道積丹郡積丹町神岬町
【電話】0135-44-3715(積丹観光協会)
【営業】8:00~18:00(入園時間8:00~17:00)詳しくはこちら
【交通】小樽駅から車で約1時間30分
【駐車場】無料

4位 最北の離島が魅せる自然【利尻島・礼文島エリア】

AdobeStock_89838374 (3) (1)
photo by adobestock

北海道を代表する夏の味覚は積丹半島だけではありません♪

利尻昆布を食べて育ったバフンウニはウニ好きをうならせる美味しさです!

利尻山は利尻富士の愛称でも知られる富士山に似た美しい山。

夏には手軽な登山が楽しめる山としても人気です。


利尻山
【住所】北海道利尻郡利尻町
【電話】0163-84-3622(利尻町観光協会)

3位 楽しみ方は自在!【函館エリア】

北海道 五稜郭
photo by adobestock

夜景、歴史ある洋風建築、朝市の美味しい海鮮丼と北海道の人気観光地函館。

市街はもちろん夏場は北海道新幹線で盛り上がる木古内などに足を延ばすのもおすすめです♪

函館の名所五稜郭を望む五稜郭タワーは、夏の夜には函館山を含む裏夜景が見られるスポットとしても人気です。


五稜郭タワー
【住所】北海道函館市五稜郭町43-9
【電話】0138-51-4785
【営業】8:00~19:00
【交通】JR函館駅から車で約15分
【駐車場】周辺に有料駐車場あり
【料金】大人900円 中・高校生680円 小学生450円 小学生未満無料
【公式HP】https://www.goryokaku-tower.co.jp

2位 夏こそ行きたい道東!【釧路・十勝エリア】

夏のオンネトー
photo by adobestock

釧路・帯広エリアは知る人ぞ知るグルメスポット。

六花亭や柳月のスイーツやスパカツ、豚丼などをはじめとしたB級グルメは、夏にドライブをしながらの食べ歩きがおすすめです♪

オンネトーは足寄町にある北海道三大秘湖の1つ。

季節・天候・見る角度など条件によって色が変わることか五色沼と呼ばれる神秘的な魅力がある知る人ぞ知るスポットです。


オンネトー
【住所】北海道足寄郡足寄町茂足寄
【電話】0156-25-2141(足寄町役場)
【交通】足寄町から車で約40分
【駐車場】無料

1位 北海道らしい風景を存分に楽しめる!【旭川・北竜エリア】

向日葵photo by adobestock

旭川には旭山動物園をはじめとした人気スポットはもちろん、ラーメンなどのご当地グルメも豊富です♪

また周辺ののどかな風景は夏にドライブを楽しみたい方に大人気です。

旭川から車で1時間ほどの場所にある北竜町はヒマワリの名所としても人気です♪

北海道の果てしない青空と広い大地に広がるヒマワリは夏の北海道の思い出作りにぴったりです!


北竜町ひまわりの里
【住所】北海道雨竜郡北竜町板谷
【電話】0164-34-2082(北竜町役場ひまわり観光センター)
【営業】24時間
【交通】JR旭川駅から車で約1時間
【駐車場】無料
【公式HP】http://portal.hokuryu.info

北海道の夏のおすすめエリアを満喫しよう!

日本の中でも人気の観光地として知られる北海道は、ドライブなどを存分に楽しめる夏の観光にもおすすめです。

夏ならではの大自然はもちろん、北海道の夏の恵みを存分に味わって最高の思い出を作りましょう!

夏の北海道観光の参考にしていただければ幸いです。

【在住者おすすめ】北海道の夏を楽しめるグルメ10選!

北海道の「グルメ」といえば、海鮮・ジンギスカン・ラーメンなどの 豊富な大地の恵みと海の幸が魅力的ですよね!夏には、ビアガーデンや夏祭りなどの催し物が各地で行われます。今回は、有名どころから穴場まで、北海道のおすすめグルメを紹介します!

道民おすすめのドライブスポット40選!【グルメ・絶景・体験も】

北海道でドライブをしようと考えている方へ。手付かずの自然が残る絶景や、北海道産の食材を使用したグルメなど、北海道には魅力が盛りだくさんです。本記事では定番どころから穴場まで網羅しましたので、ドライブの際にはぜひ参考にしてみてください!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Jun
学生時代に電車と車を使った日本縦断も経験している旅好きの道産子ライター。趣味であるアウトドアを楽しみながら、全道各地を旅しています。アウトドアはもちろん、グルメ、温泉、インスタ映えまでお任せください。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo