第11弾!!旅人インタビュー!これから沖縄の離島でマリンスタッフとして働く旅人にお話を聞きました。 | Stayway Media

第11弾!!旅人インタビュー!これから沖縄の離島でマリンスタッフとして働く旅人にお話を聞きました。

新巻 健人

トラベルライター

⭐インタビューを受けて頂いた旅人のくまさん⭐

2018年の夏は沖縄は座間味島でマリンスタッフとして働く予定のくまさんにインタビューしました!

タイやラオスで色んなハプニングに遭遇したくまさんの旅への思いとは?

①「自己紹介をお願いします!

初めまして!

海と雪山が大好きで、現在は都内で事務職をしている25歳のくま(金子竜己)です!

今年の夏も座間味島古座間味ビーチのマリンショップでマリンスタッフをしますので良かったら遊びに来てくださいね!

くまさんが旅人になったきっかけを教えて下さい! 

正直他の人と違って大きなきっかけはありません。

俺と同じ感覚な人っていると思います。

大きなきっかけやバックグラウンドがなくても、そのまだ見ぬ新鮮さとかそこには何があるのかなとか単純な好奇心に心動かされるみたいな笑

あとは旅人とかって人間的に面白い人が多いから、日本の人でも海外の人でもとりあえず色んな人と出会いたいと単純に思ったからですかね。

もうたぶん人生の序盤くらいの中学の時から学校も行かずにぷらぷら遠出したり刺激を求めてたから、その頃から軽く旅人だったというか俺の人生のわがままは知らぬ間に始まってました笑

③「あなたは何カ国旅したことありますか?」

タイ(バンコク、チェンマイ)

ラオス (ルアンパバーン、バンビエン、パークベン)

韓国 (ソウル)

タイは主に北部、ラオスも主に北部、韓国は有名どころのみって感じですかね。

国内だと新潟、長野、大阪、福井、沖縄くらいです。

英語しゃべれないけど、日本語はある程度なら話せるのでので国内は気合いとノリでいつも旅しています!笑

④「今まで旅した国や場所で印象深い場所を教えて下さい!」

ホワイトテンプル 同じところにずっといると多分考えって固まっちゃうというか、柔らかい考え方ができなくなっちゃったり、固定概念とか、、、決めつけというか。 特ににそれが私は酷くって。物事を決めつけがちだったけど、ほんの少し、本当にほんの少し旅しただけでそれが変わりました。 とにかくいまは便秘で悩んでます。 #東南アジア #タイ #チェンマイ #バックパッカー #一人旅 #二人旅 #大人の旅 #そして #貧乏旅 #ゴープロ #ゴープロのある生活 #カメラ好き #カメラ好きな人と繋がりたい #Thailand #chiangmai #trip #journey #friend #friends #happy #memory #gopro #goprohero5

Kuma Lionさん(@kumaliongram)がシェアした投稿 –

ラオスならパークベンとルアンパバーンです。

パークベンはタイはチェンコーンから2日かけてスローボートで行きました。

街頭なし、娯楽なし、夜は人の気配なしの静かな町でした。

そんな町の夜道を散歩しつつ、メコン川の音を聞いてお酒を飲みながら考え事をしたパークベンはとても印象に残った思い出の街です。

パークベンの後に行ったルアンパバーンは町から一歩出ると自然が豊かで散歩がとても楽しかったのを覚えてますね。

散歩でかいた汗を流す為にいつも早めに町に戻って、ラオスで有名なサウナに行ってリフレッシュしていた日々も今となっては良い思い出です。

国内のおすすめですと、訪れた中では福井と沖縄です。

四季を楽しみつつ、ゆっくりとした時間を味わうなら福井県。

福井県はなぜか観光地として知名度は低いですが、沢山の良い隠れスポットがあります。

夏は海もあり、都市部から少し足を伸ばせば日帰りで行けます。

冬には雪山でスポーツも楽しむこともでき、グルメは偏りのない海鮮から野菜まで楽しめます!

おすすめは越前かにと越前おろしそばですね!

なんといっても人混みの嫌いな僕には落ち着いて観光もでき、三国温泉やあわら温泉など温泉好きな僕には非の打ち所のない県でした。

さよなら23。よろしく24。 おめでとう #誕生日 #birthday #Gopro

Kuma Lionさん(@kumaliongram)がシェアした投稿 –

沖縄ではやっぱり座間味島が好きです。

夕暮れと夜空は最高に綺麗で初めて行った時は本当にびっくりしました!

もちろんダイビングでも有名な座間味は「世界が恋する海〜座間味〜」そのもののです。

これは日本人の人には一生に一度で良いから行ってほしい場所の一つ。

「自分の生まれた国にはこんな世界に発信できるレベルの海があるんだ。」と感じてほしい。

自分自身、親が死ぬ前に連れて行きたいと思い、昨年の夏に連れて行きました。(もちろんまだ親は元気にしています笑)

⑤「旅をしていた時はどんなスタイルでしていましたか?」

強いていうならゲストハウスなどで出会った人に書いてもらうログブックなる物を持って旅をしていました。

その場所の名前、出会った人の名前、出会った人からのコメント、船の時間のメモからビールのラベルを挟んだり時々日記や考えを書いてみたりしました。

帰国してログブックを見返すと旅の思い出が一瞬にして蘇ります。

⑥「旅してる時に起きた一番大きなハプニングを教えて下さい!」 

んまあお馴染みのやつですわ。 #実際 #静かな所にいるときが #幸せかも

Kuma Lionさん(@kumaliongram)がシェアした投稿 –

ラオスでATMでお金を下ろす時に二日酔いやら何やらで頭がまともに回っておらず何回も暗証番号を間違えて日本から持ってきたクレジットカードが使えなくなったことです笑

宿代払えない&後1日で不法滞在確定という最悪な状況でした…

どうしようもなく宿主に
「ソーリーソーリー、まじでノーマネーなう〜。ディスカードストップ、、、オーマイガーなわけよ」とテンパリながら英語を駆使すると何とか伝わったのか、少し待ってくれる様子でした。

その間にゲストハウスのWI-FIを借りてどうにかする情報を模索し、数時間がたった頃に宿主が何か言ってきましたが、もちろん全く理解できません涙

急に腕を掴まれてどこかに連れて行くと言われてとても緊張しましたが、お金を払えない自分が悪いので昨夜酔っ払いすぎた自分を責めながらも宿主について行きました。

そして何とついて行った先には他の宿のスタッフさん数名とめちゃくちゃ美味しそうなご飯がありました。

「おまえ金も持ってないし飯もくえないだろ?一緒に食べようぜ」的なことを英語で伝えてくれました。

緊張していたのと嬉しさで思わず泣いてしまいました!

その後は運良くゲストハウスで知り合った旅人に助けられ、何とか不法滞在を逃れられました笑

これ以外には謎の警察に追われたり、地元マフィアのマッチョに出会った色々とハプニングに遭遇しましたね笑

⑦「旅中に出会った面白い人か変わっている旅人について教えてください!」

ゲイですね!笑

ゲイに対して今までは理由も無くネガティブなイメージを持っていましたが、旅先で出会った彼らはとても愉快で一緒にいて楽しかったです!

最初は正直、ゲイに対して自分から一方的に抵抗がありましたが、並の人間にはない魅力を持っているゲイに出会い一気にゲイに対する印象が変わりました。

今までは旅先で知り合ったゲイの友達たちが東京に遊びに来る度に東京をガイドしてあげたりしています。

⑧「旅を通してあなたが学んだことは何ですか?」

自分の価値観の小ささと人との出会いの大切さに気づきました。

何でもありの旅先で人生なんて結局、自己満足だから周りを気にし過ぎず自由にしていいのではないかと思いました。

旅をして自分自信が持っていた変な固定概念から解放された気がしましたね。

⑨「最後にこれから旅したい人にメッセージをお願いします!!」

Kuma Lionさん(@kumaliongram)がシェアした投稿

旅する国に対してある程度のリスペクトは大切ということです。

例をあげると文化、宗教、その国で暮らしている人などです。

郷に入れば郷に従えとは本当に良くできた言葉です。

海外に行くのであれば旅行者の1人1人が日本代表という意識を持った方がいいです。

良くも悪くも旅人の皆さんの言動によってその国のイメージを作られてしまいます。

せっかくなら日本という国に良いイメージを持ってもらいたいですよね。

旅で大切なのは何より自分自身が楽しむことです。

それを忘れずに旅すればきっと最高な思い出を作れるはずです!

7月から沖縄の座間味島のマギーシークラブという所でスタッフとして働くので、機会があれば遊びに来てださいね!

僕を見つけてくれたらサービスできるかも!?

staywayについて

Staywayは世界中の宿泊施設を検索&比較できるサイト。

価格からロケーションまで幅広いニーズに答え、利用者にあった宿泊先を素早く見つけることが可能です。さらに宿泊先でのさまざまな滞在方法も提案しているので、ぜひチェックしてみましょう!

logo