旅人インタビュー第21弾♡旅好きな女子大生におすすめの国を聞きました♪

wakana

トラベルライター

1. 自己紹介

初めまして!

吉田わかなと申します。

旅をして世界を見ること、美味しいもの巡りが大好きな大学3年生で、現在都内の大学でビジネスを専攻しています。

よろしくお願いします!

2. 旅行が好きになったきっかけ。

私の祖父が旅行が大好きで、小さいころからよく様々な国に連れて行ってもらっていて。

“小さな時から世界をみることは大事なんだよ。

日本は島国だから、独特なすばらしい文化や慣習がある半面、当たり前だと思っていることが実は当たり前じゃなかったりするんだ。

だから世界をみて、様々なことを感じたり学んだりしてほしい。”

とよく祖父が言っていました。

小さな時はあまりよくわからなかったのですが、今では旅に行った際はその国に根付く考え方や文化、慣習などを毎回考えるようにしています。

それと同時に、海外旅行やアメリカでの留学生活を通して日本の文化のもつ”魅力”も改めて感じました。

3. 今まで行った国。

アメリカ、オーストラリア、シンガポール、メキシコ、ハワイ、グアム、ニュージーランド、サイパン、マカオ、香港、台湾、韓国、フィリピン、カナダです。

アメリカはサンディエゴに留学へ、ロサンゼルス、ラスベガス、サンフランシスコにも行きました。

香港、台湾、韓国、ハワイには何度も訪れています。

それぞれまた違った魅力があり、大好きな国です!

ところで、みなさんは飛行機に乗るだけでももうわくわくしませんか?

ちなみに私は飛行機の中で、お気に入りの音楽を聴きながらその国のガイドブックを読んだり、お菓子を食べながら映画を見たり、のんびりと過ごすのが大好きです(笑)

4. 私のおすすめの国*アメリカ

1か所目はアメリカ、ラスベガス!

きらきら輝く夜の街、カジノの街。見るもの、会う人、全てが刺激的でした!

ラスベガスは、ホテル自体も観光スポット

ニューヨークにパリ、ヴェネツィアなど、世界各国の都市をモチーフにしたホテルや、お城の形をしたホテル、ピラミッドの形のホテルまで!

ニューヨークニューヨークホテルの外周には、スリル満点のジェットコースターも走っています!

オーシャンズ11の撮影でも使われた、ベラージオホテルでの音楽と噴水のショーは圧巻です!

ホテル宿泊者でなくても見ることが出来るので、ぜひ訪れてみてください!

続いてはサンフランシスコ。

アラモスクエア地区にある、隙間なく建ち並ぶビクトリア様式の住宅群、ペインテッド・レディースは、『フルハウス』で一躍有名になった可愛いお家が並んでいます♡

フィッシャーマンズでは、ゴールドラッシュでサンフランシスコが大きな町になった頃からの

漁港で、魚やエビ・カニなどを水揚げする場所だったため、シーフード料理が有名。

【BOUDIN】で、サンフランシスコといえばのクラムチャウダーを朝ごはんに♡

公式ホームページ:https://boudinbakery.com
住所:160 Jefferson Street, Lower Level San Francisco, CA 94133

最後にサンディエゴ。

アメリカ西海岸の最南端に位置しているので、一年を通して温暖な気候と、きらきら輝くビーチ、のんびりとした空気が大好きでした。

空を見上げて深呼吸したくなるような。

色々な国の人にも出会え、今でも連絡を取っています^^

ここで出会えた仲間は、一生の宝物です。

サンディエゴは、アメリカ人が選ぶ、住みたい街ナンバー1とも言われています。

パシフィックビーチにあるカフェ、【Woody’s】で波の音を聴きながら朝ごはん。

公式ホームページ:http://thewoodgroupsd.com/venues/woodys/
住所:4111 Ocean Blvd, San Diego, CA 92109, b/t Pacific Beach Dr & Oliver Ave,Pacific Beach

こちらの記事もおすすめ icon-caret-down

アメリカのカリフォルニア州に位置する街の一つ、サンディエゴ。年間晴天日数が300日以上、また、治安がとても良いことでも知られています。こちらの記事ではサンディエゴに留学していた私が、フォトジェニックスポットや美味しいグルメをご紹介します!

5. 私のおすすめの国*マカオ

400年前からポルトガル人が居留していたため、西洋的な歴史的な建造物も多く、年間を通じて多くの観光客が訪れています。

聖ドミニコ教会は、レモンイエローの可愛らしい建物で、中はバロック式の祭壇があります。

聖ドミニコ教会

詳細ホームページ:http://jp.macaotourism.gov.mo
住所:St. Dominic’s Square
開館時間: 10:00~18:00
バス路線:3, 3X, 4, 6A, 8A, 18A, 19, 26A, 33, N1A

こちらは、世界遺産の聖ポール天主堂跡。火災によって、現在は正面の壁のみが温存されています。

夜になると、ライトアップも楽しめます♪

The Ruins of St. Paul's in Macau, China.

詳細ホームページ:http://jp.macaotourism.gov.mo
住所:Company of Jesus Square
開館時間: 天主教芸術博物館は 09:00~18:00 (最終入館は17:30。火曜14時以降休館、祝祭日は開館)、天主堂跡は 09:00~18:00 (最終入館は17:30)
バス路線:3, 3X, 4, 6A, 8A, 18A, 19, 26A, 33, N1A

ホテルは、ザ・ベネチアンマカオリゾートへ。

Venetian Macau Night

アジア最大級の総合エンターテイメントリゾートホテル、3000の客室は全て70平米を越える

豪華なお部屋です♥

ホテルには、350のブランドショップとモール内を行きかうゴンドラ、世界屈指のコンベン

ションとエキシビション施設もあるので、一日ホテルにいても飽きません!

6. 私にとっての旅の魅力。

私にとって、旅の魅力は大きくわけて3つ。

一つ目は、価値観を広げられるから。

今までに13ヵ国訪れましたが、国によって言語はもちろん、人柄も食事も生活スタイルもすべて違います。

当たり前だと思っていたことが、当たり前じゃないということにも気づかされました。

二つ目は、たくさんの出会いがあるから。

世界各国の様々なバックグラウンドを持った人たちと色々な話をするのがとても楽しいし、一期一会の出会いも旅の醍醐味だと思います。

そして三つめは、日本の良さを改めて実感できるから。

どの国もそれぞれの魅力がありますが、やはり日本はサービス、食べ物、衛生面、時間管理、全てにおいてクオリティが高い!(笑)

旅をしていると、感じること、学べることがたくさんあるといつも感じます。

これからも、広い世界をもっと見て、たくさんの人と出会いたいです。

staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもstaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

こんな記事も読まれています♪ icon-angle-double-down

日本から一番近い海外とも言われる韓国!ホテルや交通機関を上手く選べば、国内旅行よりも安く行けてしまうのです♥こちらの記事ではコストを抑えつつも、めいっぱい楽しむことが出来る3日間のおすすめプランをご紹介します!
香港から日帰りでも遊びに行けるのがマカオ。香港からマカオまでフェリーでたったの1時間です。マカオといえばカジノ!と思い浮かべる方も多いですが、カジノだけが全てではありません。香港・マカオのおすすめ観光スポットをまとめてみました!

wakana
都内大学の3年生。旅と食が好き。 旅に出るたびに多様な価値観に触れ、多くの人々に出会ってきました。 14カ国の渡航、アメリカ留学を経験した女子大学生ならではの情報をお届けします。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo