【観光局からリアルな情報を入手!第6弾-香港】-おすすめ観光- | Stayway Media

【観光局からリアルな情報を入手!第6弾-香港】-おすすめ観光-

新巻 健人

トラベルライター

日本から直行便でわずか4時間前後で遊びに行ける香港は、日本人だけでなく世界中の旅人が訪れる人気の観光地です。

日本との時差もたったの1時間ということもあり、国内旅行感覚で気軽に遊びに行けるのはとても魅力的。

金曜日の深夜便で香港に行き、日曜日の夜に帰国するということも可能!

週末弾丸旅行が可能な海外の渡航先は香港を含めかなり限られているのではないでしょうか。

今回はそんな旅行先にぴったりの香港についてリサーチするために、「香港政府観光局」様にお話お伺いし、香港のリアルな情報を提供して頂きました!

この記事では提供して頂いた貴重な情報を元に、香港のおすすめの観光スポットおよび、香港が誇る観光客に人気のグルメを紹介していきます。

皆さんの知らない香港の穴場スポットも登場するかもしれませんよ!

さあ果たして香港の本当の魅力とは??

この記事では香港のおすすめスポットとグルメを紹介!

1・香港の基本情報

photo by Sun Taro

イギリス植民地であった香港は中国と西洋の文化が融合したグルメやショッピングを楽しむことができる活気にあふれた都市です。

通貨は香港ドル。公用語は中国語(北京語または広東語)と英語です。

日常会話は主に、広東語が使われています。

日本との時差は僅か1時間で、亜熱帯気候に属し、日本のように四季もあります。

秋から冬にかけての香港は意外にも温暖で、20℃を超える日もあるそうで、9月から11月は観光のベストシーズンとも言われています。

9月までは残暑が続きますが、10月から12月は湿度も低く、雨も少なめです。

また、晴れている日も多いので、普段よりも夜景がよりはっきりと綺麗に見える日も多いそうです。

2・LCC航空会社を利用して香港に行こう!

photo by PablicDomainPictures

なるべくお金をかけずに香港に行きたいという方に、ぜひおすすめしたいのがLCC航空会社。

LCC(ローコストキャリア)とは効率的な運営により低価格の運賃で運航サービスを提供する航空会社を意味します。

機内食や座席指定などが有料で、必要最低限のサービスのみの提供のため、通常の航空会社よりも航空券が安いです。

日本から香港までのフライトはわずか4時間程度ですので、「とにかく安く行きたい」と考えている方はLCCとの相性は抜群ですね。

日本と香港を結ぶLCC航空会社は以下の通りです。

運賃タイプやオプションが豊富な「ジェットスター」

ANAマイルを使って航空券を購入できる「バニラエア」

関西圏からの旅行者に便利な「ピーチ」

日本各地と香港を結ぶ便数の多さが魅力の「香港エクスプレス」

同じLCCでも航空会社によって値段や条件が大きく異なる場合もあるので、予約する前にしっかりリサーチした方が良いです。

また、LCC.jpというサイトは最新のセール情報が頻繁に更新されているので、各LCC航空会社の情報が気になる方はぜひチェックしてみて下さいね。

3・観光客に人気な穴場スポットを紹介!

①オールド・タウン・セントラル/OTC

香港で最も歴史のあるエリアで、香港旅行にかかせないエリアといえば、ここオールド・タウン・セントラル(通称OTC)。

今話題の香港屈指のフォトジェニックスポットとしても有名なオールド・タウン・セントラルは地下鉄の「上環駅」と「中環駅」の間一帯のエリアをさします。

オールド・タウン・セントラルは写真映えするだけでなく、歴史ある寺院やユニークな建造物、おしゃれなカフェなど、街歩きには最適なスポットです。

アーティスティックな街オールド・タウン・セントラルでは街の壁のいたるところに、印象的なストリートアートやグラフティアートが描かれています。

美術館やアンティークショップが建ち並んでいる「Hollywood Road」は香取慎吾さんが2018年3月にストリートアートを完成させたことで話題にもなりました。

絵を描くために香取さんはわざわざ香港に渡航し、1日6時間、3日間連続で描き続け、合計18時間をかけて作品を完成させたそうです。

View this post on Instagram

香取慎吾さんの海外初ストリート・アートが香港・中環に登場! 龍をモチーフにした「大口龍仔」(大きなお口の龍の子)が中環のミッドレベルエスカレーターの脇に描かれています。香港を訪れる際にはぜひ足を運んでみてください。 . . #Repost @discoverhongkong ・・・ Keep your eyes peeled for this amazing street art piece by Japanese star @katorishingo_official near the Central-Mid-levels escalator in Old Town Central! 現在去「舊城中環」玩,可以看到香取慎吾(@katorishingo_official)親手創作的壁畫!馬上去打卡囉!. · #DiscoverHongKong #HongKong #hk #hkig #ilovehk #HongKongArtsMonth #HKArtsMonth #HongKongArt #hkshingoart #art #arts #streetart #graffiti #cityscape #streetscape #urban #OldTownCentral #Central #ShingoKatori #KatoriShingo #香港#香港逗陣行#香港旅行#香港藝術#香港藝術月#香取慎吾#舊城中環#香港慎吾アート

Cathay Pacific JPさん(@cathaypacificjp)がシェアした投稿 –

 歌って踊れる、国民的アイドルの香取さんに絵の才能もあったとは驚きですね!

オールド・タウン・セントラルでは香取さんの作品だけではなく、世界中のアーティストがストリート・アートフェスティバルで描いた素晴らしい作品が数多く存在するため、国内外から毎年多くの方が訪れるそうです。

ここを訪れた際は、お気に入りのストリートアートを探しに「街歩きの旅」をしてみてはいかがでしょうか。

【住所】香港 Central, 中環荷李活道32號 中環荷李活道32號
【アクセス】セントラル駅から徒歩8分

②シャムスイポー (深水埗)

photo by Cheung Fun

続いて紹介するのは、香港の秋葉原とも言われているシャムスイポー。

レトロなアパートが建ち並んでいたり、カオスな電気街が入り組んでいる雰囲気から、どこかアジアの勢いを感じることができます。

シャムスイポーには東京の秋葉原に負けないくらい多くの電化製品屋さんがあります。

iphone専門店からスマホケース専門店、各国のSIMカード専門店、テレビのリモコン専門店、変換プラグ専門店、監視カメラ専門店と、シャムスイポーに来れば、電化製品は何でも揃うのでは?と思うくらい数多くのお店が出店しています。

ここシャムスイポーは電化製品好きの方にとってまさに天国のようなところ!

また、シャムスイポー駅周辺には衣料品や生地、ビーズなどのパーツ類を扱う問屋も多いので、電化製品に興味がない方が行っても楽しめるのではないでしょうか。

特に衣料品などを販売しているお店は女性の方も楽しめるかと思います!

実はシャムスイポーは電化製品だけの街ではなく、グルメの街でもあります!

まず紹介するのは、ミシュラン一つ星を獲得した飲茶の「添好運點心專門店」という名店。

 「添好運點心專門店」はいつ訪れても常に大混雑。

その理由は、酥皮焗叉燒包(ベイクドチャーシューパオ)と言われるこのお店で一番売れているチャーシュー入りのメロンパン。

BBQ味のチャーシューとメロンパンの組み合わせは意外かもしれませんが、その味は最高に美味しいです!

好きな人にはハマる味で観光客でもリピーターが続出しているそうです。

さすがミシュラン一つ星を獲得したお店ですね!

シャムスイポーを訪れた際にチェックして欲しいもう一つのグルメと言えば「亀ゼリー」。

「仁和堂龜苓膏專門店」の亀ゼリーは観光客だけではなく、地元の方にも人気ですので、ぜひ試して欲しいです!

View this post on Instagram

夜行深水埗,么都食得到 . #龟灵膏 #hongkong #仁和堂龜苓膏專門店 #yqfoodjourney #food #herbs #foodporn

Yan Qianさん(@qianyant)がシェアした投稿 –

 亀ゼリーとは亀の甲羅の裏のコラーゲンや漢方薬などを固めて作ったゼリーです。

亀ゼリーと聞いて、「気持ち悪い!」と思った方も多いとは思いますが、実は亀ゼリーには素晴らしい効能が!

コラーゲンがたっぷり含まれている、かつデトックス効果もある、亀ゼリーは女性に優しい「美容スイーツ」として知られており、健康に関心のある地元の人たちには昔から大人気です。

日本のメディアなどでも何度も取り上げられたことがあり、通販会社のAmazonや楽天などでも販売されているほどです。

気になるお味ですが、お店で食べる場合甘いシロップを亀ゼリーにかけて食べるので想像するほど苦くなく、誰でも食べれるかと思います。

個人的には亀ゼリーの食感と独特なシロップの味が好きで、香港旅行中に何度も食べていました!

【住所】146-152號 Fuk Wa St, Sham Shui Po, 香港
【アクセス】深水埗駅から徒歩3分

③ドラゴンズバック

総面積の約40%をカントリーパークが占めており、意外と自然豊かな香港。

統治時代にトレイルコースが整備される等、ハイキングが秋冬の人気アクティビティとなっています。

ドラゴンズバックは香港の喧騒から少し離れた沿岸に位置しているため、景色が素晴らしいです。

View this post on Instagram

What are you doing on this beautiful day mamas? 🐉#DragonsBack #homekong #viewgoals #sosassy #sassymama 📷 @gladystsoiii

Sassy Mama HKさん(@sassymamahk)がシェアした投稿 –

晴れた日にはシェクオー、タイ・ロン・ワン、スタンレー、タイ・タム、南シナ海などの景色がより一層綺麗に見え、香港が誇る絶景を楽しむことが出来ます!

また、海岸沿いにあるドラゴンズバックでは、ハイキングだけではなく、パラグライダー体験で青い大海原の上を飛んだり、大浪湾(タイロン湾)でサーフィンを楽しむことも可能です。

View this post on Instagram

香港の… 東海岸で… サーフィン出来る…‼︎☆ #香港の海 #大浪湾 #香港 #香港生活 #サーフィン #波乗り

しげる G もりわきさん(@s_gun_m)がシェアした投稿 –

 香港でもサーフィンが出来ると聞いて驚いた方もいるのではないでしょうか。

大浪湾の名前の由来は、何一つ遮るものがない入り江に、年間を通して、数メートルの大きな波が押し寄せるからだそうで、大浪湾は英語名でも「Big Water Bay」と呼ばれています。

地元のサーファーのみならず、香港在住の外国人の間でもサーフィンのメッカとなっています。

やはり香港と聞くと、高層ビルが立ち並んでる大都会の風景を想像しがちですが、ドラゴンズバッグのような素晴らしい自然も香港には存在しますので、ぜひここを訪れてみて下さいね!

【住所】Hong Kong Trail Sec. 8, Shek O, 香港
【アクセス】MRT筲箕湾(サウケイワン)駅からバスで20分

4・香港で人気なグルメ/スイーツを紹介!

photo by chaliceks

「食」を楽しみに海外旅行される方も多いのではないでしょうか?

香港の「食」のレパートリーは多彩で、「グルメ天国」と呼ばれるだけあって、美味しい料理が沢山あるそうです!

ここでは香港の定番料理と共に女性にも大人気な話題のデザートなども紹介します。

せっかく香港を訪れるなら、色々な料理に挑戦して香港のグルメを最高に楽しみましょう!

①海老入り蒸し餃子

View this post on Instagram

#海老入り蒸し餃子 #中華

koki michiaiさん(@micchii_k)がシェアした投稿 –

ぷりぷりの海老に、もちもちな皮の最高なコンビネーション!

写真の通り、小麦粉で作った薄く透明な皮に海老を包んだ餃子で、豚肉と細かく刻んだ筍が入っていることが多いです。

その食感と味が大人気で観光客だけでなく、地元の人にも愛されている、まさに香港のソウルフードです!

個人的にも海老入り蒸し餃子が大好きで香港滞在中は何度も食べました!

シンフォニー・バイ・ジュードというお店はビクトリアハーバーの目の前に位置しており、店内の大きな窓からは、最高な景色が!

きらびやかなシャンデリアの下で優雅な食事を楽しみたい方におすすめのレストランです。

おすすめのお店はこちら!

【店名】シンフォニー・バイ・ジュード
【住所】Hong Kong Cultural Centre, Salisbury Rd, Tsim Sha Tsui
【営業時間】9:00-16:30, 17:30-23:30
【公式サイト】http://www.maximschinese.com.hk

②ワンタン麺

photo by 香港政府観光局

香港の公用語、広東語では「ワンタンミン」と呼んでいます。

香港では通常、蝦雲呑と葉菜が添えられ、熱いスープとともに食べます。

弾力のあるちぢれた麺は日本のラーメンと違ってさっぱりしています。

お店によってスープも異なるので、ワンタン麺の食べ比べも楽しそうですね。

おすすめのお店はこちら!

【店名】麥文記麺家
【住所】51號 Parkes St, Jordan, 香港
【営業時間】12:00-0:30
【公式サイト】http://www.mmk.hk

③香港式ミルクティー

View this post on Instagram

食物的部分 #港式奶茶 #蛋多士 #鮮奶麥皮

🏠☁️さん(@ting.__.yun)がシェアした投稿 –

香港式ミルクティーは濃い目に淹れた紅茶にエバミルク(無糖練乳)を加えて風味をつけたドリンクです。

香港ミルクティーの特徴は味が濃厚ということとエバミルク(無糖練乳)が使われていることです。

ミルクティーの元となる紅茶を淹れる際に、いくつかの茶葉を濃く抽出するため、しっかりとコクを感じられる濃厚なミルクティーに仕上がるそうです。

また、エバミルク(無糖練乳)が使われているということも特徴的です!

通常、練乳と言われるものは「加糖練乳」ですが、こちらは加糖ではなく自然の甘さの「無糖」。

牛乳を約2倍に濃縮したコク深い「エバミルク」は生クリームよりも格段にカロリーが低く、ヘルシー志向な方にもおすすめ。

近年、関東圏でも香港ミルクティーを扱うお店が多く出店しており、若者を中心に人気だそうですよ!

おすすめのお店はこちら!

【店名】翠華餐廳
【住所】81號地下, 77 Parkes St, Jordan
【営業時間】24時間営業
【公式サイト】http://www.tsuiwah.com/zh/

④エッグタルト

 日本の「スイーツ女子」たちにも大人気のエッグタルト!

「エッグタルト」といえば、さくっとしたタルトに、熱々で甘いカスタードが特徴で、香港では定番のお菓子です。

そんなエッグタルトですが、実はさくっとしたクッキー生地が香港式、パイ生地がマカオ式だそうです。

香港ではどちらも買うことがので、双方の食べ比べを楽しんでみてはいかがでしょうか?

おすすめのお店はこちら!

【店名】檀島咖啡餅店
【住所】178號地下, 176 Hennessy Rd, Wan Chai
【営業時間】6:30-23:30
【公式サイト】http://www.honolulu.com.hk

⑤マンゴースイーツ

最後に紹介するのは代表的な南国フルーツのマンゴーを使ったスイーツ。

温暖な気候な香港では日本に比べ、格安でマンゴーを食べることができます!

マンゴーを使ったスイーツで最もおすすめなのがこの「マンゴープリン」。

写真の通り、ただのマンゴープリンではなく、白玉とアイス付きと豪華!

香港マンゴースイーツの名店「許留山」を訪れる際には、必ず試して欲しい一品です!

一人でがっつり食べるのもありですし、友達とわいわいしながらシェアするのもありですね!

おすすめのお店はこちら!

【店名】許留山
【住所】163D Hennessy Rd, Wan Chai Gap, 香港
【営業時間】12:00-23:30
【公式サイト】hkhls.com

5・香港に遊びに行ってみよう!

この記事の中で紹介しているスポットの中で、実際に行ってみたいと思う場所はありましたか?

記事を通してだけでなく、機会があれば実際に訪れ、香港の魅力を肌で感じていただけたらと思います。

今回紹介したのは香港のごく一部で、まだまだ香港には魅力的な観光スポットやグルメスポットが存在します!

香港紹介記事の執筆にあたり、ご協力頂いた「香港政府観光局」様が運営する公式ページには、読者の皆様の旅行がもっと楽しくなるような最新の香港情報が書いてありますので、香港をもっと知りたい!実際に行ってみたいと思った方は、ぜひ「香港政府観光局」様の公式HPをチェックしてみて下さいね!

「香港政府観光局」公式ページ

http://www.DiscoverHongKong.com/

リアルな香港の情報が頻繁に発信されているSNSはこちらから!

Facebook  Twitter  Youtube

こちらの記事もおすすめ! icon-chevron-down 

イギリス植民地であった香港は、中国と西洋の文化が融合したグルメやショッピングを楽しむことができる活気にあふれた都市です。通貨は香港ドル。ベストシーズンは9月下旬から12月上旬。こちらの記事では香港の観光地を5つのエリアに分けてご紹介します!

香港の絶対に行くべきおすすめの観光地を知りたいならこの記事!

イギリス植民地であった香港は中国と西洋の文化が融合したグルメやショッピングを楽しむことができる活気にあふれた都市。そんな香港を訪れるなら一度は見たいのはやっぱり夜景!100万ドルの夜景スポットが観れるおすすめスポット10選をご紹介します!

100万ドルの夜景が有名な香港ですが、夜景スポットはまだまだある!?

香港島と九龍半島のエリアを中心に、イギリスの植民地時代の建造物や超高層ビル、広大な公園、ナイトマーケットなどの観光スポットがひしめき合う香港。こちらの記事では観光スポットへの移動に便利なホテルを厳選してご紹介します!

香港観光に置いて意外と大切なのはホテルの立地条件!限られた時間の中で効率よく観光するなら立地の良いホテルに宿泊したいですよね!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。皆さんもstaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

logo