【静岡】伊東とその周辺のおすすめ観光スポット32選 自然と博物館 | Stayway Media

【静岡】伊東とその周辺のおすすめ観光スポット32選 自然と博物館

万代正平

トラベルクリエイター

00伊東観光
Photo by Wikipedia

伊東の観光地は、古い火山活動の名残が残る自然の見どころ、大小さまざまなミュージアムが点在しており、どこに行けば迷う程です。

遊び応えたっぷりの公園や、驚くべき穴場もあるでしょう。

そんな伊東の観光地を、テーマ別に32か所厳選しました。

解りやすいランキング形式で紹介します。

<この記事は次の4テーマで構成されています>
①伊東周辺の自然をテーマにした観光スポット8選
②伊東周辺のミュージアムをテーマにした観光スポット8選
③伊東周辺の公園をテーマとした観光スポット8選
④伊東周辺の穴場観光スポット8選

目次

伊東とは

01伊東とは
Photo by Wikipedia

伊東は、静岡県の火山で形成されている伊豆半島東北部にある温泉地です。

780本の源泉井戸を持ち、毎分の湧出量が34000リットルで、この数は日本国内で3位を誇ります。

源泉かけ流しの温泉地が多いので、レベルの高いお湯が味わえるでしょう。

温泉地の南側には伊豆高原が広がり、観光地が点在しています。

伊東の歴史とその魅力

02伊東の歴史
Photo by Wikipedia

伊東温泉の歴史は平安時代に開湯しました。

江戸時代には将軍家光に湯を献上したり、湯治場として栄えたりしました。

明治以降は、文人が多く伊東の地を訪れました。

戦後は、熱海温泉と競い合うように歓楽街温泉として栄え、大型のホテルが多数誕生しました。

そして現在も、関東からのアクセスが便利で、レトロな温泉街の雰囲気と伊豆の海と自然、そして数多くの観光地の拠点として根強い人気があります。

伊東へのアクセス

この投稿をInstagramで見る

Yoshihiko Ikariさん(@yoshihiko_ikari)がシェアした投稿

伊東へのアクセスは、JR利用が一般的です。

新幹線の熱海駅から伊東線に乗るか、東京方面から特急踊り子号に乗っていくことができるでしょう。

車の場合は、東京方面から東名厚木インターより、小田原厚木道路や熱海を経由して向かいます。

名古屋方面なら東名沼津インターチェンジより、伊豆縦貫自動車道と宇佐美大仁道路を経由して宇佐美から伊東に入ります。

混雑時や風景を味わうのでしたら伊豆スカイラインを経由するとより楽しいでしょう。

①伊東周辺の自然をテーマにした観光スポット8選

第8位 浄蓮の滝

18浄蓮の滝
Photo by Wikipedia

浄蓮の滝(しょうれんのたき)は、日本の滝百選にも選ばれた、落差25mの滝です。

伊豆半島の南に広がる天城山の北西麓を流れており、1万7000万年前に流出した溶岩流を流れ落ちます。

浄蓮寺という寺院が近くにあったことから、名づけられた滝のマイナスイオンを体感しましょう。

歌謡曲「天城越え」でも登場する滝の周辺には、土産物店が並んでおり、観光にもバッチシです。

【正式名称】浄蓮の滝
【住所】 静岡県伊豆市湯ケ島
【アクセス】河津駅から車で21分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第7位 小室山

17小室山
Photo by Wikipedia

小室山は、伊東市内にある標高321mの小さな山です。

山麓からは、観光リフトがあり、簡単に山頂に行けます。

山頂からの絶景から伊東の町を、幅広く見渡せるでしょう。

1万6000年前にマグマの噴火活動で形成されたスコリア丘は、裾野から見る姿も見ごたえがあります。

西麓にある小室山公園は、ツツジの植樹が施されており、ツツジ祭りも行われますから、春に行くのがおすすめです。


【正式名称】小室山
【住所】静岡県伊東市川奈1260-1
【アクセス】川奈駅から車で4分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第6位 天城山

16天城山
Photo by Wikipedia

天城山は、伊豆半島の中央から南にかけて広がっている連山の総称です。

日本百名産にも指定されており、1406mの標高がある最高峰の万三郎岳は、伊豆半島最高峰です。

日帰りハイキングで十分登れますから、体力に自信があればチャレンジしましょう。

推定80万年から20万年前の火山活動で形成された山々は、新緑の季節であれば青々とした森林浴が楽しめます。


【正式名称】天城山
【住所】 静岡県賀茂郡東伊豆町大川
【アクセス】伊豆大川駅から徒歩3時間
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第5位 河津七滝

15河津七瀧
Photo by Wikipedia

河津七滝(かわつななだる)は、伊豆半島に流れる河津川のうち、1.5kmの間に存在している7つの滝を総称したものです。

伊豆半島ジオパークの、ジオサイトとしても指定されました。

2万5000年前の溶岩流が谷に流れて形成され、七つの滝とも個性的な姿を見せてくれます。

小説「伊豆の踊子」のシーンにも登場し、滝のひとつ「初景滝」にはブロンズ像もあるので、マイナスイオンと観光の両方を楽しみましょう。


【正式名称】河津七滝
【住所】 静岡県賀茂郡河津町梨本379-13 七滝観光センター
【アクセス】河津駅から車で15分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第4位 龍宮窟

14龍宮窟
Photo by Wikipedia

龍宮窟(りゅうがんくつ)は、伊豆半島ジオパークにも紹介されている景勝地です。

波によって作られた海食洞ですが、天井の部分が崩落し、伊豆半島最大級の天窓が開きました。

遊歩道が整備していますので、色々な角度から鑑賞しましょう。

天窓から見下ろすと、ハートの形に見えると評判です。

また洞窟側から見渡すと、天然の壁に覆われた特徴的な空間となっております。


【正式名称】龍宮窟
【住所】静岡県下田市田牛
【アクセス】下田駅から車で13分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第3位 一碧湖

13一碧湖Photo by Wikipedia

一碧湖は、伊東市にある火口湖です。

北宋の文人・范仲淹(はん ちゅうえん)の「一碧萬頃(いっぺきばんけい)」より、杉山三郊が名づけました。

「伊豆の瞳」との異名を持つ観光地に、ぜひ足を延ばしましょう。

北西側の大池と箸を挟んだ沼池に分かれた形をしていて、大池には12の小島が浮かんでいます。

スワンボートもあるので、実際に湖の湖面に入ることも可能です。


【正式名称】一碧湖
【住所】静岡県伊東市吉田815-360
【アクセス】川奈駅から車で4分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第2位 城ヶ崎海岸

12城ヶ崎海岸
Photo by Wikipedia

城ヶ崎海岸(じょうがさきかいがん)は、伊東市の南西にある海岸で景勝地です。

富士箱根伊豆国立公園の指定を受けており、伊東に来たならぜひ訪問しましょう。

4000年前の噴火活動で、大室山ができた際の溶岩が海岸線に流れて形成されました。

海岸には、展望台を兼ねた門脇崎灯台や1997年に全面架け替えを行い、絶海が見える門脇吊橋など見どころも豊富です。


【正式名称】城ヶ崎海岸
【住所】静岡県伊東市富戸
【アクセス】城ヶ崎海岸駅から車で6分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第1位 大室山

11大室山
Photo by Wikipedia

大室山は、伊東市にある標高580mの火山です。

独立峰のため、麓からのも美しい形が見られるでしょう。

伊豆の火山活動で最終的に4000年前にで気がったスコリア丘で、山頂部分には広場の様な火口があります。

山頂まではリフトで行け、山頂の淵のウォーキングや、火口まで降りることができ自然の雄大さが感じられます。

700年の歴史がある高齢行事「山焼き」の時に行けば、豪快な山焼きが見られるでしょう。


【正式名称】大室山
【住所】静岡県伊東市池
【アクセス】富戸駅から車で9分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

②伊東周辺のミュージアムをテーマにした観光スポット8選

第8位 芸術の森 ろう人形美術館

この投稿をInstagramで見る

kyosukeさん(@k_lv89)がシェアした投稿

芸術の森・ろう人形美術館は、伊東市にある美術館です。

世界的に有名な人物や、日本の芸能人などをリアルにロウで復元しました。

本物が目の前にいるような錯覚を受けるでしょう。

館内にあるメキシコ館では、現代芸術家「セルヒオ・ブスタマンテ」の作品も展示しています。

メキシコレストランやフランス雑貨のショップもあるので、見学以外の楽しみもあります。


【正式名称】芸術の森 ろう人形美術館
【住所】静岡県伊東市池674-1
【アクセス】富戸駅から車で10分
【営業時間】10:00-17:00
【定休日】木曜日
【電話番号】0557-54-5555
【HP】http://www.bhwax.com/

第7位 象牙と石の彫刻美術館

この投稿をInstagramで見る

Little Castleさん(@kosshi546)がシェアした投稿

象牙と石の彫刻美術館は、伊東市にある美術館です。

象牙を使った美しい彫刻物が120点ならんでて、見ているだけでその美しさに圧倒します。

その他にも、世界最大の宝石屏風やヒスイ彫刻など、精巧さとあまりの美しさに目が釘ぎづけになるでしょう。

アクセサリーの制作体験もあるので、興味のある人は、受付で申し込みます。

おみやげ品の販売や喫茶コーナーで、一息つくことも可能です。


【正式名称】象牙と石の彫刻美術館
【住所】静岡県伊東市富戸1096-1
【アクセス】富戸駅から車で4分
【営業時間】9:00-17:00
【定休日】無休
【電話番号】0557-48-7777
【HP】http://jewelpia.com/

第6位 伊豆高原からくり時計博物館

この投稿をInstagramで見る

Malo🐶(マァロ)さん(@yuuca3)がシェアした投稿

伊豆高原からくり時計博物館は、伊東市にある美術館です。

日本をはじめ、ヨーロッパやアメリカで作られたアンティークな時計が展示しています。

クォーツ(水晶)時計ができる前の、貴重な機械式からくり時計の数々をじっくりと鑑賞しましょう。

遊び心満載の仕掛けが施された時計が多く展示されており、レトロな気分を味わうとともに、心温まる気がします。


【正式名称】伊豆高原からくり時計博物館
【住所】静岡県伊東市富戸1317?467
【アクセス】富戸駅から車で8分
【営業時間】9:30-17:30
【定休日】無休
【電話番号】0557-51-0237
【HP】http://www3.tokai.or.jp

第5位 ねこの博物館

ねこの博物館は、伊東市にあるミュージアムです。

この投稿をInstagramで見る

ruriironoteさん(@ruriiroehon)がシェアした投稿

ネコ科の博物館として、現存しているネコ科の猛獣や、絶滅したネコ科の動物の骨格や剥製が飾れており、歴史的な価値と威嚇した姿が見られます。

世界中から集められた、猫に関する様々な作品を見ると不思議と癒されるでしょう。

また生きたねこが20種40匹がいますので、可愛い姿を存分に楽しめます。


【正式名称】ねこの博物館
【住所】静岡県伊東市八幡野1759?242
【アクセス】城ヶ崎海岸駅から車で7分
【営業時間】9:00-17:00
【定休日】無休
【電話番号】0557-51-5133
【HP】http://nekohaku.pandora.nu

第4位 伊豆テディベアーミュージアム

この投稿をInstagramで見る

伊豆テディベアミュージアム公式さん(@izuteddybearmuseum)がシェアした投稿

伊豆テディベアーミュージアムは、伊東市にあるミュージアムです。

テディベアの家をコンセプトにしており、数多くのテディベアとその熊達を愛するおばあさんが、古い家に一緒に住んでいるエピソードです。

歴史を感じるテディベアをはじめ、数多くのベアたちが出迎えてくれるでしょう。

コレクション展とは別に、定期的に企画展もやっていますから、そのタイミングに行くのも良さそうです。


【正式名称】伊豆テディベアーミュージアム
【住所】静岡県伊東市八幡野1064-2
【アクセス】伊豆高原駅から徒歩5分
【営業時間】9:30-16:30
【定休日】無休
【電話番号】0557-54-5001
【HP】http://www.teddynet.co.jp/

第3位 池田20世紀美術館

この投稿をInstagramで見る

artメグリさん(@art_loglog)がシェアした投稿

池田20世紀美術館は、伊東市にあるミュージアムです。

パブロ・ピカソやサルバドール・ダリなどの著名な作品を1300点ほど収蔵しており、至高の作品を閲覧するたびに感動的な気持ちになれます。

伊豆高原にで、アートなひと時をじっくり味わいましょう。

ニチレキ株式会社創業者池田英一の個人資産だったコレクションの多さに、息をのむばかりです。


【正式名称】池田20世紀美術館
【住所】静岡県伊東市十足614
【アクセス】富戸駅から車で9分
【営業時間】9:00-17:00
【定休日】水曜日
【電話番号】0557-45-2211
【HP】https://www.nichireki.co.jp

第2位 伊豆オルゴール館

この投稿をInstagramで見る

あっきーさん(@akiaki_insta)がシェアした投稿

伊豆オルゴール館は、伊東市にあるミュージアムです。

オルゴールをテーマにした博物館で、200年以上の歴史あるオルゴールの世界が展開しています。

かつてはプレーヤとしての価値もあった、大型のオルゴールなどを確認しましょう。

JFケネディ、トルーマンなどの米国大統領が楽しんだというピアノを所蔵しており、そのピアノの体験もできます。

デジタル音源とは次元の違うアナログの音声の素晴らしさは、伊東の思い出に一役買います。


【正式名称】伊豆オルゴール館
【住所】静岡県伊東市八幡野1191-1
【アクセス】伊豆高原駅から徒歩6分
【営業時間】9:10-16:30
【定休日】水曜日
【電話番号】0557-53-0900
【HP】https://www.izu.fm/

第1位 伊豆高原ステンドグラス美術館

この投稿をInstagramで見る

Pinokoさん(@pinoko2714)がシェアした投稿

伊豆高原ステンドグラス美術館は、伊東にあるミュージアムです。

まばゆい光、落ち着く香、圧倒さる美、心地よい音、気持ち良い風と五感が体験できる美術館です。

建物の外観を見た後に館内に入ると、ヨーロッパの教会に来た錯覚に陥るでしょう。

美しいステンドグラスの数々を愛でながら、格調高い空間に居続けると、不思議と心洗われる気持ちになります。


【正式名称】伊豆高原ステンドグラス美術館
【住所】静岡県伊東市川奈1439-1
【アクセス】川奈駅から車で5分
【営業時間】10:.00-17:00
【定休日】無休
【電話番号】0557-44-4333
【HP】http://sgm-izu.com/

③伊東周辺の公園をテーマとした観光スポット8選

第8位 伊東公園

この投稿をInstagramで見る

ぱるちゃん Paruchanさん(@izu_p)がシェアした投稿

伊東公園は、伊東にある公園です。

伊東駅の裏手にある緑あふれる小高い丘になっている公園で、地元の人が犬の散歩に連れてくる姿を見ることができます。

2月の寒桜や、ピンクの芝桜などの季節になれば訪問しましょう。

丘の頂上から伊東市街が見渡せ、そこには郷土が誇る文学者木下杢太郎きのした もくたろう)の文学碑(石碑)があります。


【正式名称】伊東公園
【住所】静岡県伊東市湯川335-3
【アクセス】伊東駅から徒歩7分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第7位 河津バガテル公園

この投稿をInstagramで見る

Junkoromamaさん(@junkoromama)がシェアした投稿

河津バガテル公園は、伊豆にある公園です。

2001年に完成し、欧風に作られたバラ園が主体で、フランスのブローニュの森にある「バガテル・バラ園」を参考に作りました。

3ヘクタールの敷地内には、1100品種、6000株の原が植栽されています。

パリ市から専門家を呼んで指導してもらった程なので、伊豆にいながらヨーロッパのバラ園が体験できるでしょう。


【正式名称】河津バガテル公園
【住所】静岡県賀茂郡河津町峰1073
【アクセス】河津駅から車で6分
【営業時間】9:30-16:00
【定休日】無休
【電話番号】0558-34-2200
【HP】http://bagatelle.co.jp/

第6位 ニューヨークランプミュージアム&フラワーガーデン

この投稿をInstagramで見る

mipoさん(@bikke_gakuen)がシェアした投稿

ニューヨークランプミュージアム&フラワーガーデンは、伊東にある公園です。

伊豆海洋公園内にあり、2017年に完成したばかりの空間です。

勇壮な海岸線に咲き誇る花々を、優雅な気持ちで眺めてみましょう。

公園からは、伊豆大島の絶景も見られます。

ティファニーのミュージアムやカフェ、アンティークショップもあるので、長時間楽しめます。


【正式名称】ニューヨークランプミュージアム&フラワーガーデン
【住所】静岡県伊東市富戸841-1
【アクセス】城ヶ崎海岸駅から車で5分
【営業時間】9:00-17:00
【定休日】無休
【電話番号】0557-51-1128
【HP】https://nylfmuseum.com/

第5位 体感型動物園 iZoo (イズー)

35体感型動物園 iZoo
Photo by Wikipedia

体感型動物園 iZooは、伊豆にある公園です。

動物園ですが、体感を重視した内容で、世界中の爬虫類に触ることができます。

珍しい生態を数多く集めているので、新しい発見が数多く得られるでしょう。

小さな子供はゾウガメと記念撮影ができます。

見た目グロテスクに見えがちな爬虫類と近づけるので、ここに来れば彼らのイメージが大きく変わるでしょう。


【正式名称】体感型動物園 iZoo
【住所】静岡県賀茂郡河津町浜406-2
【アクセス】河津駅から車で4分
【営業時間】9:00-17:00
【定休日】無休
【電話番号】0558-34-0003
【HP】http://www.izoo.co.jp/

第4位 伊豆アニマルキングダム

34伊豆アニマルキングダム
Photo by Wikipedia

伊豆アニマルキングダムは、伊豆にある公園です。

かつて伊豆バイオパークと呼ばれていたところで、伊豆アニマルキングダムという名前で園内に動物が自由な状況で飼育されています。

野生に近い状況で自由に行動している動物たちの迫力を身近で実感しましょう。

園内には大観覧車やメリーゴーランドなどの乗り物もあるので、終日飽きることのない公園です。


【正式名称】伊豆アニマルキングダム
【住所】静岡県賀茂郡東伊豆町稲取3344
【アクセス】伊豆稲取駅から車で7分
【営業時間】9:00-16:00
【定休日】無休
【電話番号】0557-95-3535
【HP】http://www.izu-kamori.jp

第3位 伊豆ぐらんぱる公園

この投稿をInstagramで見る

ズルーク・コワザのダ・ジャーレ写真館さん(@luckylove725)がシェアした投稿

伊豆ぐらんぱる公園は、伊東にある公園です。

よそではあまり見ることのない個性的なアトラクションが多く、開放的な物や知的好奇心をくすぐるものまで幅広くあります。

伊東観光で思い切り遊ぶのにはまたとない場所と言えるでしょう。

気軽なゴルフ「パークゴルフ」も楽しめます。

冬場を中心に行われるイルミネーションは圧巻で、常に全国のイルミネーショングランプリのトップ争いを演じています。


【正式名称】伊豆ぐらんぱる公園
【住所】 静岡県伊東市富戸1090
【アクセス】富戸駅から車で9分
【営業時間】9;30-17:30
【定休日】無休
【電話番号】0557-51-1122
【HP】https://granpal.com/

第2位 熱川バナナワニ園

32熱川バナナワニ園
Photo by Wikipedia

熱川(あたがわ)バナナワニ園は、伊豆にある公園です。

日本では、唯一見られるアマゾンマナティが飼育しています。

熱川の高熱の温泉を利用して飼育されているワニや、数ある動物の中でも可愛さのトップクラスにいるレッサーパンダを観賞しましょう。

ワニ同様に温泉熱で曽立っているバナナの種類は20種類なので、「たががバナナ」と侮ってはいけません。


【正式名称】熱川バナナワニ園
【住所】静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本1253-10
【アクセス】伊豆熱川駅から徒歩3分
【営業時間】8:30-17:00
【定休日】無休
【電話番号】0557-23-1105
【HP】http://bananawani.jp/

第1位 伊豆シャボテン動物公園

31伊豆シャボテン公園Photo by Wikipedia

伊豆シャボテン動物公園は、伊東にある老舗の公園です。

1959(昭和34)年に開園し、サボテンなどの多肉植物を数多く展示しました。

カピバラの温泉入浴シーンは、大変評判となりました。

園内にはリスザルを放っており、樹木の害虫駆除を担っています。

公園のシンボル「半獣半鳥の高原竜ヒドラの像」は、仮面ライダーやウルトラマンなどの特撮のロケ地としても利用されます。


【正式名称】伊豆シャボテン動物公園
【住所】静岡県伊東市富戸1317-13
【アクセス】富戸駅から車で10分
【営業時間】9:00-16:00
【定休日】無休
【電話番号】0557-51-1111
【HP】https://izushaboten.com/

④伊東周辺の穴場観光スポット8選

第8位 水森亜土のおもちゃ箱画廊

この投稿をInstagramで見る

ぷじさん(@yoiyoi6no1)がシェアした投稿

水森亜土(みずもり あど)のおもちゃ箱画廊は、伊東にある穴場のスポットです。

イラストエータで画家、歌手や舞台女優もおこなう、水森亜土専門の資料館として世界で唯一の場所です。

名前のとおり、おもちゃの様な画廊の中を見ると、水森亜土の世界が広がり、心温まる気持ちになるでしょう。

オリジナルグッズなども販売されていますから、伊東に来た際にのお土産にバッチシです。


【正式名称】水森亜土のおもちゃ箱画廊
【住所】静岡県伊東市川奈341
【アクセス】川奈駅から車で3分
【営業時間】10:00-17:00
【定休日】火・水曜日
【電話番号】0557-44-0594
【HP】https://ado-toybox.jp/

第7位 小室山公園恐竜広場

この投稿をInstagramで見る

NAOKI YAMADAさん(@landscape.nao4600)がシェアした投稿

小室山公園恐竜広場は、伊東にある穴場のスポットです。

小室山公園内にある広場で、繊維強化プラスチック製の素材でできた、恐竜のモニュメントが13体あります。

ファミリーでぜひ遊びに行きたい場所と言えるでしょう。

モニュメント自体が遊具となっており、自由に遊べます。

小室山の自然と恐竜のモニュメントは不思議と違和感なく存在しています。


【正式名称】小室山公園恐竜広場
【住所】静岡県伊東市川奈1260-1
【アクセス】川奈駅から車で4分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第6位 伊東市立杢太郎記念館

この投稿をInstagramで見る

Sohachi Nakanishiさん(@so8nkns)がシェアした投稿

伊東市立杢太郎記念館は、伊東にある穴場のスポットです。

伊東の中心部にある記念館で、文学者の木下 杢太郎(きのした もくたろう)の生家を利用しました。

伊東市内最古の民家の中にある、貴重な民具類をじっくりと拝見しましょう。

館内には、文学を通じて杢太郎と知り合った文豪たちとの書簡など、貴重な資料を数多く展示しています。


【正式名称】伊東市立杢太郎記念館
【住所】〒414-0002 静岡県伊東市湯川2丁目11-5
【アクセス】伊東駅から徒歩6分
【営業時間】9:00-16:30
【定休日】月曜日
【電話番号】0557-36-7454
【HP】http://www.city.ito.shizuoka.jp

第5位 ウイリアム・アダムス記念碑

この投稿をInstagramで見る

電車で行く伊東さん(@mierudekiru)がシェアした投稿

ウイリアム・アダムス記念碑は、伊東にある穴場のスポットです。

これは伊東市の中心部を流れる、松川の河口にかかる渚橋のたもとにある、按針メモリアルパーク内にあります。

三浦按針ことウィリアムアダムスの功績をたたえた記念碑を見ながら、歴史に思いを馳せましょう。

英国人航海士ウイリアム・アダムスは、徳川家康の外交顧問として、伊東で日本初の西洋式帆船を建造しました。


【正式名称】ウイリアム・アダムス記念碑
【住所】静岡県伊東市渚町4
【アクセス】伊東駅から車で10分
【営業時間】24時間
【定休日】無休
【電話番号】なし
【HP】なし

第4位 アトリエ・ロッキー万華鏡館

この投稿をInstagramで見る

BRIGHT SHADOW GLASS WORKSさん(@rossy_1978)がシェアした投稿

アトリエ・ロッキー万華鏡館は、伊東にある穴場のスポットです。

ここには世界一の巨大万華鏡があると評判になっており、施設は2000年にオープンしました。

2006年に完成した巨大万華鏡は、大型観光バス並みの大きさで、本来目で見て楽しむ万華鏡の世界が大きく変わりました。

巨大な万華鏡の中に入ってみる世界は、異次元空間そのもので、不思議な体験が味わえるでしょう。


【正式名称】アトリエ・ロッキー万華鏡館
【住所】静岡県伊東市八幡野1353-58
【アクセス】城ヶ崎海岸駅から車で8分
【営業時間】10:00-15:30
【定休日】水・木曜日
【電話番号】0557-55-1755
【HP】http://www.mangekyo-kan.com

第3位 怪しい少年少女博物館

この投稿をInstagramで見る

日和子🇯🇵さん(@_uroix96)がシェアした投稿

怪しい少年少女博物館は、伊東にある穴場のスポットです。

元々ペンギン博物館があった場所に作られたレトロなテーマパークで、ペンギン博物館時代からのペンギンが怪しくリニューアルしました。

レトロをテーマにした館内は、レトロにサブカル的な要素とカルト的な要素が加わり独創的です。

センサーを利用して複雑なからくりが味わえる、お化け屋敷など見どころ満載です。


【正式名称】怪しい少年少女博物館
【住所】 静岡県伊東市富戸街道下1029-64
【アクセス】城ヶ崎海岸駅から車で3分
【営業時間】9:00-17:00
【定休日】無休
【電話番号】0557-51-8800
【HP】http://ayashii.pandora.nu/

第2位 遊覧船はるひら丸

この投稿をInstagramで見る

まりっぺさん(@marippe0601)がシェアした投稿

遊覧船はるひら丸イルカ号は、伊東にある穴場のスポットです。

道の駅伊東マリンタウンが運航している遊覧船で、伊豆の海が堪能できます。

ペットとの乗船もできるので、わんちゃん連れでも安心してクルージングが味わえるでしょう。

1日7便が基本ですが、繁忙期には臨時便が出ます。

45分間の遊覧の最中には、美しい伊東沖の海に浮かぶ手石島や初島の姿を堪能できます。


【正式名称】遊覧船はるひら丸イルカ号 伊東マリンタウン発着所
【住所】静岡県伊東市湯川571-19
【アクセス】伊東駅から車で3分
【営業時間】9:40-16:40
【定休日】無休
【電話番号】0557-35-3355
【HP】http://www.haruhiramaru.co.jp

第1位 まぼろし博覧会

この投稿をInstagramで見る

白猟屋さん(@talkingheads_1130)がシェアした投稿

まぼろし博覧会は、伊東にある穴場のスポットでしょう。

伊東を中心とした伊豆半島随一のB級スポットと言われ、日本でもトップクラスとの声もあります。

「密林にたたずむ大仏と古代文明」「昭和の時代を通り抜け」「悪酔い横町」「魔界神社・祭礼の夕べ」と4つのテーマに分かれています。

全体を通して「カオス」の言葉がピッタイの施設で、運が良ければ館長のセーラちゃんの案内を受けることができるでしょう。


【正式名称】 まぼろし博覧会
【住所】静岡県伊東市富戸1310-1
【アクセス】富戸駅から車で5分
【営業時間】9;15-17:00
【定休日】無休
【電話番号】0557-51-1127
【HP】http://maboroshi.pandora.nu/

伊東の観光地は自然と博物館と遊びの宝庫

99伊東ラスト
Photo by Wikipedia

伊東の観光地は、古い火山活動の名残が残る自然の見どころが数多くあります。

また、大小さまざまなミュージアムが点在しており、どこに行けば迷う程です。

遊び応えたっぷりの公園や、驚くべき穴場もあるでしょう。

さまざまな観光スポットがある伊東の地は連泊して滞在したい要素が満載です。

【静岡】伊豆は温泉大国!エリア別伊豆のおすすめ日帰り温泉12選

静岡県の東部に位置し、緑豊かな自然と相模灘・駿河湾の海の幸にも恵まれた観光地として有名な伊豆半島は、温泉も非常に豊富で源泉の数は本州で最も多く2000を越えています。そんな日本有数の温泉大国伊豆のおすすめ日帰り温泉をエリア別に12選ご紹介。

静岡県で子供と一緒に遊びに行きたい場所ランキングBest10

自然豊かなレジャースポットが数多く点在する静岡県。首都圏からの交通の便も良く、体を思いっきり動かして1日遊べる施設が多いので週末の日帰り旅行で行きたい場所がいっぱいです。今回は、子供と一緒に遊びに行きたい場所をランキング形式でご紹介します。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

万代正平
旅行が好きで、日本は47都道府県すべて行ったことがあります。旅先にある温泉が好きなので、全国にあるいくつかの温泉を実際に体験しています。また2003年より夫婦で飲食店(東南アジア料理店)を経営している関係で、ほぼ毎年東南アジアに渡航しており、東南アジア10か国すべて訪問しました。海外では他にヨーロッパ(英国、ベルギー、アイルランド)アメリカ、中国、香港、マカオ、台湾、韓国への渡航経験があります。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo