在住者おすすめ!岩手のおすすめグルメ10選! | Stayway Media

在住者おすすめ!岩手のおすすめグルメ10選!

オガサワラ エリナ

トラベルクリエイター

Photo by Munenori IIDA

本州一広い岩手県。

各所に郷土色豊かなグルメがあります。

岩手県在住のライターが、岩手観光にオススメの地元グルメ10選を紹介します!

第10位 くるみクッキー

宮沢賢治ゆかりの「光原社」オリジナルのクッキーがくるみクッキーです。

光原社は、宮沢賢治の「注文の多い料理店」を発刊し、社名も賢治が名付けたものです。

現在は、民芸品などを販売していて、クラフト好きの人の間で人気のお店です。

喫茶店も併設していて、素敵な雰囲気の中、コーヒーを楽しめます。

くるみクッキーは「光原社 モーリオ」で販売されていて、くるみがたっぷり入ったボリュームあるクッキーです。

甘味過ぎず、パッケージもおしゃれなので大人の女性に喜ばれます。

常温で持ち帰りやすく、岩手県に馴染み深い宮沢賢治ゆかりの商品なので、お土産にオススメです。

・光原社
・・・「モーリオ」店でくるみクッキー販売。店舗がある材木町は盛岡駅からも近く、通りに宮沢賢治のモニュメントがあり、観光も楽しめます。
【住所】岩手県盛岡市材木町3−11(光原社モーリオ)
【アクセス】盛岡駅から徒歩10分
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】毎月15日(15日が土日祭日の場合翌日に振替)
【料金】10個入り1,350円~
【公式サイト】http://morioka-kogensya.sakura.ne.jp

第9位 ベアレンビール

Photo by Ippei Suzuki

盛岡の地ビールと言えば、ベアレンビール!

味はもとより、パッケージがおしゃれで若い人を中心に人気です。

定番の本格ラガーから季節限定品もあり、地元の人に親しまれています。

ゆずやりんご、山ぶどうなど、岩手県産の果物で作ったビールもあり、女性にも飲みやすいと評判ですよ。

盛岡市内に系列の飲食店が数店舗あり、盛岡駅内にも立ち飲み店があるので気軽に味わえます。

商品は、市内のスーパーや酒店で買えるので手に入りやすいです。

お酒好きな人への岩手のお土産に、ベアレンビールはいかがでしょうか?

・ビア&ヴルスト ベアレン
・・・盛岡駅ビル地下にあるベアレンビールの直営店。料理と一緒にベアレンビールを立ち飲みできます。
【住所】岩手県盛岡市駅前通1-44 (盛岡駅ビルフェザン 地下1F めんこい横丁)
【アクセス】盛岡駅ビルフェザンB1階
【営業時間】10:00~23:00(LOフード22:00 ドリンク22:30)
【定休日】なし
【料金】定番ビールグラス500円 ジョッキ600円
【公式サイト】https://www.baerenbier.co.jp
・ベアバーベアレン材木町
・・・盛岡駅から近い、材木町にあるベアレンビール直営店。宮沢賢治のモニュメントが通りにあります。
【住所】岩手県盛岡市材木町7-31
【アクセス】盛岡駅から徒歩10分
【営業時間】月~金17:00~23:00 土15:00~23:00(LOフード22:00 ドリンク22:30)
【定休日】毎週日曜・祝日(ただし連休の場合は最終日のみ)、第2・4月曜日
【料金】定番ビールグラス500円 ジョッキ600円
【公式サイト】https://www.baerenbier.co.jp

第8位 南部煎餅

View this post on Instagram

_ もっと早く開けとけば良かった。 #帰省土産 #岩手県 #南部煎餅 #チョコ南部もある

tooru _yoshinoさん(@yoshino_tooru)がシェアした投稿 –

お土産定番の南部煎餅。

常温保存できて軽くて種類豊富、その上日持ちするのでお土産に最適です。

小麦粉で作られていて、サクッと軽い食感で、子供からお年寄りまで美味しく食べられるお菓子です。

定番のゴマ・ピーナッツ・ココアなどからイカ・りんご・盛岡冷麺など種類がたくさんあり、選ぶのも楽しいです。

盛岡駅内はもちろん、市内各所で販売していてスーパーでも売っているので、とても購入しやすいお土産です。

最近では、チョコをコーティングした商品などアレンジされたものも販売されています。

・南部せんべい乃 巖手屋(いわてや)
・・・盛岡駅内にあります。セット商品も多数あり、お土産に困りません。
【住所】岩手県盛岡市盛岡駅前通1-44(盛岡フェザン店)
【アクセス】盛岡駅ビルフェザン1階
【営業時間】9:00~21:00
【定休日】年2回(フェザン定休日)
【料金】おばあちゃん[胡麻]356円 巖手屋の南部せんべい756円 南部せんべいものがたり1,900円
【公式サイト】http://www.iwateya.co.jp

第7位 まめぶ

NHKの朝ドラ「あまちゃん」の舞台として有名になった岩手県北・沿岸にある久慈市。

この地方の郷土料理「まめぶ」もあまちゃんで一躍全国区の知名度となりました。

黒蜜とくるみが入った団子がけんちん汁のような汁物に浮かんでいるという、なんとの不思議なご当地グルメ。

甘く弾力がある団子とダシが効いたしょっぱい汁のバランスが絶妙で、一度食べたら忘れられないインパクトがあります^^;

なかなか他にはない味を体験できるので、久慈市に来たらぜひ、体験してみてください!

・まめぶの家
・・・久慈駅前にあるまめぶ専門店です。以前行った時はのんさんなど、あまちゃん出演者のサインが飾ってありました。
【住所】岩手県久慈市中央3-37
【アクセス】久慈駅西口から徒歩1分
【営業時間】11:00~14:00
【定休日】月・木
【料金】久慈まめぶ汁800円
【公式サイト】http://www.mamebunoie.com

第6位 マルカンビル大食堂ソフトクリーム

Photo by inumami

花巻市のマルカンビル6階にある大食堂です。

昔ながらのデパートの食堂といった雰囲気で、お年寄りから赤ちゃんまで、いつも大勢のお客さんで賑わっています。

マルカンデパート自体は2016年に閉店したんですが、花巻市民の熱いマルカン愛に支えられ、クラウドファウンディングで復活を果たしました。

名物は10段巻きのソフトクリーム。

あまりの長さに割り箸で食べるスタイルが定着したほど^^;

しかも、180円!

これは、食べて話のネタにするしかありません!!

・マルカンビル大食堂・・・昭和のレトロな雰囲気がまたいい感じです。
【住所】岩手県花巻市上町6-2 マルカンビル6F
【アクセス】花巻駅から徒歩15分
【営業時間】11:00〜18:30(LO18:00)
【定休日】水曜
【料金】ソフトクリーム180円 ナポリカツ780円 お子様ランチ560円
【公式サイト】https://twitter.com

第5位 餅料理

岩手の玄関口、県南の一関市では餅料理が名物です。

餅といえばお正月に食べるもの、というイメージがありますが、一関地方では年中餅を食べています^^

食べ方もバラエティに富んでいて、定番のあんこ、磯辺はもちろん、枝豆をもとにした「ずんだ」やエビ、納豆などもありますよ。

市内の餅料理店ではたくさんの種類の具がのった一口サイズのもちが小皿に乗っている餅のお膳を食べることができます。

見た目も華やかで、写真栄えする名物ですよ^^

・世嬉の一酒造
・・・酒蔵併設のレストラン。お土産店併設で、地酒も購入できます。
【住所】岩手県一関市田村町5-42
【アクセス】JR一関駅より 徒歩12分
【営業時間】ランチ 11:00 ~14:00(14:00 ~17:00はカフェタイム徳蔵にて)
ディナー17:00~21:00(LO:20:00)
【定休日】不定休(1月~3月は火曜定休)
【料金】一関餅膳1,300円
【公式サイト】https://sekinoichi.co.jp

第4位 福田パン

盛岡市内の学生のソウルフード、福田パン。

巨大なコッペパンに様々な具がサンドされています。

人気のあんバターや抹茶は盛岡駅内の売店や市内のスーパーでも販売されているので、入手しやすい名物グルメです。

本店では、対面販売で好みの具をその場でサンドしてもらえます。

できたてはやっぱり美味しさが違いますよ。

あん、ピーナッツ、クリームなどスイーツ系からコンビーフやキーマカレー、ハンバーグなど食事系も選べます。

本店はいつも行列が出来ているのですが、待っている間もたくさんある具材の中から好きなものをじっくり選べる時間になるので、ワクワクです!

・福田パン・・・本店はいつも行列ができています。盛岡駅の中にも販売所あり。
【住所】岩手県盛岡市長田町12-11(本店)※盛岡駅構内にも販売所あり
【アクセス】盛岡駅から徒歩15分
【営業時間】7:00~17:00(※売切れ次第終了)
【定休日】お盆・年末年始
【料金】ピーナツ139円 あんバター159円 キーマカレー256円 デミグラスハンバーグ308円
【公式サイト】https://www4.hp-ez.com

第3位 わんこそば

Photo by Kuruman

一度はトライしたいわんこそば。

盛岡市内でチャレンジできますよ。

わんこそば15杯で通常の1人前の量になるようです。

私もチャレンジしたことがあり、お店の人に女性は40杯を目指しましょう!と言われ、がんばって70杯食べました^^

2018年のわんこそば大会の記録はなんと・・・15分で632杯!

凄すぎます・・・!

そば以外にも、お椀にお刺身や色々な薬味が提供されるので、けっこうなご馳走です(そばに必死であまり楽しんでいる時間はありませんが・・・汗)

興味ある方は、ぜひ予約してチャレンジください!

・東家(あずまや)・・・盛岡駅前や中心部に店舗があり、行きやすいです。
【住所】岩手県盛岡市中ノ橋通1-8-3(本店)※盛岡駅前にも店舗あり
【アクセス】盛岡都心循環バス「でんでんむし」で「盛岡バスセンター」下車、徒歩3分。
【営業時間】11:00~15:30 17:00~20:00(LO)
【定休日】12/30~1/1
【料金】わんこそば 3,460円(子供料金あり)ざるそば540円 特製カツ丼980円
【公式サイト】http://www.wankosoba-azumaya.co.jp
※わんこそばは要予約です。
・直利庵・・・老舗の蕎麦店で、そばが美味しくカツ丼も名物です。
【住所】岩手県盛岡市中ノ橋通1-12-13
【アクセス】盛岡都心循環バス「でんでんむし」で「盛岡バスセンター」下車、徒歩1分。
【営業時間】11:00~21:00
【定休日】水曜(祝日の場合営業)
【料金】わんこそば 普通3,050円 上3,780円 ざるそば700円 カツ丼950円
【公式サイト】http://www.chokurian.com
※わんこそばは要予約です。

第2位 じゃじゃ麺

Photo by Kuruman

盛岡市の地元グルメと言えば「じゃじゃ麺」。

「ジャージャー麺」ではありません^_^

うどんのような麺に肉味噌・きゅうり・紅しょうがなどがひと皿に盛られて登場。

それを、箸でかき混ぜていただきます。

テーブルに酢・しょうが・にんにく等が置かれているので、それらをプラスして自分好みの味を完成させるのもじゃじゃ麺の魅力です。

盛岡冷麺と同じく、盛岡駅前はもちろん、市内の各地に専門店があります。

小・中・大とサイズでオーダーし、小400円~と気軽なお値段なのでファストフード感覚で食べることができますよ。

じゃじゃ麺で忘れてはいけないのが、「ちーたんたん」とのセットオーダーです。

「ちーたんたん」はじゃじゃ麺に50~100円くらいで追加できます。

じゃじゃ麺をひと口・ふた口くらい残したお皿に自分で生卵を割り、かき混ぜて店員さんに渡します。

店員さんがそのお皿にじゃじゃ麺を茹でたお湯を入れて渡してくれるので、卵スープのようになります。

じゃじゃ麺は「ちーたんたん」でシメるのが定番です。

たいていのお店に食べ方やちーたんたんのオーダー方法説明が掲示してあるので、初めての方でも問題なく楽しめますよ。

・盛岡じゃじゃ麺 白龍(パイロン)・・・じゃじゃ麺発祥のお店。駅ビルや市内に数店舗あるので行きやすいです。
【住所】岩手県盛岡市内丸5-15(本店)※盛岡駅ビル内にも店舗あり
【アクセス】盛岡都心循環バス「でんでんむし」で「県庁・市役所前」下車、徒歩2分。
【営業時間】月~土9:00~21:00(L.O.20:40)
日11:30~18:45
【定休日】お盆・年末年始
【料金】じゃじゃ麺 小盛500円 中盛600円 大盛700円 ちいたんたん50円
【公式サイト】http://www.pairon.iwate.jp
・香醤(コウジャン)・・・肉味噌が美味しく、地元民に人気です。
【住所】岩手県盛岡市大通2-4-18
【アクセス】JR盛岡駅から徒歩20分
【営業時間】月~木 11:00~翌1:30(L.O.)
金・土 11:00~翌2:00(L.O.)
【定休日】日曜(祝日の場合は月曜)
【料金】じゃじゃ麺 小450円 中500円 大700円 ちーたんたん100円
・俺のじゃじゃ
・・・盛岡市の隣町にあり、個人的に好きです。メガ盛りもあります。
【住所】岩手県紫波郡矢巾町大字西徳田第6地割168
【アクセス】JR矢幅駅から車で5分
【営業時間】11:00~20:00
【定休日】月1回不定休
【料金】じゃじゃ麺 小盛480円 中盛580円 大680円 ギガ盛780円 チータン100円

第1位 盛岡冷麺

Photo by Munenori IIDA

岩手グルメの代表・・・それは「盛岡冷麺」!

岩手の県庁所在地、盛岡市で食べることができます。

東北新幹線で盛岡駅に到着したら、駅前から街中にかけてたくさんのお店がありますよ。

小麦粉とでんぷんで作られた麺はツルっと喉越しがよく、ゴム並みの歯応えなので初めて食べると「!?」びっくりします!でも、この麺がクセになる!

牛ベースの透き通るようなあっさりスープとの相性も抜群。

あっ、セットのキムチは何も言わないと冷麺に投入されてくるお店が多いので「別辛」で注文するのがオススメです。

「別辛」だと、キムチが冷麺とは別のお皿に盛られてくるので、まずはスープそのもののすっきりした味を楽しんで、それからキムチを入れて好きな辛さに調節することができますよ。

暑い夏は「冷麺食べよう!」が合言葉。

寒い盛岡の冬でも焼肉には冷麺がつきものです。

・焼肉・冷麺 盛楼閣・・・盛岡駅前にあるので、行きやすいです。
【住所】盛岡市盛岡駅前通15-5 ワールドインGENプラザ 2F
【アクセス】JR盛岡駅から徒歩1分
【営業時間】11:00~26:00
【定休日】なし
【料金】盛楼閣冷麺1000円
【公式サイト】http://www.gen-plaza.com
・食道園・・・盛岡冷麺発祥のお店と言われています。
【住所】岩手県盛岡市大通1-8-2
【アクセス】JR盛岡駅から徒歩20分
【営業時間】月~土11:30~15:30[L.O.15:00]17:00~24:00
日・祝11:30~15:30[L.O.15:00]16:30~22:00
✳︎日によって早く閉店する日あり
【定休日】第1・第3火曜日
【料金】冷麺900円
・肉の米内・・・個人的にこちらの冷麺が一番好きです。焼肉も美味しいです。
【住所】岩手県盛岡市紺屋町5-16
【アクセス】盛岡都心循環バス「でんでんむし」で上の橋バス停下車徒歩1分
【営業時間】平日11:30〜14:30(LO) 17:00〜22:30(LO)
土日祝11:30〜22:30(LO)
【定休日】第2・第4木曜
【料金】冷めん880円
【公式サイト】http://www.nikunoyonai.com

岩手グルメを満喫してみませんか?

いかがでしたか?

以上、在住者おすすめ!岩手のおすすめグルメ10選でした。

参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

岩手の観光スポット情報まとめました🌺 icon-hand-o-down

海辺の景勝地が多く、宮沢賢治の出身地として知られる岩手県。東日本大震災では未曽有の被害も受けましたが、復興に向かって頑張っている県でもあります。今回はそんな岩手県で行っておくべきおすすめ観光スポットをご紹介!

岩手の民泊滞在もおすすめです🏡✨ icon-hand-o-down

東北・岩手県は今まさに雪一色。安比高原スキー場や八幡平温泉郷などの観光スポットもあり、世界遺産に認定された中尊寺があ理、非常にm力的な観光名所でもあります。今回は、自然豊かな岩手を少しお洒落に楽しめるでおすすめの宿泊・民泊やホテルをご紹介します。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

オガサワラ エリナ
岩手県出身・岩手県在住のライターです。 進学で一度、岩手を出てから改めて、岩手&東北の良さに気付きました! 地元のタウン誌に編集として勤務後、フリーライターとなりました。 地元をはじめ、色々な場所の魅力を発信していきます!

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo