ここって日本?!自然あふれる岩手のおすすめ観光スポット20選! | Stayway Media

ここって日本?!自然あふれる岩手のおすすめ観光スポット20選!

Stayway 編集部

トラベルクリエイター

岩手 アイキャッチ

リアス式海岸による海辺の景勝地が多く、鍾乳洞などの自然に満ちた美しい景観が特徴の岩手県。

宮沢賢治の出身地としても有名です。

また、岩手県は全国第二位を誇る面積で、旅行に行くとなっても広すぎてまわりきれない可能性が!

今回はそんな岩手県で行っておくべきおすすめ観光スポットを県北、県央、県南、沿岸部の4つのエリアに分けてご紹介!

第20位・めがね橋(県央エリア)

岩手 めがね橋

Photo by adobe

JR釜石線の「宮守川橋梁」は、半円が五つ連なるアーチ橋で、この橋が「めがね橋」と呼ばれ、地元の人々に親しまれてきました。

宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」のモチーフになったスポットとして注目を集めており、これをお目当てに観光客が増加中!

そこをSL銀河号が走る様子はまさに幻想的で、物語の中へ引き込まれた気分。

また、期間限定でイルミネーションが開催され、さらに幻想的な空間を楽しめます。

第19位・石神の丘美術館(県北エリア)

石神の丘美術館

Photo by adobe

自然と芸術を同時に楽しめる美術館。

屋外展示場では四季折々の風景を楽しめ、特に毎年6月下旬から7月上旬にかけて咲き誇る2万株のラベンダーは見ものです。

また、屋内では企画展示室やギャラリー、美術体験のできる工房があり、芸術を家族や友達みんなで楽しむことができます。

冬には自然をイメージした大規模なイルミネーションが開催され、デートスポットとしても注目を集めています。

第18位・カッパ淵(県央エリア)

カッパ淵

Photo by adobe

土淵町の常堅寺裏を流れる小川の淵にはなんとカッパが生息しているという言い伝えが!

そのカッパたちが人々を驚かし、いたずらをしたと言われていることから「カッパ淵」という名がつけられたのだとか。

澄んだ水がさらさらと流れ、うっそうとした茂みの中からは今にもカッパが出てきそうな雰囲気です。

この岸辺には小さな祠があり、子持ちの女性が「お乳が出ますように」と願えば、それが叶うといわれています。

第17位・橋野鉄鉱山(沿岸部エリア)

橋野鉄鉱山

Photo by adobe

近代製鉄の父といわれる大島高任の技術指導により、安政5年から翌6年にかけて建設され、その後、最古の洋式高炉跡として国の文化財に指定されました。

「明治日本の産業革命遺産」のひとつとして、製鉄所のシンボル的存在。

ここでは3つの高炉跡をはじめ、水車場跡や御日払所、長屋跡などがあり、製鉄産業が近代化していった様子を現代に伝えています。

第16位・釜石大観音(沿岸部エリア)

岩手県釜石大観音

photo by Ty19080914

高さ48.5mある釜石市大平町鎌崎半島に立つ白亜の魚藍観音像。

1970年に建立されてから約50年間、釜石湾を見守るように立っているその姿はなんとも偉大です。

内部には拝殿や三十三観音安置室、七福神胎内めぐりがあり、初詣にはたくさんの人がここを訪れます。

また、12階の展望台から望める太平洋の大パノラマは必見です!

第15位・幽玄洞(県南エリア)

幽玄洞

Photo by adobe

3億5000万年前からの地歴を誇る、日本最古の鍾乳洞「幽玄洞」。

鍾乳石、つらら石、石筍などフローストーンの乳白色と地底湖の碧色のコントラストが神秘的です。

また、ウミユリ、三葉虫、フズリナ、古代珊瑚などの当時ここに生息していた生物の貴重な化石がみられます。

第14位・石割桜(県央エリア)

岩手 石割桜

Photo by adobe

盛岡地方裁判所の前庭にある、周囲21メートルの巨大な花崗岩。

その割れ目から育った直径約1.35m、高さ10mの樹齢360年を越える巨大一本桜は見ものです。

国の天然記念物にも指定されており、巨大な岩を割いて咲き誇る桜の生命力は見事ですよね。

第13位・フラワー&ガーデン森の風(県央エリア)

この投稿をInstagramで見る

フラワー&ガーデン森の風(@fg_morinokaze)がシェアした投稿

 日本最大級の本格的ガーデニング公園。

メインガーデンには数百種類の植物や、水の流れる渓谷があり、そこに生息する野鳥たちの美しいさえずりで四季折々の風情を楽しめます。

また、「森の丘」には5万株もの芝桜が近年話題沸騰中!

展望台には「恋人の聖地」としても知られる「愛と幸福の鐘」もあり、デートにおすすめのスポットです。

第12位・猊鼻渓(県南エリア)

猊鼻渓

Photo by adobe

「猊鼻渓」は、砂鉄川が石灰岩を浸食してできた渓谷で、高さ約100mもの断崖が、川の両岸約2kmにわたって続いています。

砂鉄川では川下りが行われており、穏やかな水の上を悠々と下っていきます。

竿一本で舟を操る船頭さんの様子は力強く、時には「げいび追分」という唄を聞かせてくれます。

また、春ごろ、断崖に色鮮やかに咲き誇る藤の花は必見です。

第11位・滝観洞(沿岸部エリア)

この投稿をInstagramで見る

ねねごん(@nenegon)がシェアした投稿

 「滝観洞」は、自然の力により何億年もの時をかけて作られた鍾乳洞で、入口から880mのところに高さ60m、周囲50mものドームができています。

「天の岩戸の滝」と呼ばれる、大理石の裂け目から落ちる落差29m、幅1mほどの滝は必見です。

「天の岩戸の滝」は、洞窟内の滝の中では全国一位の大きさで、その水が落ちる音が洞窟内を反響し、幻想的な空間を演出します。

第10位・小岩井農場(県央エリア)


Photo by Ryuestu Kato
乳製品で有名な小岩井乳業のテーマパーク!

観光エリアは「まきば園」と呼ばれ、牛たちを観察したり、バターづくり体験ができたりします。

自然を満喫するガイド付きツアーも人気ですよ!

・施設情報

【住所】岩手県岩手郡雫石町丸谷地36-1
【電話】019-692-4321
【営業】3月21日 ~ 4月19日 9:00 ~ 17:00 4月20日 ~ 9月30日    9:00 ~ 17:30
【交通】・お車の場合:東北自動車道 盛岡ICより約15分(12㎞)国道46号を秋田方面へ → 「繋(つなぎ)十文字交差点」を右折 → 小岩井農場まきば園
・電車の場合:盛岡駅前「10番」乗り場より「小岩井農場まきば園行き」または「網張温泉行き」バス乗車(約17km 約30分)
【駐車場】無料
【料金】大人(中学生以上)800円    子供(5歳~小学6年生)300円

第9位・北山崎(沿岸部エリア)


Photo by Junpei Satoh
三陸復興国立公園の北側に位置する断崖ですが、大迫力の海岸線が約8km続く観光スポットです。

晴れの日はもちろん美しく、少しもやがかかる雨天もまた風情があって一見の価値あり!

・基本情報

【住所】岩手県下閉伊郡田野畑村北山129-10
【電話】田野畑村役場0194-34-2111 田野畑村総合観光案内所0194-33-3248
【交通】詳細はこちら
【駐車場】あり

第8位・石割桜(県央エリア)


Photo by Shacho0822
国の天然記念物にも指定されたスポットで、巨大な花崗岩を割って生えている樹齢400年後の桜です。

盛岡地方裁判所の構内にあり、毎年満開の時期は大勢の観光客が訪れます。

・基本情報

【住所】岩手県盛岡市内丸9-1 盛岡地方裁判所敷地内
【電話】商工観光部 観光交流課019-626-7539
【営業】桜が見頃を迎える11日間 開花状況で期間を設定。事前に電話で必ず確認してください。9:00~17:00
【交通】盛岡駅から徒歩で20分
【駐車場】周辺に有料駐車場あり

第7位・えさし藤原の郷(県央エリア)


平泉にほど近いテーマパークです。

20ヘクタールもの広大な敷地に、時代考証に基づいた歴史的建造物を120以上も再現しており、大河ドラマや映画のロケ地にも活用されています。

・施設情報

【住所】岩手県奥州市江刺区岩谷堂字小名丸86-1
【電話】0197-35-7791
【営業】9:00~17:00(冬期間11月1日~2月末日までは16:00閉園)入園は閉園の1時間前まで 年中無休
【交通】・電車の場合:東北新幹線「水沢江刺駅」下車より路線バス
・お車の場合:水沢ICから15分 詳細はこちら
【駐車場】無料
【料金】    大人800円 高校生500円 小・中学生300円

第6位・SL銀河号(県央~沿岸部エリア)


Photo by SL Story’s
SLがけん引する4つの車両には、「銀河鉄道の夜」に出てくる星座や動物が描かれています。

内装は宮沢賢治が生きていた時代の雰囲気をそのままに。

車内には賢治に関するギャラリーや小型プラネタリウムもあります。

・基本情報

【運行区間】花巻~釜石 詳細はこちらこちら
【営業】4月~9月
【料金】チケット購入はこちらから

第5位・厳美渓(県南エリア)


Photo by Takahashi J
栗駒山を水源とする渓谷。

流れが速く、岩にぶつかって水しぶきがあがる上流に対し、下流はゆったりとした景色も見られ、変化に富んだ景観が魅力のスポットです。

・基本情報

【住所】岩手県一関市厳美町字滝の上地内
【電話】0191-23-2350
【交通】・電車の場合:一ノ関駅~厳美渓線厳美渓バス停(バス20分) →下車徒歩約1分
・お車の場合:一関ICより車で約8分 詳細はこちら
【駐車場】無料有料ともあり。詳細はこちら

第4位・食道園の盛岡冷麺(県央エリア)


Photo by shibainu
全国的に有名なご当地グルメ。独特のコシの強い食感がたまらないという方もいるかもしれません。

冷麺を出しているお店は多数ありますが、それぞれの店の個性が出て興味深いです。

中でもおすすめのお店は、「食道園」!

盛岡における冷麺パイオニアと言われるお店で、透き通るような赤みがかったスープと、コシのある麺が自慢。

盛岡駅から徒歩15分ほどでアクセスが良いので、観光の際はぜひ立ち寄ってみてください♪

第3位・花巻温泉(県央エリア)

4つの旅館とホテルがあり、北東北最大のバラ園もあります。

11月上旬まで開花しており、温室のバラなら年中美しく咲き誇っていますよ。

・基本情報

【住所】岩手県花巻市湯本1-125
【電話】0198-37-2111
【交通】詳細はこちら
【料金】バラ園は開花状況で異なります。詳細はこちら

第2位・浄土ヶ浜(沿岸部エリア)


Photo by yuichi hayakawa
三陸ジオパーク中心にあるスポットです。

白くとがった流紋岩が多く、松の緑・海の青さとあいまって見事な景観を生み出しています。

宮古山常安寺の僧侶が江戸時代に「極楽浄土のごとし」と例えたことからこの名前がつきました。

・基本情報

【住所】岩手県宮古市鍬ヶ崎第7地割字臼木32番地ほか
【電話】宮古観光文化交流協会0193-62-3534
【交通】宮古駅から車で10分第1・第2・第3駐車場から徒歩約15分 宮古駅からバスで20分バス停奥浄土ヶ浜下車すぐ
【駐車場】あり 詳細はこちら

第1位・中尊寺(県南エリア)


Photo by Yoshihide Urushihara
850年に開かれたお寺ですが、12世紀に入り藤原清衡によって大規模な造営がおこなわれました。

金色堂をはじめとして絵画や彫刻など保存状態もよく、東日本で一番の「平安仏教美術の宝庫」。2011年世界遺産にも認定されました。

・基本情報

【住所】岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202
【電話】0191-46-2211
【営業】3月1日から11月3日まで、8:30~17:00/11月4日から2月末日まで、8:30~16:30 ※10分前に拝観券の発行を終了。
【交通】JR平泉駅から徒歩25分(車で5分)詳細はこちら
【駐車場】有料駐車場あり
【料金】大人800円 高校生500円 中学生300円 小学生200円 詳細はこちら

大自然の恵みいっぱいの岩手!

岩手県SL銀河鉄道

1位は中尊寺ということで納得の順位ですが、やはり自然を堪能する観光スポットが多いのが岩手県です。

美しい景色を見て温泉で癒されて…リフレッシュしに岩手県にぜひ足を運んでみましょう。

岩手の民泊に泊まってみませんか? icon-caret-down

東北・岩手県は今まさに雪一色。安比高原スキー場や八幡平温泉郷などの観光スポットもあり、世界遺産に認定された中尊寺があ理、非常にm力的な観光名所でもあります。今回は、自然豊かな岩手を少しお洒落に楽しめるでおすすめの宿泊・民泊やホテルをご紹介します。

staywayについて

Staywayは世界最大級の民泊・バケーション施設の検索比較サイトです。世界中の民泊サイト・ホテルサイトを比較し、最安値の物件を探す事が可能です。宿泊施設を最安値で検索しませんか?

logo