女子旅におすすめしたい夏の国内穴場スポット | Stayway Media

女子旅におすすめしたい夏の国内穴場スポット

kana

トラベルクリエイター

女子旅2019夏穴場

Photo by PublicCo

この夏、貴女はどんな場所に旅したいですか?

日本にも、まだまだ女子旅で訪ねたいスポットが沢山あります。

夏こそ是非旅してみたい、国内の穴場スポットをご紹介したいと思います♪

13位 元乃隅神社 / 山口県

2019女子旅国内1

Photo by kana

2019夏女子旅国内2

Photo by kana

2019夏女子旅国内3

Photo by kana

アメリカのTV局CNNでも「日本で美しい場所」にも選出された「元乃隅神社」海外からもその風景を認められた場所。

青い海原と緑の丘に映える赤い朱塗りの鳥居。

フォトジェニックな場所としてもうかなり有名ですが、少し先にある「角島」よりは全体的に混雑が少ない気がします。風景がクローズアップされていますが、一番のオススメは「日本一入れるのが難しいお賽銭箱!」。

裏鬼門の鳥居の上(高さ6m)の場所の小さなお賽銭箱には、バスケット部強豪校元主将の筆者でも15分かかりました♪

この夏、あなたも運試し、強運祈願に訪ねてみませんか?

【正式名称】元乃隅神社(2019年1月1日に元乃隅稲成神社から「元乃隅神社」に改名)
【住所】 山口県長門市油谷津黄498
【アクセス】JR山陰本線「長門古市駅」からタクシーで約20分
【電話番号】0837-26-0708(長門市観光案内所)
【紹介HP】ながと観光なび ななび

12位 出石城下町 / 兵庫県

2019夏女子旅国内出石1

Photo by kana

2019夏女子旅国内出石2

Photo by kana

2019夏女子旅国内出石3

Photo by kana

2019夏女子旅国内出石4

Photo by kana

出石(いずし)は、古事記や日本書紀にも登場する程の歴史の古い街で、但馬の小京都と呼ばれる今もなお城下町の景観が残る、国選定の重要伝統的建造物の保存地区になっています。

「辰鼓楼(しんころう)」と呼ばれる明治初期の時計台が出石城の城壁や町の雰囲気に良く似合うシンボルとなっています。

蕎麦が有名な地域で、わさびの辛味を増すのに「お砂糖」をわさびに入れる、そんな体験をしながら静かな時の流れる夏の城下町散策も楽しいでしょう。

出石からは「城崎温泉」や日本海の海にもアクセスが良く充実した旅を送れます♪

【正式名称】出石城下町
【住所】兵庫県豊岡市出石町
【アクセス】大阪・京都から車で約3時間
【電話番号】0796-52-4806(但馬國出石観光協会)
【公式HP】但馬國出石観光協会

11位 マキノ町メタセコイヤ並木 / 滋賀県

2019夏女子旅国内マキノ1

Photo by kana

絵画か?映画のワンシーンか?とため息の出る全長2.5Kmの絶景。

滋賀県高島市マキノ町にある「メタセコイヤ並木」は、訪れる人の心を和ませ記憶の中に入り込んでくるそんな風景です。

夏場は、緑が溢れ青い空に映える絶景を楽しむ事ができ、何時間でもそこで眺めていたいそんな気持ちに駆り立てられる事でしょう。

少し足を延ばせば、黒壁スクエアや滋賀で必ず食べたい「クラブハリエ」のバームクーヘンもいただける「ラ・コリーナ近江八幡」なども巡る旅が出来ます。

【正式名称】マキノ高原 メタセコイヤ並木
【住所】滋賀県高島市県道287号線
【アクセス】JR湖西線「マキノ駅」下車高島市コミュニティバスマキノ高原線「マキノピックランド」
【電話番号】0740-27-1811(マキノのメタセコイア並木を守り育てる会)
【公式HP】マキノのメタセコイア並木を守り育てる会

10位 龍王ヶ淵 / 奈良県

この投稿をInstagramで見る

macさん(@mac1917)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Yasuoさん(@yasuo611)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

yoshiko(中井佳子)さん(@yokko.n55)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

ほましさん(@homasi)がシェアした投稿

風景を見て息が止まる。そんな体験をこの夏してみませんか?

奈良県大宇陀市にある「龍王ヶ淵」は、そんな場所にぴったり。

緑が水鏡に映り込み、青い夏の空が映える。

ちょっと昭和レトロな田舎の夏休み風景が体験出来るこの場所は、夜には遮るものがないので満天の星空や天の川を見ることも出来ます。

【正式名称】龍王ヶ淵
【住所】奈良県宇陀市室生向渕
【アクセス】近鉄「室生口大野駅」より徒歩約1時間30分(ハイキング)
【電話番号】0743-82-5633(針テラス情報館)
【公式HP】針テラス情報館

9位 常滑焼き物散歩道 / 愛知県

この投稿をInstagramで見る

tabi_no neさん(@tabi_none)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

yuraさん(@yurasan)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

まっちゃさん(@maccha0001)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

杉浦秀則 (のこのこ)さん(@noco_noco_88)がシェアした投稿

中部国際空港セントレアからもほど近い愛知県常滑市は、常滑焼という焼き物の産地。

そして町の小高い丘に点在するレンガ造りの煙突や陶器の廃材を利用して埋め込んだ坂道などの路地をのんびり散歩することが出来ます。

路地の途中にはcafeや、陶器のお店があり暑い夏でも、どこか懐かしい気持ちを感じながら路地を抜ける風に涼むのも一味違った夏の想い出に♪

【正式名称】常滑焼き物散歩道
【住所】愛知県常滑市鯉江本町5丁目
【アクセス】名古屋鉄道「名鉄名古屋駅」から常滑線で「常滑駅」下車
【電話番号】0569-34-8888(とこなめ観光協会)
【公式HP】とこなめ観光協会

8位 東海道 関宿 / 三重県

2019夏女子旅国内関宿1

Photo by kana

2019夏女子旅国内関宿2

Photo by kana

2019夏女子旅国内関宿3

Photo by kana

2019夏女子旅国内関宿4

Photo by kana

東海道五十三次47番目の宿場町である「関宿」

そこに立つと一瞬自分がタイムトラベラーなのか?と錯覚してしまう風景が今もなお現存しひとときの時空散歩を楽しませてくれます。そして女子には外せないフォトジェニック・インスタ映え写真の宝庫。

200棟以上も残る町家で歩き疲れた身体を涼む町家cafeでひとつ先の東海道宿場町まで歩いてみる計画をするのも良い夏の想い出になるかも♪

【正式名称】東海道関宿
【住所】三重県亀山市関町中町
【アクセス】JR関駅から徒歩約5分
【電話番号】0595-97-8877(亀山市観光協会)
【公式HP】観光三重

7位 轟の滝 / 鹿児島県

この投稿をInstagramで見る

M.Hさん(@ma.db4c_02)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

M.Hさん(@ma.db4c_02)がシェアした投稿

JAXA内之浦宇宙空間観測所がある事で有名な鹿児島県肝属郡肝付町(かごしまけん きもつきぐん きもつきちょう)は、「ゲゲゲの鬼太郎」でお馴染みの妖怪一反木綿のふるさとでもあるんです。

その一反木綿も出没する?と噂の「轟の滝(とどろきのたき)」は、夏場は、マイナスイオンたっぷりの大人から子供まで滝すべりを楽しめる場所。

暑い夏に、暑さも忘れて三段からなる比較的凹凸の少ない轟の滝を時間を忘れて夢中になって滑って日本の夏!を体感して欲しい場所です♪

【正式名称】轟の滝(とどろきのたき)
【住所】鹿児島県肝属郡肝付町波見
【アクセス】笠之原I.Cから車で25分
【電話番号】0994-67-2888(肝付町観光協会)
【公式HP】肝付町観光協会

6位 奥祖谷観光周遊モノレール / 徳島県

この投稿をInstagramで見る

🌊 TEAM_BEACH 🌊さん(@captaine.nemo)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

雪月花さん(@setugekka_k)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

あい ( ̄▽ ̄ )aiさん(@ai.8008)がシェアした投稿

徳島県の山奥、「祖谷のかずら橋」で有名な観光地のもう少し奥にある「奥祖谷観光周遊モノレール」は、観光モノレールとしては世界一の全長4,600m、高低差590m。

この夏、大自然の山の中をなんと!70分かけて巡ってくれるモノレールに乗り歩かずして登山気分と世界一を体験してみませんか?

【正式名称】奥祖谷観光周遊モノレール
【住所】徳島県三好市東祖谷菅生28
【アクセス】JR大歩危駅よりバスで1時間30分、菅生バス停より徒歩20分
【営業時間】4月~9月8:30~16:00 10月~11月8:30~15:30
【定休日】毎週水曜日(祝日の場合は運行)、12月~翌年3月冬季休業
【電話番号】090-7781-5828(奥祖谷観光周遊モノレール駅舎)
【公式HP】三好市公式観光サイト 大歩危祖谷ナビ

5位 瀬長島 / 沖縄県

この投稿をInstagramで見る

kanaさん(@something_about_kanakana)がシェアした投稿

2019夏女子旅国内瀬長島1

Photo by kana

この投稿をInstagramで見る

puniさん(@alohaemichan88)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

しんか-SHINKA-さん(@shinka.insta)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

KAHO☺︎さん(@kaho.167)がシェアした投稿

那覇空港から海中道路でたったの15分の「瀬長島」は、小さな島だけど立派すぎるリゾートアイランド♪

眼の前の景色が青い海と空港なので、着陸する飛行機が落ちてきそうなくらい頭のすぐ上を飛んでいくスリルも「琉球温泉 瀬長島ホテル」の部屋や併設の施設「琉球温泉 龍神の湯」の露天風呂からも味わえます。

そしてホテルの裏エリアには、グルメや可愛い雑貨などのショッピングが楽しめる「ウミカジテラス」があり、青い海を見ながら沖縄気分を満喫出来ます♪

【正式名称】琉球温泉 瀬長島ホテル & 瀬長島 ウミカジテラス
【住所】沖縄県豊見城市瀬長
【アクセス】那覇空港から車で約10分。(陸路でつながっております)
【電話番号】098-851-7077(瀬長島ホテル)098-851-7446(ウミカジテラス)
【瀬長島ホテル公式HP】https://www.hotelwbf.com
【瀬長島 ウミカジテラス公式HP】https://www.umikajiterrace.com/

4位 ガッタンゴー / 岐阜県

この投稿をInstagramで見る

@honeycomeがシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

@silverblue_fがシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Hanbe0222さん(@bostonhanbe)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

fujicolorphototownさん(@cuicui_003)がシェアした投稿

岐阜県飛騨市に残る神岡鉄道・神岡線の廃線を利用した「レイルマウンテンバイク・ガッタンゴー」

特殊な器具の上に自転車を乗せて、本物の線路の上を自分の力で走行します。鉄橋も真っ暗なトンネルもすべて本物の鉄道路線です。

廃線と言っても、走行区間は奥飛騨を楽しんで欲しい思いで綺麗に整備され地元の方々の優しさを感じながら走る事ができます。

「まちなかコース」と「渓谷コース」の2路線。自転車だけでなく参加した人の構成に応じてオプションなどでサイドカー・観覧シート・チャイルドシートだったり車椅子もペット用ゲージもあり家族や友達みんな一緒に老若男女関係なく楽しめます♪

人力で廃線を駆け抜け、緑濃い奥飛騨の夏を体感してください。

【正式名称】レールマウンテンバイクGattan Go!!
【住所】岐阜県飛騨市神岡町東雲1327-2
【アクセス】公共交通機関の利便性が低いため車で向かう事をお勧めします。
【電話番号】090-7020-5852
【公式HP】https://rail-mtb.com/

3位 高島 / 長崎県

2019夏女子旅国内高島1

Photo by kana

2019夏女子旅国内3

Photo by kana

2019夏女子旅国内4

Photo by kana

2019夏女子旅国内高島5

Photo by kana

2019夏女子旅国内高島6

Photo by kana

長崎県で一番有名な離島と言えば、軍艦島(端島(はしま))が浮かびますが、その軍艦島のお隣り「高島」も軍艦島を含む「明治日本の産業革命遺産」として世界遺産に登録された「高島炭鉱(北渓井坑跡)」がある島として最近注目されています。

軍艦島は無人島ですが、「高島」は現在も人々が暮らす有人島で、沖合に軍艦島を眺めながら綺麗な海で海水浴や海釣りと特産物の美味しいトマトが堪能出来るのどかな島なんです。

炭鉱跡の他に島のあちらこちらに軍艦島同様に、現在は廃墟となった鉄筋住宅を見たり、長崎市内グラーバー邸で有名な貿易商人、トーマス・ブレーク・グラバーの別邸跡を見たり出来ます。


【正式名称】高島
【住所】長崎県長崎市高島町
【アクセス】長崎港から旅客船に乗り、高島港下船
【電話番号】095-896-3110(受付時間 平日8時45分~17時30分)
【公式HP】http://www.kanko-takashima.com/

2位 湯ノ口温泉 / 三重県

この投稿をInstagramで見る

satukiさん(@satuki0417)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

さとっち★さん(@satochi.wakuwaku)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Z E Nさん(@_znsk_)がシェアした投稿

三重県熊野市にある秘湯とも呼べる「湯ノ口温泉」は、入鹿温泉ホテル瀞流荘から鉱山鉄道の廃線を利用したトロッコに乗って向かう事が出来ます。

本当に可愛い小さなトロッコで、乗り心地もガタゴトと決して良いとは言えませんが、鉱山トンネルの中を走ると外の暑さなんて嘘のようにひんやりした風を感じる事ができます。

昭和レトロでフォトジェニックな夏を撮りに出かけませんか?

【正式名称】湯ノ口温泉 トロッコ電車
【住所】三重県熊野市紀和町湯ノ口10
【アクセス】JR熊野市駅より車35分又はバス50分瀞流荘下車
【営業時間】8:50~17:10 定期便あり
【定休日】年中無休
【料金】往復:大人540円・小人270円 入浴付き:860円・小人430円
【電話番号】0597-97-1126(湯元山荘 湯ノ口温泉)
【公式HP】観光三重

1位 柏島 / 高知県

この投稿をInstagramで見る

とものりさん(@1_bummeln_6)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Ashizuri-Uwakai NP, Japanさん(@ashizuri_uwakai_np)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Ashizuri-Uwakai NP, Japanさん(@ashizuri_uwakai_np)がシェアした投稿

ここは本当に日本?と思うような、しかも沖縄や石垣島じゃありません、高知県の「柏島」という離島(橋でつながっています)

ダイバーの聖地と言われていますが、今まであまり知られる事がなかったのですがインスタ映え・フォトジェニックという言葉と一緒に知れ渡る事に。

船が浮いて見えるくらいの透明度。ダイビングじゃなくてもシュノーケリングや目視だけでも充分に魚やサンゴの美しさを見ることが出来ます。

服のまますぐに飛び込んでしまいたい衝動に駆られるくらい、丸一日いいえもうこの海の中に住んでしまいたいくらいの感動にこの夏包まれる柏島ブルーを自分の目で確かめに行きませんか?

【正式名称】柏島
【住所】高知県幡多郡大月町柏島
【アクセス】高知市内から車で3~4時間
【電話番号】0880-62-8133(大月町観光協会)
【公式HP】https://www.town.otsuki.kochi.jp

この夏、女子旅が思い出に残る輝く旅へ

まだまだ国内にも、少し有名になった場所、全く知られていない場所など沢山の穴場スポットがあります。

女子旅だからこそ、フォトジェニックな場所やインスタ映え出来る場所を選びました。

この夏、是非出掛けてみて沢山の思い出をつくって下さい♪

女子旅にはこちらもおすすめ♪

小豆島は観光スポットも数多くあり、香川旅行へ行った際は必ず訪れたいおすすめの島です。 高松の玄関口である高松からはフェリーが出ており、日帰り旅行も可能です。
ゆるキャラバリィさんで人気の今治市。目立った観光施設は多くないものの、のんびりゆったり楽しめるおすすめスポットが盛りだくさんです。そんな今治を単能できる女子旅モデルコースを紹介します!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

kana
奈良県在住。テレビ局勤務時代に旅行番組に携わり、旅先で見る風景、人とのふれあいに夢中になる。海外は、イタリア、ギリシャ、スイス、フランス、マレーシア、ハワイ、グアム、台湾、中国を体験。最近は、国内を中心に時間が出来ると出掛けています。(国内未踏は、青森、岩手、福島、茨城、佐賀)近場でも、世界一周したような気持ちになれる旅を楽しんでいます。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo