在住者が本当におすすめしたい!香川旅行のお土産26選 | Stayway Media

在住者が本当におすすめしたい!香川旅行のお土産26選

SHIHO

トラベルライターSHIHO

Photo by adobestock

香川旅行のお土産に、一番に思い浮かべるのがやはりさぬきうどんでしょう。しかし、香川にはうどん以外にもおすすめのお土産が沢山あります!

今回は香川在住者である筆者が、是非県外の方にも知ってほしい、香川の魅力がたっぷり詰まったおすすめのお土産26選をランキング形式でご紹介します。

第26位 高松張子

View this post on Instagram

IKUNASさん(@ikunas_)がシェアした投稿

高松市・鍛冶屋町にはかつて玩具や人形を扱うお店がひしめくおもちゃ街でした。張子職人さんが、昔ながらの製法で作る手作りの張子は、手に取るとほっこり懐かしさを感じます。

「奉公さん」と呼ばれる張子は、香川の昔話に伝わる女の子を形どっていて、子供の身代わり守りとしても重宝されています。

高松市にあるイクナスギャラリーでは、張子の絵付け体験も可能なので、旅の思い出にいかがでしょうか。

イクナス以外にも「まちのシューレ 963」などで購入可能です。

IKUNASg(イクナス ギャラリー)
【住所】香川県高松市花園町2-1-8 森ビル3F
【アクセス】琴電「瓦町駅」から徒歩10分
【営業時間】平日11:00〜17:00、土10:00〜16:00
【定休日】日・祝 ※その他不定休の場合あり
【電話番号】087-887-6762
【公式サイト】https://www.ikunas.com/shop/

第25位 レアシュガー

View this post on Instagram

ポンテせとうみ 港区浜松町2-6-5さん(@ponte_setoumi)がシェアした投稿

レアシュガー(希少糖)とは、香川大学の希少糖研究センターが開発した甘味料。

砂糖の70%の甘みがあるにも関わらず、カロリーはほぼゼロの上、天然由来の成分とあって、ダイエットにも最適の甘味料なのです。

生産が追いついていないこともあり、県外では手に入りにくい、値段が高い場合もあるので、お土産としても珍しいでしょう。

取扱店
高松駅キヨスク、四国ショップ88(サンポート高松内)、県内スーパーマーケット等

第24位 さぬきマルベリーティー

View this post on Instagram

Reiさん(@rei_nyanz)がシェアした投稿

さぬきマルベリーティーは、桑の葉を使ったノンカフェインのお茶で、子供から大人まで安心して飲むことができます。

桑の葉100%のものと、瀬戸内レモンを加えた「桑茶レモンティー」などもあります。

マルバリーティーは地元のおばあちゃん達が生産しています。

おばあちゃんのイラストがデザインされたゆるかわいいパッケージはお土産にも喜ばれること間違いなしです♡

取扱店
高松三越、四国ショップ88、まちのシューレ963、IKUNAS 他
【公式サイト】http://www.nishimorien.com

第23位 ガァリック娘

View this post on Instagram

🅺🆄🆁🆄🅼🅸さん(@krkrkurumi_i)がシェアした投稿

香川県のにんにく生産量は実は青森県に次ぐ、全国第2位。「金刀比羅宮(こんぴらさん)」のある琴平町で生産される「こんぴらにんにく」を使用しています。

熟したオリーブオイルにニンニクを漬け、成分を溶かし込んだ「ガァリック娘」はパスタやチャーハンなど、様々な料理で活用できます。

こんぴらさんを参拝した後、ふもとのお土産屋さんや旅館などで購入することができます。

取扱店
琴平町内のお土産屋、旅館、ホテルなど
【公式サイト】http://www.k-wel.or.jp

第22位 讃岐かがり手まり

View this post on Instagram

IKUNASさん(@ikunas_)がシェアした投稿

江戸時代に「讃岐三白」で名を馳せた香川県。

「三白」とは木綿、塩、砂糖を指し、いずれも温暖で雨が少ない土地ならではの名産品でした。

その名産品の一つである木綿を草木で染めて作られたのが、香川の伝統工芸品「讃岐かがり手まり」です。

時を経て、再び注目を浴びた優しい色の手まりは、お土産にもぴったり。

大きいものは値段が高い、と言う方には、小さい手まりストラップもありますよ♪

お土産屋や空港などでも購入できますが、「讃岐かがり手まり保存会」は手まりの種類も豊富で手まり体験づくりもできるのでおすすめです。

讃岐かがり手まり保存会
【住所】香川県高松市観光通2丁目3-16
【アクセス】琴電「瓦町駅」から徒歩5分
【営業時間】10:00~17:00
【定休日】土日祝日 ※土曜は営業日あり。カレンダー参照。
【電話番号】087-880-4029
【公式サイト】http://www.eiko-temari.jp

第21位 讃岐もち麦 ダイシモチ

View this post on Instagram

全国ご当地うまいもの きしな屋さん(@kishinaya)がシェアした投稿

「ダイシモチ」は香川県善通寺市にある農業研究センターが開発したもち麦。

食物繊維が通常の白米の30倍もあり、糖尿病などの生活習慣病の予防に効果があるといわれています。

ご飯に1~2割混ぜて炊くだけで、お手軽にもっちり美味しい麦ご飯の出来上がり。

お土産にはレンジで30秒温めるだけで出来るレトルトゆで麦や、レトルトもち麦カレーなどもおすすめです。

まんでがん おしゃべり広場
【住所】香川県善通寺市上吉田町2-1-9
【アクセス】JR「善通寺駅」から徒歩5分
【営業時間】9:00~17:30(売店営業は17:00まで)
【定休日】年末年始(12/30~1/3)
【電話番号】0877-64-0012
【公式サイト】http://www.zentsuji-mandegan.jp

第20位 しょうゆ豆

View this post on Instagram

Tamamiさん(@tamamin05)がシェアした投稿

香川県民でまず知らない人はいない「しょうゆ豆」。

「しょうゆ豆」とは、しょうゆに漬け込んだそら豆で、甘辛くご飯によく合います。

郷土料理やおつまみと言うよりも、たくあんのように県民にとっては「あって当たり前・全く珍しくないもの」なので、ある意味うどんより馴染み深いかもしれません。

個人的にはお土産屋で販売されているものよりも、スーパー等で売っているものの方が美味しいと思います。

取扱店
お土産屋、スーパーなど。

第19位 ゆるキャラグッズ

View this post on Instagram

うどん脳(公式) udonnowwさん(@udonnoww)がシェアした投稿

写真は香川県のゆるキャラ「うどん脳」です。

脳みそがうどんという外観から「きもキャラ」と言われることもありますが、なぜかじわじわ好きになってくるのです。

お土産屋などでは缶バッジやステッカー、キーホルダー等が販売されています。

四国ショップ88(サンポート高松)
【住所】香川県高松市サンポート2-1 マリンタイムプラザ高松1F
【アクセス】JR高松駅から徒歩2分
【営業時間】10:00~21:00 ※季節により変動あり
【定休日】年中無休
【電話番号】087-822-0459
【四国ショップ88 公式サイト】https://shikokushop88.com
※その他にも取扱店あり。うどん脳 公式サイト参照。
【うどん脳 公式サイト】https://www.udonw.com/

第18位 井上誠耕園「美容オリーブオイル」

View this post on Instagram

mayuさん(@_mayupaka_)がシェアした投稿

小豆島にあるオリーブ農園「井上誠耕園」は、オリーブの販売の他、カフェの運営、オリーブを使った商品の販売を行っています。

観光客の目当ては大体オリーブオイルやオイルコンフィなのですが、私のおすすめは天然オリーブを100%使用、無着色無香料の「美容オリーブオイル」です。

天然成分なので、顔や髪の毛まで体全身に使え、肌をしっとりさせてくれます。

美容オイルに抵抗のある方は、ハンドクリームや美容液たっぷりのフェイスマスクなどもおすすめです。

本店は小豆島ですが、高松市内でも購入可能です。

井上誠耕園 田町店
【住所】香川県高松市田町4-15
【アクセス】琴電「瓦町駅」から徒歩10分
【営業時間】10:00~18:30(日祝は17:30まで)
【定休日】無休
【電話番号】087-802-2335
【公式サイト】https://www.inoueseikoen.co.jp

第17位 熊岡菓子店「えびせん」

View this post on Instagram

harukaさん(@yossiiiiiiiiiii)がシェアした投稿

善通寺市のお大師さん・総本山善通寺のすぐ近くにある、「熊岡菓子店」は創業120年以上も続く老舗のお菓子屋さんです。

レトロな佇まいが残るこのお店は昔と変わらず量り売りで、欲しい量を伝えて袋に詰めてもらいます。

「熊岡菓子店」の名物は歯が折れるほど固~い「かたパン」。

こちらもショウガが効いてて美味しいのですが、私がおすすめしたいのは「えびせん」です。

口に入れた瞬間、えびの風味がふわりと広がり、ついつい手が進む、正に止められない止まらない、美味しさです。

かたパンと一緒に、是非えびせんも購入してみて下さい。

ちなみにかたパンは土日祝日は特に、午前中で売り切れてしまうことがあるので、かたパン狙いの方はお早めに。

熊岡菓子店
【住所】香川県善通寺市善通寺町3-4-11
【アクセス】JR「善通寺駅」から徒歩19分
【営業時間】7:30~17:00、土日祝 8:00~17:00
【定休日】火曜日(祝日の場合は営業)、第3水曜日
【電話番号】0877-62-2644
【公式サイト】なし

第16位 丸亀うちわ

View this post on Instagram

瑠々風さん(@rurukagram)がシェアした投稿

香川県丸亀市の特産品でもある「丸亀うちわ」は、何と国内シェア9割の伝統工芸品。日本一のうちわ生産量を誇ります。

竹と和紙で作られる昔ながらのうちわは、懐かしさがありつつも、レトロな柄から近代的なポップな柄まで、どれを買おうか目移りします。

「うちわの港ミュージアム」では、うちわ作り体験ができます。香川旅行の思い出にも、自分だけのオリジナルうちわを作ってみてはいかがでしょうか。

うちわの港ミュージアム
【住所】香川県丸亀市港町307-15
【アクセス】JR丸亀駅から徒歩11分
【営業時間】9:30~17:00(入館は16:30まで)
【定休日】月(祝日の場合は翌日)、年末年始
【電話番号】0877-24-7055
【公式サイト】https://marugameuchiwa.jp/
※「うちわ工房 竹」でも制作体験可能。上記サイト参考。

第15位〜は次ページへ!>>>

SHIHO
旅・猫・カフェがとにかく好き!海外では今まで70ヶ国以上の国を一人旅しました。オシャレなカフェから廃墟まで何でも来い!の好奇心旺盛なトラベルジャンキー。地元香川県の魅力も伝えていきたいです。ブログも運営中

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo