女子旅にもおすすめ!関東の絶景スポットの25選 | Stayway Media

女子旅にもおすすめ!関東の絶景スポットの25選

Vista

トラベルクリエイター

多々羅大橋(しまなみ海道)

Photo by Adobestock

関東というと都心化が進んだイメージが強いですが、実は大自然が広がるスポットが多くあります。

そこで本記事では、関東の絶景スポットを紹介します。

第25位 宝登山/埼玉県

この投稿をInstagramで見る

TAKAHIROさん(@seek_flower)がシェアした投稿

宝登山は、埼玉県秩父郡長瀞町にある標高497mの山です。

ロープウェイを利用すれば頂上までは5分ほどでたどり着き、絶景を見ることができます。

【正式名称】宝登山
【住所】埼玉県秩父郡長瀞町大字長瀞
【アクセス】秩父鉄道長瀞駅から徒歩で15分
【公式サイト】なし

第24位 華厳滝/埼玉県

この投稿をInstagramで見る

a.yamagiwaさん(@biwaichiro)がシェアした投稿

華厳滝は中禅寺湖の流出口に位置している日本三大名瀑の一つ。

迫力満点で、全身でマイナスイオンを感じることができます。

【正式名称】華厳滝
【住所】栃木県日光市中宮祠
【アクセス】東武日光駅から車で約30分
【公式サイト】http://www.pref.tochigi.lg.jp/

第23位 奥四万湖/群馬県

この投稿をInstagramで見る

四万温泉自転車部さん(@kamo2202)がシェアした投稿

四十ブルーと言われる深い青色が美しい群馬の奥四万湖。

見ているだけでも心が癒される美しさです。秋には紅葉も観ることができ、美しさが増しますよ!

【正式名称】奥四万湖
【住所】群馬県吾妻郡中之条町四万4400−28
【アクセス】中之条駅からバスで約40分
【公式サイト】https://www.pref.gunma.jp/07/m04310043.html

第22位 小笠原諸島/東京都

小笠原・母島・北港

Photo by adobestock

東洋のガラパゴスと称される小笠原諸島。

東京の南に位置しており、船でしかアクセスすることができません。そのため、人の手が加えられていないありのままの姿の自然が残っています。

【正式名称】小笠原諸島
【住所】小笠原諸島
【アクセス】東京から船で24時間
【公式サイト】なし

第21位 大山千枚田/千葉県

この投稿をInstagramで見る

ねこひげさん(@amateruneko)がシェアした投稿

千葉県にある大山千枚田は、日本の棚田百選にも認定されている絶景の1つ。

棚田は約4ヘクタールにも広がり、秋には1万個の照明でライトアップされる棚田の夜祭りが開催されます。

【正式名称】大山千枚田
【住所】千葉県鴨川市平塚540
【アクセス】安房鴨川駅から車で約30分
【公式サイト】http://www.senmaida.com/

第20位 芦ノ湖/神奈川県

この投稿をInstagramで見る

Masahiro Obaさん(@masa.arbc24)がシェアした投稿

遊覧船や海賊船がある観光スポットとして人気の芦ノ湖。

天気がいい日は富士山まで見渡すことができ、絵はがきのような光景を目の当りにすることができます。

【正式名称】芦ノ湖
【住所】神奈川県足柄下郡箱根町元箱根
【アクセス】小涌谷駅から車で約20分
【公式サイト】なし

第19位 屏風ヶ浦/千葉県

この投稿をInstagramで見る

yumiさん(@umi_0808)がシェアした投稿

屏風ヶ浦はイギリスのドーバー海峡に位置するホワイトクリフに似ていることから、東洋のドーバーと呼ばれています。

断崖絶壁が10キロも続き、迫力のある景色を一望することができます。

【正式名称】屏風ヶ浦
【住所】千葉県銚子市三崎町1丁目
【アクセス】銚子駅から車で約10分
【公式サイト】http://maruchiba.jp/

第18位 国営ひたち海浜公園/茨城県

この投稿をInstagramで見る

関西電力株式会社さん(@kanden.jp)がシェアした投稿

近年女性たちの間で人気を集めている国営ひたち海浜公園。ここでは季節ごとに花々を見ることができますが、特に春に見ごろを迎えるネモフィラはインスタ映えすると話題です。

ぜひ一眼レフカメラを携えてベストショットを撮りに行きましょう。

【正式名称】国営ひたち海浜公園
【住所】茨城県ひたちなか市馬渡大沼605−4
【アクセス】ひたちなか海浜鉄道阿字ヶ浦駅からバスで約5分
【公式サイト】https://hitachikaihin.jp/

第17位 尾瀬ヶ原/群馬県

この投稿をInstagramで見る

takashi_takashi_0102さん(@takashitakashi0102)がシェアした投稿

尾瀬ヶ原は群馬県に広がる大高原。100種類以上の植物が季節ごとに咲いており、いつ行っても異なる景色を楽しむことができます。

また、道が整備されているので、ハイキングをするにもピッタリです。

【正式名称】尾瀬ヶ原
【住所】群馬県利根郡片品村戸倉
【アクセス】沼田駅から車で約1時間
【公式サイト】なし

第16位 袋田の滝/茨城県

この投稿をInstagramで見る

堀川 大輔さん(@daisuke_horikawa)がシェアした投稿

袋田の滝は、華厳滝と同じく日本三大爆に数えられています。4段の岩壁を水が落ちていく様子はまるで糸のようであり、多くの人が絶賛しています。

また、秋にはライトアップされた様子を楽しむこともできます。

【正式名称】袋田の滝
【住所】茨城県久慈郡大子町袋田3−19
【アクセス】袋田駅から車で約10分
【公式サイト】http://www.town.daigo.ibaraki.jp/

第15位 明月院/神奈川県

この投稿をInstagramで見る

RIKAさん(@rika_meeth)がシェアした投稿

明月院は、悟りの窓と言われる風情漂う丸い形をした窓があることで知られています。

また、紫陽花の名所としても知名度が高く、梅雨の時期に楽しめる観光スポットとして人気を集めています。

【正式名称】明月院
【住所】神奈川県鎌倉市山ノ内189
【アクセス】北鎌倉駅から徒歩10分
【公式サイト】http://www.kamakura-burabura.com/

第14位 花貫渓谷/茨城県

この投稿をInstagramで見る

tamakko1002さん(@tamakko1002)がシェアした投稿

花貫渓谷は茨城県にある有名な観光スポット。

辺りには様々な大きさの淵や滝が多くあり、ハイキングをしていると多様な光景を楽しむことができます。

【正式名称】花貫渓谷
【住所】茨城県高萩市大能地内
【アクセス】高萩駅から車で約20分
【公式サイト】http://www.city.takahagi.ibaraki.jp/

第13位 江川海岸/千葉県

この投稿をInstagramで見る

Camino Alegre en Tokio Japonさん(@caminoalegre)がシェアした投稿

千葉県にある江川海岸は、日本のウユニ塩湖とも言われているスポット。

日が暮れるにつれて美しい夕陽やライトアップされた工場の風景を楽しむことができます。都内からのアクセスも良く、ドライブで訪れるのもおすすめです。

【正式名称】江川海岸
【住所】千葉県木更津市久津間
【アクセス】巌根駅から車で約15分
【公式サイト】http://www.egawa-gyokyou.or.jp/

第12位 野反湖/群馬県

この投稿をInstagramで見る

KIRARIN@photo acct.さん(@kirarin1610)がシェアした投稿

野反湖は、標高1,513メートルに位置しており、天空の湖とも呼ばれている絶景スポットです。周辺には300種類以上の高山植物があり、大自然に触れることができます。

また、キャンプ場やバーベキュー場が設置されている点もポイントです。

【正式名称】野反湖
【住所】群馬県吾妻郡中之条町入山
【アクセス】上毛高原駅から車で約1時間40分
【公式サイト】なし

第11位 三十槌の氷柱/埼玉県

この投稿をInstagramで見る

tomo jyhidaさん(@jyhida)がシェアした投稿

三十槌の氷柱は、あまり知名度は高くありませんが、秩父の隠れ絶景スポットとなっています。岩清水が凍ると10メートルにも及ぶ巨大な氷柱ができ、幻想的な風景が広がります。

冬にはライトアップされる冬は大混雑するので、平日が狙い目です。

【正式名称】三十槌の氷柱
【住所】埼玉県秩父市大滝4066
【アクセス】三峰口駅から車で約15分
【公式サイト】なし

第10位 乙女の滝/栃木県

この投稿をInstagramで見る

Nori Yanaiさん(@nori_yanai)がシェアした投稿

人魚を見かけたという伝説がある、かわいらしいネーミングの乙女の滝。

辺り一面は緑に囲まれており、マイナスイオンを全身で感じることができます。

【正式名称】乙女の滝
【住所】栃木県那須塩原市板室703
【アクセス】高久駅から車で約30分
【公式サイト】なし

第9位 いすみ鉄道/千葉県

この投稿をInstagramで見る

鉄道回顧録さん(@retro_train_japan)がシェアした投稿

レトロでかわいいいすみ鉄道の線路沿いには桜と菜の花が咲き誇り、昔懐かしいのんびりとした景色が広がります。

電車に乗るのもいいですし、遠くから電車が通る瞬間を写真に収めるのもおすすめです。

ただし、電車はおおよそ1時間に1本しかないので、事前に時刻表をチェックしておきましょう!

【正式名称】いすみ鉄道
【住所】千葉県夷隅郡大多喜町大多喜264
【アクセス】首都圏中央連絡道市原鶴舞ICより45分
【公式サイト】https://www.isumirail.co.jp

第8位 鳩ノ巣渓谷/東京都

この投稿をInstagramで見る

Mikito Ichikawaさん(@mikitoichikawa)がシェアした投稿

都内とは信じられない程多くの自然が残っている鳩ノ巣渓谷。

つり橋からは素晴らしい渓谷美を楽しむことができます。紅葉の時期が特におすすめです。

【正式名称】鳩ノ巣渓谷
【住所】東京都西多摩郡奥多摩町棚沢
【アクセス】鳩ノ巣駅から徒歩で5分
【公式サイト】なし

第7位 神磯鳥居/茨城県

この投稿をInstagramで見る

Shinichi Takayamaさん(@takataka___gram)がシェアした投稿

神磯鳥居は、広島県の厳島神社のように海の上に浮かんでいます。

東を向いて立っているため、日本を代表する日の出の名所として知られています。天気や時刻によって見え方が異なり、鳥居と朝日が重なる瞬間はまさに絶景ですよ!

【正式名称】神磯鳥居
【住所】茨城県東茨城郡大洗町磯浜町
【アクセス】大洗駅から車で10分
【公式サイト】なし

第6位 芳ヶ平/群馬県

この投稿をInstagramで見る

mimuさん(@mimuru_5)がシェアした投稿

芳ヶ平は、草津白根山の裏側に広がる湿原です。静かな雰囲気の中で大自然のおいしい空気をたっぷりと吸うことができます。

夏には水芭蕉やワタスゲなどが満開になるのでお勧めですよ!

【正式名称】芳ヶ平
【住所】群馬県吾妻郡中之条町入山
【アクセス】北須坂駅から車で約1時間
【公式サイト】https://www.town.nakanojo.gunma.jp/

第5位 ユーシン渓谷/神奈川県

この投稿をInstagramで見る

ひゅうさん(@hiyuu53)がシェアした投稿

ユーシン渓谷は、非常に透明度が高い渓谷。水の色はユーシンブルーとも言われ、多くの人を魅了しています。

都心からアクセスしやすい点も人気の理由です。

【正式名称】ユーシン渓谷
【住所】神奈川県足柄上郡山北町玄倉
【アクセス】新松田駅から車で約40分
【公式サイト】なし

第4位 あしかがフラワーパーク/栃木県

Photo by AdobeStock

あしかがフラワーパークとは藤で有名な栃木県の公園。
日本各地からではなく海外からも観光客が多い人気の観光スポットです。

春の藤ももちろん素晴らしいですが、冬に開催されるイルミネーションは日本一にも選ばれたことがあり必見です。

【正式名称】あしかがフラワーパーク
【住所】栃木県足利市迫間町607
【アクセス】JR両毛線富田駅から徒歩13分
【公式サイト】http://www.ashikaga.co.jp/

第3位 濃溝の滝/千葉県

この投稿をInstagramで見る

シュガ(テツヤ)さん(@tetsuyasato11100825)がシェアした投稿

濃溝の滝は、300年以上前に人工的に作られた洞窟。洞窟に差し込む光がとても幻想的で、ジブリの世界のような景色を楽しむことができます。

また、季節によっては蛍を見ることができ、心が癒されますよ!

【正式名称】濃溝の滝
【住所】千葉県君津市笹
【アクセス】上総亀山駅から車で約10分
【公式サイト】https://www.city.kimitsu.lg.jp/

第2位 猿島/神奈川県

この投稿をInstagramで見る

oanoinimさん(@m_oanoinim023)がシェアした投稿

猿島は関東にある無人島。かつては要塞の島でしたが、煉瓦のトンネルやバーベキュー場、ビーチなどがあることから、観光スポットとして人気を集めています。

都内から1時間でアクセスすることができるので、日帰りも可能ですよ!

【正式名称】猿島
【住所】神奈川県横須賀市猿島
【アクセス】横須賀市から30分
【公式サイト】なし

第1位 羊山公園/埼玉県

この投稿をInstagramで見る

Koyanagiさん(@koyanagi11)がシェアした投稿

ピンクや白、紫色など9種、約40万株の芝桜が植えられている羊山公園。その姿はまるで花の絨毯のようで、秩父夜祭の躍動感や山車の囃し手の襦袢をイメージしているのだとか。

見ごろは4月中旬~5月上旬なので、ゴールデンウイークなどを利用していくのもいいでしょう。

【正式名称】羊山公園
【住所】埼玉県秩父市大宮6360
【アクセス】関越自動車道花園ICから国道140号、皆野寄居バイパス
【公式サイト】なし

観光スポットで絶景を見よう!

関東には自然が多く残る絶景スポットが多くあります。ぜひ旅行の際には、今回紹介したスポットを訪れてみましょう!

関東テーマ別コテージ30選!

関東のコテージは夏のアウトドアはもちろん、冬はウィンタースポーツが楽しめるエリアでも人気。カップルや女子旅で注目のグランピングやファミリーで利用しやすいログハウスタイプなど関東地方のおすすめコテージをテーマ別にランキング形式でご紹介!

夏はこれで決まり!関東のプール25選!

夏の定番と言えばプール!暑い夏を存分に楽しむには、プールの存在は欠かせないですよね! そこで本記事では、関東の人気のプールを紹介します!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Vista
ベルリン在住のフリーランスライター。アメリカ留学とシンガポール在住経験もあり。 趣味は海外旅行で現在訪れた国は25か国以上🌍50を目標に常に次の旅行中を模索中!

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo