世界で唯一名乗ることを許された高知の「モネの庭」その魅力を徹底解析! | Stayway Media

世界で唯一名乗ることを許された高知の「モネの庭」その魅力を徹底解析!

Hiroko

トラベルライター

モネの庭
Photo by 京浜にけ
高知県といえば、坂本龍馬やよさこい祭りなど、かずかずの日本伝統文化が思い浮かびますよね。

ですが、そんな高知県にフランスの芸術家クロード・モネの世界観を再現した庭園があります。

数年前まで門外不出であった「モネの庭」の名称を語ることを許された北川村「モネの庭」は、モネがこよなく愛したフランス・ジヴェルニーの庭をモデルに作られた庭園。

色とりどりの睡蓮や藤棚、バラのアーチ、光と花のコントラストが美しい空間が広がります。

四季折々の自然の姿を感じられるモネの庭マルモッタンの魅力を紹介します。


<基本情報>
【住所】高知県安芸郡北川村野友甲1100番地
【電話番号】0887-32-1233
【開園時間】9:00~17:00(最終入園16:30)
【休園日】毎週火曜日
【入園料】大人700円、小人300円、未満児無料

1. モネの庭とは?

フランス モネの庭Photo by AdobeStock

フランスの印象派の巨匠クロード・モネが、絵を描くのと同時に作り上げたのがフランス北部のジヴェルニーにあるジヴェルニー庭です。

自然をこよなく愛したといわれるモネの理想的空間で、「まるでパレットのような庭」「生きた美術館」と称されるほど美しいその空間は、モネの最高傑作と呼ばれるほどでした。

2. 北川村モネの庭マルモッタンが生まれたきっかけ

高知 ゆず
Photo by AdobeStock

高知県北川村は、高齢化と人口減少が進む中1990年頃より、村の発展のために長い間さまざまな道を探していました。

そこで立ち上がったのが、日本屈指の収穫量と品質を誇るゆずを基軸とした村おこし。当初はゆずとワインを兼ね合わせた、ワイナリー事業を中心に話が進んでいました。

ですがその事業が開発途中に、大幅な縮小などのトラブルにあい、そんな中で生まれたのが、モネの庭。

ゆずとワインから出発した構想が、自然の中に庭園を造ろうという構想と重なり、何度もフランスのジヴェルニーとの交渉を繰り返し、1999年についに門外不出であった「モネの庭」の名前をかたることが許されたのです。

世界で「モネの庭」と名前がつくのは、本場フランスのジヴェルニー庭と、高知の北川村だけなのです。

3. モネの庭の魅力① 〜花の庭〜

モネの庭Photo by AdobeStock
画家のパレットの中のように、色とりどりの花が咲き誇る花の庭。

バラのアーチやノルマン囲いの造形、花壇ごろに花の色が帰られていたり、混植したりすることで、独創的な風景が広がります。

毎年同じではなく、季節・気候によって移り行く花のカラーバリエーションがポイントです。

4. モネの庭の魅力② 〜水の庭〜

高知 モネの庭Photo by AdobeStock

モネの代表作にも描かれている睡蓮が咲き誇る庭。

モネは熱心な親日家でもあったことから、太鼓橋や藤棚・柳や竹・浮世絵など、日本の影響を受けている部分があります。

そんな中で生まれた水の庭には、日本でもなじみ深い樹木を中心に色鮮やかな草花が咲き誇ります。

5. モネの庭の魅力③ 〜光の庭〜

モネの庭
Photo by AdobeStock

光りの庭は、本家フランスのモネの庭には存在しない、世界で1つの「モネの庭」です。

海や山など高知の自然を取り入れて、2008年に誕生したゾーン。オリーブやハーブ、やしやソテツ、アロエなど地中海の植栽と、両国のかけはしとなったゆずなどの柑橘類が植えられています。

光によって変わる彩りや風景を楽しめるゾーン。本家モネの庭の庭責任者であるジルヴェール・ヴァエ氏の協力のもとにつくりあげられました。

6. モネの庭の魅力④ 〜カフェ モネの庭〜

カフェ
Photo by AdobeStock

素敵な庭をたっぷり堪能した後は、お腹と心もリラックスしてほしい…そんな思いの中で生まれたのがカフェモネの庭です。

地元の食材と使ったメニューや、クロード・モネが実際に作ったレシピを活かしたメニュー・四季折々のデザートなどが味わえます。

カフェ内には庭の雰囲気を損なわないようインテリアにもこだわっていて、落ち着いた雰囲気でモネの庭の景観が楽しみながら食事を頂だけます。

<基本情報>
【営業時間】9:00~17:00(LO 16:30)
【朝食タイム】9:00~11:00(LO 10:30)
【ランチタイム】11:00~16:00(LO 15:30)
【休業日】火曜日(祝日の場合は営業、4~6月無休)冬期メンテナンス期間
【席数】44席(1階)、50席(2階・団体専用)テラス席(晴れの場合は使用可能)
【電話番号】0887-32-1233

7. モネの庭の魅力⑤ 〜モネの魅力がつまったショップ〜

ジヴェルニーの庭
Photo by AdobeStock

庭の中心部にあるギャラリーショップは、ジヴェルニーにあるモネの実際のアトリエをモチーフにデザインされています。

緑色の鎧戸とレンガ色の外観で、モネの庭の景観にとけこんでいます。

ギャラリースペースでは、モネの絵画の複製や展示品、ガーデニングに関する書物を閲覧可能。

ショップスペースでは、モネを中心としたミュージアムグッズやオリジナル商品以外にも、高知北川村の特産品を使った商品や地元のお酒などが楽しめます。

8. モネの庭の魅力⑥ 〜子連れでも楽しめる遊びの森〜

モネの庭
Photo by Earthboud1960

モネの芸術的な空間を満喫したいと思っていても、お子さまには少し難しいこともしばしば。

そんな時でも大丈夫。モネの庭には、滑り台やアスレチックなどのある遊び広場があります。

また片道30分ほどの遊歩道もあり、小学生以上のお子様なら自然探検をすることが可能。大人だけでなく、子どもも遊べるのがポイントです。

高知からフランスへ、芸術の旅に出かけよう

睡蓮
Photo by AdobeStock

四季折々の花が楽しめる北川村「モネの庭」マルモッタン。

飛行機で何時間もかけなくても、本物に近いモネの庭を体験することができます。

Instagramで現在のおすすめの花だよりが確認できるため、訪れる際は事前チェックがおすすめ。

季節に合わせた庭園を楽しんでみてくださいね。

モネの庭以外にも!高知の観光スポット、テーマ別にまとめました

よさこい祭りが有名で、幕末の志士・坂本龍馬の出身地として知られる高知県。四万十川や足摺岬など自然豊かな観光スポットも多数!今回は高知県でおすすめの観光スポットをご紹介します。気になるところは是非足を運んでみてくださいね!
森林の面積が県内の約85%を占めると言われるほど、自然に囲まれた高知。幕末志士の坂本龍馬や中岡慎太郎ゆかりの地としても有名です。今回はそんな高知の中でも一番にぎわいを見せる高知市内の1日でまわれる観光スポット12選を紹介します!!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Hiroko
愛媛県在住。その土地の美味しいもの探しを目的とした旅行が好きです。有名なものからB級グルメ・知る人ぞ知る隠れグルメまで、様々な土地の美味しい物に出会える旅がしたいです。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo