夏休みこそ熊本!在住者おすすめの夏でも涼しい観光スポット10選 | Stayway Media

夏休みこそ熊本!在住者おすすめの夏でも涼しい観光スポット10選

S.Inoue

トラベルクリエイター

甲佐やな場
Photo by S.Inoue

熊本は6月から10月上旬まで30度を超える日があり、真夏は38度前後の日が連日続きます。

そんな暑い、火の国熊本には県内に避暑地が複数あります。

今回は地元民目線で選んだ、ガイドブックに載っていない穴場スポットから人気スポットまで、「涼」をテーマにランキングでご紹介します。

第10位 鍋ヶ滝

View this post on Instagram

【 #夏休み × #森林浴 】 . こちらのお写真は、熊本県にある「鍋ヶ滝」。水カーテンの裏はマイナスイオンがたっぷり♡暑い夏にぴったりな観光スポットですよ☀️👍🏻 . Credit:@lydon6926さん 素敵なお写真をありがとうございます☺︎ . あなたが撮影した素敵な写真に
「#aumo」を付けて教えてください♡
あなたの投稿が明日紹介されるかも♪ . aumoアプリは毎日配信!おでかけや最新グルメなどaumo読者が気になる情報が満載♡
ダウンロードはプロフィールのURLから✔︎ (iPhone&Android版) . . #熊本旅行#熊本観光#鍋ヶ滝 #夏#風景#絶景#旅 #おでかけ#国内旅行#風景写真#日本の風景#綺麗な景色#ダレカニミセタイケシキ#カメラ女子部#景色最高#日本の絶景#旅行好き#旅好きの人と繋がりたい#スポット#カメラ撮ってる人と繋がりたい#あなたとみたい景色#景色綺麗#日本の景色#絶景ポイント#絶景スポット#写真楽しむ部#写真好キト繋ガリタイ

aumoさん(@aumo.jp)がシェアした投稿 –

「生茶」や「お−いお茶」のCMロケ地として有名になった滝です。

滝周辺はとても涼しく、滝へ向かう階段でも、石畳の中にハート型の石が5つ隠れていたり

水のきれいなところにしかいない沢ガニがときどき現われたりと、ワクワクさせてくれます。

滝の落差は約10mと規模は小さいですが、幅は約20mあり、キレイな水のカーテンのようです。

鍋ヶ滝
Photo by kagawa_ymg

滝の裏側も歩いて回ることが出来ます。
落ちてくる水しぶきを感じながら水のカーテンの合間から見える、緑の木々と木漏れ日の光はとても幻想的な光景です。

■正式名称:鍋ヶ滝公園
■住所:熊本県阿蘇郡小国町黒渕4101
■営業時間:9時~17時(最終入園16時30分)
■アクセス方法:豊肥本線 阿蘇駅から車で50分/九州自動車道 植木インターから車で1時間15分
■公式サイト:https://kumanago.jp

第9位 甲佐やな場

甲佐やな場
Photo by S.Inoue

「やな」とは、川を下る鮎を獲る伝統漁法です。

「甲佐やな場」は、寛永10年に肥後藩主の細川忠利侯の命によって造られた水田用水調節の場でした。

川の上に建つ茅葺き屋根の施設で鮎が食べられるようになったのは、戦後からだと言われています。


夏の思い出に、全国でも珍しい清涼感たっぷりの「甲佐やな場」に是非お越しください!

■正式名称:甲佐町やな場
■住所:熊本県上益城郡甲佐町大字豊内19-1
■電話番号:096-234-0125
■営業時間:6月1日から11月30日まで/11時~20時(オーダーストップ:18時30分)
※期間外のお問い合わせは運営元である「割烹よねむら」へ:096-234-0246
■アクセス方法:JR熊本駅から車で50分/九州自動車道 松橋インターから車で20分
■公式サイト:https://www.town.kosa.kumamoto.jp

第8位 五老ヶ滝

View this post on Instagram

お久しぶりの山都町巡り『五老ヶ滝』の巻です😁👏 . 山都町で石橋中心になってましたが、滝もあるんですよ😄🎶 . 通潤橋から車ですぐのとこにある、五老ヶ滝に伺いました! . 駐車場から階段を下りて吊り橋からみる風景はまさしく絶景!! 落差50mから落ちる凄まじさと岩と緑のさまは美しいですね😆💕 . 紅葉になっている部分もあり、紅葉になるとまた違った風景になりますね🎵 . 次回は『通潤橋』の巻です😁 #love #instagood #instagram #instapic #beautiful #beauty #photography #art #ファインダー越しの私の世界 #写真好きな人と繋がりたい #travels #travelgram #instatravel #traveling #travelphoto #熊本 #山都町 #石橋 #伝統 #滝 #五老ヶ滝

@ bz_explorer_8がシェアした投稿 –

熊本県山都町にある落差50mほどの「五老ヶ滝」。

昔から、いつ来ても観光客がいない穴場スポットです。

夏場でも駐車場から滝に近づくにつれて徐々に涼しさを感じます。

水の飛沫がかかる距離まで滝つぼに近付くと、最高にド迫力!!

View this post on Instagram

迫力がありました。吊り橋から真正面の眺めで、滝壺に落ちる水の音も響いてました。 #五老ヶ滝

Yusaku Isobeさん(@yuzaac)がシェアした投稿 –

つり橋はちょっと動くと揺れますが、しっかりとした作りになっているので怖くありません。

タイミングが合うと、滝つぼに虹がかかるのを橋の上から見ることが出来、テンションが上がります。

熊本地震の後から滝壺に降りられなくなっている日もあるそうですが、見に行く価値あり!

■正式名称:五老ヶ滝
■住所:熊本県上益城郡山都町長原219
■アクセス方法:九州自動車道 松橋インターから車で50分
■公式サイト:https://kumanago.jp

第7位 太平渓谷第二キャンプ場

太平渓谷
Photo by S.Inoue

新くまもと百景に選定された大平渓谷に併設する無料のキャンプ場。

ここも昔から観光客が少ない穴場です。

第1キャンプ場と第2キャンプ場があり、平地よりマイナス5度の涼しさ。

キャンプ場近くの川はとても澄んでいて、とても冷たいです。

泳ぐことも出来ますが、冷たすぎて長くは入っていられません。

太平渓谷キャンプ場
Photo by S.Inoue

涼しい中で川の音を聞きながら、星空を眺めて語り合う、素敵な夏休みの思い出を作ってください。

■正式名称:大平渓谷第二キャンプ場
■住所: 熊本県球磨郡錦町一武
■営業時間:終日開放
■アクセス方法:くま川鉄道湯前線 一武駅から車で1時間/九州自動車道 人吉インターから車で1時間15分
■公式サイト:http://www.nishiki-machi.com

第6位 霊巌洞(れいがんどう)

View this post on Instagram

宮本武蔵ゆかりの地そして、終の地 霊巌洞#宮本武蔵#宮本武蔵ゆかりの地#五輪の書#パワースポット

もっさんさん(@yosshy.1423)がシェアした投稿 –


「霊巌洞」は、熊本県松尾町の雲巌禅寺の裏山にある洞窟です。

ここは、剣豪宮本武蔵ゆかりの地と言われており、宮本武蔵が1643年から約1年間ここにこもって代表的な著作、【五輪書】を書いたと言われています。

「霊巌洞」に行くまでは暑いですが、洞内は涼しいです。

霊巌洞
Photo by STA3816

付近の斜面に散在する仏像はとても神秘的です。

大学生の頃、友達と何気なく夕方ごろ行ってみたら、薄暗いこの道が怖くて洞までたどり着けなかったのはいい思い出。

■正式名称:霊巌洞・五百羅漢(雲巌禅寺)
■住所:熊本県熊本市西区松尾町平山589(雲巌禅寺内)
■電話番号:096-329-8854(雲巌禅寺)
■営業時間:8時~17時
■アクセス方法:JR熊本駅から車で30分/九州自動車道 熊本インターから車で50分
■公式サイト:https://kumamoto-guide.jp

第5位 湧水公園天然プール

熊本県嘉島町の下六嘉湧水群の中にある、とっても水が澄んでいる「嘉島湧水天然プール」。

湧水池を木製のプールサイドで仕切ってあるだけなので、川から溯上してきたアユ、カワムツ、オイカワ等がいるため、「魚に泳ぎを教わるプール」ともいわれています。

水温は1年を通して18度らしいんですが、「18度ってこんなに冷たかったけ?!」というぐらい水が冷たいです。

15分入っていれば唇は紫色になります。30分足をつけていれば感覚がなくなってきます。

無理せず、寒くなったらすぐに上がって真夏の太陽に温めてもらいましょう。

体に巻き付けることの出来る大きめのタオルと、長袖の服を持っていくことをオススメします。

■正式名称:下六嘉湧水群天然プール
■住所:熊本県上益城郡嘉島町下六嘉3199
■営業時間:10時~18時
■アクセス方法:JR熊本駅から車で35分/九州自動車道 嘉島インターから車で5分
■公式サイト:https://www.town.kashima.kumamoto.jp

第4位 津留川

津留川
Photo by S.Inoue

熊本県美里町にあるとても澄んでいて綺麗な「津留川」。

生まれたての稚魚のような小さな魚がいるぐらいで、他には何もない、幅が狭い川です。

上流付近は日影が多いためか、水がとっても冷たいので川に足を浸けているだけで涼しいです。

津留川
Photo by S.Inoue

10分足を浸けていると足の感覚がなくなってくるので、適度に川の中から出ましょう。

昔から観光客は見かけたことがない、穴場。

人がいないのでプライベート感があり、ゆっくり出来ますよ。

■正式名称:津留川
■住所:熊本県下益城郡美里町安部1056
■アクセス方法:JR宇土駅から車で40分/九州自動車道 松橋インターから車で30分
■公式サイト:https://www.town.kumamoto-misato.lg.jp/

熊本の夏でも涼しい観光スポットTOP3はこちら👇

S.Inoue
親が転勤族だったため引っ越しが多く、社会人になってからも福岡、神奈川、埼玉、長野、大阪、熊本など住みたいところに住む生活をしてきました。旅をするのも好きで、北海道、青森、東京、沖縄に行きました。年に2回は沖縄に行くほど沖縄好き!将来の夢は沖縄移住!

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo