【京都】女子旅目線のはんなりと訪ねる金閣寺 | Stayway Media

【京都】女子旅目線のはんなりと訪ねる金閣寺

kana

トラベルライター

金閣寺1

Photo by kana

京都を訪ねたら国内外の観光客が絶対と言って良い程訪れる「金閣寺」

正式名称「鹿苑寺」(ろくおんじ)は、室町時代に将軍足利義満が築いた極楽浄土の世界を再現したもの。

北山文化の象徴とも言われています。

1、金閣寺ってどんなところ?

京都へ修学旅行や観光旅行をした時に、きっとダントツで訪れた事のある場所ではないでしょうか。

室町幕府3代将軍である足利義満が建てた金色に輝く舎利殿は、室町時代の栄華を象徴する建物。

世界遺産にも認定された正式名称を「鹿苑寺」と言います。

小説家三島由紀夫の代表作「金閣寺」の舞台にもなっています。

金閣寺2

Photo by kana

金閣寺3

Photo by kana

光り輝く豪華絢爛なこの舎利殿は、見た瞬間言葉を失う美しさに驚くでしょう。

特に紅葉の時期は、背景の山の紅葉と空とのコントラストが抜群に映えるので見ているだけで強いパワーを感じる事が出来るパワースポットとしても人気の場所です。

建築した将軍 足利義満は、大人気アニメ「一休さん」の「将軍さま」でも有名で室町時代の平和な一面を垣間見ることもできますね。

【正式名称】鹿苑寺(ろくおんじ)
【住所】京都市北区金閣寺町1
【アクセス】京都市営バス「金閣寺前」(12・59系統)または「金閣寺道」(急行101・急行102・204・205・M1系統)バス停下車
【拝観時間】9:00~17:00
【電話番号】075-461-0013
【公式サイト】https://www.shokoku-ji.jp/flash/flash.html

【スポット評価】金閣寺の評価は・・・?

点数理由
友達と★★★★★5京都らしい散策にも良い場所
恋人と★★★★★5世界遺産巡りで思い出の場所になるでしょう
家族で★★★3歴史の勉強に最適な場所
小さな子と★★2季節を問わずかなり混雑しています
ひとり旅★★★★★5歴史本片手に楽しめます
出張で★★★3京都駅から少し遠いので時間的余裕が必要

2、金閣寺へのアクセス

金閣寺4

Photo by kana

JR京都駅から市営バスでアクセスするのが最適な方法です。

京都市営バス
「金閣寺前」バス停下車(12・59系統)
「金閣寺道」バス停下車(急行101・急行102・204・205・M1系統)

3、拝観料について

大人(高校生以上)400円
小・中学生300円

※団体割引はありませんが、30名以上の場合は団体としてお入りください。
※特別拝観時は料金が異なることもありますのでご注意ください。

4、金閣寺の見どころ

なんと言っても「舎利殿 金閣」

正式名称「鹿苑寺」の代表的な「舎利殿」が金色に輝き強い印象から通称「金閣寺」と親しまれるようになりました。

1950年に放火による火災で焼失し再建される

5年後に再建されましたが、焼失前とほぼ同じ建物が復元されているのが現在私達が見る金閣寺です。

この放火事件を題材にして三島由紀夫の代表作「金閣寺」が執筆されました。

金閣寺の金箔

10.8cm四方の金箔が約20万枚使用されています。金の重量にして約20kg。

金箔の厚さは通常0.1ミクロンなのに対して、金閣寺の金箔はその約5倍の0.45~0.55ミクロン金箔が使用されています。

金箔は、福井県金沢のものが使用されており、金箔を固定する接着剤的な役割の「漆(うるし)」は、岩手県産の「浄法寺漆(じょうぼうじうるし)」が使用されています。

5、金閣寺周辺のグルメ

フルーツパーラー「クリケット」

この投稿をInstagramで見る

フルーツパーラー クリケット(@cricket_kyoto)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

フルーツパーラー クリケット(@cricket_kyoto)がシェアした投稿

オーナーの「すべての人に世界の果物を美味しく食べてもらおう」そんな気持ちからオープンしたお店。

新鮮な果物を使った数々のメニューは、どれもインスタ映え間違いなし♪

【住所】京都市北区平野八丁柳町68-1 サニーハイム金閣寺1F
【アクセス】金閣寺から徒歩11分
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】火曜日不定休 12月31日休業・元旦より営業
【電話番号】075-461-3000
【公式サイト】http://www.cricket-jelly.com/

権太呂 金閣寺店

この投稿をInstagramで見る

kei😋(@lpgdkkk)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

煽(@aoru_aoru)がシェアした投稿

「きぬかけの道」に面した京都らしい風情ある建物が印象的な「権太呂 金閣寺店」

オススメは、やはり京都を感じる「ゆばあんかけそば(うどん)」♪

熱々トロトロに上品な自慢のお出汁の味が染みてきます。

【住所】京都市北区平野宮敷町26
【アクセス】金閣寺から徒歩5分
【営業時間】11:00~21:30(L.O.21:00)
【定休日】水曜日
【電話番号】075-463-1039
【公式サイト】http://gontaro.co.jp/

6、金閣寺【お役立ち情報】

秋の季節だけの楽しみ♪

どんな季節に訪れても美しい「金閣寺」ですが秋の紅葉シーズンだけ、赤い紅葉が金色の舎利殿をはんなりと薄く赤く染めたようななんとも言えない色合いの金閣寺を見る事ができます。

7、金閣寺【Q&A】

Q1、車椅子やベビーカーでの拝観はできますか?

A1、金閣舎利殿の真横までは段差がないので拝観可能ですし
多目的お手洗いなどの設備も整っています。
ただし、境内庭園は安全保全の都合上バリアフリー対応がなく
ベビーカー・車椅子の方は引き返して拝観入り口より退出になります
す。
※ 車椅子の貸し出しは、予約なくご参拝時にお声掛けいただければ空きがあり次第ご利用いただけます。

Q2、荷物を預けられるロッカー等はありますか?

A2、ロッカー設備やお預かりする場所も備えておりません
ご自身でお持ちいただくか駅などの公共設備のご利用をお願いしま
す。

Q3、ペットを連れての拝観はできますか?

A3、介助犬は、そのままご一緒にお入りいただけます。
その他につきましては、ケージかペット用のカバンに入れていただ
だくようお願いいたします。
ご不明な場合はお問い合わせ下さい。

8、金閣寺周辺の観光スポット

【世界遺産を歩いて巡るきぬかけの路】

世界遺産の「金閣寺・龍安寺・仁和寺」などを歩いて巡れる約2.5kmの観光道路を 「きぬかけの路」と名付け親しまれています。

仁和寺から京福電鉄北野線・通称嵐電に乗れば嵐山まで行くことも出来るので、京都の風景を楽しみながら散歩する気持ちで歩いて巡るのも楽しいですね。

所要時間(徒歩)

金閣寺~龍安寺約18分
龍安寺~仁和寺約11分

世界遺産 龍安寺

この投稿をInstagramで見る

mari Ⓜ️(@atamari1105)がシェアした投稿

枯山水の石庭で有名な「龍安寺(りょうあんじ)」は、室町時代の有力者・細川勝元が1450年に創建した禅寺。

1975年にエリザベス2世が公式訪問し称賛した事により世界的に有名になりました。


【住所】京都市右京区龍安寺御陵ノ下町13
【アクセス】金閣寺より徒歩18分
【拝観時間】3月1日~11月30日8:00~17:00 / 12月1日~2月末日8:30~16:30
【定休日】無休
【拝観料】大人・高校生 500円  小・中学生 300円
【電話番号】075-463-2216
【公式サイト】http://www.ryoanji.jp/top.html

世界遺産 仁和寺

この投稿をInstagramで見る

仁和寺(@ninnajitemple)がシェアした投稿

世界遺産 仁和寺(にんなじ)は、平安時代初期に宇多天皇により創建された寺。

別名「御室御所(おむろごしょ)」と呼ばれ明治時代まで皇族が住職を務めた皇室との縁が深い寺院です。

今や世界的企業となったOMURON(オムロン)の社名もこの「御室(おむろ)」に由来しています。


【住所】京都市右京区御室大内33
【アクセス】龍安寺から徒歩11分
【拝観時間】3~11月9:00~17:00/12~2月9:00~16:30
【定休日】無休
【電話番号】075-461-1155
【公式サイト】http://www.ninnaji.jp/

【きぬかけの路 公式ページ】https://kinukake.com/

 はんなりと金閣寺を訪ねて。

どんな季節も国内外問わず観光客の多い混雑したイメージの「金閣寺」ですが、そんな中でも女子旅の歩幅に合わせたようなのんびりと訪ねられるようにご紹介してみました。

混雑を横目にそんな京都を楽しんでみて下さいね♪

京都の各スポットについてはこちらをチェック!

京都市にある清水寺を紹介します。観光地京都の中でも5本の指に確実に入る有名観光地が清水寺です。本堂舞台からの絶景や3本の滝など、見どころが豊富な境内を散策しましょう。清水寺周辺スポットも含め、清水寺の魅力を徹底解説します。
京都市にある錦市場を紹介します。京都の台所として、京料理の食材などを扱っているのが錦市場で、最近はインバウンドの外国人観光客が食べ歩きできる、楽しいスポットにもなりました。錦市場について、見どころや近隣情報など様々な角度から徹底解説します。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

kana
奈良県在住。テレビ局勤務時代に旅行番組に携わり、旅先で見る風景、人とのふれあいに夢中になる。海外は、イタリア、ギリシャ、スイス、フランス、マレーシア、ハワイ、グアム、台湾、中国を体験。最近は、国内を中心に時間が出来ると出掛けています。(国内未踏は、青森、岩手、福島、茨城、佐賀)近場でも、世界一周したような気持ちになれる旅を楽しんでいます。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo