【京都人が教える】一度は訪れてほしいおすすめの神社・仏閣20選! | Stayway Media

【京都人が教える】一度は訪れてほしいおすすめの神社・仏閣20選!

このか

トラベルライター

京都 東寺

Photo by Hotice Hsu

京都は言わずと知れた神社仏閣の名所でもあります。

神社仏閣の神様・仏様にはそれぞれの専門分野があるのをご存知ですか?訪れる神社仏閣の歴史を知ることで、そこを訪れたときの感動が深まりますし、きっと記憶に残るものになるでしょう。

神社・仏閣巡りの楽しみ方は一つではありません。その歴史から時代に想いを馳せるのもよし、御朱印集めをするのもよし、最近ではそれぞれのお守りやおみくじも工夫されていておもしろいです。

今回は、京都人が一度は訪れてほしい!と思う神社仏閣20選をランキング方式でご紹介します。

第20位 梛(なぎ)神社

京都 梛神社 梛の実

Photo by このか

鳥居をくぐって左側の御社が、梛神社です。

ここにいるのは恐ろしい疫病の神様で、この神の怒りを鎮め、京都の街に疫病がはやらないようにするために、この神社に祀られています。

インフルエンザの流行前にはぜひ、お参りしておきたいものですね!

ちなみに鳥居をくぐって右側は、皮膚病を治してくれる神様がいる隼神社の御社です。

梛神社のおみくじは梛の実をかたどっており、お守りとして持っておくこともできますよ。

【正式名称】元祇園梛神社
【所在地】京都市中京区壬生梛ノ宮町18-2
【料金】なし
【時間】なし
【アクセス】京都駅から 市バス26系統「壬生寺道」下車
【電話番号】075-841-4069
【公式サイト】https://kanko.city.kyoto.lg.jp

第19位 大徳寺

View this post on Instagram

りえさん(@rk.tabiphoto)がシェアした投稿

一休さんにゆかりの深いこの寺院は、京都でも有数の規模を誇ります。

境内には、一休さんこと千利休が切腹させられる原因となった三門や、天井に龍が描かれた法堂など、散策するだけでも十分楽しめます。

境内には他にも、苔の美しい庭園を持つ高桐院や、キリシタン大名の十字架に見立てて並べた7個の石があるお庭がある瑞峯院など、有料拝観できるいくつかの寺院があります。

【所在地】〒603-8231 京都府京都市北区紫野大徳寺町53
【料金】境内無料
【時間】9:00〜17:00
【アクセス】京都駅から 市バス206系統「大徳寺前」下車
【電話番号】075-491-0019
【公式サイト】http://www.rinnou.net

第18位 岡崎神社

京都 岡崎神社

Photo by このか

通称「うさぎ神社」と呼ばれる岡崎神社には、境内のいたるところにかわいいウサギがいっぱい。

こじんまりとした境内には、狛犬ならぬ狛うさぎや招きうさぎがおり、おみくじまでうさぎです。境内はいつも女性の参拝客で賑わいをみせています。

うさぎは多産のシンボルとされており、この神社には安産の神様がいらっしゃいます。

【正式名称】東天王岡崎神社
【所在地】〒606-8332  京都府京都市左京区岡崎東天王町51番地
【料金】なし
【時間】なし
【アクセス】京都駅から市バス100系統「東天王町」下車 徒歩5分
【電話番号】 075-771-1963
【公式サイト】http://okazakijinja.jp

第17位 平安神宮

京都 平安神宮

Photo by このか

平安神宮は平安遷都1100年を記念して、明治時代に創建された新しい神社で、京都三大祭りの一つである時代祭りが行われることでも有名です。

陰陽道にもとづく四神相応(東西南北を司る神様が存在するのにふさわしい場所という考え方)の信仰にゆかりが深く、邪気が遮断され、幸福や長寿を呼び込むとされる場所に建つ神社です。

【所在地】〒606-8341 京都府京都市左京区岡崎西天王町97
【料金】なし
【時間】6:00〜17:00
【アクセス】京都駅から市バス5系統・楽バス100号・110号系統 「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車  徒歩5分
【電話番号】075-761-0221
【公式サイト】http://www.heianjingu.or.jp

第16位 大豊神社

京都 大豊神社

Photo by このか

哲学の道の途中にひっそりと建つこの神社は、この地域を守っている氏神様です。縁結び、商売繁盛、長寿、学業成就、災難除けなどの願いを聞いてくれる神様がいらっしゃいます。

境内には狛犬ならぬ、狛ねずみや狛鳶、狛ザルなど様々な動物が参拝者を迎えてくれます。

椿の名所でもあり、椿の咲く頃には境内のいたるところに椿が飾られていて、とても可愛らしい神社です。あまり観光客もいないので、オススメの穴場スポットと言えます。

【所在地】京都市左京区鹿ケ谷宮ノ前町1
【料金】なし
【時間】なし
【アクセス】京都駅から 市バス5系統「東天王町」下車 徒歩10分
【電話番号】075-771-1351
【公式サイト】https://kanko.city.kyoto.lg.jp

第15位 東福寺

京都 東福寺

Photo by marki1983

境内の最も南には国宝の三門、その西側には日本最大にして最古の座禅道場があり、毎週日曜日には無料で参加できる「日曜座禅」が行われています。

また、その禅堂の隣には室町時代前期に作られた日本最古のトイレ、「東司(とうす)」があります。通天橋から見る紅葉は有名で、毎年多くの人で賑わいます。

【所在地】〒605-0981 京都府京都市東山区本町十五丁目778
【料金】400円
【時間】公開:4月~10月9:00~16:00 (拝観受付終了は16:00、16:30に閉門 )
公開:11月~12月上旬8:30~16:00 (拝観受付終了は16:00、16:30に閉門)
公開:12月上旬~3月9:00~15:30 (拝観受付終了は15:30、16:00に閉門)
【アクセス】京都駅から市バス88系統・208系統「東福寺」下車
【電話番号】075-561-0087
【公式サイト】http://www.tofukuji.jp

第14位 法金剛院

View this post on Instagram

TOMOさん(@aquamutti)がシェアした投稿

境内は7.8月頃には蓮の花でいっぱいになり、まるで極楽浄土のようだと言われるこのお寺には、重要文化財である阿弥陀様を筆頭に、重要文化財の仏像がいくつもあります。

また、平安時代に作られたお庭には、近年になって発掘・再現された青女の滝(水は流れていません)があります。

【所在地】〒616-8044  京都府京都市右京区花園扇野町49
【料金】500円
【時間】9:00〜16:00
【アクセス】京都駅 JR嵯峨野線「花園」下車 徒歩5分
【電話番号】075-461-9428
【公式サイト】http://houkongouin.com

第13位 晴明神社

陰陽師で知られている安倍晴明を祀る神社です。

京都では晴明=姓名にかけて、子供が生まれた時に名前を考えてもらったりすることもあり、「晴明さん」と呼び親しまれています。

境内はそんなに広くありませんが、パワースポットと呼ばれる場所がたくさんあり、見どころいっぱいです。

【所在地】〒602-8222京都市上京区晴明町806(堀川通一条上ル)
【料金】なし
【時間】9:00〜18:00
【アクセス】京都駅より市バス9番「一条戻橋・晴明神社前」下車 徒歩約2分
地下鉄今出川駅 徒歩12分
【電話番号】075-441-6460
【公式サイト】https://www.seimeijinja.jp

第12位 壬生寺

京都 壬生寺

Photo by このか

新撰組の兵法調練場として使われていた境内には、たくさんのお地蔵さまが集められ、塔になっています。

この寺は、昔から地蔵信仰の霊場となっており、京都では町内ごとに行われる「地蔵盆」のお地蔵さまが町内にいない場合にはここから借りてくることもあるんですよ。

【所在地】〒604-8821 京都市中京区坊城仏光寺北入る
【料金】なし
【時間】8:30~16:30
【アクセス】京都駅から市バス73系統「壬生寺道」下車 徒歩約3分
【電話番号】075-841-3381
【公式サイト】http://www.mibudera.com

第11位 わら天神

View this post on Instagram

eri_baduさん(@eri_badu)がシェアした投稿

この神社には、安産・子授け・縁結びの神が祀られています。

京都人の間では「子供ができたら、わら天神で安産祈願」と言われるほど、安産祈願で有名な神社で、安産祈願の際に授与されるお守りの藁に節があれば男の子、節がなければ女の子が生まれるとされています。

【正式名称】敷地神社
【所在地】〒603-8375 京都市北区衣笠天神森町10
【料金】なし
【時間】受付:8:30〜17:00
【アクセス】京都駅より市バス50・101系統 「わら天神前」下車
【電話番号】075-461-7676
【公式サイト】http://waratenjinguu.com

第10位 佛光寺

京都 佛光寺

Photo by このか

真宗のお寺で、ご本尊の阿弥陀如来は無料で拝観することができます。

解放的な境内の一角には、「D&DEPARTMENT KYOTO by 京都造形大学」というインテリアショップがあり、昔から地元に伝わる伝統工芸品やデザインリサイクルアイテムなどを紹介・販売しています。

また茶所を利用した「d食堂」というカフェがあり、畳敷きのカフェから境内を眺めつつ、京都らしいランチやスイーツも楽しめます。

【所在地】 〒600-8084 京都府京都市下京区新開町397
【料金】なし
【時間】9:00~15:30
【アクセス】京都駅から:市営地下鉄四条駅5番出口より徒歩2分
【電話番号】075-341-3321
【公式サイト】http://www.bukkoji.or.jp

第9位 真如堂

京都 真如堂

Photo by このか

紅葉の美しさでも知られるこのお寺は、天台宗の寺院です。

府の指定文化財にもなっている三重塔や境内散策だけでも楽しめますが、ぜひ有料拝観のお庭を見てください。「涅槃の庭」と呼ばれる枯山水の庭には、横たわったお釈迦様の姿を模した大きな石が配置されています。

また、「随縁の庭」と呼ばれる庭園は和風モダンな空間で、従来の和風庭園とは違った趣があります。

【正式名称】真正極楽寺
【所在地】京都市左京区浄土寺真如町82
【料金】大人 500円(涅槃図公開時大人1,000円)
【時間】9:00~16:00
【アクセス】京都駅から市バス5系統 「真如堂前」下車
【電話番号】075-771-0915
【公式サイト】http://shin-nyo-do.jp

第8位 北野天満宮

京都 北野天満宮

Photo by このか

天神さんの愛称で親しまれているこの神社は、言わずと知れた学問の神様で、菅原道真を祀っています。

この北野天満宮は、全国にある約1万2000社の天満宮、天神社の総本山。境内にいくつかある牛は、天満宮の神の使いで「牛の頭を撫でると頭が良くなる」と言われていますので、ぜひお試しください。

毎月25日に行われる「天神さんの日」は参道を中心に屋台や骨董市が開かれ、大いに賑わいます。

【所在地】 〒602-8386 京都府京都市上京区馬喰町
【料金】なし
【時間】5:00~18:00(4月から9月)5:30〜17:30(10月から3月)
【アクセス】京都駅から50・101系統 「北野天満宮前」下車
【電話番号】075-461-0005
【公式サイト】http://www.kitanotenmangu.or.jp

第7位 神泉苑

京都 神泉苑

Photo by このか

この神社の境内には龍が住むと言われている池があります。

龍は雨を降らすことができるとされており、ここでは龍が雨乞いの神として祀られています。

神泉苑には朱塗りの橋が掛かっているのですが、「願い事を一つだけ」念じながら橋を渡り、善女竜王社にお参りをするとその願いは必ず成就するとも言われています。

また、毎年恵方の方角に向かってお参りできる恵方社があるのは、日本で唯一ここだけです。

【所在地】京都市中京区御池通神泉苑町東入167
【料金】なし
【時間】なし
【アクセス】京都駅から市バス50系統 「堀川御池」下車 徒歩5分
【電話番号】075-821-1466
【公式サイト】http://www.shinsenen.org

第6位 瑠璃光院

京都 瑠璃光院

Photo by このか

阿弥陀如来をご本尊とする、浄土真宗のお寺です。

もともと個人宅の別荘として建てられたこの寺は、2階書院の黒塗りの机に映り込むもみじの美しさで有名です。

通常は非公開ですが、春の青もみじと秋の紅葉の時期に合わせて特別観覧できます。紅葉を楽しんだ後は、ぜひ写経体験もしてくださいね。

【所在地】〒606-0067 京都府京都市左京区上高野東山55
【料金】2,000円
【時間】普段は非公開、春と秋の年2回のみ特別拝観 10:00~17:00
【アクセス】叡山電鉄「八瀬比叡山口駅」下車 徒歩5分
【電話番号】075-781-4001
【公式サイト】http://rurikoin.komyoji.com

第5位 (紫野)今宮神社

京都 今宮神社

Photo by このか

「玉の輿神社」として知られているこの神社は、五代将軍徳川綱吉の母である桂昌院と関係の深い場所です。

もともとこの地の八百屋の娘だったお玉さんが、三大将軍家光の側室として輿入れし、最終的には将軍の母という最高位にまで上り詰めた経緯から「玉の輿」という言葉ができたと言われています。

境内ではぜひ、「玉の輿守り」をチェックしてくださいね。

【所在地】〒603-8243 京都府京都市北区紫野今宮町21
【料金】なし
【時間】境内自由
【アクセス】市バス46番「今宮神社前」下車すぐ
【電話番号】075-491-0082
【公式サイト】http://www.imamiyajinja.org

第4位 仁和寺

御室御所とも呼ばれるこの寺は、皇室とのゆかりが古い格式高い寺院で、金堂をはじめとする国宝や数多くの重要文化財を保有し、世界遺産にも登録されています。

また、参拝者が宿泊できる施設もあり、金堂で朝のお勤めに参加できるなどの宿坊体験ができます。

【所在地】〒616-8092 京都府京都市右京区御室大内33
【料金】大人500円
【時間】9:00~17:00
【アクセス】京都駅から 市バス26系統「御室仁和寺」下車
【電話番号】075-461-1155
【公式サイト】http://www.ninnaji.jp

気になる第3~1位は?>>>

このか
京都から出たことのない母と、京都の歴史を専門に教鞭を執る父の間に生まれた、根っからの京都人。 10数年客室乗務員として、世界各国・日本各地を訪れる経験をし、「京都の外から見た、京都の魅力」を再発見する。 「京都人から見た京都の魅力」を伝えられるよう、日々努力しています。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo