イギリスのロンドンでインドを感じる!ザ ラリット ロンドン | Stayway Media

イギリスのロンドンでインドを感じる!ザ ラリット ロンドン

Minori

トラベルライター

ロンドン ザラリアットエントランス
photo by Minori

イギリスを訪れてインド人の多さに気づく方も多いのではないでしょうか。

その理由は1960年代までイギリスがインドの宗主国であったこともあり、たくさんのインド人移民を受け入れていたためと言われています。

そのため欧州国の間では美味しいインド料理を食べるならイギリスへ!と言われるほど、インド人が多く美味しいレストランやカレーの材料となる香辛料なども充実しています。

そんなイギリスの首都ロンドンに2017年誕生したインド系のホテル、ザ ラリット ロンドン。

美味しいインド料理が堪能できるのはもちろんですが、ロンドンにいながらインドを感じることができる新スポットとして話題になっているので、今回はその魅力をたっぷり紹介します。

【イギリスの基本情報】
時差 9時間(サマータイム時:3月の最終日曜日の午前1時から始まり10月の最終日曜日の午前1時は8時間)
言語 英語
通貨 1£(ポンド)=約145円(2019年4月時点)
気候情報 夏は過ごしやすく、冬はとても寒さが厳しい気候です。

ザラリットロンドン

View this post on Instagram

A post shared by The LaLiT London (@thelalitlondon) on

ザラリットロンドンは、ロンドンで今大注目のホテルです。

性別、嗜好、宗教、身体能力に関わらずあらゆる人を歓迎するピュアラブをモットーとし、滞在する人みんなが心地よく過ごせると話題のインド系5つ星ホテルです。

インターネット上の口コミ、評価を調べますと、世界中の旅行者から高評価を受けています。

 「The hotel had great character and was very welcoming. (特徴あるホテルで、とってもウェルカムな雰囲気だった。)」
「Everything was perfect! Location, cleanliness, comfort, and best of all, the people!!(すべてが完璧!ロケーション、清潔さ、快適さはすべての人がベストに感じるでしょう!!)」.

一方で、ちょっとした指摘はいくつかありました。

「The bar shut, unannounced, at 1 am. That’s all.(ホテルのバーは事前アナウンスなく1時に閉まった)」通常イギリスでは、お店が閉まる30分前などにクローズのアナウンスをするのが一般的なので、口コミの中に何件か同様の指摘は見受けられました。

住所:181 Tooley Street, Southwark, London, SE1 2JR, United Kingdom
電話番号:⁺44 020 3765 0000
価格帯:約28000円~(2名1室、1部屋分の値段)
公式サイト:https://www.thelalit.com/

魅力1.神様ガネーシャの歓迎?!

View this post on Instagram

A post shared by The LaLiT London (@thelalitlondon) on

インドといえば国民の90%以上がヒンドゥー教といわれていますが、ヒンドゥー教の神様の中でも繁栄、幸運、そして成功の神様、ガネーシャが宗教に関わらずすべての宿泊客を歓迎してくれます。

ガーデンとエントランスの2か所にいるのでぜひお見逃しなく!

またガネーシャにちなんでホテルの至る所でたくさんのかわいいゾウにも出会えます。滞在中、ぜひたくさんのゾウを見つけてみて下さいね。

魅力2.とにかく豪華なギャラリー

ロンドン ザラリアットギャラリー
photo by Minori

インドを感じられるスポットはまだまだ続きます。チェックインを済ませると、ぜひ階段を登ってギャラリーに立ち寄ることを勧められます。

扉を開いた際にあるのは、とにかくエキゾチックな雰囲気が漂うエスニックなダイニングルームです。

青はインドでは特別な色とされています。多くのヒンドゥー教の神の肌が青色をしていることから来ているそうで、なんとインドのクリーニング店では仕上げに青色の液をあえて垂らすほどだそうです。

そんなインドのラッキーカラーというべきブルーがふんだんに使用されているこのギャラリー。

青い壁、青いシャンデリアで彩られた空間はとても美しいので必見です。

こちらは上からギャラリーとして眺めるだけでなく、レストランとして本場のインド料理を楽しむ場所としても大変有名です。

魅力3.とってもキュートな客室

ロンドン ザラリアット客室
photo by Minori

客室は広々としているだけでなく、天井も吹き抜けになっているのでとても開放感があります。

View this post on Instagram

A post shared by The LaLiT London (@thelalitlondon) on

イギリスのアンティーク調のお洒落なホテルもいいですが、アジアのどこか親しみやすい雰囲気の家具で揃えられた客室はとても落ち着きます。

客室でもとっても可愛いゾウがお出迎え。他にもとってもシュールな標識も隠れていると人気です。どのお部屋に当たるかはお楽しみ。ぜひ標識にも注目してみて下さいね。

魅力4.イギリス国内電話し放題!モバイル無料貸し出し!

ロンドン ザラリアットモバイル
photo by Minori

最近海外のホテルで増えているモバイル無料貸し出し。こちらのホテルでも提供されているサービスの一つです。

最近ではイギリス含めたwifi環境が整った国への旅行の際はwifiスポットに行けばSNSなどのアプリを使用することができ便利になりましたが、移動中にネット検索したり、地図アプリで経路を検索したり、レストランに予約の電話を掛けたりすることは厳しいですよね。

そんな時に大変便利なのがこのモバイル無料貸し出しです。イギリス内ならいくら使用しても無料なので、安心して使用できます。

魅力5.日本人には嬉しいウォシュレト!

ロンドン ザラリアットトイレ
photo by Minori

日本では自宅のトイレだけでなく、多くの施設でウォシュレット式のトイレが使用できますよね。

でも一歩海外に出ると特に欧米は水の種類が異なることもあって、まだまだウォシュレット式トイレは普及していないのが現状です。

しかし、ウォシュレットがないとダメ!という方、日本人では意外と多くないですか?そんな方におすすめです!ザ ラリット ロンドンはウォシュレット式トイレなので辛い便秘の心配いらずで安心です。

ロンドンにいながらインドを感じるザ ラリット ロンドン

まるでインドの美術館にでも迷い込んだかのようなザ ラリット ロンドンはいかがだったでしょうか。

オープンした2017年にはヨーロッパベストホスピタリティーアワード受賞、2018年はブリティッシュカレーアワード受賞、2019年はすでにトリップアドバイザーのロンドントップラグジュアリーホテルトップ25に選ばれるなどイギリス国内でも大注目のホテルです。

ぜひロンドンでイギリスだけでなく、インドも滞在中に感じてみてはいかがでしょうか。

【在住者解説】ロンドンの公共交通機関の賢い使い方!

ロンドン名物、赤い2階建バスのダブルデッカー。同じくロンドン名物の丸い形が愛らしく印象的なタクシー。「Tube」の愛称で知られる地下鉄など、今回はロンドン市内を駆け巡る公共交通機関を上手に利用する方法を紹介していきます!

【必見】ロンドンのおすすめお土産10選!!

世界中の人を魅了し続ける街ロンドン♡一年を通して多くの観光客で賑わい、日本人にも人気の観光地です。しかし旅行は楽しいものの、旅行中誰もの頭を悩ますのはお土産選びではないでしょうか?今回は在住者おすすめのロンドン土産10選をご紹介します。

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。
皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?」

logo