セブ・マクタン島で美しいビーチに行くには? | Stayway Media

セブ・マクタン島で美しいビーチに行くには?

Hinata Yoshioka

トラベルライター

セブ、マクタン島で美しいビーチに行くには?セブ島から程近いマクタン島には、美しいビーチが沢山あります。ローカルなビーチからホテルのプライベートビーチまで、厳選した9つの素敵なビーチをご紹介します。

その前にチラッと注意事項!

ビーチによっては、顔写真付きのIDが必要な時があります。ロッカーや荷物の預け場所がない所もあるので、荷物はしっかりと自己管理しましょう。

マクタンニュータウンビーチ

この投稿をInstagramで見る

김뉴✨さん(@solieno)がシェアした投稿

ローカルビーチで、入場料も格安でビーチも綺麗に整備されています。透明度も高く、ビーチ周辺はカラフルなコテージで彩られています。

食べ物、飲み物の持ち込みもOK(ソフトドリンク以外は持ち込み料あり)!エントランス周辺には屋台も少し出ていて、中にはお酒やスナックを売っている小さな商店やバーもあります。

ここでの楽しみは、大人数で行く場合はコテージを借りる(1000ペソ〜)とミニパーティーなども出来るというところ。

地元の人たちが多く、土日祝は特に賑わっています。マリンスポーツも比較的に安価でできます。

入場料 平日150ペソ 土日祝200ペソ

※留学生などは学校のIDを出すと割引あり

入場時間 6A.M.〜10P.M.

アクセス マクタンニュータウンのフードコート前から、フリーのジプニーが出ています

https://www.facebook.com/MactanNewtownBeach/

ハッピービーチ

この投稿をInstagramで見る

유우카さん(@yuuka_stagram)がシェアした投稿

とにかくインスタ映えを狙いたい女子には、ここがおすすめ。全体的にピンク色で統一された空間で、フラミンゴのキャラクターがとても可愛いビーチです。

入場料など何を利用するかによって値段は違ってきますが、リゾート価格になっています。ホテルのデイユースと違って食事料金も別なので少し割高かもしれません。

アトラクションは本格的なアスレチックで、大人でも充分に楽しめます。お土産もフラミンゴキャラクターのオリジナル商品が売っています。

入場料 799ペソ(オンライン価格 699ペソ)

※これ以外にも、アトラクションやビーチベット、ラウンジ利用など追加オプションで価格は変動します。

入場時間  8A.M〜4P.M

※公式HPによると、現在は営業停止中です。(2019年7月19日現在)

サイトアドレス

https://www.happybeach.ph

ハドサンビーチ

セブ、マクタン島で美しいビーチに行くには?

Photo by Hinata Yoshioka

とにかく安くビーチに行きたい!そんな人におすすめなのがハドサンビーチです。ローカル感たっぷりなビーチは、お洒落さはないものの地元の雰囲気がそのまま味わえます。

透明度には欠けますが水深は深く、晴れると美しいマリンブルーが一面に広がります。水辺は地元の子供達で賑わっています。

「GG BLUE」は、ハドサンビーチにあるレストランです。生簀にはロブスターやカニ、エビなどがいて、新鮮なシーフード料理が食べられます。

入場料 50ペソ

入場時間 7A.M.〜6P.M.

アクセス Jパークホテルから徒歩5分の、「Red Coco」左隣の小道を入った奥 徒歩10分程

セブ ホワイトサンズ リゾート&スパ

セブ、マクタン島で美しいビーチに行くには?

photo by agoda

ローカルビーチに行く他にも、ホテルのデイユースという利用方法があります。

マクタン島のホテルの多数がプライベートビーチを所有しているので、利用料金を支払えば海に入ることができます。

そのほとんどが食事やプール使用も込みの値段となっているので、海以外にもゆっくりと楽しむことができます。

ホワイトサンズはリゾートホテルの内でも、比較的に安価で利用できるのでおすすめです。

デイユース(大人:平日750ペソ 週末950ペソ

子供:平日400ペソ 週末500ペソ)

1.レストランにて200ペソ以内の食事(週末はブッフェ形式)

2.プライベートビーチ&プール利用可

3.シャワールーム&更衣室利用可

※子供料金は6歳~12歳(5歳以下は無料)

※プライベートビーチとプール利用時間は9時~17時

※週末のブッフェランチは11時~13時30分

アクセス 空港から車で30分

ジエイパーク アイランドリゾート&ウオーターパーク セブ

セブ島ホテル12選

photo by agoda

ビーチもありますが、大迫力のウオータースライダーを滑ってみたいならジェイパークのプールが一押しです。

プールの種類が豊富で、流れるプールや波のプールもあり、子供連れの方には特におすすめのデイユースです。

大人 4000ペソ 子供(5〜12歳)2500ペソ
※ 割引の場合、学校に在学していることを証明するIDや学生証が必要です

1.ホテルのランチビュッフェ
2.プールの利用
3.プライベートビーチの利用
4.施設内の買い物20%割引

利用時間 9A.M〜9P.M

アクセス 空港から車で35分

シャングリ・ラ マクタン リゾート&スパ

セブ島ホテル12選

photo by agoda

5つ星ホテルのプライベートビーチとプール、そして食事を満喫してみたい!という方におすすめのデイユースです。

宿泊するにはちょっと高価といったホテルでも、デイユースなら手が届く価格でラグジュアリー感を満喫することができます。

シャングリラホテルのビーチの、海洋保護区となっている場所まで徒歩5分で行くことが可能です。シュノーケルもここで楽しめます。

Day in Paradise Pass  (大人:平日3,600ペソ 土日祝4,600ペソ 子供:平日1,800ペソ 土日祝2,600ペソ)

1. 朝食もしくは昼食ブッフェ(ドリンク別料金)
2.プライベート ビーチ、プール、タオル、ジム、ヘルスクラ
ブの利用可
3. ヘルスクラブサロンサービスの10%オフ
4. チ・スパでのトリートメント20%オフ
5. ホテル内のショップにてお買い物の際20%オフ
6. アドベンチャーゾーン2時間(料金をお支払いいただいたお子様のみ)
アクセス 空港から車で20分

モーベンピックホテル マクタンアイランド セブ

セブ島ホテル12選

photo by agoda

海で泳いだあとに、ロマンチックなディナーを楽しみたいという方におすすめなのがこちらです。

Ibiza Beach Clubでのディナーブッフェが込みの価格となっています。ランチを希望の方はランチプランもあり、好きな方を選べます。

デイユース&ランチ(大人:平日2,000ペソ 土日2,500ペソ  子供:平日1,250ペソ 土日1,500ペソ)

1.The Sailsでのランチブッフェ(1ドリンク付き ※土日はセットランチ)
2.アイスクリーム
3.プライベートビーチ、プール、スチームルーム、ゲームコーナー利用可
※月~金曜の9時~14時に利用開始
※予約不可
※子供料金は6歳~11歳

デイユース&ディナーブッフェ(大人:2,800ペソ 子供:1,400ペソ)

1.Ibiza Beach Clubでのディナーブッフェ(ドリンク代別途)
2.アイスクリーム
3.ホテル内のプライベートビーチ、プール、スチームルーム、ゲームコーナー利用可
※月~日曜の15時以降利用開始
※予約不可
アクセス 空港から車で20分

モアルボアルのホワイトビーチ

この投稿をInstagramで見る

@jeybiwhereistがシェアした投稿

セブ島にある有名なビーチです。500メートル程の白い砂浜が続いている、ローカル感のあるビーチです。

セブシティからバスでモアルボアルに行く場合、バスとトライシクルで所要時間約3時間(片道)かかります。セブシティからはかなり遠いですが、モアルボアル周辺に宿泊の方にはおすすめのビーチです。

簡単に行きたい方は、ツアーが安心でおすすめです。ホテルからの送迎、入場料、ダイビング、ランチなどが付いて¥15,000〜¥20,000ほどの相場です。

モアルボアルは他にも、ジンベイザメシュノーケリングやカワサン滝がとても有名です。

入場料 30ペソ

アクセス サウスターミナルからバンで約3時間

お好きなビーチへいざ出発!

いかがでしたでしょうか。マクタン島の7つのビーチと、今回はセブ島のビーチをご紹介いたしましたが、マクタン島からボートですぐ行けるオランゴ島のシュノーケリングもおすすめしますよ。

セブの魅力はたくさんあります♪

セブ島って、どこへ行っても美しいビーチが広がっていると思っていませんか?実はセブ島はかなり広くて、都会なのです。美しいビーチに行くにはセブの空港からだと車でかなりの距離があります。せっかくの時間を移動に使うより、穴場スポットに行きましょう!
卒業旅行や新婚旅行、夏休みの旅行にぴったりの南国リゾートセブ!友達や恋人、家族でも楽しめるリゾート地として人気ですよね!今回は初めてのセブ旅行におすすめのスポットを集めた、二泊三日のモデルプランをご紹介します!

Staywayについて

ホテルや民泊・ゲストハウスなど、その時の旅行の目的に合わせて選択することで、より快適な時間を過ごすことができます。

皆さんもStaywayでぜひ、ご自身の旅行にぴったりの宿泊施設を発見してみませんか?

Hinata Yoshioka
神戸出身。旅好きで20代の頃に日本国内でヒッピー旅を続けた後、沖縄の西表島、そして沖縄本島へと移住し計13年。巡り巡って現在は神戸で生息中。 近年はHawai’i(オアフ島、マウイ島、カウアイ島、特にハワイ島)に通ってフラやロミロミ、ホクレア号に関わるなどハワイ文化にどっぷりとハマりつつも、最近新たにセブ島(フィリピン)にご縁ができ、これから通い始める予感…? 地球一周のクルーズシップで行ったことのある国はキューバ、イースター島、マダガスカル、ポルトガル、ギリシャ、タヒチなど約42カ国。 HP「hinatabook」 …という訳で、このどうにもならない放浪癖を何かに活かしたい!と、思っていた頃に出会ったのがフォト・ライターのお仕事。あまりに自由奔放なこの旅人生も、何かのお役に立てれば幸いなり。

この旅情報が気に入ったら
Staywayをフォローしよう!

Twitter で
logo